自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは家族にばれない?隠す事で漂う不信感の解消法

カードローンを利用したいが家族にはばれないようにしたいという人は少なくありません。

最もばれる可能性が高いのは申込時で、金融機関から電話がかかる可能性等があり、それへの対策を考えなければなりません。

また利用開始後も金融機関側から利用明細書などが郵送されてくるため、家族にばれないようにするためには、この郵送物を停止できるようなカードローンを選んで必要な手続きをしておくことが必要です。

ただしこういった対策を行っていたとしても、返済が滞ってしまったような場合には、督促状の送付や回収担当からの接触が行われるので、回避のしようがありません。

本来はばれるのを恐れるのではなく、最初から情報を共有して困った時には相談できるようにしておくべきでしょう。

カードローンの利用がばれないようにするには?申込時が最も危険!

カードローンを利用しようという場合、家族に内緒にしておきたいという人は多いのですが、ばれないようにするには何が必要なのかはよく考えなければなりません。

最もばれる可能性が高いと考えられるのは、申込みから契約までの間で、この間は金融機関側とのやりとりが有る為に、家族が不審に思うこともないとは言えません。

申込時の連絡としては様々な電話連絡の他、審査の結果連絡、さらに郵送されるローンカードの受け取りなどが考えられます。

ばれないようにするためには、これら一つ一つについて、どうすれば家族に気付かれないようにできるか対策を検討しなければなりません。

カードローンの利用が家族にばれる契機になるのはいつ?

カードローンの利用者の多くは、カードローンを利用していることを家族に内緒にしておきたいと考えているという調査結果があります。

そこでどうしたらばれないでカードローンを利用することができるのかを考えてみましょう。

そのためにまず必要になるのが、どういった契機で家族にばれてしまう事になるのかを考えることです。

これを考える場合次の3点に分けて考えると分かりやすく整理できます。

  • 申込時
  • 利用時
  • 異常発生時

ばれない為には、これ等それぞれのケースでばれる可能性のある事項を整理して、それぞれどのような対策ができるのかを考えることが必要です。

抜けがあるとそこからばれてしまうので十分注意しなければなりません。

もっとも可能性が高いのは申込時

ばれる可能性を考えた場合、自分から言い出さない限り、ばれる原因になるのは、金融機関側からの接触が有った時ということになります。

そういう意味で最も可能性が高いのが申込みから契約を経てローンカード受取りまでの申込時と言えるでしょう。

申込時にばれる契機として考えられるのが次の時点です。

  • 申込確認電話
  • 在席(在宅)確認電話
  • 審査結果の連絡(メール、電話、ハガキ)
  • 必要書類連絡電話
  • 契約関連書類の受取
  • ローンカード受取

申込確認電話は全てのカードローンにある訳ではありませんが、申込みを行った後、本当に申込んでいるのかを確認するための電話で、申込時に記載する連絡先電話に対して行われます。

在席(在宅)確認電話は審査中に本人確認の一環で行われる電話で、会社員であれば職場の電話に対して行われますが、自宅で事業を行っている場合には、自宅の電話に対して行われます。

審査結果は、最近では多くのカードローンでメール等のネット利用で確認できるようになっていますが、電話連絡の場合もあります。またカードローンによってはハガキで行われることも有ります。

電話連絡の場合には連絡先電話に対して行われます。

また審査が仮審査と本審査に分かれている場合、仮審査後に本審査での必要書類の連絡のための電話がかかることがあります。この連絡も連絡先電話に対して行われます。

審査通過後は、最近では一部のカードローンがネット上での契約を可能にしていますが、書類を取り交わすものも多く、そういう場合契約関係書類が郵送されてくることになります。

そして最後にローンカードが郵送されます。

そこで、必要になるのが、自分が申込もうとしているカードローンでは、これ等の内どのような接触があるのか、予め調べておく必要があります。

どのように対策すればよいのか?

申込時に接触のある契機が分かりましたから、この契機からどのようにして家族にばれるのを防ぐかを考える事になります。

まずこれらのうち、連絡先電話に連絡が行われるものについては、申込時に自宅の固定電話ではなく、自分の携帯電話の番号を記載することで、自宅の固定電話からばれる事を防ぐことができます。

次に在宅確認が行われる場合は、自宅の固定電話に電話がかかりますから、申込みを行なったら、電話はできるだけ自分で出るようにしてください。

ただし、家族が出てしまったても、この電話では消費者金融の場合には消費者金融名は名乗らず、担当者の個人名で掛かりますし、銀行の場合には、やはり個人名か銀行名になるのでばれる可能性は低いでしょう。

