自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

主婦でも借りられるカードローンとは?配偶者の収入も判断材料!

主婦と言ってもいろいろな立場があって、正社員として働いている人もいれば、専業主婦と言う場合もあります。最も多い形態としては家事の傍らパートとして働いているという場合でしょう。

カードローンを利用する場合、返済がありますから、基本的には収入が無ければ審査通過は難しいので、正社員やパートなどの場合には、申込める人は多いですが、専業主婦が申込めるのは数が限られます。

また専業主婦でも申し込みができるという場合も、通常は配偶者に返済できるだけの収入があることが、審査通過の前提になり、また融資が受けられるとしても、上限額は50万円以内に抑えられてしまいます。

主婦でもカードローンは借りられる!問題は返済能力

最近は主婦だからと言ってカードローンの利用が拒否されるということはなく、申込条件を満たしていて審査に通過できれば、ほかの人と同じように、融資の借入れができます。

そこでカードローンを利用するためには、まず自分が申込可能かどうかの確認が必要です。申込条件には年齢制限の他、収入要件があり、通常は月々安定した収入がなければ申込むことができません。

このため主婦と言っても正社員やパートなどで月々収入が入ってくる場合には、利用できるカードローンはそれなりに見つかりますが、収入がない専業主婦の場合には、申込みできるカードローンは限定されます。

まずは申込条件を確認してみよう

一口に主婦と言っても、それぞれで置かれた状況が違うので、カードローンの探し方にもそれぞれで違いが出てくることになります。

特に主婦に限った話ではありませんが、申込めるかどうかは、それぞれのカードローン毎に決められている申込条件によって決まることになります。

通常この申込条件には次の2点が含まれています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限については概ね20歳以上で65歳から70歳程度までの間であれば、主婦でもクリアできます。

しかし収入要件については、、ほとんどのカードローンで安定収入があることという表現になっていて、主婦の場合、満たせない場合も多いはずです。

主婦でも正社員として仕事をしているのであれば、特に問題は有りませんが、パートということになると、安定とは言えない人も多いでしょう。

さらに専業主婦となると、収入自体がないので、文字通り解釈すれば、申込条件を満たしていないということになります。

ただし、この申込条件には但し書きがついている場合が有って、パートでも申込可能とか、専業主婦でも申込可能とかと書かれていることがあります。

そこで、申込みを考えているカードローンが有ったら、まずこの申込条件を細かいところまで確認して、自分が申込可能なのかどうかを調べてみましょう。

返済できる安定収入があれば審査通過の可能性もある

申込条件を満たせば、申込みはできますが、申込みができたからと言ってカードローンが利用できるとは限りません。

カードローンは申込み後に行われる審査に通過できなければ利用できないのです。では審査はどのように行われるのかと言えば、詳細は公開されないのでわかりませんが、概ね次の確認や評価が行われます。

  • 本人の確認
  • 返済能力の評価
  • 信用の評価

ここで主婦にとって問題になってくるのが収入の評価でしょう。収入の評価は主に次の2点が調べられます。

  • 一定額以上の年収
  • 安定した月収

一定以上というのは200万円とも言われますが、デフレが進んでいるので、それでは利用者確保が難しいため、もう少し少額になっていると考えられます。

問題は安定した月収で、自分の収入は安定していると考えているパートの主婦も審査では不安定と評価されてしまうかもしれません。

専業主婦の場合はそもそも収入自体がないので、金融機関は返済の可能性を探るために次章で説明するように、配偶者の収入で判断されることになります。

専業主婦では申込みができるものの数は限られる

専業主婦の場合、やはり返済のことを考慮すると、なかなか融資できる相手とは判断することはできません。

このため、カードローンの中では専業主婦は収入無しと言うことで申込めない場合も多く、利用できるカードローンは限られると考えておきましょう。

ですから、専業主婦がカードローンを申込む際には、見つけるまでに時間がかかるということを覚悟して、慌てずにじっくり探すようにしてください。

~年齢にも要注意~
申込条件には本文で示したように年齢制限があります。専業主婦が申込める場合も、上限が60歳になっていて、利用できない人も出てくる可能性があるので十分注意してください。

専業主婦がカードローンを利用するには?配偶者の収入が前提!

