自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

派遣でもカードローンの在席確認はあるの?実際の手順を知っておこう

カードローンでは審査が行われ、これに通らなければ利用する事ができません。審査では返済能力や信用の他申込者が本人である事の確認が行われ、これは書類だけではなく在席確認も確認項目になっています。

この在席確認は職場に電話が入ります。正社員なら勤務先で構いませんが、派遣社員の場合には所属している派遣会社ではなくて、今現在勤務している派遣先の職場に電話が入る事になるので注意してください。

こういう事もあって派遣社員の場合職場の周囲に知られ派遣に影響するのではないかと心配する人もますすが、在席確認では金融機関側も配慮し電話が在席確認とはわかりませんから、安心して申込みができます。

カードローンの審査では本人確認が行われる!在席確認もその一つ

カードローンは誰にでも貸すわけではなく審査に通過した人だけに融資が行われます。審査では返済能力や信用の評価が行われますが、それと共に申込者が本人であることを確認する本人確認が行われます。

本人確認は、申込時に提出が要求される本人確認書類によって行われますが、申込時にこれと本人を突き合わせての確認が行われるわけではないので、金融機関はこれだけで十分とは考えていません。

そこで、本人に確認をより確実にするために行われているが、在席確認と言われるもので、金融機関側から、利用者の職場に直接電話が入れられ、実際に申込者が在席していることが確認されることになります。

カードローンの審査では何が行われるのか

カードローンで融資を受けるには審査に通過しなければなりませんが、その審査では何が行われているのかというと、詳細はカードローンで持っている審査基準によります。

しかし、どこも概ね次のような確認や評価が行われています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

多くの申込者の場合、返済能力や信用の評価を気にしますが、金融機関としては別人に貸してしまうと、別人の方に返済を迫ることになるので、本人の確認も非常に重要な審査になっています。

本人確認は、本人が申込んでいるのであれば、申込者としては問題のない審査と言えるものですが、どのように行われるのかは気にしておく必要があるでしょう。

本人確認は本人確認書類だけでは十分ではない

本人確認はカードローンの申込時に申込情報と一緒に提出することになる本人確認書類によって行われます。このためカードローン申込時は運転免許証やパスポートの写しを用意しなければならない訳です。

しかし、カードローンの申込みは以前は窓口で行っていましたから、本人確認書類と本人を突き合わせて確認できましたが、最近では窓口以外からの申込みの方が多くなってきていて、十分な確認とは言えません。

このため、金融機関では本人確認は、この書類によるものとは別に、それを補完する形で、違う方向から確認を行う事になっています。

これが在席確認と言われるもので、申込者が勤務している職場に金融機関の方から直接電話を入れて、実際に在籍しているかどうかを確認するものです。

在席確認は本人確認に有効なのか?

この在席確認は、本人確認の一環で、書類だけでは確認が不十分な部分を、職場にいるという事で申込者が嘘を言っていないという事を確認することで補完しているという事になります。

それでも例えば本人確認書類を偽造して、更に電話を用意して職場を用意すれば、嘘を言う事は可能でしょうが、それでは借りるお金よりも、大金がかかってしまう可能性もあるので、そこまでやる人はいません。

さらに言えば、もし嘘を言ったとしても、信用情報に記載された情報などと比較すれば、すぐに嘘は発覚するので、現在の所、本人の確認は書類とこの在席確認で行えば十分と認識されているわけです。

~在席確認は申込後すぐに行われる?~
最近のカードローンは審査時間が短くなって、最短30分などと言っていいる場合もあり、即日融資なども実現しています。このため在席確認は申込んだらすぐに行われると考えておくべきでしょう。

派遣社員はどこで在席確認を受ければ良い?派遣先に電話が入る!

在席確認で金融機関が想定している職場というのは、申込者が実際に勤務している場所ということになります。例えば組織的には東京に職場が有っても、勤務地が地方であれば、地方の方に電話が入ります。

在席確認のやり方はカードローンごとに違いがあり、電話を受けた人が申込者の在席を証言すれば、必ずしも本人が出られなくても良い場合や、本人が必ず出なければならない場合もあります。

そこでちょっと不安があるのが派遣社員でしょう。派遣社員の場合、社員という事で考えると派遣会社の所属という事になりますが、勤務先は派遣先ですから、どちらに電話が入るか分からない人も多いでしょう。

しかし、この場合電話はあくまで実際の勤務先になるので、派遣会社側に戻っている必要はありません。

在席確認で想定している職場

説明したように在席確認というのは、申込者が勤務している職場に行うというのが前提になっています。

したがって、本来の組織としての職場が東京になっていたとしても、現在は地方の出張所などに勤務しているという場合には、東京の職場ではなくて、実際に勤務している職場の方に行われることになります。

