自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの利用限度額が決まる基準。借入額を増やしたい人へ

カードローンは高額融資が利用できるような宣伝方法の為、過大な期待をする人がいますが、実際には申込時に申告する融資希望額にも足りないような、かなり少額になってしまうのが普通です。

なぜ利用限度額が低くなってしまうのかというと、利用限度額は審査での信用評価を基準に決められる事になる為、これまでその金融機関を利用していなかった人の評価は低く利用限度額も少額になるからです。

このため信用評価を上げるには、お付合いを深めることが重要で、そのためにはその金融機関の金融商品を利用することが必要ですが、カードローンだけでも適正利用を続ければ上げることが可能です。

そして信用が上がれば増額してもらうこともできるのす。

カードローンで設定された利用限度額は低過ぎると思う人は多い!

カードローンを調べてみると限度額として掲げられている金額が800万円とか、時には1000万円とか非常に景気の良い数字になっており、申込者もそういった金額を期待してしまう人もいます。

しかし実際には、申込時に申告する融資希望額も借りられるとは限らず、大きな期待が大きな失望に変わってしまう事がよくあります。

カードローンの融資額というのは利用限度額という上限額が決められ、あとはその範囲内で必要な融資を利用するという事になりますが、この利用限度額は、非常に少額になってしまうのが普通なのです。

カードローンの申込みでは過大な期待を抱く人が多い

カードローンの説明資料を読むと、大変高額な融資額が目に入ってくるため、一見誰でも高額借入れができるように思えてしまい、中には本当に自分でも、高額借入れが可能なように思えてしまう人がいます。

しかし、これらの記載されている高額の融資額というのは、貸出限度額と言って、そのカードローンで融資できる上限を示しているだけで、実際に利用者に融資される金額は利用限度額という上限が設定されます。

この利用限度額は申込み後に行われる審査の中で決定され、通常はなかなか貸出限度額まで借りられるような人はいません。

ですから説明資料の数字だけを見て、過大な期待を抱くのではなくて、調べるときは、しっかり説明全体に目を通す必要があります。

申込時に申告する融資希望額も借りられるとは限らない

それなら実際にはどの程度の利用限度額がもらえるのかという話になりますが、ここでもまだ貸出限度額までは無理でも、その半分程度は大丈夫だろうなどと、おかしな期待を考えている人もいるかもしれません。

そうでなくても、申込時には自分が必要としている融資希望額を申告しますから、少なくともその金額は融資されると考えるのが普通でしょう。

ところがいくら融資希望額を記載したとしても、審査の結果で利用限度額は設定されますから、必要があれば減額されて、妥当な金額が算定されることになるのです。

設定される利用限度額は非常に少額

このように利用限度額というのは、なかなか自分の思い通りの金額になることはありません。

もちろん自分をよく理解して、自分がどの程度まで融資されるか判断して融資希望額を申告すれば、利用限度額もそれに近い数字になる可能性はありますが、なかなか自分を客観的には評価できないものです。

たとえば融資というものをよく理解していない人は、高額の借入れはできないと言っても、貸出限度額800万円の場合であれば、半額程度は大丈夫だろうと考えてしまうものです。

しかし融資というものはそんなに甘くはありません。

最初から百万円単位の利用限度額になるというようなことはまずないのです。

貸出限度額が800万円だとしても、設定される利用限度額は10万円というような事も普通にあることです。

ですから最初は淡い期待を持つかもしれませんが、現実というものを理解する必要があるでしょう。

~貸出限度額は様々~
貸出限度額はカードローン毎に決まっていて、現在では500万円とか800万円などと高額化してきていますが、カードローンの中にはあえて50万円までというように金額を抑えているものもあります。

利用限度額はなぜ低くなるのか?決定の基準は信用の評価!

この利用限度額というのは、融資の可否を決めている審査中に融資するという事になった場合に、信用評価を行ったうえで、妥当と思われる金額を決めており、信用が大きな意味を持っています。

信用の評価というのは、この場合申込者と金融機関間のお付き合いの度合いを基準にして行われることになり、これまでもよくその金融機関を利用していたという場合には評価が高くなることになります。

しかし、カードローンの申込みが初めてのお付き合いという人の場合、信用評価は非常に低くなってしまい、それに基づいて計算される利用限度額も極めて少額に設定されます。

利用限度額はどのように決められるのか

そこで気になってくるのが、審査ではどのように利用限度額が決定されるのかという事でしょう。

利用限度額は先ほど説明したように審査中に決定されます。審査というのは融資するかどうかを決めていると考えている人もいるでしょうが、利用限度額や金利といった融資条件も決めています。

