自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンとクレジットカードの違い。咄嗟の借入で役に立つのは?

クレジットカードにはキャッシング機能があり、カードローンと同じような利用ができますが、そもそもはショッピング機能を持つカードとして発展してきたものです。

キャッシング機能としては、カードを利用してお金を融資してもらうという形でよく似ていますが、金利を比較すると、カードローンの方がクレジットカードよりも有利な設定になっているものが多いようです。

カードローンの場合、貸金業法が適用になりますから、年収によって融資上限が設定されることはよく知られていますが、これはクレジットカードのキャッシングでも同様に適用されます。

ただし最近では銀行が発行するクレジットカードがあるので、その場合には適用にはなりません。

カードローンとクレジットカードの相違点?ショッピング機能の有無

カードローンの機能というのは、お金を借りたり返したりするもので、他のローンのように1度きりの借入れではなく何度も借りられる点で特異な存在ではありますが、基本機能はあくまで借入れです。

これに対してクレジットカードというのは、基本機能は買い物をするときに利用するショッピング機能で、元々はキャッシング機能はこのショッピング機能の補完的な意味でつけられたものです。

大きな差が出とすれば海外に行った場合で、カードローンの利用はほとんどできないと考えるべきですが、クレジットカードのキャッシング機能であれば、現地で現地通貨の融資を引き出せるという点でしょう。

カードローンは融資機能のみ

カードローンとクレジットカードを比べる場合、まずはそれぞれの機能について知らなければなりません。

最近では一枚のカードに様々な機能を持たせたり、サービス機能がついていたりすることがありますが、ここでは基本機能のみのカードを前提にします。

カードローンは文字通りローン機能のみのカードで借入と返済を繰り返すことで、何度でも融資の利用ができるという点で、1度の借入後は返済だけというのが普通のローンとは大きく違っています。

申込みも非常に簡単で、審査時間も短く、申込み当日中に即日融資が利用できるような場合もあります。

クレジットカードはショッピング機能が主要機能になる

これに対してクレジットカードというのは、次の2つの機能を持っているのが普通です。

  • ショッピング機能
  • キャッシング機能

本来のクレジットカードの成り立ちから言えば、カードで買い物ができるというショッピング機能のみだったのですが、その後キャッシング機能が付け加わって、現在に至っています。

現在でも審査によってはキャッシング機能がつけられないというような場合もあります。

またクレジットカードの審査はカードローンのように申込当日に終わるというようなものではなく、多くは何日かかけて行われることになります。

海外での利用には大きな差がある

このカードローンとクレジットカードで大きく使い勝手が変わるのが、海外に出た場合です。

カードローンの場合、海外に行ってしまうと利用できるATMはなかなか有りません。

しかしクレジットカードでは殆どの場合国際クレジットカードと提携しているため、海外に行っても、海外の銀行のATMから現地通貨でキャッシングを利用することが可能です。

しかも現地で円を両替して手数料を支払うよりも、帰国後すぐに利息付きで返済してしまえばお得になる場合が多いため、海外に行く場合にはクレジットカードはお勧めと言えるでしょう。

~クレジットカードなら18歳でも融資利用の可能性あり~
現在成人年齢が18歳に引き下げられることになっていますが、今現在は20歳になっているため、契約の関係で殆どのカードローンは申込可能年齢が20歳以上という事になっています。

しかしクレジットカードの場合には多くが18歳から申し込みができますし、中には学生専用のものもあって成人していなくても持つことができます。

したがってクレジットカードのキャッシング機能なら18歳からでも利用できる可能性が有るという事です。

キャッシング機能はよく似ている!金利的にはカードローンが有利?

国内の利用に限ればカードローンもクレジットカードのキャッシング機能も、カードを利用してATMからお金を引き出すという機能的な面で見れば、殆ど同じように利用することが可能です。

ただし、有利さを考えた場合、金利的には、クレジットカードの場合の方が不利になることが多く、カードローンの場合利用を続けていれば徐々に金利が下がりますが、クレジットカードではそうとは限りません。

したがって使い方としては、頻繁にキャッシングの利用を考えているのであればカードローン、たまにお金が必要になった時にキャッシングが利用できれば便利程度であればクレジットカードが良いでしょう。

