自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンを他人名義で虚偽申請!審査でウソは簡単にバレてしまう

カードローンを利用したいが自分はブラックになっていて審査に通らないという場合、多くの人は利用をあきらめるのですが、中には他の人の名義を使って申込みをすれば分からないだろうと考える人がいます。

しかし、金融機関も様々な経験を積んでいますから、そう簡単に騙されるわけがなく、大概の場合には、審査中に他人名義の申込みだということが発覚してしまう事になってしまいます。

もしこのような申込みで虚偽の申告を行ってしまうと、その情報は信用情報に記載されることになり、以後ローンの申込みをしても危険人物と判断されますし、下手をすると罪に問われる可能性も出てきます。

自分ではカードローンの利用が難しい人がいる!しかしお金は必要

カードローンを一度利用すると便利なのでそれに依存して生活するようになる人がいます。そういった場合つい使い過ぎてしまって、返済できなくなり、ブラックになって借入れができなくなる場合があります。

そもそもそうなった原因は自分にあるのですから、以後はカードローンに依存しない生活が必要ですが、やはりそういった人でも生活していくにはお金が必要になるのは他の人と変わりません。

特にそれまでカードローンに依存してきた人にとっては、またお金を借りたくなるのは普通のことで、何とかしてカードローンの利用ができないかを考えるようになってしまいます。

ブラックになっている場合自分名義ではカードローンの申込は難しい

金融の世界にはブラックと言う言葉があります。これは過去の金融取引上で金融機関にとって都合の悪いローンの滞納などが有った場合に陥る状態で、ローンを申込んでもどこも審査に通してくれない状態です。

こういった都合の悪いことを起こした場合、金融機関が利用者情報を共有するために作っている信用情報に記載され、これを共有している金融機関はこの情報を見て審査を否決にしてしまいます。

ただし以前はこの信用情報内にブラックリストが有って、そこに名前が記載されるとブラックになると言われ、ブラックという言葉自体もそこからきていますが、実際にはそういったブラックリストはありません。

あくまで情報は利用者毎に整理されていて、審査に落とすかどうかは金融機関毎に判断されているのですが、金融機関にとって都合の悪い情報というのは共通ですから審査での評価は低くなります。

このためこのようなブラックになってしまうと自分の名前ではカードローンの審査に通過することは難しくなるわけです。

どういう人でも生活していくにはお金が必要になる

しかし、ブラックであろうとなかろうと、生活を維持していくためにはお金がどうしても必要です。

通常であれば、自分のお金で足りなくなってしまったときには、カードローンなどを利用して、足りない部分を補い、少しづつ返済していくということになりますが、ブラックではこれができません。

したがって、ブラックの人の場合には、どうしても自分の収入内で生活を維持していく事が必要になる訳です。

ですから、お金が余分に必要になるようなことはなるべく避けて、借りなくて済ませられるような生活を強いられることになります。

以前安易にお金を借りてしまって結局ブラックになってしまったというような人にとっては、かなり厳しく感じるのではないかと思います。

時にはお金を借りたくなることも出てくる

しかし、そういった生活をしていた場合でも、やはり時にはどうしてもお金が必要になることはありますし、我慢しきれなくなってお金を借りたいと考えるようになってしまう場合もあります。

それでもブラックになっているわけですから、貸してくれるところは通常は無く、そういう状態で生活を続けていけばストレスが貯まっていく事になってしまうでしょう。

それでも多くの場合にはそれを抑えて、収入内で生活を続けていくように努力しますが、一部の人は押さえきれなくなって、なんとか借入ができないかを考えるようになってしまいます。

~ブラック対応消費者金融とは~
消費者金融の中にはブラック対応業者というものがあります。

消費者金融もブラックの人は警戒しますが、銀行がカードローンに進出するようになって、利用者確保が難しくなってしまったために、ブラックでも返済能力があれば融資しようという業者が現れてきたのです。

ただし、こういった業者でも審査は行われ返済が難しいと判断されれば審査の通過はできませんから注意が必要です。

他人名義で申込みを考える人がいる!審査で発覚する可能性が高い

多くの場合には、それでも借りられないことは分かっていますから諦めますが、中には自分名義では借入れできないのなら他人名義で借入れを考える輩も出てくることがあるのです。

