自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

銀行系カードローンの利用は難しいの?審査は厳しくなる傾向にある!

カードローンを提供している金融機関は銀行を始め3種類があり、銀行の提供しているものを銀行系カードローンと呼んでいます。

カードローンと言うのはもともと消費者金融のものでしたが現在は銀行系カードローンがが主役となっています。

銀行系カードローンの特徴としては、ほかのものに比べて金利設定が低くなっていることが挙げられます。ただし、審査は厳しいので、ほかのものを借りられても銀行系カードローンは借りられない人もいます。

銀行というのはお付き合いが長く、また深ければ深いほど、有利に利用させてくれるようになるため、金融商品によって銀行を変えるのではなくマイバンクというものを決めて上手に有利に利用しましょう。

カードローンは提供元金融機関によって3種類に分類される!

カードローンを提供している金融機関は銀行、消費者金融、信販会社の3種類で、それぞれ銀行系、消費者金融系、信販系などと言われます。

ただし最近では消費者金融が銀行グループに入っている場合があり、これらを銀行系と言い、そのほかを独立系という場合もあります。

カードローンと言うのはもともとは消費者金融がキャッシングローンをカードで簡単に利用できるようにしたもので、銀行などは参入していませんでしたが、近年になって一斉に参入したという経緯があります。

そして、現在では消費者金融のカードローンよりも銀行系カードローンの利用者の方が増えており、カードローンの主役は銀行系カードローンに移っていると考えて良いでしょう。

カードローンを提供している金融機関は3種類

カードローンは比較的簡単にお金が借りられて利用者が増加していますが、これ等は提供業者ごとに次の3つに分類されます。

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融系カードローン
  • 信販系カードローン

ただし、最近では銀行が出資して設立した消費者金融や、銀行が支援した消費者金融が増加して消費者金融が次のように分類されることも有ります。

  • 銀行系消費者金融
  • 独立系消費者金融

要するに銀行の資本が入ったものを銀行系消費者金融、そうでないものを独立系消費者金融と呼んでいるわけです。

銀行系と言えばこの2種類がありますが、ここでは前者の銀行系カードローンについて説明していきます。

元々は消費者金融の金融商品だった

カードローンというのは、消費者金融が無担保、保証人無しで融資を行っていたキャッシングローンが元になっています。

キャッシングローンは以前は窓口で融資を行っていたものですが、技術進歩でカードを利用してATMから融資を引き出せるようになって、便利さから利用者が増加していったものです。

当初は銀行はそういったものには目を向けず、担保と保証人が用意されなければ融資は行っていなかったのですが、キャッシングローンの利用者が増加していったことから無視することができなくなりました。

そこで銀行は、このキャッシングローンをカードローンと銘打って提供を開始したというわけです。

現在は銀行系カードローンが主役と言ってよい

もともと銀行は大手銀行だけではなく、各地に地方銀行があり、数の上で消費者金融を上回っていて、更に金利的に消費者金融よりも有利な設定になっています。

したがって、これ等の銀行が一斉にカードローンの提供を始めれば、時間の問題で消費者金融を圧倒するのは目に見えていました。

もちろん消費者金融も審査の難易度的には銀行よりも緩く、そこを狙って申込者の確保を行っていましたが、貸金業法の改正で総量規制などのために規制が強化され商売がやりにくくなってしまいました。

このため、カードローンの主役は消費者金融系カードローンから、現在ではこの銀行系カードローンに移ったと考えて良いでしょう。

~銀行系カードローンには消費者金融も深く関わっている~
銀行は従来から担保と保証人が必要なローンの提供しかして来ず、無担保、保証人無しのローンを提供するための信用保証技術を持っていませんでした。そこで銀行はカードローンを提供するにあたってこの信用保証業務を消費者金融に委託しました。ですから銀行系カードローンと言っても裏では消費者金融も大きく関わっているわけです。

銀行系カードローンの特徴とは?金利は最も有利な設定

銀行系カードローンの大きな特徴は、消費者金融系や信販系カードローンよりも金利が低く、有利な利用ができるということが挙げられます。

ただし金利が低いという事はそれだけ大きな信用というものが要求されることになりますから、銀行系カードローンの場合、ほかのカードローンよりも審査が厳しくなることになり、申込みには注意が必要です。

また、もう一つ注意しなければならないのは、銀行系カードローンの場合、カードローンの申込みの前提としてその銀行に普通預金口座を持っていなければならないことが有るので、事前に確認しておきましょう。

銀行系カードローンは金利的に有利

では銀行系カードローンの特徴はどういったところにいあるのかという話になりますが、使い勝手はほとんど変わらず、違いは先ほど触れたように金利が消費者金融のものより次のように有利になっている点です。

