自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは一括返済した方がお得なの?借入期間は短いほうが良い

カードローンの返済方法には月々少額づつ返済していく約定返済と、任意の時点でいくらでも返済が可能な随時返済の2つの方法があるのが普通で、随時返済を利用すれば残金すべての一括返済も可能になります。

もし一括返済を行ってしまえば借入残高は無くなりますから、以降の返済は必要ありません。したがって、以降利息の支払いの必要もなくなりますから、その分返済総額が少なくなるためお得といえます。

ただし、そうかといって無理して一括返済をしてしまうと、結局再度借り入れが必要になったりすることに繋がりかねません。

ですから返済の際は、まずは契約通りの返済を行い、余裕ができたところで随時返済で一部返済あるいは一括返済することを考えましょう。

カードローンの返済方法とは?約定返済の他随時返済も可能!

カードローンに限らず、多くのローンと言うのは比較的大きなお金を借りて、月々自分が返済ができる範囲で、少額づつ返していくというのが基本です。

このためほとんどのカードローンは月々返済していくことを契約上で約束するため、これを約定返済と言っています。

これに対して、余裕ができた時に、いくらでも返済できる随時返済という方法もあります。呼び方はいろいろとありますが、カードローンの返済としてはこの2種類が用意されるのが普通です。

この随時返済を利用すれば、借入残高の全額を一括して返済する一括返済を行うことも可能になります。

カードローンの返済の基本は月々少しづつ返済していくこと

ローンというのは普段自分では用意が難しい高額のお金を借りて、以後自分の支払える範囲のお金から少額づつ返済していくというのが基本的な利用方法です。

カードローンもローンの一種ですから、基本的には同じで、借りたお金を、月々少しづつ返済していくというのが普通です。

月々の返済額などは、カードローンごとに決まった返済方式で計算されることになるので、カードローンを利用する場合には、返済の可能性を探るためにも、返済額の確認を行っておくようにしましょう。

【関連記事】

カードローンは毎月の返済額が違うの?返済方式を確認!

約定返済と随時返済

ではカードローンの返済方法についてもう少し詳細を説明していきます。

カードローンの返済方法には大きく分けて次の2つが用意されているのが普通です。

  • 約定返済
  • 随時返済

約定返済というのが説明したような月々少しづつ返済していく方法で、カードローンの場合の基本的な返済になり、通常は完済までこれを続けていくことになります。

随時返済というのは手持ちの資金に余裕ができた場合に、約定返済とは別に、任意の金額を返済する方法で、大概のカードローンで用意されています。

随時返済を利用すれば一括返済することも可能

この随時返済を利用して借入残高全額を返済してしまえば、一括返済ということになって、債務はなくなりますから、約定返済も終了するということになります。

ただし注意が必要なのは、元金分の返済だけではなく金利分の支払いも行っておく必要があることです。

随時返済の場合、通常は元金分の返済だけで、利息分はもすべて支払う時は金融機関に相談する必要があることもあるので注意が必要です。

~返済を考えるときは返済方式も理解しておこう~
返済を考える場合には、返済方式を理解しておくことも必要です。返済方式というのは約定返済の月々の返済額を決めるための方式で、最近では残高スライドリボルビング方式の採用が増えています。この方式は借入れ残高を段階的に区切って、その段階内では返済額が一定になる方式で、新たな借入れを行わなければ返済額が増えることがないので、見通しの良い返済が可能です。

一括返済すればお得ってどういうこと?利息を考えることが重要

一括返済すればお得と言われますが、なぜお得なのか良く分からないという人もいますから、その点を説明しておきましょう。

カードローンの返済と気うのは、借入れした元金だけを返済すればよいというわけではありません。これに金融機関の利益につながることになるい利息を合わせて返済することが必要です。

カードローンでお得と言う場合、元金は同じように返済しなければなりませんから、利息が少なくなればなるほどお得ということになります。

この利息は借入期間が長くなればなるほど、その期間ずっと支払い続けなければなりませんから、徐々に増えていくことになります。

このため一括返済して返済を終わらせてしまえば、それ以降利息がかかりませんから、一括返済はその分お得ということができるわけです。

カードローンの返済は元金分と利息分の合計になる

一括返済すればお得と言われることがありますが、なぜお得なのか良く分からないという人もいます。同じ金額を借りたのなら、金利が同じならお得も何もないだろうと考えているわけです。

