自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの限度額は希望通りにはいかない!年収による上限とは?

カードローンでは利用できる上限内であれば誰でも希望する金額の借り入れができると考えている人は多いですが、実際には各利用者ごとに利用限度額が決められ、希望に沿わない場合のほうが多くなります。

利用限度額を決める場合、金融機関は各利用者の年収によって上限を決めることになり、その上限内で実際の利用限度額が決められています。
年収による上限は内部規定や法的に決められており、通常年収額の2分の1或は3分の1です。

審査では返済能力なども考慮されますが、最も大きく影響するのが信用評価で信用がなければ設定される利用限度額は、年収による上限よりもずっと少額になることもあります。

カードローンは上限以内なら希望金額が借りられるのか?

カードローンの申込みでは融資を希望する金額を申告しますが、なかなか希望通りにはいかないようです。

カードローンには限度額がいくつかあり、それぞれの利用者に適用される限度額を利用限度額と言い、利用者はこの利用限度額の範囲内であれば、借りたり返したりを繰り返すことができるわけです。

利用限度額は申込者の希望によって決まるのではなく、審査での評価によって決定されます。

ですから、通常は多少融資希望が大きかったとしても、減額したうえで融資の利用はできるわけです。

しかし、審査での評価に比べて、あまりにも過大な融資希望を出してしまった場合、審査では申込者に危険を感じて融資を断る可能性も無いとは言えないので、注意しなければなりません。

【関連記事】

カードローンには利用限度額がある!信用が大きいほど高額利用が可能

カードローンにはいくつかの上限額がある

カードローンの説明を読むと、例えば800万円までの融資というような表現があり、それだけ見ると誰もが800万円まで借りられるような錯覚を覚えますが、もちろんそんなことは有りません。

この説明資料などの書かれている上限額は貸出限度額と言われるもので、そのカードローンでの貸出の上限を表し、実際に利用者に融資されるのは利用限度額と言って区別されます。

この利用限度額は、貸出限度額内で決められ、例えば上限である800万円という場合もありますが、少ない場合には10万円に届かないというような可能性も無いとは言えません。

利用限度額は審査によって決定される

では利用限度額はどのように決められるのかというと、融資するかどうかを決めることになる審査の中で、融資する場合にどの程度まで融資するかを決めているのです。

カードローンの場合、申込情報の中に融資の希望額を記載するので、もちろんこれが参考にされることになるわけですが、そうかといって常に希望通りに融資されるということではありません。

金融機関は、利用者の状況を判断して適切な金額を算出し、この金額を利用限度額としています。

過大な希望を出すと審査にも影響することがある

例えば、希望は50万円だが、状況から考えれば10万円程度が妥当だろうということになれば利用限度額10万円で審査に通過できます。つまり希望には添えないけれども融資はできますよと言うことです。

この場合、希望額との差はそれほど大きなものではないですから、申込者の方も自分の状況をある程度理解していると金融機関側も考えるわけです。

ところが例えば同じ想定で貸出限度額いっぱいの800万円の融資希望をしてく来たとしたらどうでしょう。

金融機関側は、この申込者は自分の置かれた状況というものが全く見えておらず、無鉄砲に融資の申し込みをしてきたと考えるでしょう。

この場合、お金の使い方も無鉄砲になるのではないかと考えるはずです。

そういう場合には、例えば10万円程度なら融資しても良いと判断される場合でも、無鉄砲さを懸念して審査を否決にしてしまう可能性もあります。

このように借りられるかどうかはわからないにしても申込時の融資希望額は慎重に考えることが必要です。

~まず借入額を抑えることを考えよう~
カードローンはATMから引き出すにしても借金に変わりは有りません。そして借りたものは返さなければならない訳です。ですから借入れを考える際には、できるだけ遣り繰りして最低限の借入額にすることを考えましょう。

利用限度額には年収による上限がある!当初は更に少額になるのが普通

この利用限度額の決定には各申込者の年収にリンクさせた形の上限が決められているため、利用限度額はこの範囲内で審査で決められることになります。

まず銀行の場合には内部規定があり、年収の2分の1かあるいは3分の1としているのが普通で、銀行のカードローンの場合には、それを参考にして融資希望額を決めたほうが無難です。

