自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンをボーナスで返済したい!随時返済を利用するのが一般的

カードローンは会社員などの月給をもらっている人を基準に作られており、月々返済する約定返済が基本になり、いつでもいくらでも返済できる随時返済合わせて利用するように作られています。

そこでボーナスをどのように返済に生かしていけば良いかを考えると、多くの場合には約定返済とは別に随時返済で返済する方法が使われますが、カードローンによっては約定返済を増額することも可能です。

ボーナスは貯蓄に回した方が良いという人もいますが、要は返済に回すのと貯蓄するのとどちらがお得になるのかという話になり、両方の金利を計算してお得な方を選べば良い訳です。

普通の金利設定であれば、返済してしまった方が良いでしょう。

カードローンの返済の基本は月々の支払い!約定返済と随時返済とは?

カードローンと言うのは利用者に月々の安定収入があることが前提です。これは利用者の多くが会社員で月給という収入が前提になっているためと考えることができます。

カードローンはこのように月々返済する約定返済というもので返済していくことが基本になっていますが、このほかにもいつ幾らでも返済することができる随時返済というものが用意されているのが普通です。

この随時返済は通常は利用しませんが、何らかの理由で予定外のお金が入った時などに利用すれば、借入残高を減らすことができ、以後の返済を効率よく行う事ができるようになります。

【関連記事】

カードローンは一括返済した方がお得なの?借入期間は短いほうが良い

カードローンは会社員の月給制に合わせて設計されている

カードローンに限らずローンというのは融資して返済時に利息をつけてもらって、これを金融機関は利益にしています。したがって、金融機関の方も利用者が負担が少なくなるような返済方法を考えます。

現在のカードローンの利用者としては、やはり会社員が多く、返済方法もこれを基準に設計することになります。

会社員は通常月々給与が支払われる月給という形で収入を得ていますから、カードローンの返済も基本としては月々少しづつ返済するという形になっているのが普通です。

個人事業主などには多少利用しにくい面がありますが、この返済方法がもっとも滞納などを防ぎやすいと言えるでしょう。

カードローンの返済は約定返済と随時返済の2つ

ただし、通常は収入は月給だけという場合が多いですが、別途臨時収入が入る場合もあるので、多くのカードローンではそういった臨時収入のことも考えて、次の2つの返済方法が用意されているます。

返済方法 解説
約定返済 月々決められた返済方式に沿って少額づつ返済する
随時返済 随時いくらでも返済できる

つまり、通常の返済は月々約定返済で行い、何らかの臨時収入が入った場合には随時返済で好きなだけ返済できるという2段構えの返済方法という事になります。

随時返済は予定外のお金が入った時に借入残高分を減らすことができる

約定返済では月々の返済額が返済方式にもよりますが一定額になっており、その中で元金の返済分と利息を合わせて支払いますから、利息が高額だとなかなか借入残高が減りません。

しかし随時返済を利用できれば、その時点で大きく借入残高を減らすことができ、以後の約定返済では利息が減ることになって、効率の良い返済を行う事ができるようになります。

このように約定返済に加えて、余裕があるときに随時返済を利用すれば、返済総額を考えた時に利息分を変らすことができ、大変有利な返済を行う事ができるようになるわけです。

~カードローンは様々なものがある~
本文ではカードローンの返済は約定返済と随時返済の2つの方法で返済できると説明していますが、随時返済が無いカードローンも少ないですが存在しています。しかし中には約定返済が無く、随時返済だけという変わり種のカードローンもあります。このカードローンはそもそも想定する利用者が個人事業主など収入があまり安定的に入ってこない人を対象にしています。

返済にボーナスをどう生かすか?随時返済を利用するのが普通

会社員の場合、収入としては月給の他、通常年に2回の賞与(ボーナス)があります。ただしこのボーナスは会社の業績などによって増減するので、カードローンの約定返済には組み込まれていないのが普通です。

このため、多くの場合にはボーナスを返済に利用する方法としては、随時返済を利用して、借入残高を減らしてしまうというような返済方法を取ることになります。

ただし、カードローンよっては、ボーナス月に限って約定返済の金額を増やすことができるようになっている場合もあるので、ボーナスを返済に生かそうと考えている場合には、予め調べておきましょう。

ボーナスというのは増減があるので約定返済には組み込まれない

このようにカードローンは会社員の月給に合わせて、約定返済で月々返済していきますが。会社員の収入にはもう一つ、賞与というものがあります。いわゆるボーナスのことです。

このボーナスというのは会社の業績などによって、支給額が決定されますから、公務員や大企業以外はそう安定収入という訳ではありません。

このため、カードローンの返済でも、予めボーナスを当てにしてその分も返済に組み込んでしまうと、支給額が少なくなってしまった場合には、返済できなくなる可能性もないとは言えません。

