自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは女性向けもある!女性目線のレディースローンの魅力

カードローンの審査は男女で差別するようなことはありませんが、一般的には女性の方がハードルが高いと考えられています。これは主に女性の方が多い職種では収入が少なく安定していないためです。

また女性の中には対応するのが男性であることを嫌いなかなか申込みができない場合もあります。

このためこういった女性に対して融資を行うために、一般向けとは別にレディスローンを提供している業者も存在しています。

こういったレディスローンは女性が対応し、また女性に多い職種でも申込みできるようになっています。

また金融機関の中には複数のカードローンを用意し、一押しのものとは別に、利用限度額の上限を低くして女性でも申し込みやすくしています。

カードローンは女性にハードルが高い?職種上不利になる可能性はある

カードローンの審査というのは特に男女で差別的な扱いがある訳ではありません。しかし一般的な認識としては、男性の方が審査には通りやすく、女性の場合には審査の通過が難しいと考えられています。

これにはそれなりの理由があって、女性の場合少なくはなりましたが専業主婦の場合もありますし、働いていたとしても収入額としては少なくまた安定性の評価の低いパートやアルバイトの割合が多いからです。

また女性の中には申込みに当たって男性の対応を嫌がり、申込みたいけれどもなかなか申込みができないという場合も有ります。

こういった背景があり、女性の利用者というのは男性に比べて少なくなっていて金融機関も新たな利用者の掘り起こしとして女性をターゲットにしている場合もあります。

カードローンの審査は男女平等!しかし女性にはハードルが高い?

カードローンは審査に通過できなければ借りることができません。審査は申込者が融資したお金を返せるのかどうかを見極める為に行われるものです。

このため金融機関としては、返済してもらえるのであれば申込者が男性であろうが女性であろうが関係は無い訳です。

こういった面でカードローンの審査というのは男女平等で、そもそも区別して行うようなことはありません。

しかし申込者の考えは違っていて、男性の方が通りやすく、女性が利用するにはハードルが高いと感じることがよくあると言われます。

確かに女性の方が申込み自体が少なく、利用者数も大変少なくなっているいので、まずはその原因について考えてみましょう。

女性の場合職種上収入が安定せず審査が不利になる場合がある

なぜ審査は平等なのに女性の方がハードルが高いのかというと、これは職種の為です。

カードローンは説明したように融資したお金が返せるかどうかが審査のポイントです。この返済能力の確認は次の2点で行われます。

  • 一定額以上の年収がある
  • 安定した月収がある

一定額以上の年収というのは200万円と言われていましたが、最近ではデフレのためにカードローンによってはもう少し少額でも可能性があります。

また安定性の評価は職業や職種によって行えわれ、次のようになっています。

職業・職種 収入の安定性の評価
正規採用の公務員や正社員
臨時採用の公務員、契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、自営業者
専業主婦、学生、年金生活者 中の下
短期アルバイト、水商売

男性の場合は正社員や契約社員、派遣社員の割合が多いですから、同じ審査を行えば、やはり審査通過が多くなるのは間違いありません。

しかし女性の場合にはパートや長期アルバイトという場合が多いですし、少なくなったとはいえ専業主婦という場合もありますから、審査には通りにくくなってしまうわけです。

女性の中には対応が男性だと申込みをためらう人もいる

こういった点を考えれば、審査は平等であっても女性にはやはり審査のハードルが高いと言えるのかもしれません。

ただし、カードローンで女性の利用が少なくなっている原因はこれだけではありません。

カードローンと言うのはもともと消費者金融の金融商品でした。消費者金融というのは以前はサラ金と呼ばれていて、厳しい取り立てを行っていたような業者ですから、あまり近づきたくない業者でした。

このためそもそも女性の利用者は少なかったのです。銀行がカードローンを扱うようになっても、この傾向は大きくは変わりませんでした。

この原因を追究すると、やはり借金を申し込むのに相手が男性では、なかなか申込みを行う気になれないということが挙がりました。

そこで今後も利用者を増やしていきたい金融機関は、女性をターゲットとして、こういった審査の実質的なハードルや申込み難さを改善するための対策を考えるようになったわけですす。

~カードローンの審査では何が評価されるのか~
カードローンの審査では本文で説明している返済能力の他、次のような点が確認、評価が行われます。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の確認

これ等のうちのどれが欠けてもカードローンの利用はできません。

女性向けと銘打つカードローンもある!レディースローンとは?

