自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

破産後にカードローンを使いたい!信用回復までの10年を理解する

カードローンを利用していると時として返済が厳しい状況に置かれる場合があり、もし返済できなくなれば債務整理をして返済条件の見直しを行いますが、場合によって自己破産が必要になる事も有ります。

もし自己破産した場合には、それが信用情報に10年間記載されることになり、その間はブラックということになってしまうため、融資を申し込んだとしても、審査に通してくれる金融機関はまずありません。

しかも10年経ったとしても、信用情報はその間に多くの情報が消えてしまいホワイトという状態になっていて、ある程度の年齢でホワイトというのは不自然ですから、これも敬遠される原因になってしまいます。

カードローンの返済ができなくなると最悪自己破産するしかない!

カードローンと言うのは他のローンとは違って何度も借入れと返済を続けることができるという特徴を持っています。このため利用期間は非常に長くなり、その間には返済が厳しくなることが無いとは言えません。

そういった場合もほとんどの場合は何とかやりくりすることで返済を続けますが、場合によっては返済できず債務整理を行って返済条件の見直しを行うような人も出てくることになります。

その中でも、将来的に返済の見込みがないというような場合には、裁判所の判断を仰いで債務を帳消しにしてもらうことができる自己破産をしなければならない事も無いとは言えません。

カードローンを長く利用していると返済が厳しい時もある

カードローン以外のローンの場合、一度借りたら後は完済するまで返済が続くだけですが、カードローンの便利な点は、利用限度額内であれば、何度でも借りたり返したりを続けることができる事です。

こういった特徴があるので、カードローンの利用期間は非常に長期間に及ぶのが普通で、その間何度も何度も返済を行わなければならない訳です。

こうして長い期間返済を続けていれば、誰でも返済を容易に行える時期や返済するのが厳しくなる時期が出てくるものです。場合によっては返済することができなくなるようなこともないとは言えません。

返済ができなくなると債務整理をして返済条件を変えてもらう

もし返済できなくなるとどうなるのでしょうか。金融機関は返済が行われなければ大赤字になってしまいますから、まずは督促状を出して入金を促すことになります。

それでも返済が行われなかった場合は、金融機関も本気になり回収担当から電話が来たり、場合によっては訪問を受ける事になります。もちろん以前のような厳しい取り立てが行われるわけではありません。

しかし回収担当は強面の男性というのが普通ですから、十分怖いと思うかもしれません。

これでも返済に応じなければ最終的には催告書が送られてきてそれでも返済されなければ法的手続きに入ることになります。

しかし通常の場合には、そこまで行く前に、債務整理の話し合いに入ることになります。

債務整理は、契約書に記載されている返済方法では返済できなくなったということで、返済条件を見直してもらうということです。

返済がそもそも無理な場合には自己破産するしかなくなる

債務整理の方法には様々なものがあり、貸し手と借り手あるいはその代理人の間で協議が行われ、話し合いがつかなければ、裁判所にも入ってもらって、話し合いが行われます。

協議の結果、返済が難しいと判断された場合には債務を帳消しにしてもらうために自己破産しなければならなくなることもあります。

自己破産すれば、債務は帳消しになって、返済する義務はありません。自己破産はあまり良いイメージはありませんが、法律が用意した人生をリセットする方法と言えるのです。

~返済できそうにない場合には一時的に返済額を減額してもらえばよい~
最近では金融機関の方も、返済が厳しくなる時期が出てくるという前提でカードローンを提供している場合もあります。

そういったカードローンでは返済が厳しい時は返済額を一時的にを減額してくれたり、返済日をずらしてくれることが契約書に明記されています。

自己破産後10年間はブラックでカードローンの利用はできない!

自己破産するとその記録が信用情報内に記載されることになり、金融機関間で共有されますから、ローンの申込みを行って審査を受ければ金融機関側は自己破産したことがあるとわかってしまいます。

この自己破産したということが信用情報内に記載されている場合には、審査で行われる信用評価は極めて低くなり、また同じ事が繰り返されては堪らない訳ですから審査は否決になり通常は融資は行われません。

この信用情報内の記録というのは自己破産の場合には10年にわたって残ることになるため、この間はどの金融機関に行っても審査に通らないブラックという状態になることになります。

自己破産後はその記録が信用情報内に記載される

ただし、自己破産というのは借りたお金が返せなかったということですから、金融機関は大きな損失を被る事になってしまいます。

金融機関にとっては大きな迷惑であったことは間違いありません。このため金融機関はそういった迷惑になったことを他の金融機関にも警告するため、この自己破産が行われたことを信用情報に記載します。