では審査はどのようなことが行われているのかという話になりますが、詳細は各カードローンによって変わってきますが、概ね次のような確認や評価が行われることになります。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

このうち利用限度額の算定に関係してくるのが信用の評価で、算定はこれを基準にして行われ、信用が高ければ高いほど利用限度額は高額化していきます。

信用の評価は何が行われているのか

では信用評価というのは何が行われているのでしょうか。通常信用の評価は次のような項目で行われると言われています。

  • 信用情報の確認
  • 申込者と金融機関間のお付き合いの度合いの評価

信用情報というのは金融機関がそれぞれの利用者情報を共有するために利用するデータベースで、過去の金融取引状況が格納されており、過去に問題のある取引が有れば審査には通りません。

つまり信用情報の確認というのは利用限度額の算定には直接は関係しません。

したがって利用限度額の算定に関係してくるのは申込者と金融機関間のお付き合いの度合いの評価ということになります。

したがって、これまで同じ金融機関を何度も利用して、契約通りの取引を行っていれば信用の評価は高まります。

しかしほとんどお付合いが無かったり、取引きに問題があるというような場合には、信用の評価は低くなってしまいます。

申込時の評価は非常に低くなってしまうのが普通

そこで申込時を考えてみましょう。カードローンというのは、インターネットを使って、多くのものの中から金利が低かったり、自分の条件に合うようなものを選ぶという選び方が普通です。

このため、カードローンの利用が、その金融機関との初めての取引という事も珍しい事ではありません。このためお付合いはゼロから始まるという事になる訳です。

ですから、申込時の信用の評価というものは、非常に低くなってしまうことになります。

信用の評価が低いという事は、算定される利用限度額は非常に少額になってしまうことになり、利用限度額が10万円という事にもつながってしまうのです。

~信用情報とは~
信用情報というのは各金融機関が利用者のローンの利用状況や、各種料金の支払い状況、過去の債務整理の有無等の情報が格納されます。

ここに入っている情報の問題が大きい場合には、どの金融機関も信用評価が低くなってしまうため、どこに行ってもお金が借りられないブラックという状態になることも有ります。

信用評価はどうすれば上がるのか!金融機関とのお付合いを深める

そこで信用評価をどう上げればよいのかという事になりますが、要するに金融機関とのお付き合いを深めればよい訳ですから、様々な場面で同じ金融機関を利用すればよいのです。

もちろんそうそう他のローンなどを借りることはできませんが、カードローンを適正に利用するだけでも評価は徐々に上げっていくことになりますから、少額の中でもうまく利用することを考えましょう。

ただし、適正利用が続けられれば、良いのですが、カードローンというのは、場合によっては返済に行き詰るようなことも無いとは言えず、滞納というようなことになると信用評価は大きく下がるので要注意です。

信用評価を上げるには金融機関とのお付合いが重要

では利用限度額を高額化する為に信用評価を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

最初から上がっていれば、申込時から利用限度額は高くなることが期待できますが、次節で説明するように利用限度額は、利用開始後でも増額してもらうことができます。

ですから、最初は信用評価が低かったとしても、信用評価を上げることは将来の利用限度額増額につながる訳です。

そこで審査を思い出してほしいのですが、利用限度額の算定は信用の評価における申込者と金融機関とのお付合いの度合いで評価されます。

したがって、信用評価を上げるためには、金融機関とのお付合いを密にすることが何よりも重要です。

例えば、将来的にカードローンを利用するかもしれないというのであれば、定期預金を始めるとか、何かの目的で目的別ローンを借りてしっかり返済するというのも良い方法です。

カードローンだけでも適正利用を続ければ評価は上がる

既にカードローンの利用を始めていて利用限度額を増額したいというのであれば、カードローンを利用するだけでも信用評価を上げることも可能です。

カードローンを利用して信用の評価を上げるには、カードローンを契約通りの方法で適正に利用することが必要です。

要するに借りたものは、しっかり返すということが示せれば、信用というものが作られていくわけです。

もちろん、この場合ある程度の頻度で利用しなければ、なかなか信用は大きくなりませんが、借り過ぎると返済が難しくなってしまう可能性もあるので、自分のできる範囲で上手に利用することが大切です。

