自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンには利用限度額がある!信用が大きいほど高額利用が可能

カードローンにはそれぞれ貸出限度額が決まっており、利用者はこの範囲内で、利用できる上限額である利用限度額が決められ、それ以上の借入れはできません。

利用限度額には利用者の年収により、設定できる上限が決まっており、消費者金融の場合には貸金業法の総量規制により年収の3分の1まで、銀行の場合には各行の内部規定により年収の半額か3分の1までです。

ただし、これは上限額であって、実際に設定される利用限度額というのは、審査の中で信用評価によって決定されるもので、当初は利用者と金融機関とのお付き合いが薄いためにあまり高額にはなりません。

ただし、利用を続けて信用が大きくなれば増額も可能です。

カードローンは幾らまで借りられる?限度額が利用者ごとに決められる

カードローンと言うのは、その特徴として、何度でも借りる事が可能で、事実上いくらでも借りることができます。ただし、これには返済が伴っていなければならず、借入残高が一定額を超える事はできません。

各カードローンでは融資できる上限額がそれぞれ決まっており、その上限額を貸出限度額と言っており、最近では大手金融機関になると800万円程度の数字になっているのが普通です。

ただし、利用者皆が800万円まで融資の利用ができるのかというとそんなことはなく、申し込みを行って審査に通過できれば、利用者それぞれには利用限度額という各々の上限額が決められます。

つまり借入残高はこの利用限度額を超えることはできない訳です。

カードローンの特徴は繰り返し借り入れができる事

カードローンは分類的には、利用目的が限定されていませんから、フリーローンの一種という事になりますが、これまでのローンとは全く違う特徴を持っているローンです。

従来型のローンというのは証書貸付と言って、最初に契約した金額の融資が行われて、以後は完済まで返済が続くというものになり、フリーローンという場合でもこのパターンで融資が行われています。

しかし、カードローンというのは融資と返済を繰り返し行う事ができて、適切に返済していれば、トータルで考えれば、いくらでも融資を利用することができるローンです。

もちろんあまりにも融資額が大きくなってしまうと返済が難しくなりますから、融資上限がありますが、この上限というのは、要するにその時点の借入残高がその範囲内であれば良いという意味の上限です。

カードローンの融資上限を決めているのが貸出限度額

ではこの上限はどのようなものなのかと言うと、まず各カードローンにはそのカードローンで融資できる上限額が決まっています。

カードローンの説明資料を見ると800万円とか500万円とか景気の良い数字が記載されていますが、これが貸出限度額と呼ばれるものです。

誰であってもこれを超えるような借入残高になるような融資の利用はできないということです。

利用者が借りられる限度額が利用限度額

ただし、例えば借入残高が800万円になった場合、誰が見てもそう簡単に返せる金額ではないことが分かりますから、金融機関の方でも、だれに対しても、貸出限度額まで融資に応じるわけではありません。

融資される金額というのはこの貸出限度額ではなくて、各利用者ごとに決定される利用限度額までという事になります。

つまりカードローンはトータルではいくらでも融資の利用が可能ですが、各時点での借入残高というのはこの利用限度額以内に収まっていなければなりません。

~貸出限度額は様々~
貸出限度額はカードローン毎に違っており、低額融資だけに絞って50万円と言うものも有れば、非常に高額の融資に対応して1000万円という数字を付けている場合もあるので、事前に調べておきましょう。

利用限度額には上限がある!総量規制とは何か?

ではこの利用限度額は可能性としては貸出限度額まで行くのかと言えば、可能性としてはそうですが、実際にはさらに別の利用者ごとに決まる上限額が有って、利用限度額はそれ以上になることはありません。

この上限は消費者金融の場合貸金業法の総量規制によって決められており、例外はあるものの、年収の3分の1という事になっています。つまり年収が大きければ大きいほど利用限度額の上限も高額になる訳です。

これに対して銀行の場合には、法的な上限はないものの、やはり年収に対してあまりにも高額な融資はできませんから、内部規定で年収の2分の1或は年収の3分の1を上限にしているのが普通です。

【おすすめの記事】

カードローンの総量規制って何?融資の上限は年収により決まっている

利用限度額には利用者ごとに決まる上限がある

ではこの利用限度額はどのように決まるのかという話になりますが、もちろん貸出限度額が上限になりますが、実際にはこの貸出限度額だけが上限というわけではありません。

例えば貸出限度額が800万円という場合、年収300万円の人に貸したら、返済は難しいでしょう。ですから、カードローンの利用限度額を決める際には、各利用者ごとに決まる上限額が有るのです。

つまり、うまくすれば800万円まで借りられると思うかもしれませんが、金融機関はそう甘くはなくて、利用者が返済できる範囲内でなければ融資してはくれません。

消費者金融は貸金業法の総量規制で上限が決まる

例えば消費者金融の場合を考えると、利用限度額の上限というのは法律で規定されています。

これは貸金業法の総量規制と呼ばれる規制で、融資ができるのは原則として年収の3分の1までと規定されています。

このため例えば年収300万円の場合、融資の上限は100万円までという事です。

ただし、これが厳格に適用されると、年収が少なかったり無収入の人は借入れが少額か或は利用できなくなるので、次のような例外規定がつけられています。

  • 専業主婦の場合は配偶者の了解が有れば配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1までは融資が可能
  • 1社あたり50万円まで全社合計で100万円までは年収によらず融資が可能

つまり法的な規制が有っても100万円までは融資される可能性はある訳です。

銀行は内部規定で上限が決まる

次に銀行の場合ですが、銀行は貸金業法は適用されませんから、この総量規制は適用はされません。銀行に適用される銀行法には現在総量規制に当たる規制は有りません。

ですから銀行の場合には、融資する上限は、銀行の判断で決定される事になります。

それなら貸出限度額まで融資が可能なのかと言えば、やはりそんなわけがなくて、銀行もやはり返済のことを考えて、年収に応じた上限額を内部規定によって決めています。

この内部規定というのは各銀行ごとに決めているものですが、融資上限については概ね年収の2分の1か、あるいは3分の1までとなっています。

つまり銀行の場合で言えば、年収300万円の人の場合、150万円まで借入れできる可能性があるという事になります。

~貸金業法とは~
貸金業法というのは、かつてサラリーマン金融が全盛だったころ、高金利で厳しい取り立てが行われ、社会問題化したのを機に、これを取り締まるために制定された法律で、以前はサラ金規制法とも呼ばれました。総量規制はグレーゾーン金利の撤廃とともに直近の改正で盛り込まれた規制で、これらの改定によって消費者金融は大打撃を受け、半数が消え、大手消費者金融も銀行の支援を受ける事になりました。

利用限度額は審査で決定される!信用評価が重要な意味を持つ

利用限度額は、融資の可否の決定と同時に審査中に決定されます。審査では返済能力の評価の他、信用評価が行われますが、利用限度額はこの信用評価によって決まることになります。

信用評価というのは、まず信用情報によって過去の金融取引状況で融資の可否を判断し、さらに利用者と金融機関とのお付き合い状況を判断して利用限度額を決めています。

お付き合いが深くなればなるほど信用の評価は上がり、利用限度額は高額になります。つまりほとんどお付き合いが無い申込当初の信用評価では信用の評価は低くなるため利用限度額は微々たる金額になります。

実際に適用になる利用限度額は審査で決定される

それなら自分は年収600万円あるから200万円の利用限度額が与えられることになると思っている人もいるでしょう。しかし世の中そんなに甘くありません。

この年収の2分の1までとか3分の1までというのは、あくまでその人の融資上限であることを忘れてはいけません。実際に設定される利用限度額というのはこの範囲内で審査によって決定されます。

カードローンの審査は次のような項目で行われています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用評価