専業主婦が申込めるカードローンが有ったとしても、カードローンというのは返済することが前提になりますから、そのためにはお金の裏付けがなければ貸してはくれません。

このため専業主婦の申込みの為には前提条件が付くことになります。

この前提条件は、通常配偶者の収入ということになり、審査に通過できるのは、この配偶者の年収が返済できるだけの金額に達している場合ということになります。

このように専業主婦という立場では申込めるカードローンが限られることになるので、配偶者の了解を前提に、自分が利用しやすいカードローンを配偶者名での契約も考えてみることも必要でしょう。

専業主婦が申込めても前提条件が付く

そこで専業主婦が申込めるというカードローンを見つけたとして話を進めることにしましょう。

この場合申込条件に「専業主婦も申込可」というような記載があるはずですが、それに付け加えて、さらに「配偶者に収入が有れば」というような前提条件がついている可能性があります。

また前提条件が明示されていなかったとしても、金融機関は返済が行われなければ損失になってしまうので、審査では配偶者に収入があることが確認されることになります。

つまり、専業主婦にお金を貸す場合には、実質的には配偶者が保証人的な立場にならなければ貸してはくれないと言うことです。

審査では配偶者の返済能力が問われる

このため専業主婦の申込みに対する審査においては、専業主婦本人の収入を評価するのではなく、配偶者の収入が評価されます。

例えば配偶者が正社員で安定した収入が入ってくると判断されれば、審査通過の可能性が高くなります。

しかし配偶者がアルバイトというような場合で収入が安定していないと判断されれば、審査は否決になる可能性も高くなってしまうでしょう。

このため申込む場合には配偶者の収入が先ほど説明した返済の可能性を評価する基準を満たしているかどうか、よく考えてみてください。

場合によっては配偶者名で申込んだ方が無難

このような訳で、専業主婦がカードローンを申し込む場合には配偶者の収入が大きく影響することになります。

しかも次章で説明するように専業主婦の名前では配偶者の収入が安定していたとしても、大きな借入れはできないのが普通です。

このため、将来的に大きな借入れを希望する場合には、専業主婦の名前ではなくて、配偶者と十分相談したうえで、配偶者名で申込みを行うことも考えるべきでしょう。

自分がどのようにカードロ―ンを利用していくのかよく考えたうえで、どう申し込めばよいのかを考えることが重要です。

~夫婦間の意思の疎通が重要~
本文で説明しているように場合によっては配偶者の名前で申込んだ方が良い場合もあります。

しかしこういうことを考える場合には、夫婦間の意思の疎通が大変重要になります。

例えば配偶者に内緒でカードローンの申込みをしようというようなことは、返済のことも考えれば、専業主婦には決して勧められることではありません。

専業主婦の場合50万円が上限の場合が多い!それ以上の借入は難しい

では専業主婦がカードローンを申込むとして、どの程度の融資が受けられるのでしょうか。法的に言えば、配偶者の年収次第で、年収が大きければ専業主婦でも高額の利用が可能ということになります。

しかし実際には、配偶者の年収が大きかったとしても、専業主婦の場合には、上限を50万円にしているというのが普通で、カードローンでのそれ以上の融資を期待してもまず無理です。

したがって、専業主婦でも様々な目的で融資の利用を考えていると思いますが、金額的に考えれば、生活費が足りなくなった時に、次の給料日までをつなぐための補填程度と考えておくべきでしょう。

法的には融資上限は配偶者の年収次第

では専業主婦がカードローンを申込んだとしてどの程度のお金を借りることができるのでしょうか。

消費者金融は貸金業法によって管理されますが、この貸金業法には総量規制というものがあり、融資の上限が決められています。

この規制によれば、融資の上限は基本的には全社の借入れの合計が年収の3分の1までということになっています。

ただしこれでは収入が少なかったり、無かったりすると借りられませんから、次のような例外規定があります。

  • 1社あたり50万円まで、全社合計して100万円までは年収に関係なく融資できる
  • 専業主婦の場合は配偶者の了解のもと配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1までは融資できる

つまり法的に言えば配偶者の年収次第で専業主婦でも高額の融資の利用も可能ということになります。

ただし、銀行の場合にはこの法律の規制を受けないので、内部規定によって違ってきます。

実際には専業主婦の場合50万円が上限という場合が多い

ただし、法的には配偶者の年収次第とはいっても、実際の運用では、そうはなっていないのが普通で、専業主婦の場合は多くの場合、上限は50万円となっています。

つまり配偶者の年収が1000万円あれば、配偶者が借入していない場合、法的には専業主婦でも300万円以上の借入れができる事になりますが、実際には上限50万円までしか借入れはできないという事です。

しかも申込当初は、信用評価も低いですから、50万円というのも上限であって、実際に借入れできるのはせいぜい10万円台程度になるのが普通です。

専業主婦の借入は生活費の補填程度と考えるべき

このため、専業主婦がカードローンを利用しようという場合は、借入れして何か高額なものを買ったり、レジャーに利用するということではなく、給料日前の生活費の補填などを想定すべきでしょう。