ただし、例えば事務所のようなものはあるが、作業現場に行っているという場合には、その事務所の方に確認電話を行ってもらうようにしないと確認が難しいかもしれないので、注意が必要でしょう。

在席確認はどのように行われるのか

では在席確認はどのように行われるのかというと、これはカードローンごとにやり方が違っています。

例えば職場に電話を入れて、本人が不在であったとしても、電話を受けた人などが在席を確認してくれればよいというところもあります。

しかし通常は、本人が電話に出ることによって確認という事になり、多くの場合は、何らかの会話をするか、いくつかの質問が行われて、確認としています。

このためカードローンを申込んだ後は、職場に在籍して在席確認が有るのを待った方が良いでしょう。

派遣社員は派遣会社か派遣先か

そこでちょっと困るのが派遣社員の場合です。派遣社員というのは派遣会社に登録しておいて、派遣会社が紹介する派遣先職場に行って勤務するという形で仕事を行っています。

この場合、所属としては派遣会社ですから、在席確認は派遣会社の方に行われるのかとも考えられますが、実際に勤務しているのは派遣先ですから、そちらとも考えることができます。

この場合も先程説明したようにあくまで在席確認で想定している職場としては実際に勤務している職場ということになります。

したがって、在席確認が行われるのは現在勤務している職場です。

ですから、カードローンを申込んだら派遣元のほうに待機しているという必要は有りませんから安心してください。

~在席確認での質問とは?~
在席確認では簡単な質問が行われることがあります。そう言ってしまうと的確な受け答えができるか心配する人も多いでしょう。

しかし質問の内容というのは、例えば生年月日のようなカードローンを申込むときに申告した申込情報の中に記載があるような内容しか聞かれません。要するに自然に答えていればよい訳です。

もし申告した内容と回答が違ってしまうと、不信を抱かれますから、その点には十分注意してください。

派遣先職場にカードローン利用がバレない?金融機関も配慮している!

派遣社員の場合、在席確認にはもう一つ大きな心配があります。在席確認電話がかかり、それが周囲に知られてしまって、派遣自体を切られてしまうようなことにならないか、これはかなり深刻な問題でしょう。

しかし、こういったことは、派遣社員でなくても周囲に知られたくないと考えるのが普通で、金融機関というのは利用者を増やすためにもそういったことに配慮して、電話をかけてきますから大丈夫です。

もしどうしても在席確認が心配というのであれば、在席確認自体を回避できるようになっているカードローンもあり、それを選べば良いのですが、数が少なく選択肢が狭まってしまう為、あまりお勧めできません。

派遣社員のカードローン申込者の心配とは?

しかし派遣社員というのはいろいろと心配するもので、在席確認でも周囲にカードローンの利用がバレないかを大変気にします。

周囲にバレるのを気にするのは何も派遣社員だけではないですが、派遣社員の場合さらにその先を心配する人がいるようです。

要するにカードローンの利用が周囲に知られてしまって、印象が悪くなり派遣を切られるのではないのかと心配する訳です。

日本人というのは借金に対してあまり良い印象を持っていません。このため、カードローンの利用者も利用していない人からはあまり良い印象を持たれないと心配するのです。

金融機関の配慮もあり職場の周囲には在席確認はバレない

では、実際問題として周囲に在席確認が有ったという事がバレるものなのでしょうか。結論から言えばバレるようなことはまずありません。

実は金融機関の方も、先ほど説明したような申込者側の心配をよく理解していて、在席確認の場合も、配慮して電話をしてくるためです。

実際の在席確認では銀行の場合には銀行名で掛かってくる場合が多いですが、一部の銀行や消費者金融は個人名で掛かってきます。

したがって、それがそもそもお金の話なのかどうかも周囲には分かりません。

また銀行名が名乗られたとしても、銀行なら預金の話という場合も考えられますから、カードローンを連想してしまう人も少ないはずです。

もし在席確認を疑われるようなことが有っても、クレジットカードを申込んだと言えば、誰も疑わないはずです。通常はそういったごまかしが必要になることはまずないでしょう。

どうしても心配な場合には在席確認がないカードローンもある

ただ中にはそれでも在席確認がどうしても心配という人もいて、結局カードローンの申込み自体を断念する人もいます。

断念するのは構いませんが、在席確認は困るがお金が必要という人はいるでしょう。そういう場合には、在席確認が無い申込方法を提供しているカードローンもあります。

ただし、こういったカードローンは非常に数が少なくなるので、自分に合った使い勝手のカードローンを選べるかどうかは保証できず、その中だけで選ぶのはあまりお勧めできません。