また消費者金融の場合には貸金業法に総量規制という規定があり、法的に原則として年収の3分の1までしか融資は行われません。

ただし審査の評価で決まる利用限度額は当初は更に低額になるので、例えば300万円の年収が有っても、最初から100万円の融資が期待できるわけではなく、過大な期待をしてはいけません。

銀行の場合は内部規定で決められている

カードローンは先ほど説明た貸出限度額内ならば利用できる可能性がありますが、利用限度額を決める際には、年収にリンクさせた上限も存在します。

したがって、この上限が貸出限度額よりも少額になる場合には利用限度額はこの年収による上限以内で設定されることになります。

では年収にリンクさせた上限というのはどのように決まっているのかというと、まず銀行のカードローンの場合にはそれぞれの銀行の内部規定によって決まっており、表面的には明示はされていません。

この内部規定は統一はされておらず、概ね年収の2分の1か、あるいは年収の3分の1ということになっています。

つまり銀行の場合で言えば年収300万円の場合、最高150万円ということになるわけです。

消費者金融の場合には貸金業法によって決められている

次に消費者金融の場合ですが、消費者金融は貸金業者に分類されるため、貸金業法に従う必要があります。

この貸金業法には総量規制という規定があり、この総量規制では、原則として融資は全社合わせて年収の3分の1までと決められています。

法律ですからこれには全社が従わなければなりません。つまりこの場合年収300万円の場合、融資は100万円までということになります。

ただしこの総量規制には次のような例外規定があるため、年収が少ない場合でも法的には借入れは可能です。

  • 専業主婦の場合配偶者の了解があれば配偶者の借り入れと合わせて配偶者の年収の3分の1までは融資可能
  • 1社あたり50万円まで全社合計で100万円までは融資可能

ですから年収が少ない場合でも、50万円までは借りられる可能性があるということになります。

申込時は更に少額になるのが普通

ただし、そうはいってもこれ等の金額はあくまで上限であって、最初から、この上限まで融資が行われるわけではありません。

申込時の審査で決められる利用限度額は貸出限度額と年収による上限額のどちらか少額の方の金額内ということになります。

ですから貸出限度額が800万円でも、自分にも800万円借りられる可能性があると考えるのは早計で、年収が300万円なら100万円或は150万円が上限なのです。

そして申込時は上限額よりもかなり低額になるのが普通だということを覚えておきましょう。

~銀行の審査は厳しくなりつつある~
銀行はカードローンに参入してから、収益を増やすため、これまで多少審査を甘くして利用者を増やし続けてきましたが、これが多重債務者を生んでいるのではないかと指摘を受け、現在見直しが行われています。このため今後銀行のカードローンの審査は厳しくなっていく可能性があり、年収による上限も2分の1になっている場合、3分の1に減額するところも出てくる可能性があります。

審査ではどのように利用限度額を決めているのか?重要なのは信用

では審査ではどのように利用限度額を決めているのでしょうか。

まず審査で何が行われているのかと言うと、本人確認の他、返済能力の確認、信用の評価などが行われていて、このどれに問題があっても審査に通過することはできません。

利用限度額は返済能力も関わってきますが、主に信用評価によって決められることになります。信用が高いほど高額の利用限度額が設定されます。

ただし金融機関の考える信用というのは主に利用者とのお付き合いによって判断されるもので、社会的な信用がどれだけ高かったとしても、お付き合いが無ければ、評価は低くなってしまいます。

カードローンの審査では何が行われているのか

では審査ではどのように利用限度額を決めているのかを調べてみましょう。そのためにはまずカードローンの審査ではどのようなことが行われるのかを知らなければなりません。

審査は審査基準と呼ばれるもので行われますが、この審査基準は知られてしまうと対策されて審査にならなくなってしまうことになるので、金融機関は審査基準は極秘扱いで表に出すようなことは有りません。

ただし、概要程度は分っており、次のようなことが確認され評価されています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力があること
  • 申込者が信用できること