そこでそういった女性に向けて提供されているのが、女性だけをターゲットにしたレディスローンと呼ばれるカードローンで、一般向けとは別に女性が申込みやすい設計がなされています。

女性向けという場合、対応を女性だけにするなど、女性には申込みやすくすしても、内容的には一般向けと変わらない場合と、融資内容見直して女性向けにしている場合の2種類があります。

一般向けと同じ内容では審査の難易度は変わりませんが融資内容を女性向けにしているものの場合融資内容が見直され、審査に通過しやすくなっています。

ですから自分の状況に合わせて、どちらを選ぶかをよく考えて、利用するカードローンを選びましょう。

女性向けのレディースローンというものがある

こういった背景があって登場してきたのが女性向けと銘打ったレディースローンというものです。

レディースローンというのはまず一般向けのカードローンは申込みにくいということを解決するため、女性向けのおしゃれな店舗づくりから店長以下店内の人員全てを女性にするような店づくりが行われました。

そして申し込みができるのも女性限定にして、問い合わせ電話も女性が対応するなど、徹底して女性向けのカードローンになっています。

これによって男性相手では申込みにくいと言っていた女性でも、安心して申込む環境ができたわけです。

女性向けという場合の2つの方向性

ただし、これだけでは女性の利用が増やせるわけではありません。女性向けのカードローンには次の2つの方向性が必要でした。

  • 女性が申込みやすくすること
  • 女性でも審査に通りやすくすること

レデシスローンの提供開始によって1つ目の女性が申込みやすくすることは実現されました。しかしこれだけでは申込んでも女性の状況からそう多くの人が審査に通過できるわけではありません。

そこで必要になるのが女性でも審査に通りやすくすることです。この為には女性向けに審査基準を見直して、収入が少なく安定性が多少欠けても審査に通過できる必要があります。

そういったことを考えると、これまでと同じような内容で融資を行う事はできなくなり、利用限度額を少額にするなど、内容自体でハードルを下げることが必要です。

このため女性向けのカードローンには、まず収入などは男性と変わらないような人向けに、女性向けと入っても一般向けのカードローンと内容が変わらないものがあります。

もう一つは内容的な見直しを行って、返済能力の評価が低くても融資が行えるようにするカードローンがあります。この中には配偶者に収入があれば専業主婦でも申し込めるものも含まれます。

自分の状況に合わせてカードローンを選ぶべき

ですから、女性向けのレディスローンなどと言っても内容は様々になる為、選ぶ際には十分注意しなければなりません。

的確に選ぶにはまずは自分の収入の状況をよく把握する必要があります。男性と同じような収入を得ている場合には、内容的に一般向けのものと変わらないものを選びましょう。

しかし、自分はパート或は長期アルバイトで、あまり安定した高額の収入は望めないという場合には、パートやアルバイト、或は専業主婦でも申込可能と言っているようなものを選んだほうが無難です。

要するに自分の状況に合わせて選ぶ必要があるということです。

~カードローンは使い勝手が重要~
本文では女性向けのカードローンの選び方について説明していますが、カードローン選びでもう一つ忘れていけないのが、使い勝手です。

女性にも申込みやすいものを選んでも、例えば利用できるATMが近くになければ使いにくいですから、カードローンを選ぶ場合には自分の利用場面を想像して、使い勝手の良いものを探すようにしましょう。

複数のカードローンを用意している金融機関には要注意!

金融機関によっては特にレディスローン等とは言ってはいませんが、カードローンを一押しのものだけではなく、そのほかにも用意していて審査の難易度に差をつけている場合があります。

特に女性の場合であれば、利用限度額が少額のものが狙い目で、その分審査が緩くなっているため、パートやアルバイトでも審査通過の可能性が出てくる訳です。

ですから、カードローンを調べる場合には、その金融機関が一押しにしているものだけではなくて、他にも提供しているカードローンが無いかどうか、ホームページ上でよく調べて見逃さないようにしてください。

金融機関の中には複数のカードローンを用意している場合がある

カードローンの中には特に女性向けとは言っていませんが、審査に通りやすくなっているものがあります。

これは最近では非正規採用の会社員などが増えている事から、そういう人でも申し込めるようなものを提供しているということです。

そういったカードローンはこれまで提供していたカードローンに組み込んでしまう方法もありますが、多くの金融機関では、そういった審査の緩くなっているカードローンを別に用意して提供しています。

もちろんレディスローンもこういった別に用意したカードローンの一種ですが、金融機関によってはこういったカードローンを複数用意して利用者の状況に合わせて選べるようになっている場合もあります。

利用限度額の上限が少額のものが狙い目

そこでパートやアルバイトというような収入が少なく安定していない職種の人の場合、先程も触れましたが利用限度額を低くしているようなカードローンが狙い目です。

こういったカードローンは金利が多少高めの設定になっていて、金融機関も信用が低くても融資しやすくなっているのが普通です。

もちろんこういったカードローンは高額利用ができる訳ではありませんが、もし一般向けのカードローンを利用しても、そう大きな利用限度額はもらえませんから結局借りられるお金に大きな違いはありません。

自分の周囲の金融機関のカードローンをよく調べて、そういった審査が緩そうなものを選んで下さい。

調べるときは見逃さないように注意しましょう

そこでカードローンを調べる場合に注意したいのが見逃しです。

複数のカードローンを提供しているような業者でも、一押しにしているカードローンがあり、ホームページ等を見ても、大きく扱っているのはその一押しにしているカードローンです。

