最適カードナビ

自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方
使えるカードローンとは?アナタにピッタリな一枚はココで見つかる!

カードローンは様々なものがあり、ネット上でも様々な口コミ情報が飛び交っていますし、仕様自体も頻繁に改定されており、まずは正確な最新情報を集めることが必要です。

また、カードローンにはそれぞれ申込条件があり、これを満たしていなければ、申込めません。申込みの方法は様々用意されているので、自分が安心できる申込方法を選びましょう。

申込みができたとしても、その後審査が行われますから、これに通過できなければ融資の利用はできません。審査に通過できるかどうかは自分の返済能力や信用を基準に判断してください。

また借入する前に返済していけるのかどうか判断して無理な借入れを行わないようにしましょう。

カードローンは自分に合ったものを探そう!重要なのは特徴の理解

カードローンは利用者が増えている分、インターネットの口コミ情報など様々な情報が飛び交っていて、利用者の方もそれらの情報を参考にいして申込むカードローンを決める人も多いはずです。

しかし、これらの情報というのは全て事実であっても、誰かの体験であって、自分にも当てはまる保証などは無いのです。ですからカードローン選びは自分に合ったものかどうかという視点で探すべきでしょう。

またカードローンの仕様自体が頻繁に変わっていて最新の情報で夫々のカードローンの特徴をよく理解する事が必要になり、利用する場合には、自分が便利に利用できるかどうかよく考えなければなりません。

カードローンには様々情報が飛び交っている

カードローンを利用しようという場合、どのように選ぶでしょうか、人によってその基準は違い、有名どころから選ぶという人もいれば、なるべく金利が低いものを選ぶ人もいるでしょう。

しかしカードローンは借りたり返したりを繰り返すことができ、他のローンと比べて長期に何度も利用することを想定しななければなりません。

このため、カードローン選びでは使い易いものを選ぶという視点が大変重要になってきます。

しかも、カードローンは銀行や大手消費者金融など多数の業者が参入しており、利用者獲得も競争状態になっています。

そういう背景も有ってインターネット上などでは、カードローンについての様々な情報が飛び交っており、はっきり言えば何を信じて良いのかわからない状態で、利用予定者の混乱を招いています。

そこで、ここではどういった基準でカードローンを選べば良いのか、その考え方について示していこうと考えています。

誰かの体験ではなくて自分に合っているのかどうかで探そう

では、インターネット上にはどのような情報が飛び交っているのかというと次のようなものが有ります。

  • 金融機関が発している公式情報
  • 公式情報をかみ砕いてを解説している情報
  • 利用者の体験をもとににた口コミ情報

まず注意しなければならいのはカードローンの仕様というのはその時の社会情勢や経済情勢によって結構頻繁に変わっているという事です。ですから調べる場合には最新の情報を集めることが必要です。

また意外に利用者が頼りにしているのが実際の利用者の体験談である口コミ情報です。

こういった口コミ情報は虚偽の情報が混じっている上に、おかれている状況も利用方法も違う他人の情報が自分にそのまま当てはまる保証など無いのです。

ですからカードローンを選ぶ際に重要なのは他人の体験などではなくて自分に合っているかどうかということで、これを基準にすべきです。

重要なのは自分が何を重視するのかとそれぞれの特徴を理解する事

そこで重要なのが、自分がカードローンの何を重視しているのかという点をはっきりさせておくことです。

例えば金利ができるだけ低いものという基準もあるでしょうし、利用手数料がかからないATMが自分の行動範囲内にあるというのも、自分なりの基準になるでしょう。

そしてもう一つ重要なことは、それぞれのカードローンの特徴をよく理解しておくことです。

例えば、即日融資を利用したいという基準を持っていた時に、審査に数日かかるカードローンを申込んだのでは、自分の基準は満たせません。

ですからいくら急いでいたとしても、カードローンの特徴を調べて自分の設定した基準を満たしているのかどうかを確認しなければならないわけです。

~カードローンは様々な金融機関が扱っている~

カードローンと言えば銀行や大手消費者金融と考えがちですが、その他にも信用金庫や労働金庫あるいはJAといったような金融機関が提供しています。

こういった金融機関でも特徴を出したカードローンを提供しているのでカードローンを選ぶ際には選択肢として、調べてみることを勧めます。

カードローンには申込条件がある!申込みでの注意点とは?

