自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの返済は滞納トラブルの第一歩!忘れない工夫こそ重要

カードローンには様々な返済方法が用意されていて、自分が便利に利用できる方法が選べますが、どうしても支払いを忘れることがあります。しかしすぐに気づいて支払ってしまえば大きな問題にはなりません。

忘れるという事は人間としてどうしても避けて通れませんから、忘れすことを前提に考えなければなりません。金融機関の方も返済日前や返済日にメールでその旨通知するサービスを行っているところもあります。

ただし、金融機関だけに任せるのではなく、自分でも忘れない様にする工夫を行う事が必要です。最も良いのは返済日近くになると思い出せるように何らかの事象に関連付けして思い出す仕掛けを考えましょう。

カードローンの返済を払い忘れたらどうなる?すぐに払えば問題なし

人間というものはどんな人でも忘れるということはなくなりません。カードローンの返済も例外ではなく、特に長期に利用するものですから、誰でも何回かは返済を忘れてしまう事はあるものです。

金融機関としてもそういったことは想定の範囲内で、入金されていなければまずは督促状を出して入金を促す程度の対応となり、すぐに回収担当が出てくるようなことはまずありません。

この督促状が来たことで返済を忘れているということが分かるはずですから、督促状に沿ってすぐに入金を行ってしまえば、あとあと信用問題になったりするようなことはなく、大きな問題にはなりません。

カードローンの返済を払い忘れることはなかなか防げない

ローンというのはすぐには用意できないような比較的大きなお金を借入れして、後は月々自分が用意できるお金の範囲内で少しづつ返済していくというのが基本パターンです。

カードローンの場合はそれほど高額の融資を利用することはあまりないですが、その代わり何度も借入れと返済を繰り返すことになるので、やはり返済は長く続くか、あるいは断続的に何度も行われます。

このため、何度も返済していく中では、たまには返済を忘れてしまうようなこともないとは言えず、こういったことはなかなか防ぐことは経験則で考えれば難しいと言ってよいでしょう。

自動引落があるではないかという人もいますが、この場合も残高不足になってしま可能性は常にあり、可能性としては減りますが、結局忘れて返済ができなかったという事をなくすことはできません。

金融機関も想定済み?

このため金融機関の方も、そういたことはなくすことはできないと考えており、使用者は返済を忘れるものだという前提でカードローンの提供を行っています。

そうはいっても返済はしてもらわなければ利益を上げることができませんから、もし返済日までに返済が行われなかった場合には、本格的に回収するのではなくて、まずは督促状を出して入金を促します。

この督促状が来れば、利用者の方も返済を忘れていたということを思い出しますから、督促状の指示に沿って返済すれば、金融機関の方も問題を大きくすることはありません。

利用者の方は督促状を見逃さないように十分注意するようにしましょう。

返済を忘れていると余分に費用が掛かってしまう

ただし、返済日に返済が行われなかった場合には、実際に入金されるまでの間、利用者は利息とは別に金融機関に対して遅延損害金というものを支払うことになるので、返済が遅くなると損失が大きくなります。

この遅延損害金は利息と同じように利率が決められておりカードローンの説明資料などを見れば明示されていますが、概ね20%というところが多くなっています。

この遅延損害金は本来は支払う必要のないお金ですから、すぐに支払えば問題視はされないとは言っても、やはり返済を忘れてしまうというのは、あまりお得なことではないので、注意が必要と言えるでしょう。

~まずは借りないことが重要!借りなければ返済も必要なし~
返済というのは借入れするから必要になるもので、借りなければ支払う必要はなく、利息もかからず最もお得と言えるでしょう。

ですからもし借入れを考えた時には、まずは借入れしなくて済ませる方法はないかをよく考えてみることが必要です。

誰でも忘れるという前提が必要!金融機関も対応しているところがある

かといって忘れて良いというわけではありません。そこでカードローンを利用する場合には、自分は絶対に忘れないと考えるのではなく、誰でも返済を忘れることが有り得るという前提で考えるべきでしょう。

金融機関の方も、利用者は返済を忘れるものだという前提で、例えば返済日の前や、返済日にメールで連絡するというような対応策を用意している場合もあります。

また返済方法もATMからの入金など様々な方法を用意していますから、自分が最も忘れない方法を選ぶことが重要になります。

返済は誰でも忘れることがあるという前提で考える必要がある

このように返済はわすれてしまうと損失にもつながるのですが、残念ながら完全に忘れなくなるということは期待できません。

ですから前提として返済というものは忘れる可能性があるものだということで、対策しておく必要が有ります。

つまり返済日を忘れていても、返済日には返済できるようにする方法を検討してみることが重要なのです。

金融機関もそれに対して対応策を提供している場合もある

金融機関の方も、そういった利用者の役に立つサービスを提供しているところもあります。

具体的にはメールを利用したもので、次の3つの時期に返済日についてメールで連絡が来ることになっています。

  • 返済日前に返済日が近いという連絡が行われる
  • 返済日当日に返済日であることの連絡が行われる
  • 返済日後に返済日が過ぎていることの連絡が行われる/li>