このため、多くのカードローンの約定返済では、ボーナスを想定した作りにはなっていません。

ボーナスで返済する場合には随時返済を利用する

ボーナスというのは年に2回支給され、会社員にとっては大変有難い存在ではありますが、給与ではありませんから、あくまで臨時収入という位置づけで考えなければなりません。

そう言った点を考慮して、カードローンの返済に利用するのであれば、約定返済に組み込むのではなくて、随時返済を使って返済に組み入れる事がお勧めの利用方法と言えるでしょう。

これであれば昨年はボーナスが少なかったためにカードローンの返済には回せなかったが、今年はボーナスが増額されたので、カードローンの返済に回そうというような柔軟な利用方法も可能になります。

この方法を利用することで、会社員としては、自分の余裕も考えながら返済に利用できますから、返済に苦しむという事もありません。

カードローンによってはボーナス月の約定返済を増額することができる

このようにボーナスをカードローンの返済に利用する場合、随時返済がお勧めですが、カードローンの中には、最初からボーナスを組み込んで返済できるものも存在します。

要するに、予めボーナス月を指定しておいて、その時の約定返済額を増額するという返済方法です。

例えば先程触れたように公務員や大企業の会社員で、増減はありますが、それなりの金額のボーナスが常に見込めるような場合は、こういった方法の利用を考えても良いでしょう。

ただし、そのほかの場合には、やはりボーナスの増減が大きくなってしまいがちですから、場合によっては返済に苦しむ可能性があるので十分注意しなければなりません。

~ボーナスを最初から当てにしたような返済計画は立てない方が良い~
カードローンを利用する際には事前に返済計画を立てることが重要ですが、当初からボーナスを当てにした計画を立ててしまうと、ボーナスの金額によっては計画に狂いが生じるので、お勧めできません。ボーナスというのはあくまで臨時収入と捉え、随時返済を使って返済を行なったら、それに合わせて返済計画を見直すという形の方が、安心して返済できるでしょう。

ボーナスで返済した方が良いのか?それとも貯蓄した方が良いのか?

カードローンの利用者の中にはボーナスは貯蓄に回したいと考える人も多いはずです。もちろんどう利用するかは利用者次第ですから、自分の考え方で決定してください。

返済するか貯蓄するか迷っている場合には、どちらが得になるのかをよく考えて選びましょう。この場合カードローンで支払うことになる利息と、貯蓄で受け取る利息を考えれば答えが出ます。

最近では貯蓄の金利はかなり低いですから、殆どの場合には、返済してしまったほうがお得となるはずです。したがって、もし余裕があるのであれば、カードローンは返済してしまったほうが良いでしょう。

ボーナスは貯蓄に回したいと考える人もいる

ボーナスというのは会社員にとっては貴重な臨時収入で、様々な利用を考える場合もあるでしょうが、貯蓄に回して、将来に備えたいと考える人も多いはずです。

特にカードローンの返済を続けている場合、先程説明したように臨時収入として、随時返済をしたいという気持ちがある一方、将来的な備えとして貯蓄したいと考える部分も有るはずです。

特に日本人場合、貯蓄というのは美徳としてとらえられている部分が有って、とにかく貯蓄が必要と考える人も多いはずです。

そこで返済なのか貯蓄なのか、どっちにするのが良いのか考えていくことにしましょう。

返済と貯蓄はどっちがお得か?

もちろん貯蓄するか返済するかは、自分のお金で行うわけですから、自分の考え方で決めて構いません。ここでは一つの考え方を説明することになります。

お金の話の中で、どちらかを選べという話になった場合、一つの判断基準になるのは、どっちがお得なのかという事です。

そこでこの貯蓄にするのか、返済に充てるのかを考える場合もこの考え方で判断してみましょう。

貯蓄すればその分利息が付きます、これを利息Aとしましょう。しかしその場合返済は続くわけですから、月々利息を取られることになりますこの利息を利息Bとします。

そして、この差額を取ってみましょう。つまり、

利息A - 利息B

を計算してみてください。

この時結果が正であれば、差額が利益になりますからお得と言えます。しかし結果が負という事になると、差額分は損失という事になってしまいます。

現在の金利を考えれば、定期預金で貯蓄するとして、どんなに金利の高い金融機関を探しても、非常に低金利になっているため、ほぼすべてのカードローンの場合、次の関係が成り立ちます。

利息A - 利息B < 0
つまり、カードローンの返済を行っている場合には、貯蓄ではなくて随時返済で返済してしまったほうが、ずっとお得だという事です。

余裕があるのであれば返済してしまったほうが良い

もちろん、生活に余裕が無くて、ボーナスは貯蓄どころか生活費に回すしかないと言う話であれば、無理して随時返済に回す必要はありません。

もし、随時返済しても、余裕がなければ、すぐに新たな借入れを行わなければならなくなるのは目に見えています。

その場合、また利息を支払うことになる訳ですから、生活に余裕がない場合には、随時返済は考えず、素直に生活費の補填に回して、新たな借入れが必要になるような状況を回避しましょう。

