自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

信用情報でブラックリスト…カードローン審査にまず落ちる?

カードローンを利用する場合、申込んだとしても審査に通過できなければ、利用することができません。審査では返済能力が無かったり、信用に問題が有った場合には、審査が否決になってしまうことになります。

この審査の内、信用の評価というのは、過去の金融取引状況などが信用情報で確認され、ここに金融機関が問題を感じると審査は否決されます。

よく言われる話として信用情報にはブラックリストがあり、問題がある人はここに名前が書かれるという話がありますが、実際には、こういったブラックリストは有りません。

したがって信用問題で審査に落とされるというのは、あくまで利用者ごとに管理されている情報をそれぞれ審査して判断しているということです。

カードローンの審査が否決になる理由とは?審査では何が行われるのか

カードローンというのは申込んだだけでは利用できず、審査に通過する必要があります。審査では本人確認の他、返済能力の評価や、信用の評価が行われ、これらに問題がなければ審査通過という事になります。

審査が否決になる原因というのは、返済能力の不足や、過去の金融取引などに問題があり、信用評価に問題があるというようなことが考えられます。

ただし、審査に通過できるかどうかは、通常そのカードローンの審査基準で決まる事になり、審査基準はそれぞれのカードローンで違いがある為、審査の可否もカードローンによって変わってくると考えられます。

カードローンの審査で行われる確認と評価

カードローンを利用する場合、申込んだだけでは利用することはできず、申込み後に行われる審査に通過する必要があります。

そこで申込みを考えている人は審査に通過できるかどうか大変心配になります。

そこで審査ではどのような確認や評価が行われているのかというと、詳細は金融機関は公表していませんが、概ね次のようなことが行われています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力があること
  • 申込者が信用できること

本人確認は本人が申込んでいれば問題は有りませんが、申込者の中にはそういう人ばかりではなく、問題がありそうな人が誰かを偽って申込むことも有るので重要な審査になっています。

返済能力については主に収入から判断されますが、金融機関は返済が行われなければ損失になるので、厳しく評価が行われます。

最後に信用の評価は、信用情報に格納されている過去の金融取引状況から、信用できるかどうかを判断しています。

審査が否決になる原因

ではこれらの確認や評価が行われたとして、審査が否決になるのはどういった時でしょうか。

まず本人確認での問題とすれば、先程説明したように誰かに成りすましているような場合には審査には通りません。この場合嘘を言ったと言う事で、信用も大きく失われることになってしまいます。

返済能力については、次のような評価が行われます。

  • 一定以上の年収がある
  • 安定した月収がある

一定以上と言うのは、かつては200万円の壁ともいわれ、それより年収が少なければ審査には通りませんでしたが、最近ではデフレの影響で収入が目減りしているのでもう少し少額でも良いようです。

金融機関にとってさらに重要なのが安定した月収です。カードローンは月々返済していくものです。したがって月収が安定していないような職種の場合には審査での評価は厳しくなってしまいます。

信用については信用情報内の情報で判断されますが、ここに金融機関の嫌う情報が入っていれば審査での評価は低くなり、場合によっては審査が否決になる可能性があります。

通常はカードローンによって可否が変わってくる

実際の審査では、カードローン毎に作られている審査基準によってこれらの確認や評価が行われることになります。

ただし、審査基準はカードローン間で共有するようなことはありませんから、問題になる部分にも違いがあるため、申込者の状況によって、通過できるカードローンもあればそうでないものもあります。

つまり通常の場合には、あるカードローンの審査に落ちたとしても、別のカードローンなら審査に通過できる場合も有るという事です。

~1度申込んだら次の申込みはしばらく期間を空けてから~
審査に落ちてしまうとお金が借りられないため焦ってしまって、すぐに別のカードローンを申し込もうとする人がいます。

しかし短期間に何度も申込みを繰り返すと金融機関はお金に困っていると判断するため審査は通過できません。

ですから審査に落ちてしまった時は、焦らず、しばらく間を空けてから次の申込みをする必要があります。

信用の確認には信用情報が用いられる!何が問題視されるのか?

