自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

学生でもカードローンは利用可能。でも安易に借りない借りすぎない!

カードローンは申込条件が決められており、これを満たさなければ申し込めません。学生の場合最初から排除されている場合もありますが、申込めるものもあります。ただし年齢制限があるので注意が必要です。

また申込めたとしてもカードローンは審査に通過できなければ利用はできませんから、安定収入があることや、これまで携帯電話料金の滞納などが無かったかなどを確認してみる必要があります。

融資を利用したら次は返済を行っていかなければなりません。そこで借入前には、自分が月々どの程度の返済まで可能なのかを計算し、返済が厳しそうな場合には、借入れは見送るべきです。

本来であれば学生の収入は安定していないので、カードローンの利用は勧められません。

カードローンには申込条件がある!条件が許せば学生でも利用可能

カードローンには申込条件というものがあって、これを満たしていなければ、申込みができません。逆に言えば、学生の場合もこの条件を満たしていれば、申込むことは可能です。

申込条件には、一般的な条件の他に但し書きのような形で、学生は除くというような記述が有る場合があり、この場合には他の条件を満たしていたとしても、学生が申込みを行う事はできません。

また特に学生を排除していなかったとしても、申込条件には年齢制限があるので、20歳未満の学生の場合には、ほとんどのカードローンの申込みはできないという事になります。

カードローンは申込条件を満たさないと申込めない

カードローンを申込む場合、まず注意しなければならないのは申込条件です。つまりカードローンというのは、この申込条件を満たしていなければ、申込むことができない訳です。

この申込条件は、カードローンによって違いますが、必ず含まれているのが次の2つの条件です。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限の場合、下限は殆どの場合20歳以上、上限はそれぞれで違いがあり、概ね65歳から70歳くらいになっている場合が多くなります。

この申込条件さえ満たしていれば、学生であってもカードローンの申込みは可能です。

最初から学生を排除している場合がある

ただし、カードローンによっては、これらの条件を満たしていたとしても、申込条件をよく読んでみると、付帯条件のような形で、学生は除くというような表現が入っている場合があります。

このような記載がある場合には、例えばどんなに収入が有ったとしても、学生では申込めませんから、別を探すしかありません。

都市銀行や大手消費者金融の場合、多くはこういった学生を申込条件で排除しているようなところは有りませんが、地方銀行などの場合、意外に排除している場合があります。

学生がカードローンを利用しようという場合には、細かいところまで申込条件を確認して、申込めるかどうか調べてください。

学生を排除していなくても年齢制限で申込めない場合もある

学生を排除するような、申込条件が入っていなくても、先程説明したように年齢制限が20歳以上になっているので、高校卒業後すぐに融資を利用しようと考えても無理という事になります。

たとえば大学に現役合格で入学した場合、2年生の誕生日までは申込むことができません。

2年生と3年生で違いはないじゃないかと言われるかもしれませんが、申込条件が存在する以上、どうしようもありません。

カードローンを利用したいと考えている場合、申込みができるようになるまで、収入要件などを満たせるように、アルバイトを行うなど、準備期間と考えてください。

~なぜカードローンは年齢制限が20歳以上なのか~
申込みが20歳以上になっているのは実は法的な根拠があります。融資を利用すること自体には年齢制限というものはありませんが、カードローンは契約を伴いますから、これが民法の規定にかかってきます。

民法では契約を交わす時は、未成年の場合、親権者の承諾が必要と言うことになっており、カードローンでも下手に未成年者と契約してしまうと、後になって親権者に取り消されてしまう事もあるのです。

このため、カードローンではそういったトラブルを避けるために申込条件を20歳以上にしているわけです。今後18歳から成人という事になれば、この申込条件は変わってくるはずです。

申込みが可能でも審査に通過できるかどうかが問題!

ただし、申込みができたとしても、申込みの後には審査が行われます。審査に通過できなければ、カードローンの利用はできません。審査では返済能力の評価や信用の評価が行われることになります。

返済能力に評価では、年収額も重要ですが、収入が月々安定している事も重要で、学生の場合、収入はアルバイト収入という事になるので、月々安定した収入になる長期アルバイトを行っている必要があります。

また信用も重要で、以前は学生が信用を傷つけているようなことはあまりありませんでしたが、最近では携帯電話料金を滞納したことがある学生が増えているので、審査に通らないことも出てきています。

申込み後には審査が行われる

幸い申込条件を満たしていて申込みができたとしても、それでカードローンが利用できるという事ではありません。申込み後に控えている審査に通過できなければ、やはりカードローンは利用できません。