専業主婦というのは家計を預かって、遣り繰りを考えて生活を円滑に進めることを考えるというのが普通です。

ですから生活費が足りなくなるというようなことはすぐにわかるはずです。カードローンというのは、いろいろと遣り繰りしたが生活が厳しいという場合に、その穴を埋める生活ツールと捉えると良いでしょう。

~貸金業法とは~
貸金業法は消費者金融がまだサラリーマン金融と呼ばれていたころ、高金利で厳しい取り立てを行い社会問題化したことにより、これを規制するために作られた法律でサラ金規制法などと呼ばれていました。

総量規制はこの法律の直近の改正で盛り込まれた規定で、当時問題になっていた買い物依存症などで借入れしすぎる人が出てきたことへの対策という意味合いがあります。

収入内で生活することが大切!まずは借りなくて済ませる事を考えよう

借入れの理由は様々あるでしょうが、専業主婦の場合にはそれほど高額借入れが期待できるわけではありませんから、できれば借入れなど考えず、収入の中で生活できるようにすべきでしょう。

そのためには基本として、家計というものをしっかり管理しておく必要があります。簡単に言えば家計簿をしっかりつけて、家計の収入と支出内容がすぐにわかるようにしておきましょう。

そして、もしお金が足りず、借入れを考えた時には、まず借入れを考えるのではなくて、借りなくて済ませるにはどうすればよいのかを家計簿の支出内容を見て考えることが必要です。

支出内容をみれば、これからどんなお金が必要で、遣り繰りできる部分も見えてくるはずです。

生活は収入内で行うことが基本

ここでは専業主婦のカードローンの利用について説明してきましたが、勘違いしてはいけないのは、決して借入れを勧めるものではないという事です。

生活というのは基本的に言って、収入の中で行う必要がるものです、月々足りない分を借りていたら、借入額は徐々に増えていく可能性があり危険です。

この場合には生活を見直して支出を減らすことが必要です。

また、もし借入れ額は増えないが返済しても返済しても減らないという場合には、月々返済額と同じ程度に借入れを繰り返しているという事です。

もしそうだとすれば、返済がなければ借入れも必要ないという事になるので、賞与などが入った時に調整すれば、以後借りなく済むようにできます。

専業主婦は家計を管理する立場にある訳ですから、どうすれば借りなくて済む生活にできるのかよく考えてみてください。

家計簿をつけて生活費の管理をしていることが重要

ただし、これができるのは、常々家計というものを詳細に管理している必要があります。

このためには収入内容と支出内容を日々記録に残しておくことが重要です。これに最も適しているのは家計簿です。日々とは言いませんが週に一度程度、家計簿をつける時間を取っているでしょうか。

最近ではスマホが普及していて、レシートにスマホをかざすだけで、自動的に記録されるようなことも可能なアプリもありますから、そう難しいことではないはずです。

お金が必要な時はまずは借りなくて済ませる方法を考えよう

管理ができていれば、家計がどういった状況になっているのかはすぐにわかるはずです。

もし生活費が足りない場合も、早めに分かるはずですから、今後必要になる支出内容を検討することで、不要不急の支出を先延ばししたり、取りやめにすれば、借入せずに済ませることができる可能性があります。

このようにお金が足りないという時は、すぐに借入れを考えるのではなくて、まずは借りなくて済ませるにはどうすればよいのかを考えることが大切です。

そのための資料になるのが家計簿であり、遣り繰りで乗切れれば、その先にある返済の心配もする必要はないのです。

~依存症に注意~
専業主婦の場合、かつてお金を借り続けて買い物依存症に陥ったり、パチンコ依存に陥ったりする場合があり、それも有って総量規制が作られました。

しかし総量規制があっても、歯止めが利かなくなる人もいるので、本人も家族も十分注意しなければなりません。

もし依存症に陥ってしまった時は、自分で治すのは難しいと考えるべきで、なるべく早く心療内科を受診しましょう。

ここで専業主婦でも借りられるカードローンについて纏めておきます。

  • 主婦でもカードローンは返済能力次第で借入れ可能
  • 専業主婦の場合収入がないため配偶者の収入が前提になる
  • 専業主婦の場合融資の上限は50万円となり高額融資の利用は難しい
  • 生活費は安易に借入れするべきではなくまずは借りなくて済ませる方法を考えることが重要

専業主婦だが、もし生活費以外にもお金が必要というのであれば、借入れではなく、時間を見つけてパートをするなど自分で稼ぐことを考えてみましょう。

閉じる
閉じる