どうしても心配という場合には、在席(在宅)確認を行わないというカードローンも少数ながらあるのでそういったカードローンの利用を考えましょう。

書類の郵送については、家族に気付かれないようにするかあるいは、契約などがネット上で可能になっているカードローンを選べば、家族は気付きません。

最後にローンカードの受け取りですが、そのまま送られては簡易書留などで行われるので、家族の関心を誘ってしまいます。

そこでローンカードの受け取りを自動契約機で行える場合があるので、それを利用すれば郵送は避けることができます。

~在席(在宅)確認では何が聞かれるのか~
在席(在宅)確認は実際にそこに在席(在宅)しているかを確認するもので、その際に簡単な質問が行われます。

こう話すと質問に答えられない時のことを心配する人がいますが、生年月日など本人であれば回答できないような質問はしませんから安心してください。

利用開始後も安心はできない!利用明細書の送付は停止しよう

利用開始後はばれる可能性は減りますが、完全になくなってしまうわけではありません。契約してしまえば電話での接触はありませんが、郵送物があるので、これには十分注意する必要があります。

特に郵送物として注意が必要なのは、定期的に送られてくる利用明細書です。家族も何度も送られてくれば興味を抱くことは間違いありません。

そこでカードローンを選ぶ際には、この利用明細書の送付を停止できるものを選び、利用開始時に必要な手続きをしておきましょう。

ただし、自分がどのくらい利用しているのか分からなくなってしまってはいけませんから、利用明細書の送付を止めたら、必ず月に1回はネット上から自分の利用状況を確認しておくようにして下さい。

利用開始後は郵送物に注意

家族にばれてしまう契機は申込が終わって利用開始後は極端に減りますが、それでも利用開始後も、家族が気にするような契機が無いとは言えません。

通常の利用方法で利用している場合、電話連絡というのはまずありませんから、その点は安心して構わないのですが、郵送物については注意が必要です。

カードローンの利用開始後に考えられる郵送物には次のようなものがあります。

  • 利用明細書
  • ダイレクトメール

ダイレクトメールは不定期ですし、その他にもいろいろと来るでしょうから、あまり気にする必要はないでしょう。

しかし、利用明細書はそうはいきません。利用明細書は毎月送られてくる為、最初は気にしなかったとしても毎月送られてくれば家族の方も関心を持つ可能性が出て来る筈で、そこからばれる可能性があります。

利用明細書は停止できるところが増えている

ただし、この利用明細というのは、最近ではインターネットの発達で大手金融機関であれば、インターネット上から確認できるようになっています。

そこで、これを利用すれば、利用明細書を送ってもらわなくても自分の利用状況は確認できます。

このためカードローンによっては、利用明細書が必要無い場合、送付を停止できたり、ネット経由で確認することが前提で、最初から利用明細書の送付を行っていないものもあります。

そこで、家族にばれたくない場合には、このような利用明細書の送付を止めてしまえるカードローンを選べばばれる心配はないことになります。

ただし、多くのカードローンの場合には、利用明細書の送付の停止には、そのための手続きが必要ですから、契約と同時にこの手続きを行っておくことを忘れない様にして下さい。

利用明細書を停止したら定期的に利用状況の確認が必要

ただし、利用明細書が来なくなると、利用状況はネット経由でなければ確認できなくなります。

しかし、利用明細書が送られて来なければ、自分の利用状況を確認しない人も多く、安易に借入れを繰り返して、気付かず高額利用をしてしまう可能性もあります。

そこで、利用明細書の送付を停止した場合には、必ず月に1回は自分の利用状況を確認するようにしてください。

それができないのであれば、利用明細の送付は停止しない方が無難です。

~借り過ぎには十分注意しなければならない~
最近のカードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式を採用しているところが多く、借入残高が高額になると月々の返済額も高額化していきます。

したがって安易に借入れを繰り返して、借り過ぎてしまうと返済が苦しくなる可能性があるので、十分注意しなければなりません。

返済を滞納してはいけない!家族にばれるのは時間の問題

正常な利用を続けていれば、ここまでの対策でばれるのを防ぐことができますが、異常な利用をしてしまうとばれる可能性が出てきます。

異常というのは要するに返済が滞った場合で、こういったことがあれば、利用明細書を停止していても、督促状が郵送されてきます。すぐに支払えば、隠しておける可能性はありますが、ばれるかもしれません。

督促状が送付されても入金しなければ、次は回収担当から電話連絡或は訪問を受ける事になります。返済が遅れれば送れるほど、連絡が取られる回数も増えてくるので、家族も不審に思うでしょう。

ここまでくれば、もう家族にばれるのは避けられず時間の問題で家族に知られてしまう事になるでしょう。

返済日に返済できなければ督促状が送られてくる

ここまではいわば正常利用時にばれないようにするための対策を考えてきたわけですが、カードローンのは常に正常利用が行われるわけではありません。

要するに異常事態が発生することも有るのです。カードローンで異常事態というのは、要するに返済ができなくなった時です。これには返済を忘れた時も含みます。

もし返済日に返済が行われなければ、金融機関は督促状を送ってきます。この督促状は利用明細書を停止していたとしても送られてきますから、返済日を忘れたとしても家族の目に入ってしまいます。

