自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンを闇金で借りた末路は悲惨!安易に申込む危険性

カードローンはそう大きなローンではありませんが、審査通過は簡単ではなく申込者の半数も通っていません。このため、お金が必要だがカードローンの利用ができないという人も珍しい話ではありません。

しかしそれでは困るという人も多く、そういう人に対して融資を行っている非正規の闇金と呼ばれる金融業者が有ります。

もちろん普通に判断できれば利用しませんが、お金に困ると正常な判断ができず利用してしまう人がいます。

闇金は高金利で厳しい取り立てが行われると考えている人が多いですが、最近では取り締まりが厳しくなり、手口は巧妙化してきています。

このため一見優しく接しているにもかかわらず、ずっと返済が続くような罠にかかってしまう事も有るのです。

カードローンの審査通過はそう簡単ではない!借りられない場合もある

カードローンは通常そう高額の借入れはできませんから審査は他の大型ローンに比べればそれほど厳しいとは言えません。しかし審査が無い訳ではなく、返済能力や信用が評価される事になります。

審査に通りやすいとは言っても、実際に公表されている審査通過率を見ると、半数以上は否決になっており、やはりお金を管理るのはそう簡単ではないことが分かります。

このため申込者数は増えてきてはいますが、そのうちの多くは借りる事ができず、どうしても借入れが必要という人でも、実際に借入れができるという保証はなく借りられなくて困る人も出て来ます。

カードローンの審査では何が行われているのか

カードローンは審査に通過して初めて利用できるようになります。このためカードローンの申込者は、まず審査に通過できるかどうかに気をもむ人が多い訳です。

では審査ではどのようなことが行われているのかというと、詳細はカードローンごとに用意されている審査基準によって決まるので、それぞれ違いますが、概ね次のような確認や評価が行われています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

審査というのは、申込者が借りたお金を返済できるのかどうかを金融機関が判断するために行っているものです。

ですから、これらの項目を見ると、本人以外に貸してしまったりしないように、また返済能力や信用がない人には貸さないようにするという目的があることが分かります。

審査の通過率はそれほど高い訳ではない

ではこの審査はどの程度の人が通過しているのかというのが気になると思います。

これは審査通過率という数字で見ることができますが、この審査通過率を公表しているのは大手消費者金融しかありません。

この大手消費者金融の審査通過率を見ると、申込んで審査に通過する人というのは、申込者の40%台ということになっているので、半数以上は審査に通過できていないことが分かります。

意外に厳しいようですが、銀行の場合には、大手消費者金融よりも金利が低いですから、審査の難易度はさらに高いと考えられるため、審査通過率はさらに低いと考えられます。

つまりテレビのコマーシャルなどを見ていると誰でも借りられそうに感じますが、実際には、かなりカードローンの審査通過は厳しいということです。

申込者の中には借りたくても借りられない人も多い

カードローンの申込者というのは、遊びのために申込みを行う人もいますが、利用目的は人それぞれで、中には借入れできなければ、生活していけないような切羽詰まってしまっている人もいます。

しかしこのようにどうしても必要という人の場合でも、先程示したような審査通過率ですから、実際に必要なお金を借りられる人は限られてきます。

ですから、申込んだけれども借りられなかった人というのは、借入れを諦めて、別の方法を考えるか、もっと審査の難易度が低い業者を探して、借りることを考えなければならなくなります。

~審査についての口コミ情報は参考になるか~
カードローンを選ぶ際に審査を気にする人が利用するのが、ネット上にある審査の難易度についての口コミ情報です。

しかし口コミ情報というのは、実際の体験談であっても他人の体験であって、カードローンを申込む人の状況というのはそれぞれ違いますから、他人の体験が自分にも当てはまる保証はありません。

ですからそういった情報は参考程度にして、それだけをもとにカードローンを選ぶというようなことは止めましょう。

金融業者には闇金というものがある!困った時は闇金なら借りられる?

それでもやはり審査に落ちてしまった場合には、借入れを断念して、他の方法を模索するのが普通ですが、それでは困った状況から抜け出せなくなる人も多く、追い詰められてしまうこともないとは言えません。

こういったどうしても借入れが必要だけれども借りられないという人を狙って融資という罠を張っているのがいわゆる闇金と呼ばれる非正規の金融業者で、表には出てきませんが街中にはたくさんあります。

もちろん、正常な判断能力を持っていれば、決して闇金の利用などは考えないものですが、追い詰められた状況になると、そういった判断能力が鈍ってしまって、闇金を利用してしまう人もいるのです。

正規の金融機関から借りられない人の中には大変困る人もいる

こういった背景が有り、銀行よりも審査の難易度が低いと言われる大手消費者金融のカードローンの審査に通らなかった人が次に借入れの申込みをするのが中小消費者金融のキャッシングローンです。

