自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの申込みは転職前か転職後?適切なタイミングを把握する

カードローンは安易に融資して返済が行われなければ赤字になってしまうため、金融機関は返済能力や信用について事前に審査を行いますが、特に返済能力は収入額だけではなく安定性も重要視されます。

もし転職をした直後にカードローンを申込んだ場合には、まだ収入がどうなるのかが未定で、審査では返済能力が判断しにくく、金融機関によっては審査に通りにくくなるので、申込みは転職前がお勧めです。

またカードローンの審査に通ったとしても、審査の返済能力の判断は平均的なケースを前提に行われる為、事前に自分の収入と支出から返済能力を判断する必要があり、特に転職後は注意しなければなりません。

カードローンの審査を知ろう!何が重要視されるのか?

金融機関というのはお金を貸して利益を上げるという形で商売をしているため、返済が行われなければ、利益どころか赤字になってしまいます。したがって、ローンは返済が見込める人でなければ貸しません。

そこで行われるのが審査でカードローンでも申込時に審査が行われます。この審査では本人確認に加えて返済能力と信用の評価が行われ、この中で問題があれば審査に通過することができなくなってしまいます。

返済能力の判断では、収入額も重要になりますが、それに加えて月々の安定性も大変重要な判断材料になり、どちらかにでも問題があれば返済能力が無いと判断されてしまいます。

金融機関は返済が行われなければ赤字になってしまう

金融機関はお金を扱いますから、何か特殊な慈善事業を行っている機関のように感じてしまいがちですが、銀行を含めて民間の金融機関というのは、他の会社と同じで、利益を追求する企業です。

他の企業との違いは扱うサービスがお金を預かったり貸したりするお金そのものに対するものということです。

したがって、金融機関も他の企業と同じように、利益を上げるためにお金を貸しているわけです。

ですから、利益が見込めないような融資を行っていたら、たちまち赤字になって経営は傾いてしまいます。

金融機関の利益というのはお金を貸して、返済を行ってもらう時に付けてもらう利息が元になっています。

したがって、例えば元金だけを返してもらっても利益にはなりませんし、元金の回収自体ができなければ、融資は大赤字になってしまいます。

ですから融資する場合には、本当に返済ができるのかどうかを金融機関は非常に気にするわけです。

カードローンの審査とは

そこで金融機関が行っているのが審査というもので、この審査によって、ローンの申込者が本当に返済してくれるのかどうかを見極めます。カードローンも基本的にこれは変わりません。

ではカードローンの審査ではどのようなことが行われるのかというと、詳細は各カードローンで用意されている審査基準によって変わってきますが、概ね次のようなことが様々な方向から確認や評価が行われます。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の確認

本人確認というのは申込者が本人ではなく他人に成りすまして申込んでいたのでは話になりませんから、本人確認書類での確認の他、職場に対して在席確認などが行われます。

信用の評価では、過去の金融取引状況が評価されることになり、過去に問題が無いかどうかが調べられます。

返済能力の判断は収入に加えて安定性が重要

そして、貸したお金を返済できるかどうかで最も重要になるのが返済能力の評価です。

返済能力の評価は年収をもとに行われると考えられていますが、実はそれだけではなく、次の観点で評価が行われます。

  • 一定額以上の年収があるか
  • 月々安定した月収があるか

カードローンの返済は基本的には月々行う事になりますから、年収は高額でも、いつ入ってくるかはわからないというような場合には、月々の返済が滞る可能性もあるわけで、そういった点が評価されるわけです。

~信用の評価では信用情報が参照される~
信用の評価というのは、過去の金融取引状況で行われると説明していますが、金融機関はそれぞれの利用者情報を信用情報というデータベースで共有しており、審査時にはこの信用情報が参照されます。

ですから別の金融機関で問題を起こしたような場合でも、そういうことが有ったということが別の金融機関にも分かってしまうわけです。

転職後は返済能力に疑問符が付く?申込むなら転職前がお勧め!

転職した場合、前職の収入が継続されるわけではありませんから、ある程度の時間が経過するまでは、収入額や安定性が分らなくなって評価が難しくなってしまい、審査での判断もしにくくなります。

このため転職直後ということになると、的確な判断ができませんから、金融機関によっては審査が通りにくくなってしまったり、通ったとしても、利用限度額や金利が不利になってしまう可能性が高いでしょう。

ですから、そういった不利な判断を避けるために、カードローンの利用を考えているのであれば、転職後は避けて、転職前に申込みをしてしまったほうがお勧めできます。

転職すると収入や安定性は判断しにくくなる

そこで転職直後を考えてみましょう。転職すれば、給与も変わってきますから、それまでの年収などは参考になりません。

しかも転職直後では、まだ自分のこれからの収入ははっきりしませんし、収入の安定性も確実なことは言えません。

金融機関もこれまでの年収を申告されても、今後どうなるのかはわかりませんから、収入額やその安定性については判断が難しくなってしまい、審査では高い評価はつけにくくなってしまいます。

このため、この時期にカードローンに限らずローンを申込む場合、転職で給与面などが改善したという場合でも、返済能力について正当な評価はされないと考えておいた方が無難です。

転職直後に申込んだ場合審査に通りにくくなる

では実際に転職直後にカードローンの申込みを行ったとして、審査はどのような結果になるのか考えてみましょう。

もちろん審査というのはカードローンごとに作られている審査基準によって行われますから、返済能力の評価はそれぞれ違いがあるので、一概には言えません。

しかし説明したように適正な評価を行うには、時期が悪いため、返済能力の評価は低くならざるを得ません。

したがってカードローンによってはこれが原因で審査が否決になってしまう可能性があります。

また審査に通過できたとしても、審査の結果として設定される利用限度額や適用金利にも影響が出る可能性も否定できません。

カードローンを申込むのであれば転職前がお勧め

このように考えてきた場合、転職が控えていることが分かっていて、カードローンの申込みを行う事を考えている場合、カードローン申込時期をよく検討する必要があることが分かるはずです。

転職後に申し込む場合には、説明したように適正な状況判断が行われない可能性も有る為、カードローンの申込みは転職前がお勧めと言えるでしょう。

もし転職直後にカードローンの申込みを考えた場合には、少なくとも年収額や月収の安定性が示せるようになるために、最低でも1年程度経過後、できれば3年後くらいの時期を考えたほうが無難でしょう。

その間は、カードローンに限らずお金を借り入れるようなことは考えず、収入の範囲で生活できるようにしましょう。

~職業や職種によって審査での評価は違ってくる~
審査での収入の安定性というのは職業や職種が考慮されます。正規採用の場合には評価は高く、契約社員や派遣社員という場合評価は下がり、パートやアルバイトということになるとさらに評価は低くなります。

転職後の借入れ利用には要注意!自分の返済能力を確認しよう

ただし、金融機関の審査というのは平均的は人を基準にして年収に見合った返済能力を計算して行われますから、それが自分に当て嵌まる保証はなく、審査に通ってもそれで返済できるということではありません。

このためカードローンを利用する際には、自分自身で返済の可能性を判断して、無理な借入を行わない様にしなければなりません。この計算は収入だけではなく、自分の支出も加味して正確に行う必要があります。

特に転職した場合には、転職前には返済できていたとしても、これまで通りの収入の保証はありませんから、特に慎重に計算して正確な返済能力をはじき出さなければなりません。

金融機関の審査通過だけでは返済の可能性は判断できない

転職前、転職後どちらにも言える事ですが、審査に通過できたからと言って、それで安心してはいけません。

金融機関は慈善事業でお金を貸しているのではなく利益を上げるためにお金を貸しているということを思い出してください。

ですから借りたお金は利息を付けて必ず返済しなければなりません。

利用者の中には審査に通過できたということは、返済できることが認められたと考える人がいますが、実際にはそうではありません。

金融機関の審査というのは、あくまで収入を評価して、平均的な人をモデルに返済できるかできないのかを判断しています。

したがって、誰であっても、この平均からはみ出す部分があるもので、場合によっては返済できなくなることも十分考えられることです。

ですから、審査に通過したとはいっても、返済の可能性があるかどうかは別な問題だと捉えるようにしましょう。

返済の可能性の判断は自分の収入と支出を見て行おう

そこで借入前に是非行っておいてほしいのが、自分の返済の可能性を実際に計算してみる事です。

これは何も難しい予想をするのではなくて、自分の収入と支出から計算することができます。

そこで1年程度遡って月々の収入と支出から収支を計算してみましょう。収支は次の計算式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

この収支が実際の生活に影響が出ない範囲で利用できる余裕ということになります。

この収支が返済額を下回っていれば、返済を行う際生活費の一部から捻出しなければならなくなり、生活を圧迫することになる訳です。

それが無理な場合には、返済はできないということです。

まずは自分の収入と支出を調べて収支を計算してみてください。

特に転職後の返済能力の判断には十分注意が必要

ただし、転職直後というのは、1年遡ってしまうと、転職前ということになるので、収支の計算が的確に行えなくなってしまいます。

したがって、収支の計算も短期間のものしか判断材料にできませんから、慎重な判断が必要です。

また転職前から利用している場合には、以前は問題なく利用していたとしても、転職後にもそれが継続できる保証はないので、やはり十分注意して暫くはカードローンの利用を見合わせることも必要でしょう。

