自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローン融資は年収3分の1まで。年収の半分は絶対借りれない?

カードローンの融資は申込めば幾らでも貸してくれるというわけではなくて、貸出限度額内で利用限度額が決められますが、この利用限度額は年収額に応じて上限が決まっています。

銀行の場合、銀行の判断で上限が決められますが、殆どの銀行では年収の半分か、あるいは年収の3分の1が上限として内部規定で決められていて、それ以上の融資額は設定されません。

消費者金融の場合には、貸金業法に総量規制という規定があり、法的に年収の3分の1までしか融資することができません。

ただし申込直後は、信用評価が低くなるため、この上限額までの融資には応じてもらえず、更に少額になってしまうのが普通です。

カードローンの融資は年収に合わせて上限額が決まる!

カードローンと言うのは幾らでも借りられるわけではありません。融資される金額には上限額が決まっていて、それ以上の融資が行われることはありません。

金融機関は返済が難しくなるようなお金は貸してくれることはないのです。

各カードローンには、それぞれ貸出限度額というものが決まっていて、その金額内で、各利用者が実際に利用できる利用限度額という上限額が決定されます。

ただし、この利用限度額の決定には、この貸出限度額の他に年収にリンクさせる形で上限が決められていて、年収によっては利用限度額は非常に少額になってしまう可能性も無いとは言えません。

カードローンは幾らでも貸してくれるわけではない

カードローンの説明資料を見ると、まず目に飛び込んでくるのが500万円までとか800万円までとか、とんでもない大きな金額で、一見するとこの範囲内であればいくらでも借りられるような印象を受けます。

これらの数字は貸出限度額と言われるもので、そのカードローンの融資の最高額を示すものです。

しかしちょっと考えれば分かりますが、誰でも例えば800万円も貸していたら、すぐに返済できなくなる人が続出して、金融機関は巨額の不良債権を抱えることになって、経営は行き詰ってしまうでしょう。

要するに誰もが幾らでも借りられるというわけではなく、無理なく返済できる上限額が決められることになるのです。

各カードローンでは貸出限度額内で利用限度額が決められる

実際には、カードローンの場合この貸出限度額内で、それぞれの利用者の融資上限になる利用限度額というものが決められることになり、利用者はこの範囲内で借りたり返したりを繰り返すという事になります。

この利用限度額は融資の可否を決める審査の中で、融資をするという事になった場合に金利とともに決められることになっています。

審査では次の確認や評価が行われています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用力の評価

利用限度額や金利はこのうち信用力の評価で決まることになり、信用評価が高ければ高い程、低金利で高額利用が可能になります。

設定できる利用限度額には年収による上限がある

では利用者は信用評価によっては貸出限度額までの融資も可能性があるのかというと、間違いではありませんが、もう一つ利用限度額を決定する場合の上限が存在しています。

例えば年収100万円の人に500万円融資するのかと言えば絶対にそんなことはありません。それは返済の見込みが非常に低いためです。

つまり、金融機関は返済の可能性が無ければ不良債権を抱える危険性があるので、貸せない訳です。

そこで各金融機関は、返済能力のもとになる年収から、融資できる上限を決めており、貸出限度額とともに、この年収による上限も考慮して利用限度額を決めることになります。

~年収が大きくても返済できる保証はない~
本文で説明しているように、利用限度額は年収も考慮されて決定されますが、注意が必要なのは年収が高額でも返済できる保証はないという事です。

例えば年収1000万円でも、支出も1000万円では、返済に回せるお金はないことになります。

したがって、返済できるかどうかは金融機関に判断を任せるのではなくて、自分でもよく計算してみることが必要です。

銀行の場合には年収の半分あるいは3分の1が上限になる!

銀行の場合には、融資の上限を規定しているような法的な規制はないので、銀行の判断で幾らまで融資しても構わないという事になりますが、返済ができなければなりませんから内部規定で上限が決まっています。

殆どの場合、銀行のカードローンの融資上限額は、年収の半分あるいは年収の3分の1までとなっていて、もし多少でも高額融資を狙うのであれば年収の半分としているカードローンを探しましょう。

年収の証明には収入証明書の提出が必要ですが、少額の融資を希望する場合には提出は要求されず、銀行の場合には100万円まで必要なかったり、中には300万円まで必要ないところもあります。

銀行の場合には法的に言えば銀行の判断で融資額を決めて構わない

では年収で決まるのであれば、年収額までは借りられるのかというとそうではなく、年収から上限額をはじき出すという意味です。

この上限は金融機関によって、違ってきますが、まず銀行の場合では、特に法的な規制はないため、銀行は内部規定によって、融資する上限を決めています。

銀行はカードローンのような形での融資の歴史は短いですが、消費者金融に比べて融資というものの歴史自体は長く、年収に対してどの程度の返済まで可能なのかという判断は各銀行とも経験則で持っています。

このため、銀行ではこの上限が必ずしも統一されず、それぞれのカードローンで違いが出ています。

殆どの銀行は年収の半分か3分の1が上限

では具体的にはどうなっているのかというと、概ね次の2つの上限が存在しています。

  • 年収の半分まで
  • 年収の3分の1まで

ですから、例えば年収300万円の場合、銀行のカードローンでは利用限度額の上限は150万円か100万円のどちらかという事になる訳です。

銀行ではそれぞれ上限が違いますから、申込みの前に確認しておくようにした方が無難でしょう。

将来的に少しでも高額の融資を望んでいるのであれば年収の半分まで融資してくれるものを探しましょう。

収入証明書の提出はカードローン毎に違うので要注意

したがって、カードローンでは年収によって融資の上限が決まることになり、申込みに当たっては収入証明書の提出が要求されます。

ただし、融資希望額によっては提出の必要がなく、その金額はカードローン毎に決められています。

このため銀行によっては後で説明する消費者金融と同じように50万円を超える場合ということも有れば100万円超、時には300万円超となっているものもあります。

ただし、中には借入希望額によらず、必ず提出を要求していることも有るので、注意しなければなりません。

~収入証明書に利用できる書類とは~
収入証明書というのは、基本的には年収額が明示されている書類という事になり、通常は源泉徴収票や確定申告書、住民税決定通知書などの写しを利用することができます。

もし用意できない場合は、直近2月分の給与明細の利用もできる場合があります。

消費者金融には法的な規制がある!上限は年収額の3分の1

これに対して消費者金融の場合には、貸金業法の総量規制という法的な上限が決められているため、消費者金融がどう判断したとしても、この規制以上の融資を受けることはできないという事になります。

この規定では原則として年収の3分の1が上限になっていますが、例外があり、1社あたり50万円までの融資は年収に関係なく融資できるなどの収入が少ない人への対策が盛り込まれています。

消費者金融の場合法的な規制があるので、審査では厳格に収入が確認されることになり、50万円を超えるような融資を希望する場合には、収入証明書の提出が要求されます。

消費者金融には法的な上限が決められている

次に消費者金融の場合を説明していきます。

消費者金融の場合、内部規定ではなくて法的な上限が設定されています。これは貸金業法の総量規制と呼ばれるもので、貸金業者は全社合計して年収の3分の1までしか融資できないことになっています。

これは、以前は収入が無くても例えば資産状況次第で融資されたりしたのですが、主婦が借入れすることによって、買い物依存症やパチンコ依存症に陥ることがあって、社会問題化したため設けられた規定です。

この規定だけが原因とは言えませんが、消費者金融は思うように融資ができなくなってしまい、経営が傾いて、半数が消えていくことになったと言われ、業者側にも大きな影響を与えることになりました。

総量規制の例外規定とは

そうはいってもこの総量規制があると、融資の利用が難しくなったり、利用できなくなってしまう場合も有るため、それでは困る人も出てくるという事で、次のような例外規定が設けられることになりました。

  • 専業主婦の場合配偶者の了解のもと配偶者の借り入れ分と合計して配偶者の年収の3分の1までは融資可能
  • 1社50万円まで全社合計で100万円は融資可能

つまり家計を預かっている専業主婦であれば家計の中なら返済できますから融資可能で、更に年収が少なくても最大100万円までは融資可能という事になる訳です。

50万円以上の融資を希望する場合必ず収入証明書が必要になる

消費者金融の場合上限は法令で決められていますから、確認もその分厳格に行われなければならなくなります。確認無しで融資してしまったら、場合によって法令違反という事になり、業者が罰せられるからです。

ですから、消費者金融の場合、収入証明書は必ず提出を要求する場合も有りますが、それ以外は、例外規定を考慮して50万円を超える融資希望額の場合に提出が要求されるのが普通になっています。

したがって、消費者金融で50万円を超えるようは融資を希望する場合には、申込みの前に収入証明書類をまずは探しておくようにしてください。

~銀行は融資が厳しくなる可能性がある~
消費者金融はかつて融資をし過ぎて、それを規制するために総量規制などが設けられることになってしまい、自分の首を絞めました。

しかし現在では銀行が融資しすぎて多重債務者を生んでいると批判を受けるようになっており、銀行はかつての消費者金融の轍を踏まないように、自主規制で法令による規制を避けようとしています。

したがって今後銀行の審査は厳しくなる可能性があり、融資上限も見直される場合が出てくるかもしれません。

実際の利用限度額は最初は上限まではいかない!信用を付ける事が重要

ただし、このような融資上限が決まっていたとしても、実際には申込当初に設定される利用限度額は、この上限まで行かないのが普通で、高額な融資を期待しても、落胆することになってしまいます。

利用限度額というのは審査での信用評価によって決まるもので、この審査で重要になるのが金融機関とのこれまでのお付き合いです。

このため当初はお付き合いが少ないのが普通ですから利用限度額は少額になってしまうわけです。

ただし、カードローンを適正に利用していけば、それによって信用評価は上がっていくことになり、しばらく利用を続けて、再度審査を受けなおせば、信用評価が上がって、利用限度額も増額される事になります。

融資上限額が決まっていても通常はそこまで融資されない

このようにカードローンには貸出限度額の他に年収による上限も有ることが分かりました。要するに利用限度額の上限はこのうちどちらか低いほうの金額が上限という事になります。

例えば、貸出限度額が800万円で、上限が年収の半分になっている銀行の場合、年収1600万円を超える時は、上限は貸出限度額の800万円、1600万円以下の場合の上限は年収の半分となります。

ただし、これは説明しているようにあくまで上限です。要するに実際の利用限度額はこの金額のを上限にして、決められるという事になり、通常はもっと少ない金額が設定されるのが普通です。

利用限度額は審査での信用評価によって決められる

実際に設定される利用限度額というのは審査での信用評価によってこの上限額以内で決められることになります。

信用評価は利用者と金融機関の間のお付き合いの度合いで決まることになり、以前からローンを利用したりして、しっかり返済を行っていれば、お金を貸しても大丈夫な人だという事で高くなります。

しかしこれまで利用したことが無く、初めてその金融機関を利用するというような場合には、金融機関側もどういった人かわかりませんから、信用評価はマイナスではないにしてもゼロと言うことになります。

したがって、始めて申込むと言う場合には、信用評価は非常に低く、その評価で設定される利用限度額と言うのは、それほど高額にはなりません。

例えば50万円の融資を希望したとしても、10万円台になってしまうことも珍しいこととは言えないのです。

利用中に信用評価が上がれば利用限度額も増額してもらえる

ただし、当初はそうやって極少額の利用限度額が設定されますが、信用というものは適正な利用を続ければ続けるほど、上がっていくもので、カードローンを利用している間も徐々に上がっていくことになります。

ですから、当初は低かった評価も、しばらく利用すれば評価が上がるので、利用限度額は増額してもらうことができます。

この増額が可能になるのは、多くのカードローンで概ね半年程度、中には1年程必要なものもあります。

利用限度額はこのようにして徐々に上げていくことができて、少しづつ上限に近づいていくことになります。

もちろんこうしている間には、年収も少しづつ上昇するはずですから、上限もしだいに上がっていくはずです。

~利用限度額の増額の申込みとは~
利用限度額の増額には増額申し込みというものを行って、改めて審査を受ける必要があり、この審査で信用が再評価されて、それに合わせて利用限度額が決められることになります。

注意が必要なのは、増額とはいっても再評価の結果信用が下がっている可能性もあり、そういう場合には利用限度額は減額されることになることです。ですから安易に増額は申込むべきではありません。

ここでカードローンの融資は銀行では年収の半分が上限になることについて纏めておきます。

  • カードローンの融資には年収による上限がある
  • 銀行の場合には年収の半分か3分の1が上限になる
  • 消費者金融は法的に年収の3分の1までと決められている
  • 申込当初の利用限度額は上限よりもかなり少額になる

利用限度額の増額を申込むと同時に金利の見直しも行われることになり、増額できれば金利も低くなるので、たとえ増額の必要がなかったとしても、増額できるのであれば増額した方がお得な借り入れができます。

閉じる
閉じる