では審査ではどのようなことが行われるのかというと、実際には各カードローン毎に作られている審査基準によって行われることになりますが、残念ながら審査基準は公開されるようなことはありません。

ただし、概ね何について確認や評価が行われるか程度は分っていて、次のようになっています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

これらの審査で問題点があれば、審査には通過できません。

審査のうち本人確認では本人の確認書類の提出が要求されますが、運転免許証やパスポート、あるいは健康保険証などが必要で、カードローンでは学生証などの利用はできませんから注意が必要です。

学生の場合長期アルバイトをしていることが前提になる

返済能力の評価では、申込条件に安定収入が必要と明記されていますが、審査では更に次のような評価が行われることになります。

  • 一定以上の年収
  • 安定した月収

特にカードローンは月々一定額づつ返済していくことになるので、金融機関では安定収入を重視して、職業や職種から安定度を評価することになります。

学生の場合、就職していて夜間通学しているというような人を除いて、収入はアルバイトという場合が殆どのはずです。

しかし、アルバイトなら何でもよいというわけではありません。アルバイトの形態としては次の2つがあります。

アルバイトの種類 給与の形態
長期アルバイト 給与は正社員と同じように月給という形で支払われる
短期アルバイト 給与は日給や時間給という形で支払われる

カードローンは説明したように月々返済しますから、当然ですが金融機関側は、月給という形で給与が支払われる長期アルバイトは評価しますが、そうではない短期アルバイトは評価せず審査には通過できません。

信用についても要注意

信用については、金融機関間で利用者情報を共有するための信用情報データベースが参照され、過去の金融取引で問題を起こしていないかなどが確認されることになります。

以前は学生の場合、まだ若年で、そもそも信用情報に記載が載るような取引自体が少なかったのですが、最近ではローンを借りたりはしなくても、一人暮らしで自分の名前で電気や電話などを契約しています。

このためこれらの料金の支払い状況が悪ければ、問題として認識される可能性があります。

特にスマホの普及で、高額利用をしてしまい、支払いが滞ってしまったというような事はよくあることで、学生の中には、知らないうちに信用情報に滞納が記載されてしまっていたということも結構有ります。

カードローンを申込む場合には、過去にそういったことが無かったかよく確認しておきましょう。

~短期アルバイトでは高額収入であっても審査通過は難しい~
本文では短期アルバイトは審査通過は難しいと説明していますが、自分は短期アルバイトを繰り返して、長期アルバイトよりも高額の収入を得ているという人もいるでしょう。

しかし、問題になるのは収入の安定性です。短期アルバイトでは、金融機関は安定収入とは見てくれません。短期アルバイトを繰り返しているのであれば、長期アルバイトに切り替えた方が良いでしょう。

融資を利用したら次は返済!自分の返済能力を計算してみよう

幸いにして審査に通ったとして融資を受けたら、次に待っているのは返済です。借入れしたのに返済できないのでは、話になりません。学生だからと言ってそんなことは許してはもらえないのです。

そこでまず行っておかなければならないのが、自分は月々いくらまでなら返済できるかを計算しておくことです。

最近では大きな借入れをすれば返済額も大きくなる返済方式が採用されているので、自分の返済能力が分かれば、いくらまでの借入れができるか判断することができます。

もしお金が必要になった場合でも、事前に返済が必要になるお金を計算して、自分には返済が難しいという場合には、借入れは断念して、別の方法を考えるようにすべきでしょう。

審査に通っても返済できなければ始まらない

うまく審査に通ったとして、融資を利用した後に待っているのは返済です。審査に通ったということは、金融機関が返済できると判断したからですが、実際に返済できるという保証にはなりません。

特に学生の場合には、普段は長期アルバイトで安定した月収が入ってきていたとしても、試験などの学校行事によっては、アルバイト時間が限られることになり、一時的に収入が少なくなる可能性も出てきます。

このため、そういった時期には、返済に行き詰ってしまうことも無いとは言えません。

ですから審査に通ったとしても、実際に返済できるかどうかの判断は別途行わなければなりません。

自分は月々いくらまで返済が可能なのか計算してみよう

そこで、借入前に自分は月々幾らまで返済できる能力を持っているのかという事を計算してみてください。

そのためにまず1年程度遡って自分の月々収入と支出を調べてみましょう。次にこの収入と支出から月々の収支を計算してみてください。収支は次の計算式で計算することができます。

