自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローン申込は自動契約機が意外にお勧め?カードもその場で受取

カードローンはもともと消費者金融の金融商品ですが、消費者金融というのは以前はサラリーマン金融と言われ高金利で厳しい取り立てでイメージが崩壊してしまい、消費者金融と名乗るようになりました。

自動契約機というのも結局は消費者金融の窓口に行かなくても申し込みができるようにと開発されたものです。

カードローンの申込方法は技術進歩に合わせて様々用意されてきており最近ではネット経由の利用が増えていますが、銀行も合わせて自動契約機は未だに多くのカードローンで利用できるようになっています。

自動契約機はその場でローンカードが受け取れたり、営業時間外でも利用でき、急ぎの場合に大変心強い申込方法と言え意外にお勧めです。

カードローンの自動契約機はなぜ生まれたのか?消費者金融の苦悩とは

カードローンというのは銀行は後発で、もともとは消費者金融のキャッシングローンが元になっています。

消費者金融は以前サラリーマン金融と言われており、借り易くて歓迎されていたのですが、高金利なうえに厳しい取り立てを行ったために社会問題化し、大変嫌われた存在になってしまいました。

このため呼び方を消費者金融と改めたうえで、イメージ改善に取り組んできたわけですが、自動契約機も消費者金融の窓口には行きたくないという人でも申込みができるように作られたものです。

カードローンはもともと消費者金融のキャッシング

カードローンはいまや銀行の金融商品として認識されてきていますが、消費者金融や信販会社も提供しています。

そもそも元を正せば、カードローンのもとになったキャッシングローンを提供していたのは大手消費者金融でした、銀行や信販会社がこの分野に進出して来たのは比較的最近のことでなのです。

大手消費者金融が担保や保証人を用意しなければならなかった銀行の融資が借りられない人向けに、個人向け信用保証という技術を生み出し無担保、保証人なしで融資を始めたのがキャッシングの始まりです。

これに加えてキャッシュカードを使ってATMから預金を引き出すという形を見て、ローンカードを使ってATMから融資を引き出すという形の現在のカードローンという形を作ったのが大手消費者金融です。

そしてその利用者が増えていくのを見て無視できなくなり、カードローンと銘打って提供を始めたのが銀行というわけです。

サラリーマン金融が嫌われることになった原因

しかし消費者金融はこのように順調に事業を進めていたわけではありません。

当初のサラリーマン金融は、担保や保証人を持たないサラリーマンの味方のように言われて歓迎されていました。

しかし高金利で厳しい取り立てをしていたことで、一家心中に追い込まれるような事も少なくなく、社会問題化して、サラリーマン金融というのは近づいてはいけない場所という認識ができてしまいました。

要するにサラリーマン金融はその名前だけでもイメージが悪く、店員と話もしたくないと考える人が増えて、日本人には大変嫌われてしまったというわけです。

自動契約機が生まれてきた理由とは?

こうなってしまうと、利用者を増やすどころか、徐々に減っていく事になり、サラリーマン金融は経営的にも非常に厳しい状態に置かれることになりました。

ここに至ってサラリーマン金融はこれでは駄目だと気付き、名称を消費者金融と変えて、悪いイメージからの脱却を目指すことになります。

消費者金融の歴史というのは、このイメージ改善の歴史と言ってもよいくらいです。

このイメージ改善ではまずそれまでの雑然としていた店舗を清潔で入りやすい雰囲気に変える事から行われましたが、近づいてはいけない場所というイメージは強烈でなかなか思うようには進みませんでした。

そこでイメージ改善のためのコマーシャルを流したりすることになりますが、もう一つ重要な発想で店舗に入りたくなければ、店舗に入らなくても契約できるようにすればよいという考えが浮かびます。

そこで開発されたのが自動契約機で、もしこれを設置すれば、窓口に行く必要はありませんし、無人店舗にして契約だけできるようにもできると考えたわけです。

そしてこれが当たって、利用者は減少から増加に転じたのです。このため自動契約機の開発が遅れた消費者金融では、それっぽい箱を用意して中に人が入って対応するというような嘘のような事が行われました。

このように自動契約機の開発は消費者金融が嫌われたことが始まりだったわけです。

~消費者金融のイメージを変えたのはCM?~
本文でもコマーシャルについて触れていますが、消費者金融のイメージを決定的に代えたのがアコムが若手女優を起用して流したCMだと言われています。

このCMは流したアコムにとどまらず消費者金融業界全体のイメージを変え、この業界を救ったと言えるのかもしれません。

カードローンの申込方法は様々!自動契約機はその中の1つ

現在のカードローンには申込方法が多数用意されていて、特に消費者金融の場合には、銀行よりもカードローンについては長い歴史を持っているので、その間にサポートしてきた申込方法を今も残しています。

現在では、スマホの普及なども有って、誰でもネット接続ができるようになっているので、ネット経由の申込者が増えています。

しかしネット利用ができない人もいるため、その他の申込方法も残しておく必要があって、中でも非常に簡単に申込みができる自動契約機を用意しているカードローンが多くなっています。

