自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの審査では在席確認がある!周囲にバレる事はまずない?

カードローンの審査では勤務先に金融機関側から直接電話が入り、申込情報に記載した勤務先に実際に在籍していることが確認されます。この在席確認は審査で行われる本人確認の一環で簡単な質問が行われます。

申込者は金融機関から電話があれば周囲にカードローンの利用がバレてしまうのではないかと心配する人が多いですが、業者側もそれを考慮して、在席確認電話ではバレないように配慮しています。

また仕事が自営業などで勤務先が自宅という場合でも、在宅確認という形で同様の確認が行われるのが普通です。

カードローンの中には在席確認が無い申込方法を提供している場合もありますが、前提条件があるので注意が必要です。

カードローンの審査では勤務先に電話がある!在席確認とは?

カードローンを利用するためには審査に通過することが必要なのはわかっている人も多いと思いますが、この審査では申込者が本人であることの確認が行われます。

この確認のために提出が要求されるのが本人の証明書類ですが、最近では対面で確認ができませんから、このほかに勤務先に直接電話を入れて在席していることを確認する在席確認が行われます。

在席確認では本人が在籍しているかどうかを確認するため、例えば派遣社員などの場合でも、登録している派遣会社ではなくて実際に勤務している派遣先に電話が入ることになります。

在席確認の目的は実際に在籍しているかどうかの確認ですが、その際、本人であればすぐわかるような簡単な質問が行われることもあります。

カードローンの審査では本人確認が行われ在席確認はこの一環

カードローンもローンの1つですから、申込んだだけでは利用できず、申込み後の審査に通過して初めて利用できるようになります。

では審査ではどのようなことが行われるのかというと、詳細は公表されませんが、概ね次のようなことについて確認・評価が行われます。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力
  • 申込者の信用

返済能力や信用を評価するのは当たり前ですが、金融機関がある意味最も重視するのは申込者が本人であるという確認です。

もし誰かを詐称して申し込んだ人にお金を融資してしまったら、まったく関係のない人に返済の請求をすることになってしまい、金融機関の信用は丸つぶれです。

そこでカードローンの申込時には本人確認のための書類を必ず提出してもらっていますが、最近では申込みがネット経由など対面で行われなくなっていて、本人確認書類だけでは確認が不十分になっています。

このため、本人確認の一環として行われているのが、在席確認というもので、申込時に申告された申込者の勤務先に対して、金融機関側から直接電話を入れて、実際に申告通り在席していることが確認されます。

在席確認は派遣であっても勤務先の職場に行われる

この在席確認は、申込者の確認ですから、本人が実際に在籍している職場に対して行われます。

例えば派遣社員という場合には、社員という立場から言えば派遣会社の所属ということになります。ですから確認としては派遣会社の方に行われると考える場合もありますが、そうではありません。

実際に在席確認が行われるのが、今現在派遣されている派遣先に対して行われますので、申込みに際して、派遣会社に戻っている必要はありません。

在席確認で何が行われるのか

では在席確認ではどのようなことが行われるのでしょうか。

まず在席確認の最も重要な目的というのは申込者が、申込時に申告した職場に在籍していることの確認です。

したがって、本人が不在であっても職場の人が在席を証言してくれれば、それで確認は完了します。実際、カードローンによっては本人不在でも完了する場合があります。

ただし、多くの場合には、実際に申込者と会話して、本人なら問題なく答えられる、生年月日そのほか申込書に記載したような内容について質問が行われることになります。

~本人確認は誰かに偽装でもしていなければ心配する必要はない~
本人確認というのは本文で説明しているように金融機関には大変重要な確認になりますが、申込者は誰かに成りすましてでもいなければ、まったく心配ない確認です。

在席確認は職場の周囲でバレないか?在席確認の行われ方とは

在席確認は利用者にはあまり歓迎されているとは言えず、できれば避けたいと考えられています。

それは例えば消費者金融から電話があったということになると借金の申込をしている事がバレてしまうと心配するからです。

しかし業者側も利用者にそういった心配があることはよく知っていて、それによって申し込みが行われなければ困ると考えているので、バレることのないように個人名で電話するなどの対策が行われています。