カードローンを申込む場合誰でも簡単に申し込めるというような表現が使われますが、実際にはそれぞれ申込条件が決められており、この条件を満たしていなければ、申込むことはできません。

申し込み条件を満たしていれば申込みは可能ですが、申込方法はネット経由をはじめとして様々な方法が用意されており、お勧めとしては自分が操作に迷わず安心して利用できるものと言えるでしょう。

また申込みをすることを家族に内緒にする場合には、バレる契機をよく考えて対策する必要がありますが、返済に行き詰ってしまうような事態も考えて、内緒にしておくのはあまりお勧めできる事ではありません。

カードローンは申込条件を満たさないと申込めない

利用したいと考えるカードローンが決まったら、次はいよいよ申し込みという事になります。

カードローンの申し込みでまず注意しなければならないのは、自分が申込めるのかという点です。カードローンのコマーシャルなどを見ていると誰にでも申込めそうな印象を受けますが、実は違います。

カードローンではそれぞれ申し込み条件が決められていて、その条件を満たさなければ申し込みはできません。

この申込条件には次のようなものが含まれています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

詳細は各カードローンで違いますが、特に収入要件では安定した収入が求められていますから、収入が安定していないような職種の場合、申込めないことも出てきます。

自分が安心して利用できる申込方法を選ぼう

申込条件を満たしていれば申し込みが可能ですから、いよいよ申し込みという事になります。

申込方法は様々な人が利用する事になるので、次のようないろいろなものが提供されています。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話・FAX
  • 郵送
  • ネット経由(パソコン、携帯電話、スマホ)

最近ではスマホが普及してきているのでネット経由での申込みが増えてきていますが、これだけたくさん選べるものがあるので、自分が操作に迷うことなく安心して利用できる方法を選びましょう。

流行っているからと言って、慣れないネット経由で申込みを考える必要はないのです。

家族に内緒で申込むのはお勧めできない

また、カードローンの利用者の多くが、家族に内緒にしたいと考えていますが、そういう目的がある場合には、申込中や利用時のどういった場面でバレる可能性があるのか洗い出して対策する必要があります。

ただし、カードローンと言うのは説明したように非常に長期に利用するもので、時には返済に行き詰ってしまうこともないとは言えません。

そういう時に助けが求められるのは家族以外に有りません。ですから、内緒にしておきたいという気持ちは分かりますが、カードローンを利用する際には、最初から相談して情報共有をしておくことを勧めます。

~金融機関によっては申込みが多少面倒な場合があるので要注意~ カードローンの申し込みでは金融機関によって申込みが仮申込みと本申込みに分かれており、仮申込みの後行われる仮審査に通過しなければ本申込みができなくなっている場合があります。

この場合仮申込みはネット上から可能でも、本申込みは店舗に行く必要が有ったりする場合もあるので、申込みが多少面倒になることがあります。

審査に通過できなければ利用できない!自分基準での判断が重要

申込みができたとしても、金融機関は返済をしてもらわなければ困りますから、申込者それぞれに審査が行われます。カードローンはこれに通らなければ融資の利用はできません。

審査では返済能力と信用の評価が行われますから、これらについて自分なりに考えてみて、自分基準で審査に通過できるかどうかを判断して見ることが必要です。

審査通過はそう簡単ではない為、申込者の多くは審査に落ちてしまいますが、それで落胆する必要はなく、何故落ちたのか原因を考えて、それに対する対策を実施して、前向きに次の対応を考えましょう。

申込んでも審査に通過できなければカードローンは利用できない

無事カードローンの申込みができたとしましょう。しかしそれでカードローンが利用できるという事ではありません。

次に行われるのが審査です。金融機関は慈善事業でお金を貸しているわけではなく、お金を貸してそのお金を返済してもらう時に一緒に支払ってもらう事になる、利息から利益を上げる企業なのです。

ですから、貸したお金が返って来なければ、利息どころか融資したお金すら回収できず、大赤字になってしまいます。

ですから金融機関は融資する前に申込者の審査を行って返済してもらえる人かどうかを調べるわけです。

審査はカードローンそれぞれに審査基準があり、それに基づいて行われ内容は公表されていません。このため予想しかできないのですが、概ね次のような観点で行われていると言われています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

申込者の中には誰かになりすまして申込んでくる不心得者もいるので、まず本人であることが確認されます。

次に返済できるだけの経済力があるかどうかが評価され、年収額や安定性などが問われることになります。

さらに返済が可能なだけの経済力があっても返済してもらえると信用ができる人かどうかも過去の金融取引状況などから評価が行われます。

審査通過の可能性の判断は自分基準で行おう

そこで申込者は審査通過の可能性が大変気になるため、先程説明したように実際の経験者の話などを参考に難易度の低いところを探そうとしたりするわけです。

しかし、他人の体験が自分にも当てはまる保証はない訳ですから、結局のところ、審査の通過の可能性というのは、自分自身を基準にして考えるしかないのです。

ですから先程示した返済能力の評価である年収額や安定性が十分なのかあるいは過去に金融機関が問題視するようなローンの滞納などが無かったかなど、自分自身で評価してみることが必要なのです。