実際の審査基準ではこれらがさらに細かい確認項目によって構成されているわけです。

利用限度額は主に信用によって決まる

では利用限度額はどのように決められるのかと言うことになりますが、当然返済できないような金額は貸せませんから、返済能力もある程度考慮されることは間違いありません。

ただし、最も重要視されるのは信用です。信用はまず過去に金融取引上の問題がなかったかどうかが信用情報が参照されます。

これで問題がなかった場合、後は金融機関が信用評価を行って貸出限度額あるいは年収による上限額以内で利用限度額を決めることになります。

金融機関における信用の意味

では金融機関の考える信用とはどのようなものなのでしょうか。

普通に考えれば社会的に信頼のおける人と言うことになりますが、金融機関ではそういった曖昧な評価はしません。

金融機関の場合、信用というのはすなわち金融機関と利用者の間のお付き合いの内容ということになります。

例えばこれまで長期的に定期預金をしていたり、ローンを利用してしっかり返済していれば、信用の評価は上がっていきます。

しかしこれまでお付き合いが一切無かったというような場合には、信用評価はゼロからスタートということになるのです。

ですからカードローンの申し込みで初めてその金融機関を利用するという場合、信用評価は低くなってしまい、利用限度額は少額になってしまうわけです。

~信用が崩壊するとお金は借りられない~
ローンの返済などが滞ってしまうと信用情報にその点が記載され、信用は崩壊します。こうなってしまうと一般的にはブラックと呼ばれることになり、どの金融機関に行ったとしても融資に応じてもらうことはできません。

利用限度額は増額できる!信用評価が上がっていることが前提

この利用限度額は信用が上がることによって、増額してもらうことが可能になります。ただし、そのためには適正な利用を長期間続けなければなりません。

また増額は、増額申し込みを行って、改めて申込時と同じように審査を受けることが必要で、この審査で信用評価が上がっていなければ、増額を希望したとしても、利用限度額は増額されません。

ただし、当然ですが内部規定や法的な規制があるため、年収による上限がなくなる訳ではなく、増額を希望したとしても、その範囲を超えるような増額はされません。

ですから高額利用を希望するなら年収自体を増やさなければならないわけです。

信用が上がれば利用限度額の増額も可能

このように利用限度額は信用によって決まる訳ですが、説明したように信用というのは適正なお付き合いを続けていけば、徐々に大きくなっていくものです。

したがってカードローンの利用を続けていけば信用は自然に大きくなって行くことになります。

このためある程度利用を続けていけば、利用限度額を増額してもらうことも可能になる訳です。

ただし、そうなるためには、適正な利用を半年から1年程度続ける必要があり、その期間は徐々に長期化していると言われているので、利用を始めて1月程度で増額を希望しても無理な訳です。

増額するためには改めて審査を受ける必要がある

では具体的にはどのようにして増額してもらうのかというと、カードローンそれぞれで違いがあります。

1つは金融機関側から郵送やATMの利用時の表示、インターネット経由などで案内があるというもので、これがあったら増額できる可能性があるということです。

もう一つは時期を見て自分で申込みをするもので、時期を見誤ると、増額はできません。

どちらの場合も増額をしてもらう場合には、増額申し込みを行って、改めて申込時と内容的には同じ審査を受け、信用の評価が上がっていれば利用限度額が増額されます。

上がったとしても年収による制限内

ただし、増額されるとしても貸出限度額や年収による上限が変わる訳ではありませんから、それを超えるような増額は見込めません。

例えば先ほど言ったように年収300万円の場合に100万円或は150万円を超えるような利用限度額には絶対にならないということです。

さらに大きな融資を希望する場合には、まずは自分の年収を増やすことが必要です。

~増額してもらったほうがお得?~
自分は利用限度額に満足しているから増額の必要はないという人もいるかもしれませんが、利用限度額の増額では同時に金利の見直しも行われるので、金利が低くなる可能性があります。このため増額した場合同じ金額を借りたとしても、増額前よりもお得な利用ができるようになります。ですから金額的に必要がなかったとしても、増額できるのであれば増額しておいた方が良いでしょう。

ここでカードローンの利用限度額の年収による上限について纏めておきます。

  • カードローンの利用限度額は審査によって決定される
  • 利用限度額は年収による上限が決められている
  • 審査では年収による上限内で信用により利用限度額が決められる
  • 利用限度額は信用が大きくなれば増額できるがそれでも年収による上限という枠内となる

年収によって上限があるのは良いのですが、それ以内なら返済できるという保証はないので、借入れを考える場合には返済できるかどうかをよく考えることが重要で、安易な借入れはしないようにしましょう。

閉じる
閉じる