このため、複数のカードローンを提供していても、その一押しのカードローン以外を見逃すことも有りますし、見逃さないにしても説明不足でそのまま見過ごしてしまう可能性があります。

しかし、そういうものにこそ、女性向けのものが埋もれている可能性があるので、見逃さないように十分注意しなければなりません。

見つけたけれども十分な内容が分からないといのであれば、金融機関に直接問い合わせて確認することも必要でしょう。

せっかく自分に合ったものが有ったとしても、見逃してしまっては意味がありません。ですからカードローン選びは時間をかけてじっくり行う必要があるのです。

~高額利用が必要だからと言って複数並行利用は勧められない~
本文では利用限度額が少額の方が審査は緩いと説明していますが、それでは高額利用ができないという人は必ずいるはずです。

しかし審査に通らなければ始まりませんから、人によってはそういうカードローンを複数利用しようと考える場合もあります。

しかし複数利用すれば、返済も複数になるため、収入の少ない人は返済不能になってしまいかねません。ですから安易に複数利用をするようなことはしないように注意してください。

借入前に返済能力の確認を!審査に通っても返済できる保証はない

ただし、女性に審査が厳しいと言う理由は要するに返済が行われるかどうかに疑いを持っているからですから、女性向けのものを選んで審査に通過しても返済は十分注意して行っていかなければなりません。

そこで借入れの前には必ず自分の返済能力というものを正確に計算して、その範囲内で返済できる範囲内で借入れを行わなければなりません。そのためには自分の収入額と支出額をはっきりさせる必要があります。

もし自分の返済能力を返済額が上回ってしまっている場合は、返済するには生活を切り詰めて行う必要があり、無理が出るので長期的な返済は難しくなる為、無理な借入れというのは絶対に行ってはいけません。

借入ができたとしても返済できるかどうかは分からない

このように現在では女性でも借り易いカードローンは存在しています。

しかし、元に戻って考えてみてください。女性は収入が少なく、安定していない人が多いのです。このため融資が受けられたとしても返済できるかどうかは分かりません。

そもそも一般向けのカードローンが借りにくかったのは金融機関が返済について危惧を抱いたからだったわけですから、カードローンが変わったからと言って急に問題なく返済できる保証ないのです。

女性の方も女性向けだということで安心してしまうかもしれませんが、いざ返済ということになった時に、生活を圧迫されることに気が付くという可能性もあるのです。

自分の返済能力を正確に把握しよう

そこで借入れして返済が始まってしまう前に、まず行っておきたいのが、自分の返済能力を正確に把握しておくことです。

返済能力なんて簡単には計算できないと言われそうですが、実はそう難しいことではありません。

まず必要になるのが月々の収入額と支出額です。万全を期すため過去1年分程度の月々の収入額と支出額を調べてください。

収入額と支出額が分かったら次の数式で収支額を計算します。

収支額 = 収入額 - 支出額
生活に支障を出さないためには、この支出額はそのままにしておかなければなりません。ですから、返済を生活に影響なしで行うためには、この収支額が返済額以上でなければならないことになります。

1年遡って常に収支額が返済額を上回っていれば、今後も返済していく事が可能と考えることができるでしょう。

したがってこの収支額の最少額が自分の返済能力と考えるようにしましょう。

無理な借入は絶対にしてはいけない

もし返済額がこの返済能力を超えてしまうような場合には、いくら審査に通過できることが見込まれても、借入れするべきではありません。

無理に借入れしてしまえば、返済のためには自分の支出を減らすことが必要になり、生活を圧迫することになると考えられます。

こういった生活の圧迫も短期間だけなら良いかもしれませんが、長期に続くことになりと、生活に無理が出てくることになり、場合によっては返済が難しくなってしまう可能性もあるのです。

ですから、無理な借入れは絶対にしない様にしなければなりません。

返済できなくなれば、債務整理に追い込まれて、最悪の場合には自己破産するしか方法がなくなります。この点十分注意する必要があるのです。

~まず借りなくて済ませられないかを考える~
カードローンで借入れをすると必ず返済しなければなりません。しかも返済時には利息を付ける必要があり、差し引き損失になってしまいます。収入が少ないにもかかわらず余分な損失が出るわけです。

ですから借入れが必要と思った時には、まずは支出の見直しを行うなどして、借りなくて済ませることはできないかを考えましょう。そうすれば一時的に生活を圧迫しますが、損失は生まないのです。

ここで女性向けカードローンについて纏めておきます。

  • 女性は職種上一般向けのカードローンの審査はハードルが高い
  • カードローンの中には女性が借り易いレディースローンというものがある
  • 1つの金融機関に複数のカードローンがある場合は女性でも審査通過が見込めるものがある可能性があるので注意が必要
  • 借入前に自分の返済能力を把握し無理な借入をしない様にするべき

女性は家計を支える立場の人が多いですが、自分だけで支えようというのは無理があります。お金については配偶者とも相談して借入れする場合も同意を得たうえで行いましょう。

閉じる
閉じる