そこで何がお得になるのか説明して行くことにします。

カードローンの返済は元金だけではありません。金融機関は元金だけを返済してもらったのでは利益を出すことはできません。

このため実際に返済しなければならないのは、元金分に加えて金融機関の利益になる利息分が上乗せされる訳です。

つまりカードローンでお金を借りたら利息分だけは利用者の損失ということになる訳です。

お得というのは利息分が少なくなること

このためローンでお得か損かを考える場合、この利息分が多いか少ないかの違いということになります。

ところが利用者の中には利息と金利の違いすらよく理解していない人もいるのです。そこでまず利息がどのように計算されるのかを示しておきます。利息は次の計算式で計算されます。

利息 = 借入残高 × 金利(年利)× 借入期間(年換算)

例えば10万円を年利10%で30日借りたとすると、利息は次のように計算されます。

利息 = 10万円 × 10% × 30/365 ≒ 822円

実際の場面では、月々返済が行われますから、月々借入残高が減っていき徐々に利息も減っていくことになります。

つまり約定返済の場合、この利息分が徐々に減りながら完済するまで掛かってくるわけです。

一括返済は利息が少なくなるのでお得

では一括返済はどうなるのかを考えてみましょう。

一括返済というのは借入残高をすべて返済してしまうことになりますから、以後約定返済が続くことは有りません。

したがって利息もこの一括返済時に支払う金額で終わりということになります。

ですから例えば先ほどの例でいえば約定返済の場合、初回の返済で822円の利息を支払っても、翌月も金額は少なくなりますが、また利息を支払う必要があります。

しかし一括返済で返済してしまえば、以後の支払いは有りませんから、利息は822円だけということになります。

このように一括返済してしまえば、利息が節約できることになり、大変お得ということができます。

~借入するときは返済計画を立てよう~
カードローンに限らずローンを借りる場合には、そう簡単に一括返済はできませんから、返済は長く続きます。そこで返済が着実に行えるようにしっかり返済計画を立てて借入れを行ってください。

無理して一括返済する必要はない!まずは契約通りの返済を考えよう

それなら、無理をしてでも一括返済してしまったほうがお得なのかというと、そうとは限りません。確かに返済してしまえば、その時点ではお得ということができます。

しかし返済することによって、手持ちのお金は減りますから、場合によっては生活が苦しくなって、再度借入れが必要になってしまう可能性が出てきます。もしそうなったら一括返済も無意味になりかねません。

したがって、一括返済を考えることは大変良いことではありますが、自分の懐具合を考えて、まずは契約通りに月々返済していくことをしっかり行えるようにすることが重要です。

無理をしてでも一括返済するべきなのか

一括返済がお得というなら、借入残高によってはちょっと無理をしてでも一括返済してしまおうと考える人もいます。

確かに一括返済してしまえば、お得ではありますが、ローンと言うのは無理なく返せるように設計されていることを忘れてはいけません。

無理をするのであれば、そもそも借入れが必要になった時に、遣り繰りを考えて多少無理があっても借入れせずに済ませる方法を考えるべきでしょう。

もちろん返済するのは借り手ですから、借り手の判断で一括返済を行って構いませんが、一括返済を含む随時返済を行う場合、あくまで余裕ができた時に行うものと考えたほうが、無難です。

返済してまた借入れしたのでは一括返済の意味がない

一括返済する場合は、先々のことをよく考えて行うことが必要です。

一括返済を行えば、確かに利息を考えればお得です。しかし無理して返済してしまえば、その分生活の余裕はなくなるはずです。

このため、場合によっては、次の収入が発生するまで、生活の維持が難しくなってしまい、再度カードローンでお金借りる必要が生じることも無いとは言えません。

ですから、もし少し無理をしてでも一括返済をしてしまおうと考えた場合には、自分のお金の余裕と今後必要になると考えられる支出内容をよく考えたうえっで、なお返済が可能という場合だけにすべきでしょう。

まずは契約通り月々返済していくことを考えよう

ローンを借りる場合にはなるべくお得になるようにと、いろいろと頭を使うものです。

しかし最も重要なのは契約通りに返済していくと行くことです。ですから、まずはそれに則って返済できるように計画を練ることが重要です。そして収入が増えたり、賞与などで予定外の収入が入ったという場合に随時返済で余分な返済を行うことを考えればよいのです。