信用情報というのは金融機関間で利用者情報を共有するために作られているもので、しっかり返済したという記録があれば、他の金融機関でも評価が高まりますが悪い情報が有れば評価は下がります。

つまり信用情報内の情報が、審査での信用判断に大きな影響を及ぼすということになるわけです。

自己破産したという情報が有る限り通常融資は行われない

もし、信用情報内に自己破産したという情報が記載されていた場合には、どの金融機関に行っても、審査中にこの情報が参照されることになるので、審査での信用評価は大きく下がります。

ですから、殆どの金融機関では信用評価が足を引っ張って、審査に通ることはありません。

つまり自己破産したという記録が有る限り、例えばカードローンを申し込んだとしても、融資を利用することはまずできません。

自己破産を行う時点でそういったことは覚悟しておかなければなりません。

記録は10年間残りその間はブラックとして扱われる

この自己破産したという記録は信用情報中に10年間残ることになっていますから、この間はお金を借りることはできないということです。

こういった状態のことを金融業界の用語ではブラックと呼んでいます。

ブラックは様々な条件で陥ることになりますが、自己破産の10年というのは最も長く、この間金融取引を行う事の大きな足かせになってしまいます。

返済できなかったわけですから、自己破産というのは仕方のない選択だったかもしれませんが、自己破産を選択する場合には、以後はお金は借りられなくなるので、生活の見直しも必要でしょう。

~ブラックとは?~
ブラックというのはどの金融機関に行ってもお金が借りられない状態のことで、次のような時に陥ります。

  • ローンの返済を滞納した場合
  • 電気料金や電話料金といった各種支払いを滞納した場合
  • 債務整理をした場合

ただし、自己破産以外の場合は信用情報には5年間記録されますから、ブラックの期間は5年間ということになります。

10年経っても安心はできない!ホワイトでも審査は不利になる

このため10年間は金融取引というものができない状態で過ごさなければなりません。そこでブラックになってしまった人は10年の経過を心待ちにしていますが、10年経っても借入れできないこともあります。

10年経過してしまうと、信用情報内のそのほかの情報もほとんど無くなってしまいますから、信用情報はほぼ真っ白の状態になり、ブラックとは逆のホワイトと呼ばれるようになります。

しかし、年齢が若ければ有り得ることですが、ある程度の年齢でホワイトというのはかなり異常で、審査ではやはり信用評価に影響します。このためホワイトの人には融資しない金融機関もあるのです。

10年経過すれば借入れは可能なのか?

ここまで説明すればわかるように、10年経てば自己破産したという記録が削除されることになりますから、10年後にカードローンを申込めば、少なくとも審査では自己破産したということは分かりません。

このため審査では少なくとも信用評価という面では問題があるとは判断されません。

では返済能力があれば、カードローンの利用が可能なのかと言えば、あとは金融機関の判断ということになりますが、金融機関というのは大変疑い深いもので、不自然さを感じれば融資を断ります。

10年経てば金融取引情報はなくなりホワイトになる

説明しているように10年経てば自己破産したという情報は信用情報から消える事になります。

しかしそれだけではありません。信用情報には金融取引の情報が次々に書かれるものですが、誰でも普通に生活していればそれなりに情報が貯まっていくものです。

ところがブラックになると金融取引はほとんどできなくなるので、10年経てば、他の情報もほとんどが削除されてしまっていて、情報が無くなってしまいます。

この状態を金融業界ではホワイトと呼んでいます。

ある程度以上の年齢でホワイトは不自然で融資しない金融機関もある

若年の場合にはホワイトというのも珍しいことではありませんが、ある程度の年齢に達している場合には、かなり不自然な状態です。

このため、金融機関は例えばカードローンの申込みをしたとしても、大きな不自然さを感じることになり、これを問題視することになって、やはり審査を否決にしてしまう事になるのです。

またもう一つ注意が必要なのが、以前カードローンなどを利用していた金融機関では、信用情報の他に顧客情報を蓄積しておりこれは半永久的に残りますから、この場合は何年経っても審査には通りません。

このように、ブラックの期間が経過しても、そう簡単にはお金は借りられないということを覚悟しなければなりません。

~まずは金融取引の実績を作ろう~
本文で説明しているようにブラックから解放されてもお金が借りにくい状態にあるのは変わりません。

そこで正常な状態に戻すために必要なのが信用を付ける事です。そのためには例えば多少審査が緩くなっているクレジットカードを利用してしっかり支払いを行ったりすることが有効です。