場合によっては回収担当から電話が入る

幸いにして督促状を隠すことができても、すぐに入金しなければ、次は回収担当から電話が入るようになります。

もちろんこれは連絡先電話に行われますが、連絡先電話を自分の携帯電話にしていたとしても、連絡が取れなければ自宅の電話にかかる事もあります。

さらに、それでも支払いに応じなければ、場合によっては回収担当が訪問してくることも有ります。

最終的には催告書が送られてくることになり、それも放っておくと法的手続きを経て差し押さえなどが行われることになります。

すぐに返済できなければ家族にばれるのは時間の問題

このように異常事態になって、返済できなければ、徐々に問題は大きくなっていきます。

そうなるともはや家族に隠しておくことも難しくなり、隠していたとしても家族にバレてしまうのは時間の問題と言えるでしょう。

ですから返済できないと思ったらもう隠しておくのは無理と考えたほうが無難です。

なるべく早く家族に相談して、善後策を協議した方が、問題を大きくせずに済むのではないかと考えます。

もちろん家族からは大きな非難を受けると思いますが、それは自分の責任ですから、甘んじて受ける必要があります。この時点に至ったら、隠せば隠すほど状況は悪くなると考えてください。
~自分の返済能力を把握しておこう~
返済できなくならないようにするためには、自分の返済能力を的確に把握する必要があります。

生活に影響が出ないように返済を続けるためには、月々の収入から支出を差し引いて収支を計算し、この収支の中で返済できる範囲で借入れすることが必要です。

カードローンを利用する前にこの計算を行って自分の返済能力を把握しておきましょう。

最初から情報共有しておくべき!困った時に助けてくれるのは家族

このように返済できなくなることはそう多くはありませんが、可能性としては誰にでも起こりうることで、それへの備えもしておかなければならないのです。

そのような困った時というのは最近では周囲と深いお付き合いはしませんから、家族以外に助けを求めるのは難しいでしょう。

しかし家族に内緒にしていたのでは、相談したくても相談できず一人で対応しなければなりません。

このため、こういったことも考えた場合、家族に内緒にしておくのではなく、カードローンの申込みを考えた時点で予め家族に相談して情報を共有しておくことが必要です。

内証にしておくよりもずっとストレスは感じないはずです。

誰でも返済ができなくなる可能性がある

このように返済できなくなるとまず家族には隠しておくことはできません。

しかし、そんな事はそうそう有ることではないと考える人も多く、自分はそんな状況にはならないと思ってしまいます。

しかしカードローンと言うのは借りたり返したりを繰り返すことができ、非常に長期にわたって利用を続けるものです。

このため、現在は異常事態にはならないと考えていたとしても、先々もそうである保証など全くないのです。

誰であっても将来返済が厳しくなるような事態に陥る可能性があるのです。

カードローンを利用する場合には、そういった想定で申込みを行うべきなのです。

困った時に助けてくれるのは家族以外にいない

もし自分には返済が厳しいということになった場合、その状況を打開するためには、他から借りて返済するという方法しかありません。

しかし借金の返済のために、さらに別の借金をするというのは、多重債務者まっしぐらということになるので、決してお勧めできることではありません。

そこで頼れる存在になるのが家族ということになります。

以前は地域での助け合い精神が働いて、その地域の有力者などが相談に乗ってくれたりした時代もありましたが、現在ではそういったことは全く有りません。

ですからこういった異常事態の時に助けてくれるのは家族だけなのです。

家族には予め相談して情報を共有しておくべき

したがって、カードローンを借りようと思った時は家族に内緒にしておくのは決して得策とは言えません。

カードローンを申込むということは、お金が必要ということです。そういった話は予め家族に相談して、情報を共有しておくべきです。

もちろん、家族は借金には反対するはずです。そういった時はまず家族の話に耳を傾けましょう。家族には人生経験の長い人もいるでしょう。そういった人の話は大変参考になります。

その話をよく考えて、なおお金が必要というのであれば、もう一度家族にお金の必要性を説明してみましょう。

同意が得られないのであれば、その借りようとするお金は必要のないもののはずです。どうしても必要というお金であれば家族も納得するでしょう。

説得できないようなお金なら借りるべきではないのです。

~まず借りないことを考えよう~
借金というのは返済しなければなりませんが、返済時には利息を支払う必要があります。要するにその分は損失なのです。

ですからカードローンでお金を借りようという場合には、まず借りなくて済ませる方法はないかを考えるようにしましょう。借りないのがもっとも有利なのです。

ここで家族にばれないようなカードローンの利用について纏めておきます。

  • カードローンの利用がばれる可能性が最も高いのは申込時
  • 利用開始後も利用明細が送られてくるので送付は停止すべき
  • 返済が行われなければ業者側から様々な接触があり隠しておくのは難しい
  • 困った時助けてくれるのは家族だけのため最初から情報共有しておくべき

もし生活を維持するためにカードローンを利用するという場合には、まずは自分の収入の範囲内で生活できることを目指しましょう。また家族にも説明して節約などの協力を仰ぐべきでしょう。

閉じる
閉じる