ですからあまり心配せずに、友人からの電話のように考えて、堂々と対応していれば、周囲も別に不審に思ったりするようなことはないはずです。

在席確認で周囲にカードローンの利用がバレるのを心配する人は多い

ところが在席確認というのは申込者には大変嫌われた確認なのです。

なぜかと言えば借金をしようとしているのに金融機関側から職場に電話があったのでは、周囲の同僚に借金をしようとしていることがバレてしまうのではないかという危惧があるためです。

銀行からの電話ならまだよいのですが、例えば消費者金融から電話が入ったとしたら、やはり周囲は引いてしまうでしょう。

消費者金融というのは以前はサラ金と呼ばれ、高金利で厳しい取り立てを行って社会問題化したという記憶が、日本人の頭の中には刻み込まれてしまっていて、そのイメージはどうしても払拭しきれません。

ですからそういったところを利用していることは、利用者としては隠しておきたいのは言うまでもないのです。

業者側も在席確認がバレないように対策している

しかし、利用者がこういった考えを持っているということは、金融機関側もよくわかっていて、在席確認電話を入れる場合には細心の注意が払われます。

職場に電話を入れたら、最初から申込者が受ける保証はないので、在席確認電話では次のような名乗りが行われます。

金融機関 名乗り
銀行 銀行名あるいは担当者の個人名
消費者金融 担当者の個人名

このように、一部の銀行を除いて在席確認は個人名で行われます。

ですから、その電話が消費者金融からの電話かどうかというのは、電話を受けた人には全く分かりません。

また電話の内容も簡単な質問ですから、会話から消費者金融を連想するようなことは有りません。

このため周囲で電話を聞かれていたとしても、それが在席確認なのかどうかはまず分かってしまうようなことは無いのです。

あまり心配せず堂々と電話を受ければよい

どちらかと言えばバレる可能性があるのは、電話を受ける申込者の側です。

在席確認ということで、緊張してしまって、受け答えがおどおどするようだと、周囲はそのほうが奇異に感じて、在席確認とは考えないでしょうが、様子がおかしいということで心配されるかもしれません。

ですから、在席確認であっても、いつも通り堂々と電話を受けるようにすれば、周囲も気にせず、うまく乗り切れるはずです。

こちらは金融機関に対してお客さんなのですから、気後れする必要はありません。

~バレそうになった時の対処~
もし在席確認を疑われた場合には、クレジットカードの確認電話だと説明しておきましょう。

そもそも周囲はそれほど大きな関心は抱いていません。クレジットカードなら今や必需品ですからまったくおかしくはありません。

在宅勤務の場合の在席確認とは?在宅でも確認が無い訳ではない!

では自分は自営業者で自宅で商売をやっているので、そういった時には在席確認は行われないのかと考える場合もあるかもしれませんが、確かにそういうところもありますが、ほとんどの場合実施されます。

在宅勤務をしていて、勤務先が自宅という場合でも、申込時に記載する勤務先が自宅であれば自宅に対して在席確認が行われます。したがってこの場合には、在席確認というよりも在宅確認ということです。

ただし自宅という場合職場のように他人に関心を抱かない人ばかりではないので注意しなければなりません。家族にカードローン利用を知られたくない場合には、在宅確認電話には要注意です。

自営業者などでも在席確認は行われるのか?

カードローンの申込者の中には自営業者も含まれていますが、自営業者の場合自宅で事業を行っている場合もあり、そういった場合職場が自宅ということになります。その場合在宅確認はどうなるのでしょうか。

1つの考え方はこの場合在席確認は行わないということです。実際にこう言ったカードローンが存在します。

もう一つは他と同じように在席確認は自宅に対して行われるというものです。多くのカードローンはこちらの方法が取られることになるので、自営業者でも、在席確認は行われると考えてください。

在宅勤務の場合には在宅確認ということになる

ではどこに在席確認が行われるのかというと、基本的には他の申込者と同じで申込情報に記載する勤務先ということになります。

したがって自営業者だけではなく在宅勤務を行っている場合で、勤務先に自宅を記載した場合には、自宅の電話に対して、在席確認が行われます。

ですから、この場合は在席確認というよりも、在宅確認ということになり、申込みを行なったら自宅の電話で在宅確認を待ちましょう。

家族は詮索する可能性があるので在宅確認電話には注意が必要

ただし、この場合には注意しなければならないことがあります。

職場への在席確認の場合、周囲の人というのは他人にそれほどの関心は抱かないものですが、家族は違います。

家族は自分の家族を心配するのは当たり前のことで、良く分からない電話がかかれば、それに関心を抱かない訳にはいきません。

もしカードローンを家族に内緒にして申込もうという場合には、電話が入りそうな時間は自分で電話が取れるように十分注意が必要でしょう。

~カードローン申し込みに伴う電話にはどのようなものがあるのか~
カードローンの申し込みを行う場合電話での連絡は本文で説明している在席確認だけではありません。

カードローンによって違いますが、申込みを行うと申し込みがあったという確認電話があり、そのあと審査での在席確認、審査通過後は電話での結果連絡や提出書類の案内などが考えられます。

最近ではメールによる連絡も多いですが、自分が申込みを行うカードローではどんな連絡があるのか予め調べておいた方が良いでしょう。

在席確認が無い申込方法がある!ただし前提条件があるので要注意

このように在席確認は金融機関にとっては大事な審査項目になっているわけですが、最近ではこの在席確認が申込方法によっては行われないカードローンも提供されるようになりました。

ただし、在席確認が行われないようにするには、指定した銀行に普通預金口座を持っているなど前提条件があるため、誰もが在席確認無しで申込みができるわけではありません。

こういってしまうと在席確認無しを目当てにそのカードローンを申し込もうと考える人もいますが、そういったカードローンは極わずかで、選択肢が狭まってしまう為、あまりそういった選び方は感心できません。

カードローンによっては在宅確認が行われない申し込み方がある

在席確認は金融機関にとっては大変大切な確認になっていますが、相変わらず利用者にとっては、あまり歓迎されるような電話ではありません。

この在席確認があるからという理由で、カードローンを利用したいが申し込みができないというような人もいます。

ですから金融機関の中にも利用者を増やすためにはそういった人も取り込みたいと考えるところも出てきます。

そこで極一部のカードローンでは在宅確認を行わない申し込み方法を提供している場合があります。

この方法を利用すれば、在席確認がどうしてもいやだという人でも申し込めます。

在席確認が行われないようにするには前提条件がある

ただし、いい話ばかりでは有りません。在席確認が行われないということは、最初に説明したように本人確認が不十分な状態だということです。

したがって、金融機関としては在席確認に代わる他の方法で本人確認を完結させなければなりません。

このため在席確認が行われないようなカードローンの申込方法の場合には、利用できる人に前提条件が付きます。

例えば、指定された銀行に普通預金口座を持っていなければ、この申込方法は利用できないというような条件になっています。

この場合普通預金口座の開設の段階で本人確認がしっかり行われますから、実質的には本人確認が終わっているということで、金融機関も安心できるというわけです。

在席確認の有無でカードローンを選ぶのはお勧めできない

ただし、こういった在席確認無しのカードローンと言うのは極わずかしかありません。したがって、選択肢は非常に少なくなってしまいます。

カードローンはそれぞれ使い勝手が異なりますから、極わずかの選択肢から自分の使い勝手の良いカードローンを探すのはかなり難しいものです。

ですから、あまり在席確認の有無でカードローンを選ぶのはお勧めできません。

在席確認というのはわずか数分で終わってしまいます。終わってしまえば、何のことはないと思えるでしょう。ですから嫌かもしれませんが、カードローンを利用するのであれば、その程度は我慢するべきでしょう。

~在席確認を行う時間を指定できるカードローンもある~
在席確認が行われるのは審査時間が短くなってきているので、申込みを行なったら、すぐに行われる可能性がありますが、何時になるのかはっきりしません。

しかしカードローンの中には在席確認の時間を指定できる場合もありますから、申し込みを予定しているカードローンがあれば、時間指定が可能なのか確認してみてください。

ここでカードローンの在席確認について纏めておきます。

  • カードローンの審査では勤務先に直接電話がある在席確認が行われる
  • 在席確認電話は個人名で行われるので職場の周囲に知られるようなことは考えにくい
  • 在宅で勤務している場合には在席確認は在宅確認という形で行われる
  • 在席確認が無いカードローンもあるが申込みには前提条件が付く

金融業者の中には在席確認を真っ先に行いこれが済むまでは他の審査に進まないというところもあるので、こういう場合職場に不在になっているとなかなか審査が終わらないので注意しましょう。

閉じる
閉じる