また在席確認が行えませんから、それに代わる本人確認の手段が必要になるため、こういった在席確認が行われない申込方法を選ぶ場合には、前提条件を満たしている必要があります。

例えば特定の銀行に普通預金口座を持っていることが前提になっている場合があります。この場合口座を開設する段階で本人確認が行われるため、その確認を利用しているということです。

したがって、在席確認が無い申込方法を利用する場合には、事前に条件を満たしておくことが必要です。

~嘘をつくのは止めておいた方が良い~
カードローンでは本人確認書類や在席確認で本人を確認していますが、それでも嘘を言って他人に成りすまして申込みをする人がいます。

そうした場合ほとんどは審査の段階でバレてしまいますから、嘘の申告をしたという情報が信用情報に残り、以後お金が借りられなくなるというようなことにもなりかねません。

また他人に成りすますことは法的にも問題があり、手が後ろに回る可能性も否定できません。

ですからカードローンの申込みで嘘を言うのは止めておいた方が無難です。

在席確認以外の連絡にも要注意!連絡先は慎重に選ぼう

ただし、申込時の連絡はこの在席確認だけとは限らないので注意が必要です。さすがに職場には電話はありませんが、連絡先には申込み確認の電話や、審査結果の連絡などが行われることになります。

ですから、例えば家族に内緒にしておきたいという場合であれば、自宅の電話番号も連絡先としてはまずい訳です。ですから申込時に記載する連絡先電話番号には十分注意しなければなりません。

そこで申込みをするカードローンが決まったら、申込みから利用開始まで、更には利用開始後にはどのような連絡が行われる可能性があるのか、事前に調べて、知られたくない場合には対策を行っておきましょう。

申込時には在席確認以外の連絡もある

在席確認は職場に電話があるという事で、注目を浴びますが、カードローンの申込みから利用開始までの間には、在席確認以外にも次のような連絡が入ることがあります。

  • 申込みの確認
  • 審査結果の連絡

申込みの確認というのは、一部のカードローンだけですが、申込みが行われたけれども間違いありませんかという確認です。これで不正な申込みではないことを確認しているわけです。

審査結果の連絡というのは、電話かメールかを選ぶことができる場合もあるので電話が嫌ならメールを選んでおきましょう。

またカードローンによってはハガキで行われる場合もあるので予めどのように連絡が行われるのか確認しておきましょう。

もしカードローンの申込みを家族に内緒にしているという場合には、こういった連絡にも注意しておかなければなりません。

申込情報に記載する連絡先電話に要注意

ではこれらの電話はどこに掛かってくるのかというと、申込書や申込情報に記載することになる連絡先の電話番号に行われることになります。

連絡先というと多くの場合自宅の固定電話番号を記載しがちですが、家族に秘密にしておきたい場合には、これでは不安です。

多くのカードローンでは連絡先の電話番号は、必ずしも自宅の固定電話番号でなくても構わないことになっていて、それよりも連絡の取りやすさが重視されています。

このため連絡先電話には、携帯電話の番号の記載も可能になっているのが普通です。

ですからもし家族に秘密にしておきたいのであれば、連絡先電話番号には自分の携帯の電話番号を記入しておきましょう。

まずはどのような連絡があるのか申込前に確認しておこう

またこのような申込時点以外でも、カードローンを利用する際には、連絡が行われる可能性があります。

例えば月々の利用明細書の送付などが有りますが、この場合は最近ではネット経由で利用状況が確認できるようになってきているため、送付を停止することも可能です。

ですから、秘密にする場合には、自分が利用する事になるカードローンで在席確認を含めどのような連絡が取られる可能性があるのかを事前に調べて、それぞれに対策を立てる必要があるでしょう。
~申込前に本当に借入れが必要なのかよく考えてみよう~
本文では借入れすることを前提に話を進めていますが、借入れするという事は利息が発生して、差し引き損をするという事です。

ですから借入れを考えた時には、まず借入れしなくて済ませることができないかどうかをよく考えることから始めましょう。遣り繰りで何とかできれば利息を支払う必要も無く損はないのです。

ここで派遣社員がカードローンを利用する場合の在席確認について纏めておきます。

  • 審査では在席確認が本人確認の一環として行われる
  • 派遣社員の場合は派遣先の職場に対して在席確認が行われる
  • 金融機関も電話には配慮し派遣先職場に在席確認だという事はまずわからない
  • 在席確認以外にも様々な連絡がある可能性があるので対応が必要

在席確認は心配かもしれませんが、終わってみれば大したことはないので、あまり心配するのではなく、平常心で行うのが最も良い対応です。

閉じる
閉じる