自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンのデメリット。借り易さが仇になることもある?

何事も同じですがカードローンにはメリットがあればデメリットもあり、カードローンの利用を考えるときは他のローンとも比較して、メリットとデメリットを理解して、利用を考えましょう。

カードローンの最大のデメリットは借り易いという事で、通常ATMからカードで引き出しますが、これが利用を続けていると自分のお金という感覚に陥り、使い過ぎてしまう原因になるのです。

また、カードローンは何にでも利用できて申込みも簡単ですが、目的別ローンなどに比べると金利が高めで、高額の利用をした場合、返済期間も長くなる為、その間掛かってくる利息が高額化する問題があります。

これらのデメリットをよく考えて利用しましょう。

カードローンのデメリットとは?メリットと合わせて理解しておこう

ローンには様々なものがありますが、カードローンと言うのは何度でも借りたり返したりを繰り返すことができるという点で、他のローンとは一線を画す、新しいタイプのローンと言えるでしょう。

もちろん新しいタイプですから、これまでのローンとは違ったメリットやデメリットがあり、メリットとしては一度申し込んでおけなば簡単にいつでも借りられる点などを挙げることができます。

しかし、メリットがあればデメリットもあり、この借り易さが逆に借り過ぎを招くというデメリットになります。

また他のローンに比べて金利が高いこと、カードローンの利用が他のローンの審査に影響することなどをデメリットとして挙げることができます。

ローンの中のカードローンの位置付け

ローンには様々なものがあります。よく利用されるものと言えば、住宅ローンや自動車ローン、教育ローン等がありますが、最近ではこれに加えてカードローンの利用者が急増しています。

従来からローンと言うのは何かの目的があってそれにしか利用できない目的別ローンと何にでも利用できるフリーローンに分類され、そういう分類方法で行けばカードローンはフリーローンです。

しかしカードローンというのはローンの中では独特に位置付けにあります。

従来型のローンの場合融資は最初の1回で、あとは完済まで返済を続ける証書貸付という融資方法になっています。

しかしカードローンは上限枠が決められていて、その中で借りたり返したりを続けることができ、適正に返済が行われていれば、何度でも融資の利用ができ、幾らでも借りられることになります。

こういう点でカードローンは大変独特な訳です。

カードローンのメリット

このような独特なローンですから、カードローンには他のローンとは違ったメリットやデメリットがあります。

まずカードローンには次のようなメリットがあると考えらています。

  • 比較的申込みが簡単で即日融資にも対応していて借り易い
  • 担保や保証人が必要ない
  • 返済を行っていれば何度でも融資が利用できる

最近では他のローンでも担保や保証人を用意しなくても利用できるようになってきましたが、その先駆けはカードローンでそれまで担保や保証人が用意できず困っていた人も利用できるようになりました。

【関連記事】

カードローンの審査は主に保証会社が行う!銀行と保証会社の関係

カードローンのデメリット

このようにカードローンは大変使いやすいローンに見えますが、メリットが有ればデメリットも有るのです。

カードローンのデメリットとしては次のようなものが挙げられます。

  • 借り易いために借り過ぎてしまう事がある
  • 目的別ローンに比べて金利が高い
  • カードローンの利用が高額ローンの審査に影響する

そこで次節以降で、これらのデメリットについて説明していくことにします。

~デメリットを考えるときは自分の性格も含めて考えたほうが良い~
デメリットには一般的に言えるものと、自分にとってデメリットになることがあります。例えば自分の性格的問題で、お金に対する考え方がルーズな人というのは借りること自体に問題意識がなく、借り過ぎてしまう事もよくあります。このためデメリットを考えるときは、自分の性格も加味して、何が問題になるかを考えることが必要です。

借り易さがなぜデメリットなの?借りたお金が自分のお金に見えてくる

カードローンの利用方法というのは、最近では振込によるものも利用者が増えていますが、通常はローンカードを使ってATMから融資を引き出すということになります。

しかしこれはキャッシュカードで自分の預金を引き出すのと、まったく同じ手順の為、何度か利用しているうちに、自分のお金なのか借り入れなのかが曖昧に感じるようになってしまいます。

これにさらに借り易さが影響して、何度も借りているうちに借金の感覚がなくなり、ついつい借り過ぎてしまい、気づいた時には大きな負債を抱えているというようなことになる場合も有るのです。

