自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンでも繰り上げ返済で利息を減らせる!借金の返済計画

カードローンで融資を利用したら、後は返済していかなければなりません。返済には月々返済していく約定返済と、いつでもいくらでも返済できる随時返済と言うこと方法の2つが有ります。

通常は約定返済で返済していきますが、賞与などで臨時に収入があり、当面使い道がない場合には、随時返済を利用して元金を繰り上げ返済することが可能で、その分の利息がかかりませんからお得になります。

このため、資金が借入残高の全額までには足りないという場合でも、そこで諦めるのではなくて、できる限りの範囲で構わないので、繰り上げ返済をしてしまいましょう。

ただし無理に繰り上げ返済してしまうと余裕がなくなって再度借入れが必要になることも有るので注意しましょう。

カードローンは月々返済するだけではない!随時返済という方法もある

カードローンというのは会社員に合わせて月々返済する前提で設計されていて、返済方式にもよりますが、月々一定額の返済を行っていくという形が一般的で、利用の前提に月々安定収入がある事が要求されます。

カードローンの返済ではこの月々一定額を返済していくことを約定返済と呼んでおり、ほとんどのカードローンの返済ではこの約定返済が基本的な返済方法という事になっています。

ただし、月々の給料以外にも臨時収入が入ってくる可能性はありますから、多くのカードローンは約定返済の他に随時返済というものを用意しており、いつでも好きなだけ返済できる事になっているのが普通です。

カードローンの返済は安定した収入が前提になっている

ローンと言うものは大きなお金を借りて、そのあと少額づつ返済していくというのが基本的なパターンです。

この返済には様々な方法が有りますが、最も普通なのが月々返済していく方法です。これは利用者の多くが会社員で月単位で収入が入ってくるためで、カードローンも基本的には月々返済することになります。

ですからカードローンの場合、この返済を可能にするため、申込みに際して月々安定した収入があることという申込条件が付けられています。

実際のカードローンではこの条件のもと次のような返済方法が用意されています。

  • 約定返済
  • 随時返済

つまりカードローンはこの2つをうまく組み合わせて返済していく訳です。

約定返済は月々返済していくこと

まず約定返済というのが説明してきたような月々返済していく方法です。

詳細についてはカードローン毎に違いがあり、月々返済日を決めておく場合や、返済日は決めないで前回の返済日から35日以内に返済するというような方法があります。

支払い方法は口座引落やATMからの入金、銀行振込などが用意されているのが普通です。

通常はこの約定返済だけ行っていれば、完済まで無理なく行う事ができるようになっているので、カードローンを借りたら、まずこの約定返済をしっかり行う事を考える必要があります。

随時返済はいつでもいくらでも返済できる

これに対して随時返済というのは、決まった返済日というものは無く、いすでも返済できる方法です。

基本は約定返済ですが、何らかの臨時収入が入って、資金に余裕ができた時に、約定返済とは別に、好きなだけ返済することができるようになっているわけです。

例えば会社員であれば賞与がありますから、特に利用目的がないのであれば、随時返済を利用して賞与を返済に回すことができます。

また自営業者であれば、収入の安定性は会社員程ありませんから、収入が多かった時に随時返済で返済しておくのも返済方法としては良い方法です。

~約定返済の金額に要注意~
約定返済の返済額は返済方式によって決められ、いくら借りても一定額という場合もありますが、最近では残高スライドリボルビング方式と言って、借入残高が増えると返済額も増える方式の採用が増えています。

ですから、借り過ぎると自分の返済能力を超えてしまう可能性もあるので、借入れには十分注意が必要です。

随時返済で繰り上げ返済するとお得?利息計算の仕組みを理解しよう

この随時返済という方法を利用すれば、約定返済で後々返済するはずだった元金分を繰り上げ返済することができるようになり、その分約定返済が必要なくなるので、借入期間を短縮することができます。

ローンの利息は金利だけではなく、借入期間も同じように関わってきます。したがって、借入元金と金利が同じでも、借入期間によって、利息の金額というのはそれぞれ違ってくる訳です。

このためもし繰り上げ返済して借入期間が短縮されれば、利息はその分少なくなるという事になり、約定返済を続けていく場合に比べて、有利な返済を行う事ができるという事になる訳です。

随時返済を利用すれば元金の繰り上げ返済が可能

この随時返済を上手に利用することによって、借入残高を減らすことができますから、約定返済分がその分減るため、実質的に随時返済を行うというのは繰り上げ返済を行うということになります。

繰り上げ返済と言えば、借入残高を一括して返済することを連想するかもしれませんが、カードローンの場合には必ずしも全額返済しなくても、用意できる金額だけを返済することができるのが普通です。