いずれにしても、安易な借り入れをして自分の返済能力を超えてしまうような借り方は絶対にしない様に注意しなければなりません。
~自分のお金の管理を行おう~
本文では自分の収入と支出から収支を計算することになっていますが、最近では自分のお金の管理ができておらず、収入は分かるにしても何にお金を使っているのか分からない人も多いと言われます。

しかしそれではこういった返済というようなことを行う場合には的確な判断ができませんから、今日からでも自分おお金の管理を始めて、自分がどのようにお金を使っているのか記録に残しましょう。

返済できなくなってしまった時の対処とは?最悪自己破産するしかない

転職後はこの返済能力について判断を誤る場合も多くなりますが、そういった場合には、それまで特に返済できなくなるというようなことが無かったとしても、返済できなくなってしまう事もよくあることです。

もし返済できなくなってしまった場合、督促状の送付や回収担当からの接触などが行われますが、それでも返済できなかった場合には債務整理に追い込まれ、最悪の場合には自己破産するしかなくなくなります。

ですからそれまでそういったことが無かったとしても、転職後の借入れというのは十分慎重に行い、まずは少額の借入れから行ってみるというような手順で行うようにしましょう。

転職後に判断を誤ると返済できなくなる可能性もある

このように特に転職後というのは、返済に行き詰ってしまう可能性が高くなってしまうものです。

説明したような収支を計算して返済能力を計算したにしても、転職後の収入の安定性に問題があれば、返済中に返済できなくなってしまう可能性も否定はできません。

返済の可能性の判断は的確に行わなければなりませんが、転職後というのはその判断が難しくなってしまうわけです。

ですから、本来であれば収入を見極めて、安定した収入ができるまでは常に危険があると考えるべきで、借入れは本当はお勧めできないということを覚えておいてください。

そうすれば借りるにしても、慎重に返済について考えるようになるはずです。

返済できなくなった場合には最悪自己破産に追込まれる

ではもし返済できなくなってしまった場合にはどうなるのでしょうか。

まず返済が難しいとわかった時は、金融機関に相談して、一時的に返済額を減額してもらうというような交渉を行ってみましょう。現在ではそういったこと契約上明記されている場合もあります。

そういったことをしなかった場合、返済がなされなければ、督促状が送られ、それでも入金しなければ回収担当から連絡が入るようになります。

最終的には催告書というものが送られてきて、法的手段が取られることになります。

しかしそこまで行く前に通常は債務整理が行われ、返済条件を変えたり、最悪の場合には自己破産して債務を帳消しにしてもらうといった方法がとられます。

転職を機に借入れをしなくても済むような生活を目指そう

転職というのは人生の1つの節目と考えることもできます。ですからこれを機会にして、カードローンの利用も見直す契機にしてみてはいかがでしょう。

そもそも生活というものは自分の収入の範囲内で行う事が前提になるものです。

最近ではカードローンというような便利なものが出てきてしまって、自分の収入以上の生活レベルを借金によって維持しているような人もいるようですが、それは本来異常な状態なのです。

ですから転職というのは良い機会ですから、これまでの生活を見直して、自分の収入に合わせた生活レベルに戻してみましょう。

そうすれば、返済の負担もなく利息という損失を被ることもないのです。

~自己破産後はブラックになってしまう~
自己破産に限らず、債務整理で返済条件を見直したりした場合は、その記録が信用情報に記載されることになります。

この記載があると金融機関は、また同じようなことが起こって返済されない可能性があると考えますから、ローンを申込んでも審査通過はできません。

どの金融機関もこう考えますから、どこからもお金を借りることができなくなりブラックと呼ばれるようになります。

ここで転職予定がある人のカードローンの利用について纏めておきます。

  • カードローンの審査では返済能力が重要視される
  • 転職直後は収入がはっきりせず返済能力に疑問符が付くためカードローンの申込みは転職前がお勧め
  • 転職後の借入れでは自分の返済能力の評価が難しく借入れは慎重に行う必要がある
  • 返済に行き詰ってしまった場合には最悪自己破産も有り得る

カードローンの利用者はどうしても安易な借り入れをしてしまう傾向があるので、借りようと思ったら、まず借りなくて済ませるにはどうすれば良いのかを考える癖を付けるようにしてください。

閉じる
閉じる