審査で行われる信用の評価というのは、主に信用情報内に格納されている過去の金融取引状況によって判断されます。信用情報というのは金融機関が利用者の情報を共有するためのデータベースです。

信用情報内の情報によっては、金融機関間で共通して問題視するようなものがあり、こういった情報が信用情報内に格納されていた場合には、これによって審査結果が左右される可能性も大きくなります。

もし共通して問題視された場合には、その問題によって、どのカードローンでも審査での評価が低くなる事から、どこに行っても審査通過ができ無くなることもあります。こういった状態をブラックと言います。

信用評価に利用される信用情報とは

では信用の調査に利用される信用情報というのはどういうものなのでしょうか、

この信用情報というのは、こういったローンの審査に利用するために、金融機関間で利用者情報を共有するために作られたデータベースで、この中には、次のような情報が格納されています。

  • 利用者の基本情報
  • 過去のローン利用状況
  • 過去の各種支払い状況

基本情報というのは住所や電話番号、生年月日などの基本的な情報が格納されていますが、例えば以前債務整理を行ったというようなこともここをみればわかります。

過去のローンの利用状況にはいつ借入れして、いついくら返済したのかというようなことが格納され、滞納したというような情報もここに格納されます。

各種支払いというのは電気や電話料金をはじめ、クレジットカードの支払い状況なども格納されます。この場合も滞納したようなことがあるとその記録が残ります。

信用評価では金融機関が共通して問題視する可能性もある

これらの情報を信用審査では評価していますが、例えば債務整理を行った場合や何らかの滞納をしたというような事が有ったと分かれば、金融機関としてはどこでも問題ありと判断するはずです。

つまり通常は様々な審査基準によって審査結果が分かれますが、こういった情報が有った場合には、審査は金融機関によらず、どこでもその利用者には問題ありと判断するはずです。

つまり、問題の内容によっては他の情報と違って、審査での判断が共通する可能性が有ることが分かります。

問題視されると審査には通過しない

通常は問題があるからと言って、即審査を否決にするのではなく融資額を少額にして様子を見るという可能性もあります。

しかし説明したような債務整理や滞納という事になると、審査の結論も共通してくることになります。

つまり、問題によってはどこの金融機関に行ってカードローンを申込んでも審査には落ちてしまうという事になる場合もあるのです。

こういう状態のことをブラックと言い、金融取引では大変恐れられている状態です。

ブラックになってしまうと、どんなに返済能力が高くても信用上融資は行われないので、カードローンだけではなく住宅ローンなどを利用したくても借りられなくなってしまいます。

~申込時に嘘の申告をした場合も信用情報に記載される~
本文で説明しているように例えば他人に成りすまして申込みを行ったという事が分かってしまった場合も、そういった情報は信用情報に記載されることになり、信用できない人という事でブラックになります。

信用情報内にはブラックリストがある?問題情報はどこに格納されるか

信用情報にまつわる話題には信用情報の中にはブラックリストがあり、信用問題がある人はこのブラックリストに名前が書かれる事になり、審査の際はここが参照されてブラックになると言われる事があります。

しかし実はこのブラックリストと言うのは一種の都市伝説で、実際には信用情報内にはブラックリストのようなものは存在していません。問題の有無に関係なく利用者毎に情報は格納されているだけなのです。

したがって、審査というのはあくまで利用者ごとに格納されている情報によって行われることになるため、審査基準によっては他ではブラック扱いになっていたとしても、融資が行われる可能性もあるのです。

信用情報には問題がある人の情報を格納したブラックリストがある?

信用情報というのは一般の人にはなかなか馴染みがありませから、いろいろな話が出てくることがあります。

その中でもっとも信ぴょう性が高そうに聞こえるのが、信用情報内にはブラックリストがあって、問題がある人はそこに載ることになるという話があります。

このブラックリストに載ったら、先程説明したブラックの状態になり、どこに行っても融資してもらえなくなるともっともらしく言われていて、今でもそう考えている人もいます。

そもそもブラックという呼び方もこのブラックリストから来ているので、以前は皆がそう考えていたのかもしれません。

しかし、実際にはこういったブラックリストというようなものは存在していません。あまり確認が取れないような話は信用しない方が良いでしょう。

問題情報も一般情報と同じように利用者情報内に格納される

では、問題になる情報というのはどのように管理されているのかという話になりますが、こう言った情報も特に特別扱いはせず、他の情報と同じように利用者ごとに格納されています。

したがってブラックかどうかというのは情報を見ただけではわかりません。

信用情報は時々刻々とありのままの状況をひたすら書き込んで行くデータベースでしかないのです。

あとはその情報をどのように使うかの問題で、それこそが金融機関の審査なのです。

審査はあくまで利用者情報で行われる

つまり金融機関的に見れば、特にその情報にブラックというレッテルが貼られているわけではなくて、どういった情報でも、特別視せずに、ほかの情報と同様に審査基準に沿って審査を行うのです。