キャッシング機能の利用方法は大きな差はない

では国内での利用を想定して話を進める事にしましょう。

まず使い勝手という事になりますが、現在では借入方法もATMの他、銀行振込も利用できる場合が増えています。

しかし、全てのカードローンとクレジットカードが対応しているわけではなく、微妙な違いがあるので、基本となるATMでの利用について考えてみましょう。

カードローンもクレジットカードもATMから融資を引き出す場合はキャッシュカードと同じようにATMにカードを指して暗証番号を入力するという操作に違いはありません。

つまりキャッシング機能の利用方法には大きな違いはないという事です。

金利的に考えればカードローンの方が有利

ただし、こういったキャッシングというのは使い勝手だけで比較する訳にはいきません。もう一つ重要なポイントはお得なのかどうかという事です。

そこでカードローンとクレジットカードのキャッシングの金利を比較したものが次の表です。

カードの種類 金利(年利) 利用限度額の上限
銀行のカードローン 3%台~14%台 800万円程度
大手消費者金融のカードローン 4%台~18% 800万円程度
大手クレジットカードのキャッシング 15%台~18% 100万円程度

もちろんこれは代表的な例で、カードによってはもっと金利が低かったりする場合もあります。

金利だけで見た場合クレジットカードのキャッシング機能の最高金利は大手消費者金融のカードローンの最高金利と同程度ということになります。

しかしカードローンの場合利用を続けて、信用が高まれば、もっと有利の金利になっていくので、将来的にはクレジットカードのキャッシングよりも有利な条件になる可能性がある訳です。

このため長期に見ればカードローンの方が有利な借り入れができるという事ができます。

キャッシングをたまにしか利用しない場合はクレジットカードが良い

そこでこのキャッシングローンとクレジットカードのキャッシング機能の使い方としては次のように切り分けると良いでしょう。

まず、頻繁にキャッシングが必要という場合には、カードローンを利用して、できるだけ有利な利用ができるようにするべきです。

しかし、日頃はキャッシングの利用は考えておらず、出先などで急にお金が必要になったというような、たまにある緊急時の避難的な利用方法でキャッシングを考えている場合はクレジットカードで良いでしょう。

ただし、いずれにしても利息が掛かってくるわけですから、借入れを考えた場合には、まずは借りなくて済ませる方法がないかどうかを考えることを忘れてはいけません。

~金利と利息の関係とは?~
ローンの有利さを考えるとき重要なのは利息を少なくすることです。この利息はよく金利と混同している人がいますが、金利は利息を決める大きな要素ではありますが違うものです。利息は次の数式で計算します。

利息 = 元金 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり利息は金利に大きく依存しますが、それと同じように借入期間にも大きく影響されます。したがって金利が多少高かったとしても、短期に返してしまえば、利息はそれほど大きくはならないわけです。

クレジットカードのキャッシング機能には総量規制はあるの?

カードローンを消費者金融から借りる場合、法的規制として年収にリンクさせる形で上限を決めている貸金業法の総量規制に従わなければなりませんから、場合によっては高額融資の利用は難しくなります。

ではクレジットカードの場合はそういった規制は入らないのかという点が気になりますが、クレジットカードを提供している信販会社もお金を貸すという点で貸金業者の為、やはり適用対象になります。

ただし、最近では銀行もクレジットカードを発行している場合があり、この場合はあくまで銀行のキャッシングという位置づけになりますから、総量規制の適用対象ではなくなり、内規による制限になります。

貸金業法の総量規制とは?

カードローンの利用を考えるときによく耳にする言葉に総量規制というものがあります。これは貸金業法にある規定で、貸金業者が融資をする場合の上限を規定しています。

この法律の規定によれば、融資できるのは少額融資の場合の例外を除いて年収の3分の1までと規定されています。

このため例えば1社で100万円の融資を利用したいという場合、この3倍の年収300万円が必要という事になる訳です。

この貸金業法は貸金業者に対して適用になるもので、通常は消費者金融の為の規制と考えます。

ちなみに貸金業者とは見なされない銀行のカードローンにはこの総量規制は適用になりませんが、やはり内部規定で上限が決められているので、いくらでも借りられるわけではありません。

クレジットカードにも総量規制は適用になるの?

そこで問題になるのがクレジットカードのキャッシング機能の場合です。この場合総量規制は適用になるのでしょうか、それともならないのでしょうか。

クレジットカードは通常信販会社が発行するもので、信販会社が貸金業者に当たるかどうかという事になります。

結論から言えば、クレジットカードもキャッシング機能については貸金業に当たるという事になっており、クレジットカードでも消費者金融のカードローンと同じように総量規制の対象になります。

したがって年収が少ない場合には、それほど大きなキャッシング枠はもらえません。

銀行の発行するクレジットカードには総量規制は適用されない!

ただし、クレジットカード発行業者が信販会社だけとは限らなくなってきているため、この話には例外があります。

最近では銀行がクレジットカードを発行している場合が珍しくありません。

先程、銀行のカードローンは総量規制の対象にはならないことを説明しましたが、クレジットカードについても全く同じことが言えます。

銀行の発行しているクレジットカードのキャッシング機能は総量規制の対象にはなりません。つまり銀行の考え方次第では信販会社のクレジットカードよりも高額のキャッシング枠が付く可能性もあります。

ただし、カードローンの場合と同じで法的規制ではなくても内部規定で上限は決められているので、あまり大きな期待はするべきではありません。

~貸金業法とは?~
貸金業法というのは、消費者金融がまだサラ金と言われていたころ、高金利で厳しい取り立てが行われて社会問題化したため、これを規制するために制定された法律で、改正の度に厳しくなって来ています。

ショッピング枠をお金に換えることは止めよう!

クレジットカードにはお金を借りる方法がもう一つあります。それはショッピング枠で買い物をして、それを買い取ってもらう事で現金化するというもので、そういった一見便利な業者が存在しているのです。

ただし、これは買い叩かれて、かなりの損失を覚悟しなければなりませんし、そもそもそういった使い方はクレジットカードの利用規定で禁止されているので、絶対に利用してはいけない使い方なのです。

もちろんこういった使い方をしなければならないという事は、その前にキャッシング枠を使いつくしてしまってどうしようもなくなった場合です。

そうならないためにはお金について先々をよく考えて計画的な利用を心がけなければなりません。

クレジットカードのショッピング枠でお金を借りる?

クレジットカードにはキャッシング機能の他に、もう一つお金を借りる方法があります。これはショッピング枠を利用する方法で、キャッシング枠を使い切ってしまった人などの中に利用する人がいます。

ただし、これはクレジットカードの運営業者が提供しているものではなく、そういったことを提供している業者が別にいて、それを利用します。

やり方はいくつかありますが、例えばクレジットカードのショッピング枠で業者の指定するものを購入し、それを業者が買い取ることによってお金にするわけです。

もちろん支払われるお金は買い入れ価格よりも少額ですから、差額がこの場合の利息になると考えることもできます。

利用規約で禁止されているので利用してはいけない

ただし、クレジットカードのこういった利用方法は、利用規約によって禁止されているのが普通ですから、絶対にこういった業者を利用してはいけません。

もしこういった利用法がバレてしまった場合には、クレジットカードは即解約になってしまって、例えばショッピングやキャッシングでまだ未払いの部分が残っているような時は即支払いを要求されます。

バレないにしても、こういった現金化をした場合、割の良い借り入れなど期待できませんから、非常に損失の大きい借り入れという事になりますし、買い物をしたわけですから、その分の支払いも続くわけです。

お金に困ってくると正常な判断ができなくなってきますが、常に冷静に考えるようにしてください。

お金は先々をよく考えて利用を考えよう

そこでお金を借りる人に一つ注意しておきたいこととしては、自分のお金というものをしっかり管理し、先々をよく見ながら生活するようにしてほしいという事です。

自分のお金が分かっていて、先々どういったお金が必要になるのかが分かれば、それに合わせて、お金の準備を長期にわたって行う事ができ、無理な借入れも回避できるはずです。

また借入れが避けられない場合でも自分が返済していけるかどうかの判断がつけやすいので、安易な借り入れは避けられるでしょう。

人間というものは短時間に何かを判断するのは、間違いを犯しやすいものです。

長期に考える時間が取れれば、無理な借入をしなくても様々な方法を考えることも可能でしょう。

先々をよく見て生活できるようにしてください。

~日々の自分のお金の管理が大切~
本文では自分のお金の管理について触れていますが、最近では自分が何にお金を使っているのかすらはっきりわからないという人も少なくありません。

ですからもしそういう場合には今日からでも自分の収入と支出を記録に残し、自分のお金を管理できるようにしてください。

ここでカードローンとクレジットカード違いについて纏めておきます。

  • カードローンとクレジットカードの大きな違いはショッピング機能の有無
  • キャッシング機能は機能的にはよく似ているが金利的にはカードローンの方が有利
  • クレジットカードのキャッシングも銀行のものを除いて総量規制の対象になる
  • クレジットカードはショッピング枠を現金化している業者があるがこれは規約違反になるので利用してはいけない

最近ではクレジットカードの信販会社がカードローンを、カードローンの貸金業者がクレジットカードを、それぞれ発行している場合もあり条件も様々ですから、よく仕様を理解して有利なものを選びましょう。

閉じる
閉じる