収支 = 収入 - 支出

この収支が自分の月々の余裕という事になり、生活に影響せずに使えるお金という事になります。

カードローンの返済も、この範囲内であれば、生活を圧迫することはありません。

返済額が捻出できそうにない時は借入れは見合わせよう

返済の可能性を探る場合には、この収支額が最低になる月を基準に判断することになります。今後もその程度まで収入が減る可能性があるからです。

そこで次にカードローンの返済額を調べてみてください。カードローンでは借入残高によって返済額が変わることも有るので、自分の借入額の返済額を確認してください。

次にこの月々の最低収支額がこの返済額以上あるかを調べます。つまり次の数式が成り立っているかを確認してみてください。

月々の最低収支額 ≧ 月々の返済額
もし、この数式が成り立っていなければ、今後も成り立たないような月が出てこないとは限りませんから、借入れは見合わせたほうが無難です。
~利用限度額と金利~
学生の場合、まだまだ信用評価は低いですから、カードローンを申込んで、審査に通過したとしても、設定される利用限度額は大変少額で、適用金利はそのカードローンの最高金利になるのが普通です。

返済を考えるときも利息が高くなることは覚悟しておかなければなりません。

利用は可能でもお勧めできない!学生ローンの利用も考えてみよう

カードローンは月々安定した収入が入ってくる会社員を想定して作られていて、あくまで想定している利用者は一般社会人であり、学生が使うからと言って、何か特別扱いしてくれるわけではありません。

ですから最初から学生を対象にして作られている学生ローンの利用も考えてみるべきでしょう。学生ローンなら、学校行事等で学生が忙しくなり収入が減ってしまうようなときも安心して利用できます。

またより返済を確実に行うためには、借入前に返済計画を立てて、どのように返済して行き、返済が苦しくなった時にはどのように対応するのかなども盛り込んで、万全を期すようにしましょう。

一般向けカードローンは学生だからと言って特別扱いはしてくれない

学生の中には、学生は就職しているわけではないから、金融機関の方も問題が有っても、大目に見てくれるだろうというような事を考えている人もいます。

しかし、一般社会人向けのカードローンではそういうことは通用しません。

ですから、試験などで収入が減ってしまい、返済額が捻出できなくなってしまった場合でも、契約に減額してくれるというような条項がない限り、返済額を少なくしてくれるようなことは基本的には有りません。

どうしても無理な場合には、利息だけの支払いという事も無いとは言えませんが、そういうことをすれば金融機関の心象は悪くなり、信用評価も落ちてしまいます。

こういった危険性があるため、学生がカードローンを利用することはあまりお勧めすることはできません。

学生向けに設計された学生ローンの利用も考えてみよう

ですから、学生の場合、どうしても一般向けのカードローンを利用するのではなくて、学生向けに設計された、学生ローンの利用も考えるべきでしょう。

学生ローンというのは返済方式として元金自由返済方式を選択できるものも多く、返済期限内であれば、元金は何時返済しても構わず、元金が返済できない時期は利息の支払いだけ行うという方式です。

さすがに学生という名前が付いているだけあって、学生には使いやすくなっていて、本人確認書類も学生証の提示で構わないというのが普通です。

ただし、カードローンのようにローンカードでATMから融資を引き出せるようなものはほとんどなく、多くは窓口か銀行振込で融資を受けることになります。

借入れする場合には事前に返済計画を立てることを忘れずに

また、どんなローンを利用するにしても借入れを行う場合には、事前に返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。

そして返済期間を計算して、月々幾らの返済になり、その返済をするためにはアルバイト時間は何時間以上でなければならないというようなことを明記しておいてください。

さらに、もし返済できなくなった時には、どういった支出を削ってお金を捻出すればよいのかについても事前に検討しておいてください。そうすれば困った時でも慌てなくて済むはずです。

またカードローンの場合、追加融資の利用も簡単ですが、できれば前の借入れを完済させるまでは新たな借入れはしない方が無難です。

もし追加融資を利用する場合には返済計画も見直して常に返済できる計画にしておきましょう。

~学生ローンは申込可能地域が限定されている場合がある~
学生ローンは全国から申込める業者がある反面、申込みが可能な地域が限定され、そこに居住あるいは通学していなければ借りられないという場合があるので、業者を選ぶ時には十分注意しなければなりません。

ここで学生のカードローン利用にについて纏めておきます。

  • カードローンには申込条件があり条件を満たしていれば学生でも申し込める
  • 申込めたとしても審査に通過できなければ利用できず学生の場合には長期アルバイトをしていることが必要
  • 融資を利用したら返済が必要になるため事前に自分の返済能力を計算して返済の可能性を調べることが重要
  • 学生の場合収入の安定性が低くカードローンの利用は勧められない

学生でもお金が必要なことは有りますが、安易な借り入れは返済で自分の首を絞めることになりますから、まずは借りなくて済ませる方法を考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる