自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの審査は主に保証会社が行う!銀行と保証会社の関係

カードローンというのは個人の信用保証技術により、それまでのローンのような担保や保証人が無くても融資が受けられるようになり、これでお金が借りられるようになった人も多いでしょう。

消費者金融がこういった技術を開発している間、銀行は以前のような担保や保証人が必要なローンの提供を続けており、カードローン開始に支障がでてしまい、結局信用保証業務を消費者金融に委託しました。

この為カードローンでは融資したお金の保証は保証会社が行うので、もし返済がなされなかった場合、実害が出るのは保証会社という事になりますから、申込時に行われる審査も主に保証会社が行っています。

カードローンは何故担保が必要無いのか?以前のローンは必要だった!

ローンというのは融資を受けた後、必ず返済しなければなりません。しかし何らかの原因で返済が難しくなる可能性もないとは言えませんから、以前はその保証のために担保や保証人が必要になるのが普通でした。

しかし、現在のカードローンは申込時に担保や保証人は必要ありません。これは消費者金融が融資に際して行ってきた、個人の信用保証という技術があり、返済ができない時は保証会社が保証するからです。

従来銀行ではこの信用保証技術を持たなかったことから、ローンを利用するには担保や保証人を要求され、融資が利用できない人も大勢いました。

このため、消費者金融ができて利用できるようになった人も多かったはずです。

以前はローンの借入れに担保や保証人が必要だった!

金融機関がローンでお金を貸す場合、お金が返済できなかった時にどうするのかという事を考えます。

もちろんそういうことが無いように審査を行っているわけですが、それでも返済できない人は出てくるのです。

このため従来ローンで融資を受けるには、金融機関に対して、担保や保証人が必要でした。

担保というのは融資するお金に見合う価値のあるもので、返済ができなかった場合に、その担保を金融機関に渡し、金融機関はそれを売って返済に充てるというものです。

保証人は実際の借り手が返済できなくなった場合、借り手に代わって返済を行うことを約束する人のことで、最近ではその危険性から引き受けてくれる人はなかなか見つけることができません。

このように以前は、ローンというのはこの担保や保証人を用意しなければなならなかったので、そう簡単に借りられるものではなく、借りたいけれども借りられないという人も多かったのです。

カードローンは何故担保や保証人が必要ないのか

しかし、そこに登場してきたのが当時サラリーマン金融と言われていた現在の消費者金融で、担保や保証人が無くても、簡単な審査で融資を行う金融業者でした。

消費者金融のビジネスモデルというのは銀行からお金を借りて、その金利より高い金利でお金を貸して、金利差から生じる利息差から利益を得るというものです。

そうはいっても返済が行われなければ、やはり同じように損失が生じることになります。

このため消費者金融では、個人の信用保証という考え方を生み出しました。

要するに融資業務を行うにあたり、消費者金融内で信用保証業務を行う部門が保証するという仕掛けです。

もし返済が行われなければ、融資部門に対して信用保証部門が損失を保証して、信用保証部門が利用者に対して回収に乗り出すという事になります。

信用保証によって多くの人がローンが利用可能になった

この信用保証によってこれまで担保や保証人が用意できなかった人たちが、融資を受けることができるようになり、助かったという人も大変多かったはずです。

ただし、サラリーマン金融の場合、当時はまだ金利が高かったことも有って、返済に行き詰る人も多く、さらに業者側が厳しい取り立てを行ったため、社会問題になって事業も行き詰まりを見せました。

しかし個人の信用保証という仕掛け自体は良い方法で、サラリーマン金融の失敗を繰返さない様に、イメージ一新を図った消費者金融はカードを使って融資を引き出せるようなキャッシングローンを始めたのです。

この利用方法も利用者には便利で、徐々に利用者を増やして、消費者金融も業績を上げ大手業者は順次上場を果たすようになりました。

~現在でも担保や保証人が有れば借りられるローンはある~
現在では本文で説明しているように担保や保証人が要らないローンが主流になってきていますが、現在でも不動産担保ローンのように担保が有れば大きなお金を貸してくれるローンは有ります。

また自動車ローンの中には未成年でも保証人をつけることによって貸してくれるものも存在しています。

カードローンの信用保証とは?銀行の場合は保証会社に委託

この信用保証技術は消費者金融が当時銀行でお金が借りられずに困っている人に融資を行えば、利用者がたくさんいるだろ言うという事で、担保も保証人もいない人向けに開発したものです。

またカードを利用して融資を引き出すと言う形は大変利用しやすく、しかも多くの人が利用できたことから、利用者は徐々に増えて行くことになり、銀行も見過ごすことはできなくなります。

そこで無担保で保証人無しのカードローンを始めようとしますが、銀行には信用保証技術がなかったため、銀行は消費者金融と提携して保証会社になってもらうことで、カードローンを始めたのです。

信用保証は消費者金融が開発した技術

消費者金融というのは当時銀行では担保や保証人が要求されるために借りられない人を対象にして融資を行うという事を考えて始まった商売です。

そのために考え出されたのが、説明したように個人の信用保証とい仕掛けで、こうやって消費者金融が銀行の隙間を縫って、利用者を徐々に増やして行ったわけです。

しかもカードで簡単に利用ができるという便利さもあり、利用者は速いペースで増えていくことになります。

しかし、こうやって消費者金融が勢力を伸ばしている間、銀行はそれまでと同じように担保や保証人を要求する従来のローンのやり方をずっと守ってきていたのです。

ところがキャッシングという言葉が一般化してしまうほど、消費者金融の利用者が増えたことによって、焦ったのは銀行です。

本来であれば銀行に借りに来ると思っていた人たちが、簡単に借りることができる消費者金融側に流れてしまっているという事を自覚して、商売のやり方を見直さざるを得なくなってしまったのです。

銀行には信用保証技術が無くカードローン開始の足枷になっていた

そこで銀行も、大手消費者金融と同じようにカードローンと称して無担保、保証人無しでカードを使ってATMからお金を引き出すことができる商品の提供を考えます。

しかし問題なのはそれまで担保や保証人を前提に貸していた銀行には消費者金融のような個人の信用保証を行うための技術が有りませんでした。

このためカードローンを始めて消費者金融に流れてしまった利用者を銀行側に戻したいと考えていたのですが、信用保証技術が足枷になってしまって、カードローンの提供の開始ができなかったのです。

結局銀行は消費者金融と提携して信用保証業務を委託した

そこで銀行が考え出した奇策が信用保証業務を消費者金融に委託することです。

それまで信用の塊の様に言われて堅い業者のトップに挙げられる銀行と、社会問題を起こし、できれば近づきたくない業者のトップに上がることが多い消費者金融が提携したわけです。

銀行としても信用保証業務の技術を持っているのは消費者金融しかないため背に腹は代えられず、消費者金融側も融資業務の他に信用保証業務でも利益を上げられる事になり、両者の思惑が一致したという事です。

こうして銀行は消費者金融を保証会社として利用することで、カードローンを開始したわけです。

現在では消費者金融の保証部門が保証会社として独立している場合もあります。

~現在ほとんどの大手消費者金融は銀行のグループ企業~
本文では銀行が消費者金融と提携して保証会社として利用するというところまで説明していますが、その後貸金業法の改正があり消費者金融の経営が傾くという事態が発生し多くの業者が消えていきました。

しかし銀行と提携した業者は、潰れてもらうと銀行のカードローンが成り立たない事になるため、銀行も対策せざるを得ませんでした。

そこで銀行は資本を注入して、自分の所のグループ内に取り込んだため、現在では大手消費者金融の多くが銀行のグループ企業になっています。

返済が行われない時の保証は保証会社!審査は保証会社が行う

保証会社という仕掛けができたことで、返済に支障が出た時には保証会社が、そのお金を保証することになりました。

この仕掛けを利用すれば、カードローンを提供する金融機関は、損失は出ませんから、担保や保証人を要求する必要はなく、事業展開が大変やりやすくなることは間違いありません。

しかし保証会社側は、返済が行われなければ、その分損失につながってしまうわけですから、融資に当たっては大変慎重になる訳です。

こういった仕掛けですから、カードローンの審査というのは表向きは金融機関が行うように見えますが、実質的には主な審査は保証会社が行っう事になります。

保証会社は返済が行われなければそのお金を保証しなければならない

そこで改めて保証会社というものを説明していきます。

ローンの利用者と金融機関と保証会社の関係は次のようになっています。

取引内容 利用者 金融機関 保証会社
借入 金融機関から借入 ←利用者に対して融資  
返済 金融機関に対して返済→ 利用者から返済金受取  
返済不能   保証会社から保証額受取 ←金融機関に対して負債分の支払
回収 保証会社に保証額支払→   利用者から保証額受取

つまり金融機関が融資したお金の返済が滞った場合、保証会社が代わって返済し、その後保証会社が利用者に対し、保証したお金の回収に乗り出すという形になります。

金融機関は損をしないことになる

先程の表を見ると分かると思いますが、金融機関の場合利用者が返済できなかったとしても、保証会社からその分のお金が支払われることになるので、特に損失が生じるわけではありません。

このため例えば銀行が融資した場合、銀行はどちらに転んでも損失が出ませんから、銀行としては利用者に対して担保や保証人は必要なく、貸せば貸すだけ利益を出すことができます。