カードローン 最高金利
銀行系カードローン 14%台
消費者金融系カードローン 18%

このように消費者金融に比べて銀行のカードローンは3%強金利が低くなっているわけです。

このため例えば10万円を一か月借りるとして、銀行の方の金利が14.5%、消費者金融の方の金利が18%だとすると、それぞれ利息は次のようになります。

銀行の利息 = 10万円 × 14.5% × 30/365 ≒ 1192円消費者金融の利息 = 10万円 × 18% × 30/365 ≒ 1479円

借入れが高額化あるいは長期化すれば、この差はさらに大きくなっていく事になります。

審査は他のものよりも厳しい

ただし、金融取引の鉄則として、金利は信用によって決まるという事を忘れてはいけません。要するに信用が高い人には有利な金利で融資が行われますが、信用が低い人には不利な金利が付くという言ことです。

このため消費者金融よりも有利な金利で融資を行うという事は、それだけ利用者に対しては高い信用を要求するという事になる訳です。

ですから、簡単に言えば銀行系カードローンと言うのは消費者金融系など他のカードローンよりも審査が厳しくなるという事になります。

したがって、銀行系カードローンは有利ではありますが、信用の低い人は審査通過が難しく、そういった人というのは消費者金融系のカードローンを選んだ方が利用できる可能性は高く成ります。

【関連記事】

カードローンの審査に影響する信用情報とは?問題があれば審査は否決

普通預金口座を持っていることが前提になることが有る

また銀行系カードローンの利用で、もう一つ注意しておかなければならないのが、申込みの前提として、同じ銀行に普通預金口座を持っている必要がある場合が多いという事です。

カードローンの場合、金利等を見て有利なところを探すというのが一般的な選び方になっていますが、銀行の場合にはカードローンを申込むだけでは済まず、普通預金口座の開設も必要になる場合がある訳です。

ただし、以前はほとんどの銀行で普通預金口座開設が前提になっていましたが、それが足かせになって利用者が増やせない事も考えられるため、現在ではその前提をなくしているところも少なくありません。

ただし、そういった場合でも、普通預金口座があったほうが、便利に利用できるというように、差別化をしている場合があるので、予めよく理解しておく必要があるでしょう。

~銀行によっては複数のカードローンがある~
銀行の場合、カードローンは1つとは限りません。一押しのカードローンの他にも、利用限度額などを少なくして、信用的に一押しのものが利用できない場合の受け皿を作っている場合もあるのです。ですから、もし自分には審査通過は難しいと思っても、ほかのカードローンを提供していないか良く調べてみてください。

お付合いする銀行を決めたほうが有利?銀行を上手に利用する方法とは

金融機関は信用評価が大きいほど有利な条件で融資が行われます。この評価は金融機関と利用者のお付き合いが深まれば深まるほど、高くなっていくことになります。

銀行には多数の金融商品が用意されているので、評価もこういった金融商品の利用状況が大きく影響します。

特に多くの銀行が住宅ローンの利用者についてはカードローンの金利を割り引くと説明で明記していますから、これを見逃す手はありません。

このように有利に銀行を利用するためにも、金融商品ごとに利用する金融機関を決めるのではなく、マイバンクという位置づけの銀行を決めておき、様々な金融商品を利用するようにした方が良いでしょう。

お付き合いが深いほど評価は高くなる

銀行ではカードローンだけを提供しているわけではありません。預金やローンなど様々な金融商品を提供しています。

ローンの場合で言えば、人生には様々な場面でお金が必要におなることがありますが、そういった事に合わせて目的を絞って次のような目的別ローンが提供されています。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン
  • 多目的ローン

この他にも銀行によってユニークな目的のためのローンを用意している場合もあります。またそれらに合わない目的の場合には、自分で目的を決めることができる多目的ローンが利用できいます。

銀行はこのように様々な場面で利用できるように備えているわけです。

そして、こういった様々なローンを適正に利用しているお客に対しては、信用評価が徐々に高くなり、別の金融商品を利用する時には、有利な条件で利用できるようにしてくれるのが普通です。

住宅ローンを利用していると金利を低くしてくれる場合がある

例えば既にその銀行で住宅ローンを利用している人の場合を考えてみましょう。

その人がカードローンもその銀行で借りたいとした場合、すでに住宅ローンを利用していて、しっかり返済できているということが分かれば、カードローンを融資しても大丈夫と安心できます。

そこに信用というものが生まれ、金利を有利にしても良いという判断が働きます。

このため、既に住宅ローンを利用している人に対しては金利を割り引くことが明示されているカードローンが多数あります。

もし現在住宅ローンを利用していて、これからカードローンを利用しようと考えているのであれば、これを見逃すことはありません。

すぐに自分が住宅ローンを利用している銀行のカードローンを調べてみてください。

マイバンクを決めて銀行を有利に利用しよう

こういったことは、何もカードローンに限った話ではありません。ほかのローンでも、お付合いが長ければ長いほど、何かにつけて有利な利用ができるように配慮してくれます。

場合によっては定期預金の金利なども多少上乗せしてもらえる可能性もないとは言えません。

そこで、銀行を利用する場合には、どこか1つをマイバンクに決めておき、預金やローンをそこで利用することを考えてみましょう。お付き合いが長くなれば、いろいろと相談にも乗ってくれますし、多少の無理も聞いてくれるようになるはずです。

