自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

専業主婦でもカードローンは利用できるかも。配偶者の収入が前提!

カードローンは当然返済が見込めなければ貸してもらえません。このためカードローンにはそれぞれ申込条件が決められており、これには通常安定収入がある事が明記されているので収入が無ければ申込めません。

ただし、専業主婦の場合には、申込条件に但し書きがある場合があって、配偶者に収入が有って返済が見込める場合には、審査に通過できることがあります。

金融機関によっては複数のカードローンを用意しておいて、一押しにしているカードローンは専業主婦の申込みはできなくなくても、他のカードローンでは限度額を低くし申込めるようになっている事もあります。

ただし融資されたとしても最高50万円までという場合が多いので要注意です。

カードローンには申込条件がある!安定収入が前提になっている?

ローンと言うのは借入れするだけでは終わらず後々返済していかなければなりません。金融機関は返済時に利息を払ってもらって利益を上げますから、返済できない人に対しては融資を行う事はありません。

このため、カードローンを申込むにあたっても、申込条件があり、この中には安定収入がある事という条件が入っているため、職についておらず収入が無い人には申込むことさえできないということになります。

以前は無収入でも資産状況などによっては融資に応じる消費者金融も有りましたが、依存症などを生んでいるという指摘があり現在では貸金業法の総量規制ができて、条件が厳しくなり申込みが難しくなりました。

金融機関は返済してもらわないと利益が得られない

カードローンはさかんコマーシャルを流していて、誰でも借りられそうに感じてしまいますが、金融機関は慈善事業を行っているわけではなく、あくまで利益を追求している企業であることを忘れてはいけません。

金融機関も事業が多様化してきていて、様々な収入源が有りますが、基本的にはお金を貸して、利益を得るという事になります。

この利益がどこから出てくるのかと言えば、融資したお金を返済してもらう時に付けてもらう事になる利息からということになります。

つまり返済時は融資した元金だけを返済してもらっても利益は上がりませんから、それに利息を付けてもらうことによって利益を得ているわけです。

したがって金融機関は返済してくれないような人に向けては融資してくれることはありません。

カードローンの申込条件には安定収入が明記されている

そこでカードローンに絞って考えてみましょう。

説明したようにローンでは返済ができない人にはお金は貸してくれませんから、各ローンには予め申込条件が決められています。当然ですがカードローンについてもそれぞれ申込条件が決められています。

このカードローンの申込条件はカードローンごとに決まっていて、違いがありますが、次の2点についてはほぼ共通して挙げられています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

このうち年齢制限は下限はほぼ20歳以上で共通していて、上限は65歳程度から70歳程度までの間で決められています。

収入要件はほぼ表現も同じで安定収入がある事と明記されています。

以前は無収入でも借りられる例があったが今は規制が厳しくなっている

消費者金融の場合には、以前は収入が無くても資産状況が良好であれば、融資をしていたところも有りました。

しかし資産が有っても返済するにはその資産を処分しなければならない訳ですから、返済が滞ることも出てきます。

特に女性の場合、買い物やパチンコにお金を使い続けるような依存症に陥ってしまう例が多々あったために、貸金業法が強化され、総量規制というような規制ができることにつながりました。

このため現在では申込条件にあるように安定収入が無ければ融資されないようになったわけです。

~カードローンは職種によって審査が厳しくなる~
安定した収入があるかどうかは申込条件だけではなく、審査でも確認が行われます。

この審査では職業や職種によって収入の安定性が評価されており、正規採用の公務員や会社員の評価は高くなります。

しかし非正規採用の場合には評価は下がり、収入の安定性が下がれば下がるほど審査通過は難しくなります。

専業主婦の場合は配偶者の収入次第で審査の通過が可能な場合がある!

ただし、こういった法的規制もあるのですが、専業主婦については例外的に扱われており、配偶者の了解があれば、配偶者の収入にリンクさせた形で融資ができるというような例外規定が付けられています。

このため、実際のカードローンでも専業主婦を例外的に扱っている場合があって、申込条件に但し書きがつけられていることがあり、収入が無かったとしても配偶者次第で申込みができる場合もあります。

ただし、これは申込みができるというだけの話で、やはり申込みの後には審査が行われることになるので、配偶者の収入などによっては、返済能力の評価が低くなる可能性もあり、融資を断られる場合もあります。