もちろんこういったローンはカードローンではありませんから、使い勝手は悪くなりますが、大手消費者金融のカードローンよりも審査は緩く、利用できる人は増えます。

しかし、利用者の中にはそういった中小消費者金融の審査でも通過できないという人も少なくはなく、どうしても必要という場合には、大変困ってしまう人もいるのです。

困っている人を狙って融資する闇金と言われる金融業者がある

こういった人は、要するに先程説明した審査項目の中に問題があり、金融業者側が返済してもらえない可能性があると判断するために貸してもらえない訳です。

しかし、中小の消費者金融の審査にも通らないという人に対しても、お金を貸しましょうという金融業者があります。

しかもこういった業者は審査も実質的にないのと同じで、殆ど誰にでも貸してくれます。

そんな良い金融業者があるのかという人もいるでしょうが、こういった業者は、金融業者としての登録をせず、もぐりで金融業を営んでいる非正規業者です。

もっと知られた言葉で言えば、いわゆる闇金と呼ばれる業者です。

業者登録をしている正規業者の場合なぜ貸さないのかと言えば、貸したお金の回収ができないと判断したからです。

闇金でもこの判断は変わらないのですが、こういった業者はそれでも回収する自信があるから貸すわけです。要するにどんな手段を使っても回収する訳です。それがいかに怖いことかは分かるはずです。

お金に困ってくると正常な判断ができず闇金を利用してしまう人かいる

闇金というのはドラマや映画で描かれてその怖さは誰でも知っていると思いますが、実際にはそんなものではなく更に怖い業者だと言われます。

このため、こういった業者を利用したらどうなるのかということはだれでも良く分かっていて、正常な判断ができれば、絶対に利用しようなどとは考えません。

しかしお金に困っている人というのは、そういった正常な判断ができなくなってしまっていて、借りてはいけない業者だと分かっているにもかかわらず、手を出してしまう人がいるのです。

借りたのはいいけれども、返済ができず、ひどい取り立てを受けるといったことは、何もフィクションの世界だけではないのです。

~中小業者がすべて闇金というわけではない~
闇金というのは街中に溶け込んで、中小の正規業者と区別をつけるのは外見上は難しくなっています。

しかしそうかといって中小の金融業者が全て闇金というわけではなく、堅実な業者もいっぱいあるので、中小業者だからと言って色眼鏡で見るのは止めましょう。

闇金から借入れしたらどうなるのか?闇金は絶対に利用してはいけない

では闇金というのはどういった業者なのでしょうか。イメージとしては高金利で厳しい取り立てを行っているような業者を思い浮かべますが、最近では規制が厳しく手口は徐々に巧妙化してきています。

こういった巧妙化して手口に掛かってしまうと、一見親身に接してくれているようで、実は何時までも元金が減らず、ずっと返済が続いていくような形のされてしまっていたりするのです。

ですから、大手では借入ができず中小の金融業者から借入をしようという場合には、必ずその業者が闇金ではないか確認しておく事が重要です。安易に考えていると気付いた時は罠にはまっている事も有るのです。

闇金の手口は巧妙化してきている

ただし、最近では貸金業法などの法律の整備が進んでいて、取り締まりが厳しくなっており、闇金の方も以前のような高金利で厳しい取り立てを行っていたのでは、たちまち摘発されてしまいます。

このため、闇金側もそういったことをしていたのでは、自分の首が閉まってしまうということが分かっているので、やり方は刻々と巧妙化が進んでいます。闇金側も知恵を絞らなければ生き残れない時代なのです。

ですから、闇金に行っても、外見上は法定内の金利が提示されていますから、そんなに危険な業者には見えず、お金に困っている人は、融資すると言われてしまうと、ついつい借入れしてしまう事になるのです。

何時まで経っても返済が終わらないような罠もある

そこでよくある闇金の手口を一つ紹介しておきましょう。

まずはお金を借ります。しかしお金に困っているわけですから、途中で返済に行き詰ってしまう人も多い訳です。

闇金であっても契約通りの条件で返済が行われれば特に問題になるようなことは通常ないのですが、返済できなくなるような人が利用しているところに問題があります。

返済ができなくなれば、以前の闇金であれば、怖いお兄さんがやってきて取り立てを行っていた訳ですが、最近では優しそうなお兄さんが来て、別の金融業者を紹介するから利息分を借りて払ってくれと言います。

つまり利息分だけ払えば返済は待ちましょうということです。しかし利息だけを支払うわけですから、元金は減らず、翌月も同じ利息を支払わなければならないことになります。

しかも別業者からの借入れが増えますから、こちらも返済しなければなりません。

翌月以降も返済できなければ同じことが繰り返され、借入れだけが増えていって、元金は減らず、いつまで経っても返済が続くと言う状況に陥ってしまうのです。

こうして闇金側は、高額の収入というわけではありませんが、半永久的な収入源を得る訳です。

しかし利用者の方はたまったものではありません、払っても払っても、返済は終わらないのです。

闇金を利用しないように申込みの前に業者を調べよう

このように闇金とお付き合いをしたらろくなことにはなりません。

したがってどんなにお金に困っていても、闇金からお金を借りるようなことをしてはいけません。

しかし、先程説明したように中小業者の中から闇金を見分けるのは難しいので、知らないうちに使ってしまうかもしれません。

そこで利用したいのが金融業者の登録情報です。登録情報は金融庁のホームページで検索できるようになっているので、誰でも利用できます。

この検索機能を使って、利用を考える業者を検索してみましょう。検索に掛からなければその業者は闇金です。

ただし闇金は実際にある業者を装っている場合も有るので、検索で表示されている次のような情報すべてが業者の提示している情報と一致するかを確認しましょう。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 所在地
  • 電話番号

