自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

個人事業主でもカードローンは利用可。収入が安定している事が条件!

カードローンには申込条件があり、会社員でも個人事業主でもこの条件を満たさなければ申込むことはできません。特に個人事業主の場合申込みから排除されている場合もあるので申込条件は必ず確認して下さい。

申込みができたら次に審査に通過する必要があり、この中では返済能力が評価されますが、これは年収と共に安定した月収も問われ、職業によって判断される為、個人事業主は会社員に比べ評価が下がります。

審査に通ったとしても、実際に返済していけるかどうかは別の話になり、借入前に自分が本当に返済していけるか計算してみる事が必要です。

もし途中で返済ができなければ信用は崩壊してしまう事になるので十分注意してください。

カードローンは申込条件を満たしていなければ申込めない!

カードローンを申込む為には、年齢制限や収入要件などの申込条件を満たしている必要があります。特に収入要件には、安定性が要求されている為、会社員は良いのですが、個人事業主には厳しくなります。

また、カードローンによっては申込条件で個人事業主などは排除されている場合があり、こういった場合には、いかに収入が安定していたとしても、申込むことができないので注意しなければなりません。

また申込条件と並んで返済条件も確認しておく必要があり、例えば返済が難しい時には、返済額を減額してくれるというようなことが明記されているカードローンであれば個人事業主でも返済しやすいはずです。

【関連記事】

無職でカードローンを利用できるケースとは?申し込み前にチェック

カードローンの申込条件とは?

カードローンを利用するためには、まず申込みを行わなければなりませんが、この申込みには申込条件というものが各カードローン毎に決められており、この申込条件を満たさなければ申込みはできません。

この申込条件には様々なものがありますが、次の2点は共通して存在しています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は下限は20歳以上でほぼ共通していますが、上限は65歳から70歳程度でカードローン毎に違いがあります。

収入要件については、通常安定収入があることという表現になっていて、会社員なら問題ありませんが、個人事業主には厳しい条件となる場合があります。

個人事業主は排除されている場合があるので要注意!

ただし、これらの条件を満たしていたとしても、他の条件が有ったり、但し書きのような形で、申込みができない人が記載されていたりする場合があります。

特に、ここで説明することになる個人事業主やパート、アルバイト学生、年金生活者などの場合には、この申込条件で最初から排除されている場合もあるので、十分注意しなければなりません。

自分が利用したいカードローンがあったとしても個人事業主は駄目と書かれていた場合には、そのカードローンの利用は諦めて、他を探しましょう。考えるだけ時間の無駄で、早めに頭を切り替えてください。

返済条件も確認しておこう

また申込みができるにしても、今挙げたような職種の人は収入が不安定になりがちですから、申込条件の他に返済条件についてもよく目を通して確認しておくようにしてください。

例えば、何らかの理由でその月の収入が少なくなってしまった場合、返済額の負担が厳しくなることがありますが、そういった場合、カードローンによっては返済額の減額に応じてくれる場合があります。

そういったことが予め明記されていれば、収入が多少不安定な人の場合でも安心してカードローンを利用することができます。

説明資料は隅から隅まで目を通して、自分の要求が満たされるかよく確認しておきましょう。

~返済方式の理解も重要~
カードローンを調べる場合には、返済方式についても調べて理解しておきましょう。返済方式というのは月々いくら返済するのかを決めるもので、月々一定額の方式や借入残高によっては高額化するもの等があります。

個人事業主は審査に通過できるか?問題は収入の安定性の評価!

申込条件を満たして申込みができたとしても、審査に通過できなければカードローンは利用できません。審査では本人確認の他、返済能力の確認及び信用の確認が行われることになります。

返済能力の確認では、年収額の他、月々の収入の安定性が評価されることになり、この収入の安定性は、申込者の職業や職種によって評価されるため、会社員などの場合には高評価になります。

しかし個人事業主などの場合には、収入は会社員程の安定性はないと考えられているため、返済能力の評価としては、それほどの高評価は貰えず、場合によっては問題視されるような場合もないとは言えません。

カードローンの審査では何が行われるのか?