特に問題を感じないというのであれば、申込みを行ってみましょう。

審査に落ちても落胆するのではなく前向きに考えよう

ただし、審査するのはあくまで金融機関です。自分での評価では審査通過ができそうな評価であっても、金融機関の評価では審査に通過できないという事はよくある話です。

カードローンの場合大手消費者金融の例で言えば、申込者のうち実際に審査通過ができるのは40%台で半数以上の人は審査に通過できていないのです。

ですから審査に通過できなくて落胆してしまう人もいるでしょうが、そんなに落胆する必要も無いのです。

審査に通過できなかった時には、前向きに考えるようにして、まずはその理由をよく考え、しっかり対策を行い、次にどうすれば良いのかを考えることが重要です。

~ブラックとは?~

過去の金融取引でローンの滞納や電話料金など各種の支払いの滞納などを行った場合には、そういった記録が信用情報という金融機関間で利用者情報を共有するデータベースに記録されます。

こういった記録があると審査の信用の評価は非常に下がってしまう事になり、どの金融機関に行っても融資してもらえない状況になることがあります。この状態のことをブラックと呼んでいます。

返済はできるのか?自分の返済能力を確認し利用の可能性を判断しよう

審査に通過して、借りられるようになったとしても、カードローンは返済しなければなりません。カードローンで重要なのは借入れする事よりも返済ができるかどうかということなのです。

そこで借入れを行う前に自分が月々どの程度返済ができるのかという、返済能力を正確に計算して、自分がいくらまでの借入れなら行えるのかを把握しておきましょう。

もし返済ができないという事になった場合には、債務整理が必要になり、最悪の場合には自己破産に追い込まれる事になります。そうなれば信用は失われ、以後長く不自由な生活を強いられる可能性があるのです。

カードローンで重要なのは借入よりも返済

幸い審査に通過できて、いよいよ借入れしようという場合も注意しなければならない点があります。

カードローンもローンなのですから、ATMから引き出せるとはいっても、そのお金は借金であって、いつかは利息を付けて返済しなければならないものです。

もし返済できなければ周囲や金融機関にも大変な迷惑をかける事になります。

ですから、カードローンに限らずローンと言うものは借入れすることよりも返済することが重要なのです。

ローンは審査に通らなければ借りられませんから、利用者的に見れば借入こそが重要に見えますが、そういって返済を軽視していると、あとあと返済に四苦八苦することにもなりかねません。

自分の返済能力を正確に把握しよう

そこで実際に借入れる前に是非行っておいてほしいことがあります。それは自分の返済能力というものを正確に把握し、幾らの借入れまでなら返済していけるかを確認しておくことです。

最近のカードローンは残高スライドリボルビング方式という返済方式で月々の返済額が決められます。

この方式の場合、借入額が高額になるほど返済額も増えますから、少額の借入れでは返済できていても、借入れが増えれば返済できなくなってしまう事も有る訳です。

そこで自分の返済能力がどの程度あるのかを調べ、月々の返済額がこれを超えないように借入額を抑制することが必要になる訳です。

安易な借入れを行ってしまうと、月々の返済額が自分の返済能力を超えて、返済ができなくなってしまう事もないとは言えません。

返済できなければ信用を失うことになる

もし、そういった安易な借入れを行ってしまって、返済ができなくなったらどうなるのでしょうか。

金融機関は赤字を出さないように全力を挙げて回収にかかるでしょう。しかし返済ができない訳ですから、カードローンは滞納状態が続いて、最終的には法的手段が取られ差し押さえなどに進みます。

ただし、多くの場合はここまで行く前に債務整理を行って返済条件を変えてもらう交渉を行います。最悪の場合には自己破産に追い込まれることになります。

こういった状況になると、信用は崩壊し以後しばらくの間はお金を借りることもできなくなってしまいます。ですから決して安易な借入れはしてはいけないのです。

~日頃から自分のお金を管理しておくことが重要~

自分の返済能力を調べるには自分の月々の収入と支出からどの程度の余裕があるのかを計算する必要があります。

このため、こういったことを行うには自分のお金を管理しておく必要があります。最近では自分が何にお金を使っているのか分からないという人も多いので、今日からでも管理を始めましょう。

ここで使いやすいカードローン選びについて纏めておきます。

  • カードローンは自分の要求とそれぞれの特徴をよく理解して自分に合ったものを探すと良い
  • カードローンには申込条件がありこれを満たさないと申込みができない
  • 申込みができても審査に通過できなければ利用はできない
  • 審査に通過しても借入額が高額化すると返済額も高額化することになるので自分の返済能力をあらかじめ把握しておくことが重要

カードローン選び及び利用はここで説明しているようなことについて事前に検討し、お得で使いやすいものを選ぶようにしましょう。

最新記事
閉じる