電話番号だけ変えている業者もあるので十分注意して確認してください。

~闇金の取り立てに恐怖を感じたら警察に通報!~
闇金の中には、高金利で厳しい取り立てをするような昔ながらのやり方を行っているところもまだあります。

そこでそういった取り立てを受けている場合には、証拠を残して警察に行きましょう。場合によっては元金も含めて返済の必要がなくなる可能性もあります。

正規業者から借りられない時の対処とは?公的な貸し付けもある!

では正規業者から借りられない場合どうすれば良いのでしょうか。闇金から借りないまでも、自暴自棄に陥ってしまう人も中にはいて、さらに状況を悪くすることに繋がる場合もあります。

そういう場合には、まずは借りなくて済ませることはできないのか、もう一度検討してみる事から始めてみましょう。

借りなくて済めばそれに越したいことはありませんし、借入れを少額にできれば先が開ける可能性もあります。

それでも借入れしなければならないのであれば、もはや民間の金融機関からの借入れは難しいでしょうから、公的な貸付制度を調べてみることも一つの方法です。民間より好条件で利用できる可能性もあります。

正規業者から借りられない時も自暴自棄になってはいけない

このように貸してくれるのは闇金だけという状況になってしまった場合には、お金に困って自暴自棄に陥ってしまう人も珍しいことではありません。

しかし、自暴自棄になったところで状況は改善しませんし、そんなことでは周囲にも大きな迷惑をかけることになってしまうので、そういう時こそ、しっかりした意思をもって、前を見なければなりません。

以前はカードローンに代表されるような無担保融資は有りませんでしたから、お金に困って借りようと考えても借りられないというようなことは珍しいことではありませんでした。

このため人々はこういう場合には様々な知恵を絞って、難局を切り抜けることを考えたのです。

昔の人にできて今の人にできない訳はありません。落ち着いて知恵を巡らせる時なのです。

まずは借りなくて済ませる方法はないかを考える

そこでまず最初に考えるべきなのが、借りなくて済ませることはできないのかということです。何にお金が必要なのかも関係してきますが、そもそも借りてまで必要なお金なのかをもう一度考えてみましょう。

これは自分だけで考えるのではなくて、誰か家族にも相談して一緒に考えてもらいましょう。自分では必要なお金だと思っても別の人から見れば全く必要ではないお金に見えるかもしれません。

どうしても必要なお金ということであれば、生活費の遣り繰りで借入れが回避できないかを計算してみましょう。

ただし、生活費の補填のためにどうしても必要という場合には、お金を借りることを考えるのではなくて、まずは生活レベルの見直しをして下さい。生活の基本は自分の収入内で行うことです。

一度レベルが上がってしまうとなかなか下げられず、お金を借りて維持するようになりますが、それでは負債が積み重なっていくだけです。生活レベルは柔軟に見直していくべきものなのです。

どうしてもお金が必要であれば公的融資の利用を考えよう

いろいろと考えてみたが、、やはりお金がどうしても必要という場合は借入れを考えなければなりませんが、その場合、もう民間での借入れは難しいと考えなければなりません。

こういう場合も諦める必要はありません。民間が厳しいなら公的な貸付制度を利用することを考えましょう。

例えば生活福祉資金貸付制度というものがあり、条件次第で無利息あるいは非常に低金利で貸し付けを利用することができます。

また事業を営んでいる場合には、日本政策金融公庫には様々な融資制度が取り揃えられています。

まずはそういった貸付制度について調べ、必要なら実際に窓口に行って相談してみましょう。

またもし病気などで仕事ができず、返済の見込みが立たないというのであれば、融資や貸付制度ではなくて生活保護の利用も考えなければなりません。

これ等は闇金を利用するよりも、ずっと有利で安心して利用できますから、もう借り入れできず闇金を利用するしかないと考えるのであれば、こういった公的な制度の利用を考えましょう。
~普段から自分のお金の管理をしておこう~
本文では遣り繰りを考えなさいと言っていますが、的確に遣り繰りを考える場合には、自分が何にお金を使っているのかしっかり把握しておかなければなりません。

そのためには普段から自分のお金を管理している必要がありるため、今日からでも、何にお金を使ったのか、正確に記録に残しましょう。

ここでカードローンが借りられない時の闇金利用について纏めておきます。

  • カードローンの審査はそう簡単には通過できない
  • 正規業者から借入れができない人でも闇金なら融資の利用ができる
  • 闇金の手口は巧妙化しておりいつまでも返済が続くことも有る
  • 民間の正規業者から借りられない時は公的貸付制度も用意されている

闇金の背後には暴力団のような裏組織があり、いくら優しそうな人が出てきても、安心してはいけません。最も良いのは接触を持たないことです。十分注意してください。

閉じる
閉じる