申込条件を満たして、無事申込みができたとしても、次に控えているのが審査です。カードローンは申込みだけでは利用できず、この審査に通って初めて利用できるようになるものです。

ではこの審査では何が行われているのかという事になりますが、実際には各カードローンの審査基準によって行われており、この審査基準は公開されるようなことはありません。

大枠としてどのようなことが行われるのかというと、次のような確認や評価が行われています。

  • 申込者が本人である事の確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

本人確認は他人を偽って申込みをする輩もいるので、そういった人を排除するために行われます。

返済能力は次の2点の評価で行われることになります。

  • 一定額以上の年収がある
  • 安定した月収がある

信用の評価は金融機関が利用者情報を共有するための信用情報を利用して、過去の金融取引状況が確認されます。この信用情報内に過去にローンを滞納したというような情報が有れば審査は通りません。

収入の安定性は職業によって判断される

では返済能力の評価についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

まず一定以上の年収額というのは、以前は200万円と言われましたが、最近ではカードローン毎に違うと考えたほうが良いでしょう。

問題は安定した月収です。これは年収額からだけでは分かりませんから、職業や職種によって評価されます。

職業や職種では大まかに言えば次のような評価になります。

職業・職種 審査での評価
正規採用の公務員や会社員
臨時採用の公務員や会社員(契約社員・派遣社員) 中の上
パート・長期アルバイト・個人事業主・年金生活者・学生 中の下
短期アルバイト・水商売

この表で低の評価になる職種では、カードローンの審査には通過できません。

個人事業主の場合もそれほど評価は高くありませんから、会社員などと比べた場合、審査での評価は厳しくなることは覚悟しなければなりません。

個人事業主の場合事業の安定性が問題視されることがある

もう一つ個人事業主で問題になるのが、事業の安定性です。一見収入が安定しているように見えても、事業自体が行き詰ってしまったら、いつ収入が途絶えてしまうか分かりません。

金融機関は返済が見込めれば融資しますが、危険性を感じた場合、絶対に融資はしません。カードローンの申込みの前に自分の事業の将来的な安定性についてよく考えて見てください。

カードローンによっては、申込時に提出する書類として、個人事業主の場合、事業の状況を説明する書類の提出を要求している場合もあるので、予め確認して必要なら準備をしておいてください。

~審査通過はそれほど楽観できない~
カードローンはテレビコマーシャル等を見ると誰でも利用できそうに感じますが、実際には審査通過はかなり難しいと考えてください。例えば大手消費者金融が発表している審査通過率は概ね40%台で半数以上は通らないのです。また銀行の場合は発表されていませんが更に厳しくなっていると考えられます。

借入前に返済能力を確認しておこう!返済できなければ信用崩壊

審査に通ったとしても安心はできません。実際に返済できるという保証にはならないのです。そこで借入れする前に、自分の実際の返済能力というものを計算してみることが大切です。

返済能力を計算し、返済できると判断した場合だけ融資の利用を行いましょう。融資を利用する際は、返済期間を計算し、それまでの間どのように返済していくのか返済計画を立ててそれに沿って返済して下さい。

もしこういったことを行わず、安易に融資を利用してしまうと、返済途中で、返済に行き詰ってしまうような可能性もあり、生活できなくなって、事業自体にも影響が出てしまう事もあるでしょう。

自分の返済能力を実際に計算してみよう

では審査に通過したとして、カードローンの利用が可能になったと仮定して話を続けましょう。

この場合、すぐに利用しようと考える人も多いはずですが、それは危険です。まず行う必要があるのは、自分がいくらまで返済が可能なのかを把握することです。

審査に通ったという事は金融機関が返済できると評価したからですが、実際に返済できるかどうかは、それぞれの利用者によって違ってくるため、安易に借入れしてしまうと、返済できなくなる人も出てきます。

そこで行ってほしいのが、1年程度前からの月々の収支を計算してみることです。事業を行っている人であれば、事業では収支を計算して利益が上がっているかどうかを評価している筈です。

それと同じことを生活費でも行ってみてください。具体的には次の数式で、月々の収支を計算します。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

この月々の収支が黒字であれば、それだけ余裕があるという事で、新たに発生することになるカードローンの返済もここから出すことになる訳です。

返済できるかどうか判断し返済計画を立てよう

そこで月々の収支が返済額を超えているかどうかのチェックを行ってみてください。

会社員であれば収入が安定しているので、評価は簡単ですが、個人事業主の場合には、会社員程の安定性はないので評価は慎重に行わなければなりません。

月々返済額を上回る黒字が有れば返済はこれからも可能でしょう。しかし黒字が返済額を下回ってしまうような時期がある場合には、その間どうやって返済額を確保するのかの見通しをつけなければなりません。