カードローンの申込方法は様々

現在カードローンの申込方法は実に様々なものが用意されています。

これは説明してきたように、元々金融取引というのは金融期間の窓口で行われるべきものが、消費者金融には行きたくないという点から始まっています。

現在用意されている申込方法には次のようなものがあります。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • ネット経由

つまり最近では自動契約機の他にも店舗に行かないで申込める方法が様々用意され、ネット経由をサポートすることでいつでもどこからでも簡単に申込みができるまでに進化してきています。

消費者金融は、こういった申込方法を長い歴史の中で少しづつ増やしてきたわけですが、銀行の場合には後発ということも有って、最初から利用者の多い方法に限って提供しているところもあります。

このため銀行では窓口での扱いが無いような場合も珍しいことではありません。

現在ではネット経由の利用者が増加している

現在の申込者の動向では、ネット経由の利用者が増える傾向にあります。

ネット経由の申込方法は、かなり前から存在しており当初はパソコンからの申込みだけだったため、利用できる人自体が少なかったということで、それほど利用者は多くありませんでした。

しかしその後携帯電話が普及し、更にスマホの普及で誰もがいつでもネットに接続でき、簡単に申し込めるアプリの提供もできるようになったために、利用者が爆発的に増えてきているというわけです。

自動契約機は銀行を含めて多くのカードローンで用意されている

ただし、利用者の中にはネット利用ができない人もいますし、次節で説明するような利点が有る為に、自動契約機からの申込方法を銀行を含めて多くのカードローンが用意しています。

しかも自動契約機は、ただ単に契約するということではなく、ディスプレイを通して、係員と対話することもできるようなものも出てきており、高機能化が進んでいます。

今後もこの傾向は続くと予想され、自動契約機というのは契約だけではなく、様々な機能を備えてカードローンに限らず、金融機関の一種の窓口として、様々な面で利用されるようになるでしょう。

~窓口での申込みができな場合が増えている~
本文でも触れていますが、現在カードローンと言うのは窓口での扱い自体がなくなってしまうところが増えて、店頭には自動契約機が置かれるようになっています。

こういった面で自動契約機というのは消費者金融のイメージ改善の一環から出発して、現在では金融機関の省力化にも大変役に立っていると考えることもできるでしょう。

自動契約機での申込みには利点がある!意外にお勧めな訳とは?

また自動契約機には他の申込みに比べて様々な利点もあります。

まず窓口以外での申込みを考えた場合、ローンカードがすぐに受け取れるのは自動契約機だけで、急ぎでATMから融資を引き出したいと考えている場合には、自動契約機が便利です。

また自動契約機は金融機関の営業時間よりも遅い時間まで稼働しており、もし遅くなってからお金が必要になった場合でも、自動契約機を使えば、即日融資が利用できる可能性があります。

さらに自動契約機は金融機関が休日の場合でも、稼働させている金融機関があり、その場合契約できれば融資を翌営業日まで待つ必要も無く、困った時には大変助かります。

このように自動契約機は意外にお勧めできる利点を備えているのです。

自動契約機ならその場でローンカードが受け取れる

自動契約機は窓口に行く必要がないという面だけではなく、これがあることによって、様々な利点が生まれ意外にお勧めなのです。それらについて紹介していきましょう。

まずカードローンというのは最近では振込みによる融資の利用者も増えてはいますが、利用者の多くはその名前の通りカードを使ってATMから融資を引き出す形で利用します。

このカードをキャッシュカードなどと区別するためにローンカードと呼びます。

このローンカードは物理的な実態があるものですから、例えばネット経由で申込みを行ったという場合でも、ローンカード自体は何らかの形で受け渡しが行われなければなりません。

通常は書留などを使って郵送されるという形が取られることになりますから、例え即日審査に通過できて契約に至ったとしても、ローンカードを使ってATMから融資が引き出せるようになるには何日か必要です。

それに対して、自動契約機の場合には、契約まで至れば、その場でローンカードの受け取りができる場合が多いですから、ローンカードを使ってすぐにATMから融資の引出しができるようになります。

このため、カードローンの中にはネット経由で申込みを行い審査通過した段階で自動契約機に行けば契約を行ってローンカードの受け取りができるようにしている場合もあります。

時間的に遅い申込みでも即日融資の可能性

次に押さえておきたい自動契約機の利点としては、時間外の利用です。

金融機関には営業時間があり、銀行なら15時、消費者金融でも18時くらいには店舗は閉まってしまいます。

ネット経由で申込んだとしても、先程説明したようにローンカードの受け取りは後日になりますから、最初は振込で利用するしかありません。

しかし振込可能なのは15時までですから、それまでに契約を完了させなければなりませんが、そのためには申込みは午前中に行う必要があるとしているカードローンも多いのです。

しかし自動契約機は早くても20時まで、遅い場合には24時まで稼働しているものも有ります。

ですから申込みや審査に2時間かかったとしても22時くらいまでに申込みを始めれば、その日のうちにローンカードを受け取って、ATMから融資を引き出せる可能性があります。