マイバンクが有るのとないのでは、人生において大きな違いになって出てくるはずです。

よく検討してマイバンクを決め、有利な利用をしてください。

~カードローンを利用していると住宅ローンの審査に影響する~
本文では住宅ローンを利用していて、カードローンを利用することを説明していますが、逆は成り立たないので注意してください。カードローンを利用していて住宅ローンを利用しようという場合、カードローンの返済額が住宅ローンの返済能力算定に影響してしまい、審査の足を引っ張る可能性があるのです。このためカードローンを利用していて住宅ローンをこれから利用しようという場合には、一度カードローンを解約してしまいましょう。

銀行系カードローンの審査はさらに厳しくなりつつある!

現在でも銀行系カードローンと言うのはなかなか審査は厳しいのですが、それでも銀行系カードローンを何件か借りて返済できなくなって多重債務者になる人も多いため、融資のしすぎを指摘されています。

このまま批判が続けば、かつて消費者金融が総量規制をかけられたのと同じで、法的規制がかけられてしまう可能性も出てきており、銀行は大きな危機感を抱き、現在自主規制が進みつつあります。

このため、近い将来には、銀行系カードローンの審査は現在以上に厳しくなっていく言ことが予想されており、現在多くの銀行系カードローンが行っている即日融資も難しくなると言われています。

銀行のカードローンには批判がある

先程銀行系カードローンは審査が他よりも厳しいという説明をしましたが、それでもまだ貸し過ぎているという批判が現在大きくなってきています。

これは、銀行系カードローンを複数借りて、返済できなくなり、多重債務者と呼ばれるようになる例が最近増えてきている為です。

銀行の審査に通過したとはいっても、実際に返済できる保証にはなりませんから、使い方を間違えれば、返済に行き詰ってしまう事は有る訳です。

そこで新たな借入れを行って、返済に充てるようなことを行えば、先々どちらも返済できなくなることは目に見えています。

しかし、現在の銀行系カードローンの審査ではそこまで見抜けずにいます。

このためこういった審査をしている銀行に対して批判が出てきているというわけです。

このままでは法的な規制が入るかもしれない

実は以前消費者金融は、収入が無かったとしても資産状況などが良好であれば融資を行っており、こういった人が多重債務を負ってしまうという事で批判を受け、これを規制するために貸金業法が強化されました。

この時の法改正で殆どの消費者金融の経営が揺らいでしまったことはよく知られています。

しかし、銀行は健全な融資を行っていると言うことで、このときは規制が入りませんでした。

ところが、やはり多重債務者を生んでいるという批判が出てきていることで、銀行は大きな危機感を抱いていて、このままではかつての消費者金融のように法的な規制が入る可能性もあると判断したようです。

そこで銀行ではその前に対策しなければならないと考え、現在自主規制を検討中です。

近い将来銀行系カードローンの審査はさらに厳しくなる可能性がある

この自主規制が行われることによって、近い将来銀行系カードローンの審査は現在以上に厳しくなっていくものと考えられます。

例えば、現在のカードローンでは即日融資も普通に行われていますが、これは審査技術が発達して自動化が進んでいるためです。

しかし、こういった審査では、将来多重債務者に進んでしまうのかどうかはなかなか見えてきません。

そこで、銀行ではもう少し時間をかけて念入りに審査を行うことが検討されていて、今後銀行系カードローンではなかなか即日融資の利用が難しくなるものと考えられています。

その他にも様々な点で審査が厳しくなる可能性があるので、銀行系カードローンはなかなか利用できないものになってしまうかもしれません。

~自分に返済能力があるか計算しておこう~
多重債務者になってしまうというのは、自分の返済能力を超えて借入れしてしまうために起こることです。ですからカードローンの利用を考える際には、まずは自分がどのくらいの返済能力があるか正確に把握する必要があります。返済能力は収入だけでは評価できません。収入と支出から収支を計算して、自分がどのくらいの余裕があるのかを計算してみる必要があります。

ここで銀行系カードローンの利用について纏めておきます。

  • カードローンは銀行系など提供する金融機関によって3種類がある
  • 銀行系カードローンは金利的に他のものより有利
  • 銀行は1つに決めてお付き合いを深めたほうが有利な利用ができる
  • 銀行系カードローンは今後審査が厳しくなることが予想される

カードローンはローンであることに違いはなく、利息分は損失になります。ですから、利用を考えた時はまず借入れしなくて済ませることができないかよく考えて見てください。

閉じる
閉じる