法的には専業主婦には例外規定が適用になる

このように総量規制というような法的規制が有るので、安易な融資をしてしまうと、法律違反になることも有る訳です。

ただし、これでは家計を支えている専業主婦は、いくら頑張っても自分ではお金を借りることもできなくなってしまいます。

そこで、この総量規制には、次の2つの例外規定が付けられています。

  • 1社あたり50万円まで全社合わせて100万円までは年収によらず融資可能
  • 専業主婦の場合には配偶者に安定収入が有って配偶者の了解があれば配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1までは融資可能

つまり、法的に言えば専業主婦でも配偶者の了解のもと、配偶者の収入次第でカードローンの申込みができるということになる訳です。

専業主婦については申込条件に但し書きがある場合がある

ただし、この例外規定はあくまで法律としての規定で、実際の運用ではこの法律に違反していなければよい訳ですから、対応はカードローンごとに違ってきます。

したがって、カードローンによっては特に専業主婦を区別せず、やはり申込みを認めていないものがあります。

しかし、申込条件の安定収入の記載の直後に但し書きとして専業主婦は申込可と言う記載を付けているカードローンもあります。

専業主婦がカードローンを利用したいという場合には、まずはこういった記載が有って専業主婦でも申込みができるカードローンを探すことから始める必要があります。

配偶者の収入によっては融資が断られる場合もある

ただし、これはまだ申し込みができるというだけで、審査に通過できると決まったわけではありません。

専業主婦の場合、自分には収入が無い訳ですから、返済能力の評価というのは配偶者の収入によって行われることになります。

このため、もし配偶者の方の収入では返済は難しいと判断された場合には、審査には通過することはできません。

例えば、申込みの前には、カードローンがホームページに用意している事前診断機能などを利用して審査通過を判断するかもしれませんが、専業主婦の場合には配偶者の年収で診断してみてください。

また審査に通過できたとしても、家計から考えて実際に返済して行くことができるのかどうか、事前にしっかり計算して、返済できないような借入れはしないように注意しましょう。

~専業主婦が無条件で借りられるような業者は要注意~
カードローンではまずありませんが、中小の消費者金融も含めて考えた場合、特に条件を付けずに専業主婦に融資するという業者があります。

その場合は闇金という事もあるので、その業者が正規業者かどうか予め確認するようにして下さい。

同じ金融機関に複数のカードローンがある場合には要注意!

もし申込条件で専業主婦の申込みができない場合でも、すぐに諦めるのは早計です。それは金融機関によっては提供しているカードローンが一種類だけではなく、複数有る場合があるからです。

例えばその金融機関の一押しで宣伝しているカードローンでは申込みができない場合でも、もう一つ利用限度額を低く抑えるような形で別のカードローンが用意され専業主婦でも申込みができる場合があるのです。

ですから、申込条件をちょっと見て諦めるのではなくて、専業主婦のような、ちょっと申込み難い人の場合は、いろいろな情報を見逃さないように、じっくり時間をかけて利用できるカードローンを探しましょう。

複数のカードローンを用意している金融機関がある

カードローンは金融機関ごとに1つと思いがちですが、実際にはそういうわけではありません。

例えば大手消費者金融でも通常のものとレディスローンの2つを持っている場合がありますが、銀行も例外ではありません。

大手銀行にも一押しで宣伝しているカードローンの他にも条件を変えて別のものを用意している場合がありますし、地方銀行の場合には2つだけではなく6つも違うカードローンを用意しているところもあります。

もちろんそんなに用意しなくてもよいのではと首をかしげる場合もありますが、審査の難易度を上手に分けて、多くの利用者が使えるようにうまく作られているものもあります。

専業主婦は駄目な場合も他のカードローンでは利用できる可能性がある

このような複数のカードローンを用意している金融機関の場合、専業主婦もちょっと注意する必要があります。

例えば、金融機関が一押しにしているカードローンでは専業主婦が申込めないようになっている場合に、それを救済するような形で、もう一つ別のカードローンの方では申込みできるようになっていたりします。

こういった場合、一押しの方では例えば800万円まで融資が可能となっていたりしても、もう一つの方は上限が50万円という場合もあります。その代わり審査は比較的緩くなっていると言うわけです。

したがって、カードローンを調べる際には、金融機関が盛んに宣伝しているカードローンに隠れて他のカードローンが用意されていないかどうかも調べてみる必要があります。

カードローン選びはじっくり時間をかけて行おう

もし専業主婦がカードローンを選ぼうという場合には、こういったちょっと調べただけでは見逃すようなカードローンも調べなければなりません。

したがって、専業主婦だけではなく、審査通過が難しいような人の場合には、じっくり時間をかけて、自分でも審査に通りやすいと考えられるカードローンを探すことが大変重要になります。