このサービスを利用すれば、返済日を忘れていても、返済日前に思い出すことができるということになるので、思い出すという観点から言えば、大変有効なサービスと言えるでしょう。

そこで自分の利用しているカードローンでもこういったサービスやこの他返済日を思い出すのに役立つサービスが行われていないか調べてみましょう。

返済方法も適切に選ぼう

もう一つ重要になるのが返済方法の選び方です。カードローンの返済方法としては通常次のようなものがあります。

  • 自動引落
  • ATMからの入金
  • インターネット上からの入金
  • 窓口での支払い
  • 銀行振込

最も返済日を忘れないのはやはり先程説明したように自動引落ですが、説明した通り残高不足が有りますから、結局同じことです。

まずはこの中から自分にとって返済しやすい方法を選ぶことが必要です。

例えば毎日ATMの前を通るのであれば、そのことによって入金を思い出す可能性もあり、返済もついでに行えるかもしれません。

ただし方法によっては手数料がかかる事もあるので、注意して下さい。

~カードローンを選ぶ場合は金融機関のサービスをよく研究しておこう~
すでにカードローンを利用しているのではなく、これから利用するカードローンを選ぶ場合には、予め金融機関に返済日を忘れないようにするための有効なサービスがあれば有力な選択肢になるでしょう。

忘れっぽい人にとっては大変役に立つはずです。

自分でも忘れない様にする工夫が必要!思い出す仕掛けを考えよう

忘れない様にする仕掛けは金融機関側に任せるのではなく、やはり自分で考えておくことも重要です。

まず自分の性格を知っているのは自分ですから自分が忘れない様にするにはどうすれば良いのか考えてみましょう。

重要なのは返済日が近づいたらもうすぐ返済日であるということを思い出す仕掛けを考える事です。そうすればそれまで忘れていたとしても、入金することができるようになります。

ではどういった仕掛けが良いのかというと、毎月必ず発生する事象に関連付けておくことが最も良い仕掛けと言えるでしょう。例えば給料日になったら返済を思い出せるようにしておけば忘れることはありません。

自分が忘れない様にするにはどうすれば良いかを考えてみよう

このように金融機関側も思い出せるようなサービスを提供しているところもある訳ですが、やはり重要なのは、自分が忘れないようにすることです。

忘れないというよりも忘れてしまっても思い出せるようにするにはどうすれば良いのかということになると思いますが、自分のことですから、自分に最も良い方法を考える必要があります。

特に忘れやすい人は、まずは忘れにくい返済方法はどれか、返済日前に思い出す方法、返済日に再度思い出す方法というように、忘れないために、何段階か思い出す仕掛けを作っておくようにしましょう。

返済日を思い出す仕掛けを考えてみよう

返済日を思い出す仕掛けとしては、まず簡単なのがカレンダーに記載しておく方法でしょう。

あからさまに返済などと書いてしまうと、周囲に内緒の時は困るので、何らかの印を決めて記載すればかなり有効な仕掛けになるでしょう。

また最近では多くの人が持っているスマホに覚えさせておくのも良いでしょう。返済日が近づいたら教えてくれるようになっていれば忘れるようなこともなくなるでしょう。

但しこういうことをしても、気付いた後すぐに忘れてしまっては意味がありません。こういったことはどうしても返済しなければならなものだという自分の気持ちの問題ということができます。

カードローンの利用者は申込んで借りられるようになるまでは必死になりますが、いざローンカードができてしまえば、あとは自分のキャッシュカードのような気分になって安易な借り入れをするようになります。

返済になるともっと意識は低くなり、忘れてしまうような人も出てくるのです。

ですから返済日を忘れない様にするためには仕掛けとともに自分の意識改革も必要でしょう。

何らかの関連付けをすると効果的

忘れない様にするために効果的と言われるのは、何らかの事象と関連付けをしておくことです。

返済日がどうしても覚えられないのであれば、自分が絶対に忘れない事と関連させておけば、嫌でも返済を連想することになり、思い出せるでしょう。

例えば給料日などは大変良い関連付けです。給料日になったら返済を連想して思い出せれば、その時点で返済口座の残高を調べて、返済に足りなければ入金をしておくようにすれば返済できない事はなくなります。