もし他人名義で借入れしようという場合、まず必要になるのは他人名義の本人確認書類で最近では電子機器の発達で作ってしまう人がいます。

しかし審査では職場に対して在席確認が行われるために完全になりすますのであれば、職場もなんとかしなければなりません。

このように他人名義を利用するのはそう簡単なことではなく、大概の場合には、審査中に発覚してしまい、審査は否決になってしまいます。

中には他人名義で申込みを行う事を考える輩がいる

このようにブラックで借入れを考えた場合、結局ブラックですから自分の名前では借入れできないため、そこで借入れはあきらめざるを得ない訳です。

しかし、こういう人の中には、自分の名前での借入れをあきらめたとしても、代わりに他人名義を使う事を考える人も少数ながら存在します。

もちろん実際にそんなことをする人はさらに少なくなるわけですが、極少数ですが、真剣に他人名義での申込みを検討する輩が出てきます。

もちろんこういう場合、かなり生活に追い詰められているか、悪意があるかどちらかでしょう。

他人名義で申込む場合に必要になる事

そこでもし他人名義で申込むとしたらどんなことが必要になるのかを考えてみましょう。

この場合次のようなことが必要になると考えられます。

  • 申込情報に記載できる程度に成りすます人の情報を知る必要がある
  • 成りすましを行う人の本人確認書類の偽造
  • 在席確認のための職場の偽装

まず申込情報には住所氏名の他生年月日なども必要になるので、そういった基本情報を知っている必要があります。

適当に書いて申込情報を提出すれば、信用情報内の情報と整合性が全く取れませんから、すぐに成りすましと分かってしまうでしょう。

つぎに本人確認書類の偽造ですが、最近ではパソコンやスキャナがあれば、それっぽく偽造することは可能でしょう。運転免許証では写真が必要になりますが、健康保険証なら作りやすいかもしれません。

しかし金融機関は長い間こうした偽造と戦ってきましたから、見る人が見れば、素人が偽造した書類など簡単に見破ってしまうそうですから、これもそう簡単ではないでしょう。

最後に審査では在席確認が行われますから、職場の電話番号などを入れ替えて自分の所に掛かってくるのを待ち、職場っぽく応対することが必要です。

しかしこれも職場の実際の電話番号と照合されてしまえば、偽装だということはすぐに分かってしまうでしょう。

虚偽の申込みは審査中に発覚してしまう可能性が高い

こう考えてくると、誰であっても成りすますのはそう簡単なことではないでしょう。

というよりも成りすまして申込みを行なっても殆どの場合には審査中になりすましが発覚してしまう事になってしまうでしょう。

申込者のほうは、自分ならうまくできるだろうと考えてしまいがちですが、現実はそう簡単ではないのです。

金融機関というのは審査のプロです。偽装の専門家でもない素人が騙そうとしても、騙されるようなことはないのです。安易な考えを持つのは止めましょう。

~金融機関の審査を甘く見てはいけない~
金融機関というのは他人に貸してしまえば、そのお金は返ってくることはまず見込めませんから、大きな損失につながってしまいます。ですからそういったことが無いように審査技術を磨いています。

要するに損失にならないように必死で審査を行っているのです。ですからそういった相手を甘く見てはいけません。

虚偽の申告をして申込んだらその記録は残ることになる!

虚偽の申告というのは金融機関が困るというだけではなく犯罪ですから、同じ事が起きないように金融機関は申込みを行った人を特定し、虚偽の申告をしたという点を信用情報内に記載します。

そしてこの信用情報に虚偽の申告を行ったという情報が記載されれている限り、どの金融機関に行っても要注意人物という判断が行われて、ローンの審査など絶対に通ることは有りません。

また金融機関の考え方次第ということになりますが、申込みで不正が行われたことを訴えられれば、申込者は罪に問われる事になるので、お金を借りるどころか犯罪者ということになってしまいます。

虚偽の申告を行えばその記録は信用情報に残ることになる

この場合他人を装いますから、バレたとしても申込者が特定されることはないから借りられなくて元々というような安易な考えを持ってしまう人もいるかもしれません。

しかしこの成りすましというのは金融機関を騙すというだけではないのです。金融機関を騙そうとするわけですから、詐欺や文書偽造と言った犯罪を行っているということになります。

このため金融機関はこういったことを行う人を特定しようとしますし、特定できなければ、警察に通報する可能性もあります。このため、結局は誰がやったのか特定されることになるでしょう。

特定されてしまえば、その人についての信用情報には嘘の申告をしたという記録が残ることになります。

信用情報に残る限り金融機関はお金を貸してはくれない

そしてこの記録が残っている限り、金融機関に借入れを申込んだとしても、信用情報を参照されてしまうと、要注意人物ということになる為、融資に応じてくれるような業者はありません。

ブラックの状態がさらに長く続くことになってしまいます。

ですから、もし騙してでもお金を借りようと考えた場合には、あまりそういうことは成功せず、後々まで影響が残ることになることを思い出して、騙すようなことは断念するようにしましょう。

ブラックというのはいつまでも続くわけではありません、騙すようなことをしなければ5年あるいは10年でブラックから抜け出せます。それを待っても遅くはないのではないでしょうか。