安易に申込みをしてしまって、審査に通過できず、次々にカードローンを申込んでしまうと、申込ブラックという事になってしまい、しばらく審査通過が難しくなることも有ります。

申込み難い人は、その分時間を惜しんではいけません。カードローンは様々なものがあります。自分に合ったものが見つかるまで、根気よく探すようにしてください。

~レディスローンとは?~
金融業者の中には女性向けのレディスローンというものを用意している場合があります。

こういったレディスローンは他のカードローンの審査では通過しにくいい収入が少ないパートやアルバイト、専業主婦向けという場合もありますが、内容は一般向けと同じだが対応が女性というものも有ります。

利用する際には内容をよく調べて、選ぶようにしましょう。

専業主婦の場合は高額融資は無理!通常最高でも50万円まで

法的に言えば専業主婦は配偶者の年収によって融資上限が決まりますから、配偶者に高額の年収が有れば、それに合わせて専業主婦でも高額の融資を見込むことができ、中には妄想が広がる人もいるでしょう。

しかし、法的にはどうであっても、実際のカードローンの場合、利用限度額の上限が800万円であっても、専業主婦の上限は50万円になっている場合が多く、通常はその範囲内で更に低額になるのが普通です。

したがって、専業主婦の借入れというのは、あくまで生活費の補填程度と考えておくべきでしょう。さらに高額の借入れであれば、実際の収入がある配偶者の方が利用を考えるべきでしょう。

専業主婦は法的には配偶者の年収次第で高額融資の可能性がある

先程説明したように総量規制では専業主婦の場合、配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1まで融資が可能という事になっています。

したがって例えば配偶者に借入れが無く、配偶者の年収が600万円という場合には、専業主婦でも200万円までは法的に言って融資が可能という事になります。

配偶者の年収がさらに増えて行けば、専業主婦の借入額の上限はさらに高額になっていきます。

つまり法的に言えばカードローンの利用限度額の上限までであっても借入れできる可能性があるという事になるわけです。

実際には配偶者の年収が高額でも最高50万円に抑えられている

しかし、専業主婦にも融資を行っているカードローンのほとんどは、このように配偶者の年収に合わせて、融資上限を決めているわけではありません。

専業主婦の場合、配偶者に返済能力が有ることは必要ですが、年収がいかに高額になったとしても、融資の上限は50万円に抑えられています。

しかも、他の利用者と同じように、最初から上限まで有志が行われるというようなことはまずなく、申込当初に設定される利用限度額は10万円程度と考えておいた方が無難です。

したがって配偶者の年収が高額だからと言って、カードローンにあまり過大な期待を抱くべきではないことは、予めよく理解しておくべきでしょう。

専業主婦の借入れは生活費の補填程度に考えておくべき

このように、専業主婦がカードローンを利用する場合、それほど高額の融資を利用することはできない為、カードローンの利用目的としては、自分が背負う事になる生活のための費用の補填と捉えましょう。

その他の例えば家族旅行に行ったり、家電製品を購入したりという場合のように借入れが高額になってしまうようなときには、専業主婦自身が借入れするのは難しいと考えてください。

そういった場合には、収入元である配偶者自身がカードローンなどを申込んでおいて、もう少し纏まったお金が借りられるようにしておくことが必要です。

~借入前に返済にも目を向けよう~
借入れをした後は返済しなければなりません。審査に通ったからと言ってそれは返済ができる保証にはなりません。

あくまで家計収入と支出から月々どの程度の余裕があって、返済が可能なのかどうかを正確に判断しなければなりません。

ここで専業主婦のカードローン利用について纏めておきます。

  • カードローンには申込条件が有って安定収入が無ければ申込めない
  • 専業主婦の場合は配偶者の収入次第で審査通過の可能性がある
  • 金融機関によっては複数のカードローンがあり片方が専業主婦が申込めなくてももう片方が申込みができる可能性がある
  • 専業主婦の場合には高額融資の利用は難しく最高でも50万円が上限になる

専業主婦は家計を預かるという大変重要な仕事を担っています。借入れが必要かどうかも良く分かるはずですが、借入れを考えた場合には、まずは借りなくて済ませられないかをよく考えてみるようにしましょう。

閉じる
閉じる