これらのことを返済計画としてまとめて、計画通りに返済していくことが重要です。

もし評価の段階で常に黒字が返済額を下回っていたり、赤字だった場合には、そもそも返済していくのは無理ですから、借入れは見合わせるべきでしょう。

返済できなくなれば信用崩壊で事業継続も難しくなる

もし安易な借り入れをしてしまって、返済途中で行き詰ってしまった場合には、この点が信用情報に記載されることになり、さらに債務整理の必要も出てきます。

こうなってしまうと信用は完全に崩壊してしまい、以後当分の間は融資の利用ができなくなります。

個人事業主ですから、事業を進めるためにも金融機関とは常に良好な関係を保たねばなりませんが、信用が崩壊してしまえば、お付合いが不可能になり、事業でも融資の利用は難しくなってしまうでしょう。

こうなると事業継続も難しくなってしまいます。

~信用情報とは~
信用情報には過去の金融取引状況が格納されており、ローンの返済状況だけではなく、各種支払い状況や債務整理の有無なども分かるようになっています。例えばローンの滞納や各種支払いの滞納、債務整理などが記載されている場合、どこに行っても融資は行われず、ブラックとして扱われることになります。

個人向けカードローンは事業には利用できない!お金の切り分けが必要

もう一つ個人事業者が注意しなければならないのが融資を受けたお金の利用目的です。個人向けのカードローンの利用目的は通常事業性資金は除かれています。つまり事業の運転資金には利用できない訳です。

もし事業の運転資金に融資されたお金を使いたいというのであれば、個人向けカードローンではなくて事業者向けカードローンを申込んで、生活費とは分けて利用しなければなりません。

個人事業主の場合、生活費と事業資金の切り分けが曖昧になっている場合があって、どちらの為のお金なのか分からないままに融資を利用することがあります。

ですから、こういったことが無いように日頃から、生活費と事業資金はきっちり切り分けておくようにしてください。

個人向けカードローンの利用は事業資金以外

個人事業主が注意しなければならないのは、どのような目的で融資を利用するのかという点です。

まず個人向けカードローンの説明に目を通し、融資が何に利用できるのかを確認してみましょう。

大概の場合は何にでも利用できますと書かれていますが、但し書きがあり事業性資金を除くとなっている筈です。

ごく一部を除いてこのように個人向けカードローンは事業の資金としては利用できません。

しかし、個人事業主の中には、この規定を守らず、個人向けの融資を事業資金に流用することは珍しいことではありません。

事業資金に利用するのであれば事業者向けカードローンを利用しよう

もし、個人事業主が生活費ではなくて、事業資金を借りたいというのであれば、個人向けのカードローンではなくて、事業者向けの融資を利用してください。

事業者向けの融資の利用は面倒だという人もいますが、最近では事業者向けカードローンと言うものが有って、個人向けカードローンと同じような使い勝手で利用できるようになり、運転資金に便利です。

申込時は確かに事業の説明をしなければなりませんから、個人向けよりも面倒かもしれませんが、審査に通ってしまえば、簡単に融資を引き出すことができるので、事業でも便利に利用できるはずです。

ただし、この事業者向けカードローンは逆に生活費などへの流用はできませんから、注意してください。

生活費と事業資金をしっかり切り分けておくことが必要

そうはいっても自分の所は事業の運転資金に生活費にまわすことも有るし、逆に事業の運転資金を生活費に回すことも、よくある事という場合もあるでしょう。

そういった場合は個人事業主としては仕方のないことですから、日頃から、はっきり流用が分かるようにしておき、あくまで生活費と事業資金は明確に分けて考えるようにしておきましょう。そうしておけば、融資が必要なのは生活費なのか事業資金なのか判断がつけやすいはずです。

また将来的に会社組織にするという場合でも、資金の流れを正確につかむことができて、的確な判断ができるようになります。

~まずは借りないで済ませる方法を考えるようにしよう!~
事業を展開していくうえでは、運転資金はどうしても必要で、借金も上手に利用すべきですが、生活費は違います。生活費の場合には本来は自分の収入の範囲内で行う事が基本です。ですから、もしお金が必要という場合には、まずは節約できるところを見つけて、借りなくて済ませる方法を考えるべきです。

ここで個人事業主のカードローン利用について纏めておきます。

  • カードローンは申込条件を満たしていなければ申込めない
  • 個人事業主でも収入が安定していれば審査通過の可能性はある
  • 審査に通過できても借入前に自分の返済能力を計算して返済の可能性を評価すべき
  • 個人向けカードローンは事業資金としては利用できないので要注意

個人事業主は急に収入源が失われ、収入が減ってしまう可能性もないとは言えないため、カードローンの返済が滞らないように日頃から多少の蓄えを用意しておくことを勧めます。

閉じる
閉じる