カードローンの利用方法

借り易さがなぜ使い過ぎにつながってデメリットになってしまうのか、順を追って説明していきます。

まずカードローンの利用方法を考えてみましょう。カードローンは次の2つの方法のどちらかで融資を受けるのが普通です。

  • ATMからローンカードを使って融資を引き出す
  • 振込依頼をして利用者の口座に振り込んでもらう

最近では後者の振込依頼の利用者も増えてきていますが、やはりカードローンと言う名前から考えても、ATMから引出して利用する人の方が圧倒的に多くなっています。

ATMから引き出していると自分のお金に思えてくる

このATMから引き出す方法をよく考えてみると、自分の普通預金口座からキャッシュカードを使って預金を引き出す方法と全く同じです。

カードローンが借り易いというのは審査に通って契約してしまえば、あとは何ら手続きせずに、ATMから引き出せるからで、これは新しい借り方を覚える必要もないからです。

このような訳で、最初は自分のお金と借入れを区別しているにしても、何度も借りていると、自分のお金なのか、借入れしたお金なのか区別できない訳ではないが、区別しなくなってしまう場合があります。

要するに借入枠全体が自分のお金のような気分になってしまうわけです。

借り易さのために安易な借り入れが増えてしまう

このように区別しなくなってしまうと、お金がなければ、引き出せばよいという感覚に陥ってしまい、安易な借り入れが増えていきます。

要するに借り易さというメリットが、災いしてデメリットになってしまったというわけです。

これは安易な考え方を持った一部の人に限られる事ではないかと言う人もいるのですが、人間安易な方法が選べる状況になっていると、よほど高い意識を持っていなければ、誰でも可能性があることです。

カードローンを利用する場合には、こういうことがあるという前提で、無暗にローンカードを持ち歩かないようにするなど、自衛の方法を講じておくことが必要でしょう。

~まず借りなくて済ませる方法を考えよう~
カードローンというのはローンですから借金です。したがって借入れしたら後々利息を付けて返済しなければなりません。つまりトータルで考えれば損失が生じるわけです。ですから、お金が足りないという場合には、安易に借入れるのではなく、まずは遣り繰りを考えて借りなくて済ませる方法はないかを考えるようにしてください。

他のローンよりも金利が高め!長期利用は大きな損失につながる

次に挙げておきたいカードローンの欠点は、ほかの目的別ローンなどに比べて金利が高めに設定されているという点です。このため同じ金額を借りてもカードローンの方が利息が高くなってしまうことになります。

またカードローンというのは返済しやすいように月々大変少額で一定の金額を返済していくという方式が多く、利息が高いと元金の返済分が少なくなってしまい、返済期間が長期化してしまうこともあります。

利息というのは返済期間が長ければ長いほど総額としては高額化していくため、カードローンは利用方法によっては大変効率の悪い返済を長期間続けなければならなくなってしまうのです。

カードローンは他のローンに比べて金利が高い

金融機関はお金を貸して利息を払ってもらい、ここから利益を上げています。この利息は次のように計算されます。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

このように様々な要因が絡んで利息は計算されますが、利息を考えるときに最も重視されるのが金利です。どのカードローンを選ぼうかと考えるときも、金利を重視して選ぶ人は多いはずです。

この金利はローンの種類によって傾向があり、目的別ローンの場合には比較的低く、フリーローンはこれに比べて高く設定される傾向があります。

カードローンはフリーローンの一種ですから、当然目的別ローンに比べて高くなります。例えば教育ローンと比較した場合次のようになっています。

ローン 金利
教育ローン 3%程度
銀行のカードローン 1%台~14%台程度
消費者金融のカードローン 3%台~18%程度

カードローンでも低い金利が適用になれば目的別ローンよりも有利になることもないとは言えませんが、そう簡単には金利は下がらず、はじめて借りようという場合には最高金利になるのが普通です。

したがってカードローンは目的別ローンよりもかなり高い金利になると考えてください。

金利が高いという事は利息もその分高くなるので、目的別ローンなどよりも損失は大きくなるため、大きなデメリットと考えることができます。

月々の返済額次第で借り過ぎると返済は長期化してしまう

しかもカードローンの場合には、月々の負担を少なくするために、返済額が低く抑えられている場合が多く、これもデメリットに拍車をかけることになります。

金融機関側は負担を減らそうと考えているのかもしれませんが、返済額が少額という事は、借入期間は長くなることになります。

先程の利息の計算式を見てください。月々返済していきますから借入残高は月々減っていきますが、借入期間が長期化するわけですから、その間ずっと利息を払い続けなければなりません。

つまり返済額が少額になっていることは利息の負担が増えることにつながるのです。

金利が高い分返済期間が長いと利息が高額になる

また小額の返済で月々の負担が少ないと言っていますが、この少額の返済額の中から利息を支払うので、元金の返済分はその分少なくなってしまいます。

例えば月々2000円の返済を行う場合でも利息分が1000円という事になると、月々2000円返済しているつもりが、実際には元金は1000円しか返済していないという事になるのです。

