自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの審査に影響する信用情報とは?問題があれば審査は否決

カードローンの審査では返済能力や信用の評価が行われますが、信用の評価では、信用情報というものが利用され、申込者が信用できる人かどうかが判断されることになっています。

信用情報というのは金融機関がぞれぞれの利用者の情報を格納して、他の金融機関と情報を共有するために利用されるもので、格納された情報をどのように判断するかは金融機関次第という事になります。

この信用情報に過去のローンの返済が滞納されたというような情報があった場合、どの金融機関でも同じことが繰り返される可能性を懸念して審査には通さなくなりブラックと呼ばれる状態になります。

ただし、良い情報が有れば評価が上がる可能性も出てきます。

カードローンの審査では何が行われるのか?返済能力と信用が重要

カードローンの審査では本人の確認の他、申込者の返済能力と信用の評価が行われ、これらに何らかの問題があれば審査は否決になってしまい、融資の利用はできなくなります。

返済能力は収入を調べれば分かりますが、信用の評価はそう簡単ではありません。このため金融機関はそれぞれの利用者の情報を共有するために信用情報というものを利用して過去の金融取引状況を調べます。

この信用の審査では更に申込者と金融機関間のお付き合い状況を評価して、利用限度額と適用される金利の決定も行われます。このように金融取引では信用というものが非常に大きな意味を持つわけです。

【関連記事】

カードローンに通過できない!落ちる人の原因と審査基準を徹底解明

 

カードローンの審査とは

カードローンは申込めば誰でも利用できるというものではありません。申込み後に行われる審査に通過することが必要で、審査が否決になれば融資の利用はできません。

ではこの審査と言うのは、どのようなことが行われているのか気になりますが、審査はカードローン毎に作られている審査基準によって行われています。

ただし、この審査基準は分かってしまえば、それに合わせて対策されかねませんから、公開されるようなことはありません。

このため詳細については分りませんが、概ねどのような確認や評価が行われているのかは分かっていて、次のような項目が、様々な方向から審査されていると言われています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者が返済できるかどうかの評価
  • 申込者が信用できるかどうかの評価

本人確認というのは申込時に提出される本人確認書類や、勤務先に電話を入れて在席を確認する在席確認などで行われます。

本人が申込んでいれば問題はありませんが、金融機関としては全くの他人に融資してしまったら返済はまずされませんから、ある意味大変重要な審査と言えるでしょう。

返済できるかどうかの評価は年収や収入の安定性などから返済の可能性を評価して、返済できると判断した場合でなければ審査通過はできません。

そしてこれらの審査に通ったとしても、申込者が返済してくれる人だと信用ができなければやはり安心して融資はできないため、信用できるかどうかも厳しく評価が行われます。

信用の評価は信用情報が参照される

ではこの信用の評価はどのように行われるのでしょうか。通常申込者だけでは信用できるかどうかまでは分りませんから、この審査では信用情報というものが利用されます。

この信用情報というのは、金融機関がそれぞれの利用者情報を格納して、情報を共有するために作られているデータベースで、審査ではこの情報から、申込者の過去の金融取引情報が参照される事になります。

例えば、もしローンの返済を滞納したというような記録が残っている場合には、信用できないという事になって、信用評価は低くなってしまいます。

信用評価によって利用限度額や金利も決まる

この信用評価は、審査で融資の可否を判断することの他に、もう一つの目的があります。

もし審査で問題がなく、通過させて融資を行うと判断された場合、幾らまで、どの程度の金利で融資するかを決めなければなりませんが、その判断も実はこの信用評価によって行っています。

ただしこの場合には信用情報ではなくて、利用者と金融機関のお付き合い状況が判断材料になります。

お付き合いが長く、以前から定期預金を行っていたり、各種のローンを利用したりしていて、問題が出ていなければ、信用評価は高くなり、高額の融資を低金利で借りられます。

しかしお付き合いが無いという場合には、信用判断は難しく、まずは低額の融資を高い金利で利用しなければならなくなります。

このように信用というものは金融取引では非常に重視される指標になるのです。

~本人を偽ってもバレるので止めた方が良い~
カードローンの申込みでは自分の評価は低いと考えている人が、他人を偽って、本人の証明書類を偽造してまで他人に成りすまして申込みを行う人がいます。しかし、審査では本人確認は書類だけで行うわけではなく、すぐに書類の偽造などはバレてしないます。そうなると審査は通りませんし、書類偽造で、下手をすると逮捕されることも有るので要注意です。

信用評価で利用される信用情報とは?金融機関間で共有される

では、この信用情報にはどのような情報が格納されるのかというと、利用者の基本情報の他、過去のローンの返済状況や、電気料金のような各種料金の支払い状況、債務整理の有無などが入ることになります。

そして、先程説明したように、これらの情報は各金融機関がそれぞれの利用者の情報を格納することになっており、他の金融機関ともこの情報が共有され、審査の際にはこの情報が参照されます。

ただし、この信用情報は単なる情報であって、その情報をどのように評価するかは、各金融機関の判断という事になるので、情報によって審査で問題視する金融機関があれば、問題視しないところもあります。

信用情報には何が格納されているのか

では、この信用情報にはどのような情報が格納されているのかというと、概ね次のような情報が格納されています。

  • 申込者の基本情報
  • ローンの利用状況
  • 各種料金の支払い状況
  • そのほかの注意情報

申込者の基本情報には、申込者の住所氏名や生年月日、勤務先などの情報が格納されていて、この情報と申込時の本人確認書類と食い違いがあると、その点についてさらに確認が行われることになります。

ローンの利用状況では、借り入れや返済状況の他、申込みを行ったかどうかの情報も格納されます。

各種料金の支払い状況では、電気料金や電話料金、あるいはクレジットカードの支払い状況など様々な支払い状況が格納されます。

そのほかの注意情報としては債務整理を行ったという情報や、申込時に虚偽の申告をしたというような情報が格納されます。

信用情報は金融機関間で共有される

そして、信用情報の怖いところは、先程説明したように、こういった情報が金融機関間で共有されるという事です。

このため、例えばある金融機関でローンを借りたが返済を滞納したというような情報が、別の金融機関にも伝わってしまうことになり、まったく関係のない金融機関でも問題視されることになってしまいます。

また例えば学生の時にたびたび携帯電話料金を滞納したりしていると、卒業して社会人になってから、融資を利用しようという時にこの滞納が問題になる場合も出てきます。

ですから、お金の支払いなどは、どんなものでも契約を交わしたらしっかり行っておかなければ、思わぬところで影響が出ることがあると、よく覚えてお行きましょう。

同じ信用情報で評価はぞれぞれの金融機関で違う

ただし、信用情報というのは、単に情報を蓄積しているデータベースにすぎません。

この情報をどのように判断するのかは金融機関側の問題で、ある情報を問題視するかどうかは、各カードローンの審査基準によって変わってきます。

ですからある金融機関のカードローンの審査に落ちてしまったからと言って別の金融機関のカードローンであれば、審査に通過できる可能性も十分考えられることです。

ただし申込直後は先ほど説明したようにカードローンを申し込んだという情報が信用情報に格納されますから、短期間に何度も申込んだという事になるとお金に困っていると判断され審査には落とされます。

したがって、一度審査に落とされた後は、しばらく間をおいて次のカードローンを申し込まないと、連続して審査に落とされる可能性が高くなります。

~信用情報は開示請求できる~
本文の説明を読んでいると信用情報が怖くなってきた人もいるでしょう。ローンの滞納はしていなくても各種料金の支払いまでは分らないという人も多いはずです。そういう人で、どうしても気になるという場合は、信用情報の開示請求することによって、自分の情報の確認ができます。どうも心配だという人は確認して安心してみてはいかがでしょうか。

信用情報の内容によってはブラック!どの業者でもお金は借りられない

このように信用情報の内容によってカードローン毎に評価が行われますが、情報によってはどの金融機関も問題視する場合があり、こういう場合には、どこに行っても融資を受けることができなくなります。

こういった状況をブラックと呼びますが、よく信用情報にはブラックリストがあり、ブラックはそこに名前が載った状態と言われます。しかし実際には説明したように個別に情報が判断されているだけです。

では一度ブラックになってしまうともうずっとお金が借りられないのかと心配する人もいるかもしれません。

しかし、信用情報の各情報には格納期間が決められていて、問題情報が削除されてしまえば、ブラックという判断もなくなりますから安心してください。

信用情報の内容によってはお金を貸してもらえなくなる

信用情報の怖さが分かったと思いますが、実はもっと怖い話があります。

先程信用情報は情報を格納しているだけでそれをどう判断するかはカードローンの審査基準しだいという事を説明しましたが、情報の内容によってはどの金融機関でも問題視する可能性があります。

例えば次のような情報は金融機関としては大変大きな問題として認識されます。

  • ローンの返済を滞納した
  • 各種支払いを滞納した
  • 債務整理をした
  • 申込などで虚偽の申告をした
  • 他のローンの申込直後

これらの情報が信用情報に記載されていた場合、どの金融機関のカードローンを申し込んだとしても、審査通過はできず、いわゆるブラックと呼ばれる状態になると考えられています。

信用情報にブラックリストは存在するのか

以前から、信用情報にはブラックリストが有って、そこに名前が載ってしまうと、審査には通過できず、そういう人のことをブラックと呼ぶと言われています。

そのブラックという呼び方自体がこのブラックリストから来ているのですが、先程から説明しているように、審査に通るかどうかは、カードローン側の話で、信用情報ではありません。