悪くすれば罪に問われることになる

またもし虚偽の申告をすれば、当然悪意があると判断されますから、金融機関の考え方次第ですが、警察に通報されることにもなりかねません。

もし警察に通報されてしまえば、当然犯罪ですから、罪に問われることになってしまい、悪質な場合には罰則が適用される可能性もあります。

安易な金融機関を騙そうという考えが、拘留されるようなことにもなりかねない訳です。

罪を犯せば償わなければなりません。場合によっては前科が付いてしまう可能性もあり、人生にとっては大きなマイナスにつながってしまうこともあるでしょう。

ですから、こういった面でもなりすましなどは考えないほうがずっとお得なのだということを、よく理解して、自分に言い聞かせるようにしてください。

~ホワイトとは?~
ブラックに対してホワイトという言葉があります。これは信用情報になにも記録がない人のことを言います。

しかし若年者ならそういったことがあるのもおかしくありませんが、そうでなければブラックの間に他の情報が消えてしまったと考えられる為、ブラックから抜け出してもやはり審査には通過しにくくなります。

そういった場合には、すぐにカードローンなどのローンを利用するのではなくて審査が比較的緩いクレジットカードなどを作って適正利用をして少しづつ信用を作っていく事から始めましょう。

まずは自分の収入内で生活できるようにすることが大切!

カードローンは便利とは言っても、しょせんは借金です。いつかは利息を付けて返さなければならないお金です。

ですからいくら便利でも借りたら損失を招いていると言うことを自覚しなければなりません。生活というのは自分の収入内でできなければいつかは破綻してしまうものです。何とか遣り繰りで凌ぎましょう。

もし自分の生活は収入だけでは維持できないというのであれば、それは生活レベルが収入が見合っていないのです。まずは生活レベルを見直して、収入内で生活ができるようにすることが重要です。

そこでそういったことを考える為にも、まずは自分が何にお金を使っているのかを明確にする必要があります。どの部分が遣り繰りできるか、あるいはどの部分のレベルを見直すべきか分かるようにしてください。

生活は自分の収入内で行うのが基本

カードローンは何にでも利用できて便利ですから、使い過ぎてしまいがちで、それが元で返済が難しくなって、最終的にブラックになってしまうようなことも有る訳です。

ローンも人生には必要なことはありますが、例えば生活費の補填のためにカードローンを利用するようなことはあまりお勧めできません。

カードローンと言えどもローンですから借金に違いはないのです。ですから、必ず利息をつけて返済する必要があるものです。

したがってロータルで考えれば借りれば借りるほど損失を出しているのです。

したがって、こういった損失を出さないためにも借入れはなるべくしない様にすることが重要です。

例えば先程の生活費の補填を考えてみましょう。生活というのはしばらくすれば終るというものではありません。ですから補填が必要という場合、毎月毎月必要になる事にもつながります。

本来生活と言うものは自分の収入の範囲内で行うものです。そうしなければ何時かは借入がかさんでブラックになってしまうようなことにつながります。

収入では足りないというのであれば生活レベルを見直すことが必要

そこで自分の収入ではどうしても生活費が足りないという場合には、自分の生活全体を見直す必要があるでしょう。まずは自分の収入と支出内容を明確にしてみてください。

そうすれば、自分が何にお金を使っているのかが分かって、自分の生活レベルも見えて来るでしょう。

いつも生活費の補填が必要という場合は、そもそも生活レベルが収入に見合っていないということです。そういう場合には支出を見直して、生活レベルを落とすことも必要でしょう。

一度生活レベルが上がってしまうと、なかなかそれを下げることができませんが、日本は一時デフレが進んで収入も徐々に目減りしてしまった経緯がありますから、多くの家庭で生活レベルの見直しが必要です。

支出内容が分かるようにしておくことが重要

こういった議論をするために必要になるのが、自分がどういったことにお金を使っているのかという情報です。そのためには日頃から自分のお金というものを管理しておくことが大変重要です。

以前は家計簿や小遣い帳などをつけているのが普通でしたが、最近ではこういった面倒な事をせずに、困った時には安易に借入れをするようになってしまっているので、なかなか的確な分析ができなくなりました。

しかし、これでは借りたお金がどのように使われたかということすら、正確には分からなくなってしまいます。

ですから、借りる予定の有無はともかく、生活を上手に送るための情報として自分の金の管理を始めてみましょう。

~自分のお金はどのように管理すれば良いのか~
自分のお金の管理は家計簿や小遣い帳に残しておくというのが昔ながらの管理方法ですが、最近ではスマホのアプリで簡単に管理できるようなものが提供されてるようになってきています。

こういったものを利用してあまり手をかけずに管理して長続きさせましょう。

ここで他人名義でのカードローンの契約について纏めておきます。

  • ブラックになってしまって自分ではカードローンが利用できない人がいる
  • ブラックを隠すために他人名義で申込みをしようとしてもまず審査には通過できない
  • 虚偽の申告で申込みをするとその記録は長く残ることになる
  • 借入しなくても生活できるように自分の収入の範囲内で生活できるようにすることが重要

ブラックになるということは金融機関にも多大な迷惑をかけるということです。借入れを考える場合には、自分の返済能力をよく計算してそれを超えるような借入れにならないように注意してください。

閉じる
閉じる