一度失った信用というのはまた時間をかけてコツコツ作り上げるしかないのです。

ブラックの間に行っておきたい事?自己破産に至った原因追求と対策

自己破産によるブラックは10年ですから大変長い期間があります。その間まったく借入れできないのかというと、最近ではブラック対応業者という消費者金融が有って借入れが全く不可能ではありません。

しかし一度ブラックになった人というのは同じことを繰り返す可能性があるので、貸してくれる業者が有ったとしても借入れを勧めることはできません。

そこでブラックの間は借入れを考えるのではなくて、十分な時間がある訳ですから、その時間を有効に利用して、なぜ自己破産に至ったのかという原因を調べ、それへの対策を取ることを考えましょう。

ブラック対応業者ならブラックでも借りられる可能性がある

信用情報から記録が消えるまで10年というのは大変長い期間です。しかし自己破産した人も生活は続けていかなければなりませんから、お金は必要です。

通常は自分の収入で生活すればいい話ですが、場合によってはやはりお金を借りたくなる場合もあるでしょう。

そこで、そういったニーズを狙う形で、ブラックの人にも返済能力が備わっていれば融資を行うという消費者金融が最近増えてきています。

これは銀行がカードローンに進出したことで、利用者が減ってしまったために、利用者を確保する目的でブラックの人に融資を始めたというわけです。

ですから以前はブラックでは全く無理だった融資の利用ですが、最近では業者を選べば、融資してもらうことができる可能性があるのです。

ブラックの間は借入れは勧められない

しかし、借入れできる可能性はあるとはいっても、ブラックの人が安易に借入れすることはお勧めできません。

残念ながら一度ブラックになったことがある人というのは再度同じ状態になって自己破産まで至らなくても、やはりブラックに戻ってしまう可能性が他の人よりも高いのです。

ですから安易に借りてしまうとブラックであるにも関わらず、また返済ができないという状況に陥ってしまう可能性があるのです。

ですからそうならないためにも安易に借り入れるべきではないのです。

ブラックの間に自己破産に至った原因とそれへの対策を行おう

そこでもし自己破産に至ってしまった場合には、長いブラックの期間を有効に使うことを考えてみましょう。この期間に次の3つを行ってみてください。

  • ブラックに至ることになった原因の追究
  • 原因に対する対策の検討
  • 対策の実施

普通の人はなかなか自己破産には至りません。つまり自己破産するということは何かその人に特有の原因があることが考えられるのです。

ブラックの期間は長いですから、この時間を使って、この原因をとことんまで追究してください。表面的な原因では駄目です。何故そうなったのか徹底的に何故なのか考え究極の原因を見極めましょう。

原因が分かったら、それで終わりではありません。次にその原因を取り除くにはどうすれば良いのかという対策を考えてみましょう。対策ができなければ借りられるようになっても同じことが繰り返されるのです。

有効な対策が分ったら、最後にその対策を実施してください。対策がうまく機能するまでは、お金を借りるのは危険です。

例えば原因を追究していて、お金に対する考え方自体に問題があり、それは性格的なものだったとしましょう。

その場合には、性格自体を変えなければなりませんから、自分だけでは対策は難しく、心療内科などで医師や臨床心理士のカウンセリングを受けるという対策を考え、実施しなければなりません。

~ブラック対応業者でも審査は行われる~
本文ではブラック対応業者に触れていますが、ブラック対応業者だからと言って、ブラックなら誰でも利用できるというわけではありません。

こういった業者でも審査は行われ、信用には目を瞑るにしても、その他の審査は普通に行われるので、審査が否決になる場合はあります。

以前ブラック対応業者ということで申込みが集中した業者がありましたが、殆どが審査否決になったというようなことがあり、決してこれらの業者の審査を馬鹿にしてはいけません。

ここで破産後もカードローンは使えるのかについて纏めていおきます。

  • カードローンの返済ができない場合最悪自己破産するしかなくなる
  • 自己破産後10年間はブラックとなりカードローンの利用はできない
  • 10年経過後もホワイトと呼ばれ審査では警戒される
  • ブラックの間に自己破産した原因を追究し同じことを繰り返さないように対策しておくことが重要

自己破産してブラックとなったら、その間に自分の収入内で生活できるような訓練を行いましょう。そうすればブラックでなくなった後も借入れせずに生活ができるようになるはずです。

閉じる
閉じる