返済のために生活を狂わせてしまうのはよくありません。随時返済や一括返済というのは、そうやって利用するものです。

~もっともお得なのは借入れしない事~
本文では借りた後の返済について、お得な方法を説明していますが、もっともお得なのは、借入れしないことです。借りなければそもそも利息の支払いは必要ないのです。そのためには、自分のお金というものをしっかり管理して、常に先々を考え、お金が足りなくならないように生活することが重要です。

余裕があるときに随時返済を上手に利用することを考えよう!

もし賞与などで自分のお金の余裕ができた時には、一括返済ということではなくて、まずできる範囲で随時返済の利用を考えましょう。余裕が一括返済できる範囲に達していれば一括返済を考えても良いでしょう。

もし随時返済が少しでもできれば、その分借入残高が減ることになりますから、以後の利息はその減った借入残高によって計算され、その分お得になるわけです。

随時返済ができるかどうか、あるいはいくらまでなら生活に影響しないのかなどは的確に判断する必要があります。

余裕ができた時には一括返済できなくても随時返済の利用を考えよう

そこで、もし臨時収入が入って資金的な余裕ができたが、一括返済するにはちょっと足りないという場合を考えてみましょう。

その場合には余裕な資金を貯蓄に回して利息を得るという方法も悪くは有りませんが、一括返済できなくても随時返済でできるだけ返済してしまうという方法も考えてみましょう。

貯蓄で受け取る利息が返済で支払う利息よりも高ければ、貯蓄のほうが良い訳ですが、逆の場合には思い切って返済に回した方がお得ということになります。

どうするかは利用者自身で考えて、生活に影響しないか検討したうえで、自分の判断で良いと思うことを行ってください。

少額でも余分に返済できれば借入残高が減って以後利息を少なくできる

もし一括返済ではないが随時返済で返済した場合を考えてみましょう。

その場合、随時返済によって借入残高が減るはずですから、たとえ借入残高が残ったとしても、以後の約定返済では減った後の借入残高で計算されて、月々の利息はかなり減るはずです。

そうするとそれだけでもお得になりますが、月々の返済分に占める元本分の返済が増えますから、返済効率が良くなって、返済期間が短縮され、その分でも利息の支払いが減って、さらにお得になります。

ですから余裕の資金があるのであれば、たとえ少額であっても随時返済してしまったほうが、ローンの返済としてはお得になると言えるでしょう。

生活への影響をよく考えて随時返済を行うかどうか的確な判断を行ってください。

随時返済を行うかどうかは家族にも相談して決めよう

確かに随時返済を利用して少しでも余分に返済できれば、お得には違いはありませんが、例えば賞与が入った場合を考えれば、その賞与は自分の他にも期待している人がいることを忘れてはいけません。

独身なら良いかもしれませんが、家族がいる場合は家族のことも考える必要があります。

日頃から約定返済で家計を切り詰めているとしたら、家族もかなり厳しい生活を強いられている可能性があります。

その場合賞与ぐらいは家族の息抜きに利用するべきでしょう。

ですから返済も必要なのかもしれませんが、返済に回す前に、家族の意見も聞いて、みんなが納得する使い道を考えることも大変重要なことだと考えてください。

~余分に返済したときは返済計画の見直しも行っておこう~
余分に返済したときに、必ず行っておく必要があるのが、返済計画の見直しです。借り入れ当初に作成した返済計画は状況が変わるごとに見直して、常に現状に合った形にしておくことが重要です。

ここでカードローンの一括返済について纏めておきます。

  • カードローンの返済方法には通常約定返済と随時返済があり随時返済を利用すれば一括返済することも可能
  • 一括返済してしまえば以後約定返済がなくなりその分利息を払う必要がなくお得になる
  • お得だからと言って無理して一括返済してしまうと再度借入れが必要になったりするので要注意
  • 資金的な余裕があれば随時返済を上手に利用することを考えるべき

カードローンによっては随時返済の方法が限られるので、随時返済や一括返済を予定している場合には、借入れの前に方法についても確認しておいた方が良いでしょう。

閉じる
閉じる