例えば借入残高が100万円だとして、随時返済で50万円返済したとすると、残りの50万円を引き続き約定返済で返済していくという事になる訳です。

利息はどのように計算されるのか

ここで随時返済の話を進めるための知識として、利息について説明しておきます。利息と金利がごちゃごちゃになっている人もいるので頭の中を整理してください。

利息は次の計算式で計算されることになります。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり利息というのは金利だけで決まる訳ではなくて借入残高と借入期間も同じように影響するという事です。

実際の約定返済は月々行われますから、月毎にこの利息の計算が行われ元金の返済分と合計して支払うことになります。

つまり、毎月元金の残りである借入残高は減っていきますから、利息分も徐々に減って行くことになるわけです。

繰り上げ返済すれば利息が少なくなる?

利息の計算方法が分かったところで随時返済で繰り上げ返済を行った場合を考えてみましょう。

繰り上げ返済をすれば借入残高が大きく減ることになります。

したがって、以後行われる約定返済時の利息はその分減ることになります。

このため返済額が一定だとすれば、利息分が減りますから、元金の返済分は増えて、返済効率は上がります。

返済効率が上がれば、借入残高は早く減っていくことになって、借入期間はその分短縮されます。

借入期間が短縮されることで、利息も少なくなるわけですから、繰り上げ返済というのは、利息から考えれば、大変お得な方法と言えるでしょう。

~随時返済が無いカードローンに注意~
カードローンの中には返済方法として随時返済が用意されていないものも存在します。もちろん約定返済だけしか利用するつもりが無ければそれでも構いません。

しかし、もし途中でできれば繰り上げ返済したいと考えているのであれば、方法が用意されていないのでは話になりませんから、カードローン選びでは十分注意して選んでください。

資金に余裕があるときは全額ではなくても繰り上げ返済してしまおう!

もし資金に余裕があった場合で、貯蓄が有利なのか返済が有利なのか迷うと言う場合には、利息を考えてみましょう。貯蓄して返済で支払う利息よりも高額な利息が得られるなら貯蓄、そうでなければ返済です。

返済時の利息を上回るような利息が付く貯蓄の手段は、現在まずありませんから、ほとんどの場合は繰り上げ返済をしてしまったほうが、有利になるはずで、余裕があれば繰り上げ返済を考えるようにしましょう。

ただし、有利だからと言って余裕もないのに無理に返済しようというのはお勧めできません。返済したのは良いが、後々再度借り入れに追い込まれたのでは、まったく意味のない繰り上げ返済になってしまいます。

余裕の資金は貯蓄か返済かどちらが得か?

ただし、例えば賞与が入ったとして、それを返済に回すかというと、なかなかその決断はつきません。もちろんそのお金を当てにしている家族もいるかもしれませんし、それを無視するのもよくありません。

またそういうお金は貯蓄しておきたいと考える人も少なくないでしょう。

こういう場合、損か得かで考えることが必要です。考える必要があるのはやはり利息です。

貯蓄すれば利息を払うのではなくて払ってもらえます。しかしその間にも借入残高に見合う利息の支払いが続きます。

損か得かはこの利息の差で決まります。貯蓄で受け取る利息がカードローンで支払う利息を上回っていれば、貯蓄に回した方がお得という事になります。

しかし逆の場合には、貯蓄よりも繰り上げ返済を行ってしまったほうがお得です。

金利を考えれば貯蓄よりもカードローンの金利のほうが、現時点ではずっと高いですから、通常は随時返済をして繰り上げ返済を行ってしまったほうが、殆どの場合お得になるはずです。

全額でなくても繰り上げ返済してしまったほうが良い

ここで注意しておきたいのが、繰り上げ返済をするにも、いくら賞与が出たと言っても、借入残高すべてを返済するほどは無いという場合、多くの人が、随時返済の利用をためらうということです。

しかし、先程説明したように随時返済というのは、借入残高全額を返済しなくても、一部だけの返済でも可能です。

一部だけ返済したとしても、以後の約定返済での支払いでは利息をかなり節約できることは説明した通りです。したがって、一部しか返済できなかったとしても、随時返済の利用は躊躇すべきではありません。

無理に繰り上げ返済するのはお勧めできない

ただし、繰り上げ返済がお得だから、多少無理をしてでもしてしまおうと考えるのは、あまりお勧めできません。

適正に借入れをしていれば、収入的に考えて約定返済は無理なくしていけるようにカードローンは設計されています。

ここで無理に返済してしまうと、当然生活はその分圧迫されることになりますから、場合によっては、新たな借入れに繋がる可能性も出てきます。

ですから、随時返済を利用した繰り上げ返済を行う場合、いつもとは違う収入があって、資金的に余裕ができたと言う時だけ考えるようにしましょう。

~随時返済だけのカードローンもある~
カードローンの中には約定返済が無く、随時返済だけというものもあります。このカードローンは会社員向けではなくて自営業者のような収入が安定していない人向けに設計されたものです。

もし約定返済がつらいという場合には、そういったカードローンの利用も考えてみましょう。ただし、数が少ないので必ず利用できるとは限りません。

繰り上げ返済はお得だがもっとお得なのは借りない事!