また信用というと、一般の人は社会的な評価を思い浮かべて、自分は社会的評価が高いから、利用限度額は高額化すると考えてしまう人もいます。

しかし金融機関の考える信用というのは、実際に行われた取引から判断するもので、社会的に評価の高い人とかいう基準は持っていませんから注意してください。

場合によっては信用を損なうので要注意

ただし、先程も触れましたが、利用中に返済が遅延したり、返済できなくなってしまったという場合には、信用を高めるために融資を利用しているつもりが、逆に信用を損なう事になってしまいます。

もし信用を損ねたまま、増額の審査を行った場合には、信用の評価は下がってしまいますから、利用限度額は増額どころか減額されてしまう事になります。

ですから、はやく利用限度額を高額化させたいと考えて、無理をしてでもカードローンを使用しているような場合、下手をすると逆効果になるので、あくまで自分の返済能力の範囲内で利用することが大切です。

~マイバンクを決めておくとよい~
カードローンを利用するかどうかは別にして、金融機関との間で良い関係を作っておくことは、将来的に利用する可能性のある高額ローンの審査でも良い影響を与えます。

そこで社会人になった時には、お付き合いする銀行を決めて、給与の振込口座を作ったり、定期預金をしたり、ローンの利用をしたりするマイバンクというものを作るようにしましょう。

利用限度額には上限がある!信用評価が上がっても上限は超えない

このように信用評価はカードローンを利用しているだけでも上げることができます。そして信用評価が上がれば、利用限度額を見直して増額してもらうこともできるようになるのです。

ただし、そのためには再度審査を受ける必要があります。ただし利用限度額というのは年収の2分の1或は年収の3分の1という上限が設けられているので、信用をいくら上げてもそれ以上には上がりません。

もし高額融資を利用したいという事であれば、それに合わせて自分の年収も増やしていく必要があるので、まずは借入を考えるのでなく、いっぱい働いて稼ぎを増やすことを考えることにしましょう。

利用限度額は増額できる

先程から触れているように利用限度額というものはカードローンを利用開始してからでも、増額してもらうことができます。

そもそも説明資料にあるような高額利用を行うためにはこの増額を何度も繰り返すことによって徐々に上げていくものなのです。

ただし、利用限度額は審査での信用の評価によって決められるものですから、増額してもらう場合も、改めて審査を受けることが必要になります。

この審査を受けるのは増額申し込みというものを行わなければなりません。増額申し込みは先ほど説明したような適正利用を続けて、概ね6か月程度で行う事ができるようになります。

ただし、最近ではこの期間が徐々に長期化する傾向にあって、すでに1年程度利用しなければ増額の申込みができなくなっている場合もあります。

信用評価を上げても利用限度額には年収による上限がある

ただし、徐々に利用限度額を上げていけば、最後は貸出限度額まで上げることができるのかというと、そう簡単ではありません。利用限度額には貸出限度額の他にもう一つ上限があります。

その上限は利用者各々の年収によって決められるもので、次のようになっています。

カードローンの種類 年収による上限
消費者金融のカードローン 原則として年収の3分の1まで
銀行のカードローン 年収の2分の1或は3分の1まで

例外として少額の融資は行われる場合もあるので、詳細についてはホームページ等で確認してください。

高額融資を狙うのであれば年収を増やさなければならない

こういった上限も有るので、貸出限度額まで融資を利用したいという場合には、まず考えなければいけないのは年収を増やすことです。

例えば、貸出限度額が800万円の場合、一部銀行では年収1600万円以上、残りの銀行や消費者金融の場合には2400万円以上の年収が無ければ、800万円の利用限度額にはなりません。

たくさん借りたかったら、まずは稼ぎを上げるしかないという事です。

もちろんそこまで年収が増えれば、そもそもカードローンの利用が必要なのかという話になるのですが、貸出限度額まで借りられるようにするのは容易なことではないという事が分かるでしょう。

~銀行は融資を絞り始めている~
最近になって銀行は融資しすぎて多重債務者を増やしているという批判があり、カードローンの審査は徐々に厳しくなっており、融資を絞り込んでいます。

このため設定される利用限度額の算定も、以前よりも厳しくなっていることが考えられ、これまで以上に高額借入れは難しくなっていくと考えられます。

ここでカードローンの利用限度額の算定基準について纏めておきます。

  • カードローンで最初に設定される利用限度額は大変少額になる
  • 利用限度額の決定基準は審査での信用の評価
  • 信用の評価を高めるには金融機関とのお付合いを深める事が必要
  • 利用限度額には年収による上限がありそれ以上には上がらない

カードローンは利用限度額も重要ですが、適用になる金利も重要で、他のローンよりも高いのが普通ですから、利用目的によってはもっと金利の低いローンでお得な利用を考えましょう。

閉じる
閉じる