したがって、信用情報には噂されているようなブラックリストというようなものは有りません。信用情報内の情報はただ単に利用者ごとに整理されているだけなのです。

ですからブラックとはいっても、審査基準によっては、カードローン毎に判断が変わる可能性は無いとは言えません。

信用情報の格納情報には格納期間が決められている

では一度問題のある情報が格納されてしまうと、もう一生ブラックなのかと落胆する人もいるかもしれませんが、そんなことはないので安心してください。

信用情報に格納されている情報というのはそれぞれ格納期間が設定されており、その期間が過ぎれば情報は削除されることになります。情報が無ければ、審査でも問題視されることはなくなりますから、ブラックだった人でも、ブラックという判断はされません。

例えば先程説明したようなローンの申込み情報の場合、6か月を超えない期間とされていて、長くても6か月で情報は削除されます。

そのほかの多くの問題情報も格納期間は概ね5年で削除され、債務整理で自己破産したとしても10年で削除されます。

重要なのはその期間中に2度と同じことを繰り返さないように、なぜ自分がブラックになったのかとことん深いところまで原因を探って、それに対する対策を行っておくことです。

長い期間が有っても、何も対策しなければ、また同じことを繰り返し、再度ブラックになってしまう人もいるので十分注意してください。

~最近ではブラック対応業者もある~
最近の消費者金融の中には、利用者確保を狙ってブラックでも返済能力が有れば、融資を行っているブラック対応業者があります。ただし、本文で説明しているようにブラックになった原因やそれに対する対策ができていなければ、同じことを起こす危険があるので、それができるまでは利用はお勧めできません。

信用情報は悪影響ばかりではない!評価が高まることも有る

このように信用情報は大変怖い存在と言えます。しかしそれは審査に悪影響が出る情報が入っているからであり、信用情報に格納されている情報はそういった情報だけではありません。

例えば過去にローンを借りていて、そのローンを契約通り返済したという記載が入っていれば、その人はしっかり返済ができる人だと評価されることになります。つまりこの場合プラスの評価になる訳です。

したがって、信用情報というのは内容によって悪く作用する場合も有れば良く作用する場合もあるのです。重要なのは金融取引では常に愚直に契約を守り、悪い情報が残らないようにすることです。

信用情報は審査に悪影響があるとは限らない

ここまでの説明を読めば信用情報というのは大変怖いもので、申込者にとっては都合の悪いものだと思えてきますが、実際にはそういうものではありません。

先ほど示した信用情報への格納情報を思い出してください。確かに問題を起こせば、都合の悪い情報になりますが、通常は日々の金融取引情報を淡々と格納しているだけです。

つまり、支払う必要のあるものをしっかり支払っていれば、特に都合の悪い情報が格納されるようなことはないのです。

つまり、大半の人にとっては特に怖がる必要などない情報ばかりが入っていると考えて構わない訳です。

格納情報によっては信用評価が高まることも有る

また情報の内容によっては、審査に不利になるのではなく、審査での評価を高めることも有るのです。

例えばかつてローンを借りていて、その返済が契約通りに行われていれば、その人はしっかり約束を守ったという事になります。

そうすると、新たにカードローンを借りるにしても、やはり約束は守ってもらえると金融機関は考えてくれて、信用評価は高評価になるのです。

つまりこの場合信用情報というのは評価を下げるのではなく、逆に評価を上げる要因になるので、信用情報が利用者にとってはありがたい存在ということになります。

重要なのは愚直に契約を守ること

このように信用情報は良い影響が出る場合もあるし悪い影響が出る場合もあるのですが、重要なのは悪い影響が出るような情報が記載されないようにすることです。

そのためには、ローンを返済するにしても各種の支払いを行うにしても契約内容をよく理解して、契約を愚直に守るという事です。

そうすれば悪い情報が書かれることはありませんし、契約を守ることによって評価を上げることができるわけです。

簡単なことですが、守るためには日々自分のお金というものを管理し、返済や支払いが行えるように注意する必要があるでしょう。

~信用を高めるのは有る程度の頻度で融資を利用することも必要~
カードローンと言うのは信用が上がるとともに利用限度額も高額になっていきます。このため高額の融資を利用したい場合には、カードローンの利用を始めたら、ある程度の頻度で利用して、しっかり返済するという事が必要です。ただし、借り過ぎて返済できなくなってしまっては逆効果ですから、自分の返済能力も考えたうえで有効利用を考えて下さい。

ここで信用情報のカードローン審査への影響について纏めておきます。

  • カードローンの審査では返済能力や信用が評価される
  • 信用情報には過去の金融取引情報が格納されるが評価自体はカードローン毎に行われ金融機関で違いがある
  • 信用情報の内容によってはどの金融機関も融資に応じなくなるブラックという状況に陥る可能性がある
  • 信用情報は審査への悪影響があるばかりではなく情報によっては評価を上げる場合もある

申込者の中には信用情報に情報の無いホワイトと呼ばれる人もおり、若年の場合には問題はありませんが、ある程度以上の年齢でホワイトという場合、何らかの問題ありと疑われることも有るので要注意です。

閉じる
閉じる