これに対して、もし返済ができなければ、その分を保証会社は支払う事になり、以後利用者から回収しなければならなくなります。

このため、保証会社としては、貸せば貸すほど利益が出るとは限らず、利用者は慎重に選ばなければならないと考ええなければなりません。

審査を主に行っているのは保証会社という事になる

そう考えると審査がどのように行われるのか見えてくると思います。

カードローンを申込んだら金融機関が審査を行っているように見えますが、実際には主な審査というのは金融機関の裏にいる保証会社が行っているのです。

したがって銀行のカードローンを申込んだとしても、審査は消費者金融が行う事になるのです。一昔前ならあり得ない組み合わせですが、最近では金融の世界も何でもありだと考えなければなりません。

もちろん審査は消費者金融よりも銀行の方が厳しくなるので、消費者金融が自分の所のカードローンの審査で利用している審査基準ではなくて銀行の意向も反映した審査基準になっている筈です。

~保証会社が2社ある場合もある~
保証会社というのは各カードローンで1社というのが普通ですが、中には保証会社が2社ある場合もあります。

この場合、審査の難易度の差をつけておいて審査を2段階にし、厳しいほうの審査に通過した時と、甘いほうで審査に通過した時で適用される金利に差をつけるような場合もあります。

返済が行われなければ保証会社が債権を持つことになる

カードローンの融資の仕掛けが分かったと思いますが、返済できなかった場合を考えてみると、カードローンを提供している金融機関は保証を受けますから、債権者は金融機関ではなくて保証会社になります。

もしこの債権がなかなか回収できなければ、保証会社は、その債権を多少安い金額で、他の業者に売ってしまうことも考えられます。銀行の委託先の保証会社は信用できても売った先の業者は分りません。

債権が流れ流れて怪しい業者の手に渡ってしまう可能性も無いとは言えません。闇金まがいの業者の手に渡れば、厳しい取り立てを受ける事にならないとは言えないのです。

返済できなければ保証会社に債権が移ることになる

さて保証会社という存在位置が分かったと思いますが、返済が行き詰ってしまってできなくなってしまったらどうなるのかを説明していくことにします。

返済ができなければ、融資した金融機関に対して保証会社が返済分のお金を支払いますから、この時点で融資したお金の債権は保証会社に移ることになります。

保証会社というのはこの債権に対して、回収を行いますが、利用者の状況によってはなかなか回収できず、いわゆる不良債権ということになってしまうこともあります。

この時点での保証会社というのは、消費者金融と言っても大手で、昔のような厳しい取り立てを行うわけではなく、回収担当が利用者に接触する場合も、いたって紳士的に行われます。

できればこの段階で支払ってしまったほうが無難です。

返済できない状態が続けば債権は他に流れる可能性もある

しかしなかなか回収できなければ、保証会社も損失の穴埋めをしなければなりませんから、多少の損失は覚悟のうえで、手持ちの債権を別業者に売ってしまう可能性があります。

例えば債権を8割の値段で売れば、2割分は損失になりますが、全然回収できない場合よりも損失はかなり少なくなるわけです。

そして、買った業者の方は、その債権をまるまる回収できれば、2割分の利益になる訳です。

もちろん債権を買い取る訳ですから、回収に自信がある業者という事になります。

こうして保証会社に渡った債権は、さらに別の業者に流れる可能性が出てくることが分かります。

流れ流れて怪しい業者に債権が渡る可能性もある

保証会社になっているような大手消費者金融は、取引関係にある金融業者も、それなりに問題のない業者を選ぶはずですから、債権の売り先も問題のない業者のはずです。

しかし、債権というのは同じように別業者に流れていくことを忘れてはいけません。しかも次の業者が問題の無い業者という保証は有りません。

こうして債権が流れ流れて怪しい業者にわたってしまう可能性も無いとは言えないのです。

そうなった場合、以前のサラリーマン金融のような体質を残している可能性もあり、厳しい取り立てが行われることになってしまうことも無いとは言えません。

ですから、保証会社が有って担保や保証人が必要ないとは言っても、やはり無謀な借入れをしてはいけないという事です。

~返済できなくなった時には早めに債務整理を考えよう~
もし返済ができなくなって、その後も返済の見込みが無いのであれば、おかしな状況に陥ってしまう前に、早めに債務整理を行って、返済できる条件に見直した方が良いでしょう。

先延ばししたら問題は大きくなって自己破産するしかなくなることもあるので、早めに弁護士などに相談して最適な方法を選ぶようにして下さい。

ここでカードローンと保証会社の関係について纏めておきます。

  • カードローンでは個人の信用保証が行われるため担保や保証人が必要ない
  • 銀行は信用保証技術を持っておらずカードローンの信用保証は消費者金融に委託している
  • 信用保証は保証会社が行うためカードローンの審査は実質保証会社が行っている
  • 返済が行われなければ債権は保証会社が持つことになり不良債権化すると別業者に流れる可能性もある

カードローンは返済できなければ大変ですから、利用する際には自分の収入と支出をよく考えて、月々返済するだけの余裕があるかどうかを確認してからにしましょう。

閉じる
閉じる