しかしもし余裕があり、ボーナスの使い道に迷っているのであれば、借入残高全額でなくても構わないので、とにかく返済することを考えて見てください。

~カードローンは返済方式の理解も重要~
カードローンを利用する際には、本文で説明している約定返済や随時返済といった返済方法だけではなく、月々どのように返済していくのかを決める返済方式もしっかり理解しておきましょう。カードローンには幾ら借りても月々の返済額が変わらないリボルビング返済方式と、借入額を段階的に区切り、借入れが高額になると月々の返済額も高額化して行く残高スライドリボルビング返済方式があります。細かい部分はカードローン毎に違いがあるので、借入れを行う前によく理解しておきましょう。

家族の意見も聞いてみよう!たまには家族サービスにもお金を使うべき

ただし、もし家族がいる場合には、自分だけで返済を決めるのは良い方法ではありません。日頃返済で我慢している家族も多いはずですから、ボーナスには期待している場合も少なくはないはずです。

せっかくのボーナスですから、返済した方がお得なことには違いはありませんが、実際の使い道というのは、家族で話し合って、最終的な決定を行ったほうが家族の納得は得やすいでしょう。

納得を得るためには、日頃から自分の家庭のお金というものがどういう状態にあるのかという情報を家族全体で共有しておくべきでしょう。そうすれば、ボーナス時も使い道について議論しやすいはずです。

ボーナスは家族も期待している場合がある

ただし、独身ならそれでも良いのかもしれませんが、既婚者にはそう簡単ではありません。ボーナスというのは、自分にとっても臨時収入ですが、家族にとってもうれしい臨時収入であることに違いはありません。

つまり、家族は家族でボーナスに何らかの期待を抱いていることは先ず間違いありまん。

例えば何か必要なものが有って、この機会に買ってほしいとか、たまには家族旅行に行きたいとか、それぞれ希望があるはずです。

日頃いから、返済で生活が厳しかったり、家族サービスをしていないような場合には、返済も大切ですが、家族サービスにも目を向けるべきでしょう。

ボーナスの使い道は家族で話し合って最終決定しよう

ですから、家族を持っている場合は、まずは家族で話し合いを持ちましょう。

家族みんなに希望を聞くことと、幾らまでなら、そういった家族サービスに利用することができるのかを示して、何にどのくらい利用するのかを決めるようにしましょう。

もちろん不満も残るかもしれませんが、何ら話し合いもなく、自分だけで返済に利用すると決めてしまうよりも、ずっと理解が得られるはずです。

日頃から家庭のお金というものの情報を共有しておくことが重要

こういったお金の話というのは、家族の間でも、なかなかできないものですが、家族というのは家計を共有するものです。

楽な時も苦しい時も、同じ状況が共有できていなければ、家族で話し合いを持っても、なかなか理解は得られるものではありません。

ですから、重要なのは常日頃から、家計についての状況を共有できるように具体的な数字を示しながら、説明しておくことです。

そうすれば、ボーナスが入っても、あまり無理な希望を出すようなこともないはずですし、どうしてもカードローンの返済をしてしまいたいと言って説得すれば、理解も得やすいはずです。

お金のことで家族に心配かけたくないというようなことを考える場合も多いですが、情報が共有できていなければ、結局は心配をかけることにつながる事もあるので、十分注意してください。

~自分のお金は常に管理するようにしよう~
本文では家族と家計の状況を共有すべきと説明していますが、最近では自分でも状況を把握できていない場合があります。自分あるいは家庭のお金は、収入と支出内容の把握が必要ですが、最近では家計簿のようなものを付けていない場合もあり、正確な話が自分でもできないことがあるのです。しかしこれでは、そもそも借りたお金がどこに行ってしまったのかすらわかりませんから、そういう人の場合には、今日からでも自分あるいは家計のお金というものの管理を始めてください。

ここでカードローンをボーナスで返済することについて纏めておきます。

  • カードローンの返済には月々の約定返済といつでも返済できる随時返済がある
  • ボーナスは約定返済が増額できる場合もあるが多くは随時返済を利用して返済をおこなうことになる
  • ボーナスは貯蓄に回したいと考える場合もあるが利息を考えれば返済に回した方がお得
  • ボーナスは家族も期待しているので自分だけで利用方法を決めてしまうべきではない

自営業者のようにボーナスというものが無い職種も有るあわけですから、会社員は大変恵まれていると自覚して、有効に利用することを考えるようにしてください。

閉じる
閉じる