したがって高額の利用になればなるほど、返済の効率が悪くなって、その分、更に返済期間が長期化してしまう事になる訳です。

このように金利が高くなるという事は、ローンとしては大きなデメリットになります。

~返済方式によっても利息に影響が出る~
最近のカードローンの返済方式は本文で説明しているようなデメリットを緩和するため、借入れが高額化すると月々の返済額も高額化し、返済効率をなるべく落とさないようになっているものが増えています。カードローンを選ぶ場合には、返済が楽なものを選ぶのではなくて、楽でお得なものという視点で、返済方式をよく理解したうえで選ぶようにしましょう。

大きなローンの審査に影響する!先を見越した利用が重要

もう一つカードローンの利用で注意しておかなければならないデメリットが、カードローンを利用していることで他の大型ローンの審査の足を引っ張ってしまう事になると言う点です。

つまりカードローンの返済が考慮されて、大型ローンの返済能力の算定が不利になるという事になる訳です。

したがってカードローンを申し込む場合には、先々をよく考えて大型ローンの利用を予定している場合には、申込みを断念する事も必要になります。

すでにカードローンを契約していて、今度住宅ローンの利用を考えているというような場合には、まずはカードローンを解約して、審査に影響しないようにすることも考える必要があるでしょう。

カードローンが他のローンの審査の足を引っ張る?

もう一つカードローンの利用で注意すべきデメリットは、カードローンの利用方法に関係している問題です。

カードローンは借入枠が決められ、その範囲で借りたり返したりを行いますが、契約は問題が無ければ自動的に継続され、年齢制限にかかるまでずっと契約が継続されます。

このため、形としてはいつでも借入枠までの借入れが可能で、何時返済が始まるのかは利用者次第という事になります。

そこでこれとは別に住宅ローンや自動車ローンのような大型ローンを借りることを考えてみましょう。

こういった大型ローンは月々の返済額も大きくなるので、審査は非常に厳密に行われ、返済能力も厳しく算定されることになります。

この返済能力の算定では、ほかに利用しているローンも考慮され、返済の可能性が判断されます。

カードローンは常に利用しているわけではなくても、いつ利用するかわかりません。このためその時点で借入れしていなかったとしても、返済があるものとして大型ローンのほうの返済能力が算定されます。

このため、場合によってはカードローンの返済があるということのために、大型ローンのほうの審査が否決になってしまう可能性も出てくるのです。

これはカードローンの大きな欠点と言ってよいでしょう。

カードローンの契約は先々のローンの利用予定を考えて行うべき

したがって、カードローンを申込む場合には、先々大型ローンの借入れを予定しているのであれば、あえて審査の評価を下げるようなカードローンの契約はすべきではありません。

大型ローンを借りようというのですから、ほかの借り入れなど考えず、お金が足りないのであれば、節約で凌ぐことを考えるべきでしょう。

自分の返済能力を考えれば、カードローンを借りていても、大型ローンの返済も可能だと自分なりに考える人もいるかもしれませんが、審査は金融機関が判断するもので、自分が判断するものではありません。

安易な判断は自分の首を絞めることにつながるという事を覚えていおいてください。

必要があればカードローンは解約してしまったほうが無難

では既にカードローンを契約してしまっていて、これから住宅ローンを借りようという場合、どうすればよいのでしょうか。

すでに契約しているので、借り入れだけはしないようにして、住宅ローンの申込みをしようと考える人も多いでしょう。

しかし先ほど説明したように借入れの有無は関係無く、契約が有れば、返済があるものとして計算されます。

つまりこの場合も住宅ローンの審査に影響が出るのは避けられないのです。

このため、こういう場合には、カードローンは解約してしまって、今後返済することはないという形にしておくようにしましょう。

そうすれば返済能力の評価で少なくともカードローンの利用が不利に働くようなことはありません。

~住宅ローンの契約後にカードローンを契約すればお得?~
本文では住宅ローンの申込前にカードローンを解約してしまったほうが良いと説明していますが、それでもカードローンが必要という人は多いでしょう。その場合には、一度解約して住宅ローン契約後に返済能力をよく考えたうえで、改めてカードローンを契約しましょう。この場合、住宅ローンを契約している金融機関のカードローンを選べば、住宅ローンの利用者という事で、金利の優遇を受けることも可能な場合があるので、カードローンもお得に利用できる事になります。

ここでカードローンのデメリットについて纏めていおきます。

  • カードローンは何度も融資の利用ができるという点で独特でそこにメリットやデメリットがある
  • 借り易いというのはメリットではあるが借り過ぎを招くというデメリットにもなる
  • カードローンは他のローンにくらべ金利が高く不利な借り入れになる
  • カードローンは契約が継続するため他の大型ローンを借りる際にはその審査に影響が出ることがある

カードローンはデメリットもありますが、困った時の強力な生活ツールになるので、利用には注意しながら上手に利用するようにしましょう。

閉じる
閉じる