休日でも利用できる可能性がある

また休日に急にお金が必要になるといったことも長い人生の中では無いとは言えません。

その場合でも、一部のカードローンでは自動契約機を稼働させているところがあります。

この場合、休日中は少額の融資に限られる場合もありますが、自動契約機を利用することにによって、融資の利用ができる可能性があるということです。

ただし、この場合選択肢は狭まってしまいますから、あまりお勧めできることではありません。本来は十分時間をかけて使い勝手の良いものを探すべきでしょう。

しかしどうしても必要という場合には、自動契約機は大変有難い存在と言えるわけです。

~自動契約機の操作は簡単~
利用者の中には、ネット経由どころか自動契約機の操作も心配という人もいるかもしれません。しかし本文でも説明している通り、自動契約機は高機能化が進んでいます。

利用方法は機械自体が指示してくれたり、ディスプレイを通して説明してくれたりするので、心配はいりません。

自動契約機に行く前に行っておきたいこととは?

自動契約機はこのように営業時間外でも利用できて便利なのですが、自動契約機を利用しに行く前に行っておいてほしい事があります。

まず行うべきは、借入れを考えた場合、本当にそのお金の借入れが必要なのかを見直してみる事です。遣り繰りで凌ぐことができれば、あとあと返済するような事もなく負担が最も少なくなります。

次に行ってほしいのは審査通過の可能性を考えてみる事です。これは自分の返済能力を計算してみる事や、過去の金融取引状況について思い出すことが必要です。問題があれば申込んでも時間の無駄です。

また申込みをするということになった場合にいは、申込みで必要になる書類を調べて、その書類を用意して自動契約機に行きましょう。書類が足りなければ、自動契約機に行っても申込みは完了しません。

借入れが本当に必要なのかの検討

このように自動契約機を使えば、時間外でも契約ができて大変便利なのですが、ローンカードを受け取ってATMからお金を引き出すということは借金をするということです。

そこで自動契約機に行く前にぜひ行っておいてほしいのが、本当にお金を借りなければならないのか、よく考えてみることです。

お金が足りなかったとしても、生活費の遣り繰りで借り入れ分のお金を捻出できれば、借りなくて済ませることができます。

借りなくて済ませられれば、翌月以降の返済は無い訳です。返済で生活は確実に圧迫されますから、返済はないほうが良いのです。

また返済では利息も支払わなければなりませんから、それが無ければその分お得ということもできます。

自分の支出内容をよく見直して、遣り繰りできる部分を見つけてみてください。

審査通過の可能性の検討

もう一つ検討しておきたいのが審査通過の可能性の検討です。

カードローンはコマーシャルなどがよく流されていますから、誰でも利用できそうに感じてしまいますが、審査に通過できる人というのは申込者の半数にも達しません。

ですから申込んだからと言って借りられるとは限りません。まずは審査の通過の可能性を考えてみることが必要です。

審査では次のようなことが行われています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

本人確認は本人が申込んでいれば問題はありませんが返済能力や信用の評価では問題があるかもしれません。

返済能力については年収や安定性が問われパートやアルバイト、場合によっては個人事業主などの場合は厳しくなります。そこで自分の収入を見直して返済していけるかどうか評価してみましょう。

また過去にローンの返済が滞ってしまったり、電気料金などの各種支払いが滞ったというような場合には、信用の評価で問題になるので、そういったことがないかもよく思い出してみてください。

こういった点で問題が無ければ、審査通過の可能性が出てきます。

必要書類の準備

もし申込みを行うということであれば、自動契約機に行く前に申込み手順をよく確認して、必要書類も調べて用意しましょう。

必要書類には通常次の2種類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

これ等に利用できる書類はカードローンごとに微妙な違いがあるので必ず確認してください。

また本人確認書類は必ず必要ですが、収入証明書類は融資希望額で必要になる場合とならない場合があるので、この点も確認が必要です。

自動契約機に行ってから必要なものが無いということになると、一度戻ってこなければならなくなるので、十分注意して慎重に用意してください。

~本人確認書類は運転免許証が便利~
本人確認書類は写真付きのものが好まれ、特に運転免許証が便利に利用できます。

カードローンの中には運転免許証を提示した場合にはその場でローンカードを発行しますが、そうでない場合は郵送になるというようなものも有るので注意しましょう。

ここでカードローンの自動契約機での申込みについて纏めておきます。

  • 自動契約機はイメージが崩れた消費者金融が利用者を集めるために開発したのがはじまり
  • 自動契約機はカードローンの申込方法の1つとして現在でも利用されている
  • 自動契約機の申込みではその場でカードが受け取れるなど利点があり意外にお勧めできる
  • 自動契約機に行く前に無駄な借り入れをしないために本当に借入れが必要なのか考えてみることが重要

自動契約機に行っても審査に落とされることはあるので、申込みをする場合には借りられなくなった時のことも想定しておきましょう。

閉じる
閉じる