繰り上げ返済ができれば確かに約定返済で完済させるよりもお得になるのは間違いありませんが、お得さを追求するなら、もっとお得な方法があります。それは借りない事で、そうすれば返済の必要もありません。

そのためにはまず常に自分のお金というものを管理している必要があります。これと併せて先々どのようなことを行うかが分かれば、いつどのようなお金が必要で、幾ら足りないのかも事前に分かります。

そこで分かって時点から、様々な遣り繰りが考えられますから、借入れを回避できる可能性や、借りるにしても借入額をできる限り少額にすることも可能なはずです。借りなければ利息を支払う必要もないのです。

お得さを追求するのであれば借りないことをまず考えよう

説明してきているように繰り上げ返済の大きな目的というのは約定返済を続けるよりもお得に返済を行うというものです。

しかし、お得と言うことを考えた場合、もっとずっとお得なことがあります。

それはお金を借りないことです。ローンと言っても住宅ローンのように、人によってはどうしても必要になるようなものもあります。

しかしカードローンと言うのは主に生活費の補填やレジャーなどに利用するものです。

よく考えてみてください。最近では借入れのハードルが下がって、借りやすくなったために、お金を借りる人が増えていますが、多くの家庭では、自分の収入の範囲内で生活しています。

レジャーをするのでも、まずは貯蓄をして、十分なお金が貯まったところで行います。

要するにそういう家ではお金は借りないのです。お金を借りなければ返済の負担は有りませんし、それに伴って自分には損失となる利息の支払いも必要ないのです。

ですから、お金が必要と思った時にまず行うべきなのは、借りなくて済ませるにはどうすればよいのかを考えることです。

常に自分のお金を管理していれば先々必要になるお金も分かるはず

ではどのように考えれば良いのでしょうか。まず借入れに頼らないような家庭では何が行われているのがというと、日頃からしっかりお金の管理が行われているという事です。

つまり、昔ながらの表現で言えば家計簿をしっかりつけて、自分の収入と支出の内容を把握しているということです。

そしてもう一つは先々の予定を見通して、いつどの程度のお金が必要jになるのかを正確に予想していることです。

この予想についても日頃からの支出内容が分かっていれば、見通せますし、子供の進学などの予定も予め考慮していれば、かなり正確に見通すことができるのです。

計画的にお金を利用すれば借りずに済ませることも可能

このように先々必要になるお金が分かっていれば、それまでの間計画的にお金を利用することで、必要なお金を長期間かけて用意することも可能です。

そうすれば、実際にお金が必要になった時でも、既に必要なお金の用意ができているという事になり、借入れの必要もなくなる訳です。

もちろんそれでも足りないという場合もありますが、準備しておけば借入額をできるだけ少なくすることが可能になります。

しかし最近では、簡単に借入れできることが災いして、そういう長期的な視野や、お金の管理がずさんになっている場合が多く、払う必要のない利息を支払うことになるのです。

自分では気づいていない人も多いでしょうが、無駄なお金を支払っている人は非常に多いのではないでしょうか。

~自分のお金の管理を始めよう!~
最近では家計簿をつけていない人も多く、自分が何にお金を使っているのかを把握できなくなっていることもあります。しかしスマホを利用すればレシートを読み込ませるだけで記録できるアプリも出ています。

そこで今日からでもまずは自分のお金というものの管理を始めてみてはいかがでしょうか。

ここでカードローンの繰り上げ返済について纏めておきます。

  • カードローンには月々返済する約定返済の他にいつでも返済できる随時返済が用意されている
  • 随時返済で借入残高を減らせば以後の約定返済で掛かる利息を減らすことができてお得になる
  • 資金に余裕があるのであれば一部だけでも返済してしまったほうが良い
  • 繰り上げ返済はお得だが更にお得なのは日頃からお金の管理を行い借入れが必要ないようにする事

繰り上げ返済は店舗に行ったりする必要があり面倒だと考えている人もいるかもしれませんが、現在ではATMからでも可能ですから非常に簡単に行う事ができます。

閉じる
閉じる