ですから給料日でなくても、自分には大変重要なことだというものがあれば、それに対応付けして思い出せるようにしておくようにしましょう。

まずは自分にとってそういった事象にはどんなことがあるのかよく考えてみてください。あとは関連付けて思い出せるように習慣にしてしまいましょう。

~随時返済も効果的に使って返済期間を早く終わらせることも考えよう~
返済には月々少額づつ返済していく約定返済と、いつでもいくらでも返済できる随時返済の2つの方法があります。

忘れてしまうというのは定例返済ということになりますが、早く返してしまうというのも返済を忘れない一つの方法です。

ですからお金に余裕ができた時には随時返済も併用して、早めに返してしまう事も考えましょう。

払い忘れではなく返済に窮した場合の対応とは?まずは金融機関に相談

返済を忘れたわけではないがお金が無くて入金できないという場合もカードローンの利用が長くなれば、一度や二度は経験するものです。そういった時にはどういった対応をすれば良いでしょうか。

そのままにして返済日が来れば督促状が来てしまいますから、入金が厳しいとわかった時点で、まずは金融機関に連絡を取って相談する事が大変重要です。どのよう対応すればよいかその時点で指示がある筈です。

例えばカードローンによっては一時的に返済額を減額してもらえるというようなことが契約書に明記されています。このほかにも返済日をずらしてくれるという様な対応も行われることがあります。

返済しないのはお金に窮したという場合もある

返済日に返済できいないのは、なにも忘れていたというだけが原因ではありません。

返済するお金が用意できなければ、やはり返済日に返済できないということになってしまします。

カードローンと言うのは非常に長期にわたって月々あるいは断続的に返済が続きます。そういった返済を行っていれば、余裕があるときも余裕がなくなってしまう時もあるものです。

このため、返済が時としてできなくなるということはそう珍しいことではありません。

それでも多くの場合は返済をするために様々な遣り繰りをしてお金を用意するものですが、場合によっては用意できず、返済ができなくなってしまうということもないとは言えないのです。

事前に金融機関に相談することが重要

そういった場合には忘れたというのと違って、大概の場合忘れているということは無くて、返済日の前に返済できないということが分かるはずですから、分かった時点で金融機関に相談することが重要です。

返済できなくなったことを内緒にしていて返済ができなくなるよりも、返済できないと予め金融機関に報告を入れたほうが、金融機関に与える印象がずっと良いのです。

そして、相談すれば返済額を一時的に減額してもらうことも不可能ではありません。

特に最近のカードローンの場合、予め契約の中で返済が厳しい場合には返済額を減額するということや返済日を後ろにずらしてくれるような対応策が明記されているものもあります。

またそういった契約になっていなかったとしても金融機関としては利益を確保しなければなりませんから、最低利息分だけでも入金してくれれば良いという場合も有ります。

ですから、まずは相談してどのようにすればよいのかを決めるようにしましょう。

ただし返済額を減額してもらったら返済総額は増えるので要注意

このように返済が厳しい時は返済額を減額してもらうことが可能ですが、そういう場合には、元金の返済分が減りますから、借入残高は予定よりも減らないことになります。

このため、以後の返済ではその借入残高で返済が行われることになるので、予定よりも利息が多少ですが高額になります。このため最終的な返済総額は当初予定よりも高額になる訳です。

ですから返済額を一時的に減額したとしても、金融機関的に言えば利益が多少かもしれませんが増えるということになるので、返済が遅れても悪い話とは言えない訳です。

逆に言えば利用者の方は、一時的に返済額を減額してもらうことで最終的な負担が増える事になるので、できればそういったことにならないようにしたいものです。

~返済できなかったらどうなるか~
もし減額してもらっても返済できない場合には、督促状の後は、金融機関は本気で回収に乗り出すことになり、回収担当が出てくることになります。

しかしそれでも返済が行われなければ、差し押さえなどに進みますが、通常はその前に債務整理を行う事になり、最悪の場合には自己破産するしか方法がなくなります。

ここでカードローンの返済を払い忘れた場合について纏めておきます。

  • カードローンは返済日に返済を忘れても督促状の指示に従って入金すれば大きな問題にはならない
  • 誰でも忘れることはあるという前提で金融機関もサービスを提供している場合がある
  • 自分でも返済日を思い出せるような仕掛けを考えておくことが必要
  • 忘れたわけではなくお金が用意できない場合には金融機関に相談すれば一時的に返済額を減額してもらえる

もし督促状が来る前に返済を忘れたことを思い出した場合も、やはり金融機関に連絡して指示に従ってなるべく早く返済してしまいましょう。督促状が届くまで待つ必要はありません。

閉じる
閉じる