これらの確認や評価で、融資の可否が決められますが、融資する場合には、信用評価の中で適用になる利用限度額が決められることになります。

審査での信用評価はどのように行われるのか

では審査での信用評価というのはどのようなことが行われるのかというと、概ね次のようなことが行われています。

  • 信用情報内の過去の金融取引状況の確認
  • 利用者と金融機関とのお付き合い状況の評価

信用情報というのは金融機関間で利用者情報を共有するためのデータベースで、過去の金融取引状況の確認に利用され、ここに問題があれば審査は通りません。

利用限度額に影響するのは利用者と金融機関とのおつきあい状況で、例えば以前何らかのローンを利用して、契約通りに返済していれば信用の評価は高くなります。

銀行なら長期にわたって、定期預金などを行っていれば、それだけでも評価は上がります。

逆に過去のローンの利用で問題があった場合には、信用評価は下がって利用限度額は低くなります。

多くの場合には初めてお付き合いを行うという場合ですから、はっきり言って評価ができず、プラスでもマイナスでもなくて評価はゼロです。

申込当初に決定される利用限度額は微々たるもの

このため申込当初というのは信用できるかどうかというのは評価が難しいため、まずはお試しで少額の利用限度額を設定して、利用してもらおうという事になります。

ですから申込当初に設定される利用限度額というのは、貸出限度額でも年収による制限でもなく、非常に微々たる数字になってしまうのが普通です。

これは融資希望を出したとしても同じで、例えば50万円の希望を出したとしても、10万円程度になってしまう可能性も無いとは言えません。

それが金融機関が見る利用者の評価というものなのです。

~審査では適用金利も決定される~
本文では利用限度額について説明していますが、審査では適用される金利についても利用限度額と同じく信用評価で決められることになります。つまり信用評価が高ければ低い金利で高額の融資が利用できますが、信用評価が低ければ高い金利で低額の融資しか利用できない訳です。

利用限度額は増額してもらう事ができる!信用評価を上げる事が前提

このように当初は低い利用限度額ですが、ずっと低いままというわけではなく、利用を続ける事で徐々に増やしてもらう事が可能で、年収も増えていけば、最終的に貸出限度額まで借りられるかもしれません。

ただし、利用限度額を増額してもらうためには、再度信用評価を行ってもらわなければなりませんから、改めて利用限度額の増額を申し込んで、審査を受けなおさなければなりません。

信用評価を上げるために必要なのは、カードローンの適正な利用を続けることが必要です。借りたお金をしっかり契約通りに返済していけば、金融機関の方も約束を守る人だという事を評価してくれるのです。

利用限度額は徐々に増やしていくもの

それならいくら貸出限度額が高額でも、それは目立たせる道具というだけで、だれもそこまでの融資はできない事になるのではないかと、考える人も多いでしょう。しかしそれは違います。

利用限度額は確かに申込当初は低額になってしまいますが、徐々に増やしてもらうことは可能です。

カードローンも適正な利用を続けていれば、ローンを契約通りに利用できる人だという事で、信用の評価というものは徐々に上がっていくことになります。

そしてある程度上がれば、利用限度額を増額してもらうことも可能になるのです。最初は利用限度額が少額だからと落胆するかもしれませんが、利用限度額というのは徐々に増やしていくものだと考えましょう。

増額は改めて審査を受ける必要がある

ではある程度利用すれば、自動的に利用限度額は上がっていくのかというと、そんなことはありません。時機を見計らって利用限度額増額の申込を行う必要があります。

この申込みを行うと、基本的には申込時と同じ審査が再度行われて、もう一度信用評価が行われることになります。

この信用評価で、信用が上がっていれば、それに見合った利用限度額が与えられる事になる訳です。

ではどの程度の期間が必要なのかというと、概ね6か月程度利用を続けていれば、増額して貰える可能性が高くなると言われています。

ただし、最近では、この期間が長くなる傾向が有って1年程度はかかる金融機関も有るので、増額の申込時期には十分注意してください。

信用評価をどのように上げればよいか

では信用評価はどのように上げていけば良いのかと言えば、適正利用と言っていますが、適正利用というのはある程度の頻度で借りたり返したりを行う事です。

6か月経ったとしても、利用したのが1回か2回というようなことでは、金融機関は信用評価ができません。

また借りたのは良いが、返済が滞っていたというような場合には、信用評価は高まるどころか、低下してしまいます。

要するに契約通りの利用を続けていくことが大変重要という事なのです。

借り入れして返済すればよいからと言って、あまりにも頻繁に借りていたのでは、これも問題視されかねませんから、あくまで自分の生活に合わせて、無理のない範囲で利用できる事を示すようにしてください。
~増額審査では減額になることも有る~
増額審査では増額とはいってもやっていることは評価のやり直しです。したがって評価が高まれば目論見通り利用限度額は増額されますが、評価が下がれば、逆に減額になる可能性も有るのです。例えば利用中に他社からも借り入れしたというようなことが分かると、信用評価が下がってしまうことになり、利用限度額は低下する可能性が高く、こういう場合は増額審査は申込まない方が無難でしょう。

ここでカードローンの利用限度額について纏めておきます。

  • カードローンの利用限度額は利用者ごとに決められる
  • 利用限度額には年収が考慮された上限額がある
  • 実際に利用限度額は上限内で審査によって決定される
  • 利用限度額は信用が高まれば見直しが行われて増額が可能

利用限度額はカードローンでは大変重要ですが、最も重要なのは無駄な借り入れは行わないことです。ですから借り入れを考えた時は、まず借りなくて済ませるにはどうすればよいかを考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる