自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

家族に内緒でカードローンを利用したい!バレないための注意点とは?

カードローンの利用者の多くはそれを家族に内緒にしたいと考えているようです。そこでそのためにはどうすれば良いのかと言えば、まずどのような場合にバレてしまうのかを考えなければなりません。

まず可能性があるのは業者側からの電話連絡で、申込時に申込内容の確認や、審査中の在席(在宅)確認、審査終了後の結果連絡などが行われる場合が多く、対策が必要になります。

またもう一つ原因になるのが、業者側からの郵送物で、申込時の契約書類やローンカードの送付のほか、月々の利用明細書の送付などが考えられ、これらに対しての対策も考えておかなければなりません。

カードローンの利用を家族に知られる原因にはどんなものがあるか?

カードローンは利用目的によって家族に知られてはまずいという場合がよくあるようです。

そこで家族にバレてしまう可能性を考えてみると、最も考えられるのは金融業者側から何らかの連絡がある場合という事になります。

具体的にいえば、金融業者側からの電話連絡或は郵送による連絡が考えられ、特に申込時から利用開始までの様々な連絡や確認、および利用開始後の月々の連絡に注意しなければなりません。

ただし、これに加えて、返済が滞ってしまった場合も、電話や郵送による連絡が取られることになるので、そういうことにならないように十分な注意が必要でしょう。

家族に知られるのは金融業者側から連絡が取られる時

お金が必要という場合、生活費の補填という目的であれば、家族に窮状を訴えて、場合によってはカードローンの利用をするという事も有ります。

しかし自分の欲求を満たす為の借入れの場合、相談したのでは反対されると考えるため、内緒にしたいと思うのが普通です。

そこでカードローンの申込者の多くが、家族には内緒で申込みを行っています。

内緒でカードローンを利用したいという場合、どこから家族にバレる可能性があるのかよく検討して対策を行わなければなりません。

家族にバレるときというのはどんなときかと言えば、それは自分が口を滑らすという場合を除いて、金融業者が申込者に対して連絡を取ってくるときです。

その場合、家族というのは常に近くにいますから、不審に思うようなことが有れば、そこからバレることに繋がります。

考えられる家族にバレてしまう原因

では具体的に金融業者からの連絡というのはどういった時にあるのかというと、次の2つが考えられます。

  • 電話連絡がある場合
  • 郵送物がある場合

最近では、カードローンの申込みを自宅から行えますから、電話連絡があれば、家族が受ける可能性があり、郵送物の場合には、家族が目にすることも多いでしょう。

これ等についてそれぞれ考え、対策を行っておかなければ、家族にバレてしまうかもしれません。

返済ができなくなる場合の考慮も必要

もう一つ注意が必要なのは、返済が順調に言っている場合は良いのかもしれませんが、カードローンの返済というのは順調にいくときばかりではないということです。

もし、返済できないような事態が発生した場合には、普段とは違う連絡が有る場合があり、これによってカードローンの利用が家族にバレてしまうという事はよく聞く話なのです。

ですから、こういった状況になった時に、やはり隠しておくのか、それとも家族に打ち明けて、助けを乞うのかという判断もしなければなりません。

カードローンを利用するのであれば、こういった事態になってしまった場合のことも、予め十分考えておく必要があります。

~カードローンの利用を考える前に借りなくて済ませることを考えよう~
最近ではカードローンができてお金が借り易くなりましたが、カードローンと言うのは借金ですから、当然返済時に利息が付きます。

つまり借入と返済を考えれば、差し引き損失が生じるわけです。ですからカードローンの利用を考えた時は、必ずその前に借りなくて済ませる方法がないかよく考えてみることが重要です。

電話連絡はどのように知られないようにすればよいか?

では電話による連絡にはどういったものがあるのでしょうか。まず考えられるのが、申込みを行った場合の申込み確認電話と、審査終了後の電話連絡で、この場合は申込書に記載した連絡先に電話が入ります。

また審査中には勤務先に対して在席確認電話が入りますが、自宅で事業を行っているような自営業者の場合には、自宅宛てに在宅確認が行われっることにおなるので、この電話にも注意が必要です。

また返済できなくなり督促状も無視していると、回収担当から連絡先に電話が入りますが、入金が行われなければ電話だけではなく、訪問を受けることも有るので、そうなると隠しておくことは難しいでしょう。

申込時の確認電話と審査後の連絡電話への対策

そこでまず電話連絡について考えていくことにしましょう。金融業者側から、電話があるとすると、次のような場合が考えられます。

  • 申込時の電話連絡
  • 自宅で事業をしている場合の在宅確認
  • 返済できない時の回収担当からの電話

申込時に掛かってくる可能性のある電話としては次の2つがあります。

  • 申込みの確認電話
  • 審査後の結果連絡

申込時の確認電話というのは、すべてのカードローンが行っているわけではありませんが、申込みが行われましたが間違いありませんかという確認のために行われます。

また審査結果の連絡では、審査結果とともに契約についての説明、カードローンによっては提出が必要になる書類の説明などが行われます。

ただし、最近では審査結果は電話の他、メールによる連絡も選択することができますから、カードローンによりますが、電話を回避することは可能です。

またこれら2つの電話連絡というのは、申込時に提出する申込書あるいはネット上から入力する申込情報に記載した連絡先の電話番号に掛かってきます。

したがって、この電話番号を自宅のものではなくて、自分の携帯電話番号にしておけば、家族が出てしまうようなことは回避できるはずです。

自営業者の場合の自宅への在宅確認電話への対策

次に自営業者の場合の自宅への在宅確認電話ですが、これは会社員などの場合の勤務先に在席を確認するために行われる在宅確認の自営業者版にあたります。

この電話は、前記の審査結果の連絡などと違い、連絡先電話ではなくて、本当に自宅にいるのかを確認するものですから、自宅の電話番号宛に掛かってきます。

したがって、この電話については回避の方法がありません。

申込みを行なったら、電話の前で待つという原始的な方法で対応するしかないでしょう。

ただし、銀行の多くは銀行名を名乗りますが、消費者金融や一部の銀行では個人名で掛かってくるので家族がでたとしてもカードローンの在席確認だという事はまずわかりません。

もし銀行名が名乗られたとしても、そう不振を抱かれる心配はないでしょう。

どうしても心配だという場合には、在席(宅)確認が無いカードローンを提供しているところも少数ですが有るので、そういったものの利用も考えてみましょう。

返済できなくなった時の回収担当からの電話への対策

返済できなくなった場合は次節で説明する督促状がまず郵送されてきますが、それを無視していると金融機関は本気モードで回収しようとしてきますから、対応は回収担当に移り回収担当から電話が入ります。

この電話は、基本的には先ほどの審査結果の連絡などと同じで申込時に記載した連絡先に対して行われますが、それでも連絡が取れない場合には、自宅宛てに電話連絡が行われる可能性もないとは言えません。

また、そういった電話でも入金されない場合には、自宅への訪問を受ける可能性もあるので、そうなってしまうと、もう家族に隠しておくのは不可能となります。

この回収担当からの電話連絡への対策としては、そういう状況に陥らないという事しかありません。

カードローンを利用する場合には、自分の返済能力をよく把握して、それを超えるような借入れをしない事、そして借入前にしっかり返済計画を立て、返済に窮した場合の金策方法も考えておく必要があります。

~在席確認は何故必要なのか~
在席確認というのは、審査での本人確認の一環で行われます。

本人確認は本人確認書類で行われると思っていると思いますが、申込方法が多様化したことで対面での書類との突合せが行えない為、それを補完する意味で行われるものです。

郵送物を見せない方法とは?送付を止めてしまおう!

次に郵送物についてですが、まず利用開始前には契約書類の送付があり、また契約後にはローンカードが郵送されます。これ等はカードローンによっては避けられないので、選ぶ段階から考えなければなりません。

利用開始後は月々利用明細が送付されることになり、毎月送られてくれば、家族の興味を引くことにもなるでしょう。そこで最近では送付を止めることもできるので、それを利用する事も考えてみましょう。

また返済ができないくなった時には、先程の回収担当からの電話の前に、督促状が送られ、最終的には催告書が送られることになります。

これ等は送付を止めるということはできませんから、返済はしっかり行わなければなりません。

申込みから利用開始までの郵送物には注意が必要

電話の次は郵送物への対策ということになります。まず申込みから利用開始までの郵送物から考えていきましょう。

申込みから利用開始までに郵送される可能性のあるものとしては、次のものがあります。

  • 審査結果の連絡
  • 契約関連書類
  • ローンカード

審査結果の連絡は、現在ほとんどが電話かあるいはメールで行われますが、一部の業者ではハガキによって行われている場合があります。

中には審査が可決した場合には電話あるいはメールで、否決になった時はハガキでというように使い分けを行っている場合もあります。

これらのハガキによる連絡が行われることに対しての対策は難しいので、申込みの前に良く調べたうえで、そういったカードローンは選ばないようにしましょう。

契約は以前は書類で行われるのが普通でしたので、現在でも書類が送付されてきて、署名捺印して送り返すというカードローンも有ります。

しかし現在ではインターネット技術の発達で、ネット上から契約が行えるようになっているカードローンもあるので、そういったカードローンを利用すれば、契約関連書類の郵送は回避できます。

最後のローンカードは、カードという物理的な実態があるものですから、ネット経由や電話、郵送、FAXといった方法で申込んだ場合、郵送は避けられません。

ただし、大手業者のカードローンであれば、ネット経由で申込んでローンカードの受け取りは業者の店頭に設置されている自動契約機で行える場合もあるので、郵送が困る場合はそれを利用してみましょう。

利用明細書は送付を止めてしまえばよい

利用開始後は返済に問題が無ければ、殆ど接触してくる事はありません。ただし、月に一回の利用明細書の送付が行われるので、定期的にこういうものが送られてくれば、家族の目に留まる可能性は高いでしょう。

ただし、最近ではインターネット上から利用状況を確認できるようになってきているので、この利用明細書というのはカードローンによっては停止してしまえる場合があります。

家族に内緒にしておくのであれば、カードローン契約後すぐに、この利用明細書の送付の停止の手続きを行っておきましょう。

ただし、利用明細書が送られて来なくなると、自分がどのようにカードローンを利用しているのかわからなくなるので、定期的にインターネットから自分の利用状況を確認することを忘れないようにしてください。

督促状や催告書は止められないので要注意!

返済ができなくなった場合、先程触れたように最初に送られてくるのが督促状です。督促状を送ってくる場合、金融業者側はまず返済忘れを疑って、入金を促すことにするわけです。

そうかといって郵送物ですから、もし返済できなくて何回か郵送物が送られてくれば、家族に不信感を抱かせるには十分です。

したがって、忘れることはあるかもしれませんから、とにかく督促状が来たらすぐに入金してしまう事が大切です。

もし入金しなければ、何度か督促状が来て、次に先程説明したように回収担当からの接触があり、さらに最終的には催告書というものが送られることになります。

催告書にはいつまでに入金しなければ、法的処置を取り差し押さえなどに進むことが示されます。

もし催告書まで至ってしまったら、もう家族を巻き込んででも対応しなければ、大変困った状況になってしまいます。

こういった状況に追い込まれないためにも、先程説明したように、返済できなくならないように、十分な注意が必要です。

~返済できなければどうなるのか~
もしカードローンが返済できない場合、どうなるのでしょうか。1つは本文で説明しているように差し押さえなどで回収が行われます。

しかしそれでは利用者の方は困りますから、それ以前の段階で弁護士などに依頼して債務整理を行わなければなりません。

債務整理は何種類か方法がありますが、最悪の場合自己破産して債務を帳消しにしてもらいます。この場合、信用は崩壊して以後しばらくは融資の利用はできません。

しかし債務はなくなるので、人生をやり直すきっかけにすることができます。

家族には内緒にしない方が良い!困った時に頼れるのは家族だけ

家族に内緒にする方法を考えてきましたが、実際には、こういった方法で内緒にすることを考えるのではなくて、申込前から、家族に相談して情報を共有しておくことを勧めます。

まず隠しておくのは、ここまでの説明で分かったようにかなりの気苦労がありますし、そもそも常に自分で返済していけるという保証はないのです。

そういった時に助けてくれるのは家族だけですから、その時に打ち明けなければならなくなります。そうなるよりも最初いから相談して情報が共有できていれば、ずっと支援は頼みやすいはずです。

家族には内緒にするべきではない

家族に内緒にするというのはいろいろと干渉されないのでわずらわしさが無いのですが、実際には、あまりお勧めとは言えません。

例えば、ここまで説明してきたように、家族に隠し通すのは、かなりの注意が必要で、一歩間違えば発覚してしまうため、常に緊張感を感じていなければならず、精神衛生的に良いとは言えません。

また家族の方からみれば、やはり隠し事をしていると、どことなく不自然に見える部分が出てくるので、そのことについて、心配する場合も出てくるため、家族の方の精神衛生にもよくありません。

さらに家族が知らないという事で困った時に相談しにくくなるというのも大きな問題です

常に自力で返済できるとは限らない

困った時というのはどういう事でしょうか。カードローンは返済を伴いますから、長く使っていれば、返済できなくなる場合も出てくる可能性があり、こういう時は大変困った状況と言えるでしょう。

そういった場合、自力で何とかできるのかという事になりますが、結局、自分でできるのは他から借入れして返済に回すといったことを行うよりほかに、方法はないでしょう。

しかしそのことによって、債務は雪だるま式に増えていく可能性があります。そうなってしまうと、もはや自分ではどうすることもできなくなって、否応なしに家族に相談せざるを得なくなります。

しかしそういった状況に至ってしまうと相談したとしても、家族も困ことになって、一家で苦境に陥る可能性もあるのです。

助けてくれるのは家族だけ

しかし、相談できて、助けを求めることができるのは結局家族以外にありません。

ですから、どうにもならなくなってしまう前に、家族に相談することが非常に重要な事になります。

もっと言えば、カードローンの利用を考えた時に、最初から家族に相談し、アドバイスをもらっておくべきなのです。

そうすれば自分でも気づいていない問題を指摘してくれたり、借入れ以外の方法を考えてくれたりするでしょう。

重要なのは家族に相談して、そのお金の使い道に賛同してもらえる可能性が有るかと言うことですが、反対されたときはそれに反発するのではなく、どういった問題があるのかを考える機会だと捉えましょう。

そしてどうしてもお金が必要なのであれば、再度検討し直して、家族を説得しましょう。

借入後も返済状況などについて報告して、情報共有をしておきましょう。そうすれば家族の中には先行き返済に問題が生じる可能性があるかどうか見通して、事前に対応できる可能性も有るのです。

~家族に相談すればカードローンでの借入れが必要なくなることも有る~
家族というのはありがたいもので、家族が困っているときには助けようといろいろと考えてくれるものです。

お金を借りようという場合も、もし余裕があれば、家族が貸してくれる可能性もあります。この場合カードローンで利息を支払うよりもずっとお得にお金の利用ができるでしょう。

ここで家族に内緒でカードローンを借りることについて纏めておきます。

  • カードローンの利用で家族にバレる可能性があるのは金融業者からの電話や郵送物による連絡
  • 電話連絡は連絡先電話を自分の携帯にしておけば知られる可能性は低い
  • 郵送物は送付を停止する手続きをしておくことで回避できる
  • 返済が滞ってしまうような場合を考えれば家族に内緒にしておくのはお勧めできない

家族は敵に回すのではなく味方にすべき存在です。内緒にするかどうかはよくよく考えてみる必要があるので注意してください。

閉じる
閉じる