審査結果が共通して否決になるとはいっても、それは問題が大きいために、どこの金融機関でも融資は行わないと判断するのです。

したがって、審査基準が他のものと違っていれば、他ではブラックと判断されたとしても、審査に通過できる可能性はないとは言えないのです。

そういった金融機関では、他では問題のある情報と考えていても、問題視していないという事になります。

つまり信用情報の情報というのは使い方次第という事が分かるでしょう。

~審査基準によって審査の通過のしやすさも決まってくる~
審査には難易度があると言われますが、一般的に言われる難易度が自分に当て嵌まるとは考えないほうが無難です。

自分が審査に通りやすいかどうかは、審査基準と自分の置かれた状況の相性によってきまり、利用者それぞれで難易度は違ってきます。

ですから、あまりネット上などで言われる難易度を気にしても審査通過の保証にはならないのです。

ブラックの期間は有効に利用!2度と同じ事を起こしてはいけない

最近ではブラック対応業者というものがあり、カードローンではありませんが、審査では信用問題については敢えて問題視せず、返済能力さえあれば融資に応じてくれるようなところも出てきています。

ただし、一度ブラックになってしまった人の場合、再度同じようなことになる可能性が有るため、融資してくれる業者が有ったとしても、安易に、借入れを行うのは、あまりお勧めできることではありません。

ですから、もしブラックになってしまった時には、まずは自分がなぜブラックになってしまったのか、とことんまで原因を追究して、それへの対策を行うことが大変重要になります。

この対策が行われるまでは、次の借入れは考えるべきではありません。

ブラックでも融資してくれる業者がある

ここまではブラックになるとどこに行っても借りるのは難しいと言ってきました。

しかし実際には最近になって消費者金融の一部にはブラック対応業者というものが現れてきていてブラックでも融資される可能性があります。

こういったブラック対応業者では、審査がないという事ではなくて、先程説明したように審査基準が違っているのです。

こういった業者も返済が行われなければ利益につながりませんから、返済能力の審査は緩めるわけにはいきません。

しかし信用についてはある程度目を瞑っていて、他では融資が見込めないような人でも、返済ができそうだという事であれば、審査に通過することができます。

再度問題を起こす可能性が高いので安易に借入れしてはいけない

ただし、こういった業者があるにしても、一度ブラックになってしまった人というのは、再度借入すればまた同じ状況に陥る可能性が他の人よりも高い傾向があるため、安易に借りるべきではありません。

ブラックの間にまた借りたお金が返せなくなってしまっては、崩壊した信用が、さらに悪い状況になってしまいかねません。

まずは、もう借り入れはできないと考えて、借りなくて生活できるようにしていくことが重要です。安易に借りる事ばかり考える事こそが間違いだと考えてください。

ブラックになってしまう原因を追究して対策を立てよう

もしブラックになってしまった場合には、二度と同じことを起こさないようにする必要があります。

そこで行ってほしいのが、ブラックになってしまった原因を追究することです。表面的な原因ではなく、なぜそうなったかをとことん追求して究極の原因を探り当ててください。

時間はたっぷりあるはずですから、焦る必要はありません。自分の弱点を探る良い機会だと考えてください。

原因が分かったら、次にそれに対する対策を立てて実行しましょう。この対策がうまく機能したら、今度はお金を借りても大丈夫という事になります。

しかし原因によってはそう簡単に対策できるとは限りません。例えば性格的にお金に対してルーズな考えを持ってしまっている場合、対策は性格を矯正する必要があります。

この場合には自分で対策するのは無理で心療内科を受診して、心療内科医や臨床心理士のカウンセリングを受ける必要があるでしょう。家族に協力してもらう必要もあるはずです。

~ブラックの間にお金を借りなくても生活できる習慣を身に付けよう~
ブラックの間というのはそう簡単にお金は借りられませんから、それまで常習的に借入れを繰り返した生活から、お金を借りなくても生活できるような習慣をつけるのに良い機会になります。

借入れを考えた時は、どうすれば借りなくて済ませられるかを考える癖をこの機会に身に付けるようにしてください。

ここでカードローンでのブラックリストについて纏めておきます。

  • カードローンの審査が否決になる理由は様々で通常はカードローンによって可否が変わってくる
  • 審査での信用確認は信用情報が利用され情報によってはどの金融機関でも否決されることもありこの状態をブラックと呼ぶ
  • 信用情報にはブラックリストがありここに名前が載った人がブラックになると言われるがそういったブラックリストのようなものは無い
  • ブラックの期間は借入など考えずなぜブラックになったのかの原因を探り対策を行うことを考えるべき

信用情報は、ここで説明しているように審査で評価を下げるところを探す目的だけでなく、これまでの金融取引が契約通りに行われていれば、評価を上げる事も有るので、一概に毛嫌いする必要はありません。

閉じる
閉じる