自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは主婦でも審査通過は可能?収入の安定性が判断基準!

カードローンは審査の前にまず申込みが可能なのかどうかという問題があり、まずはそれぞれのカードローンの申込条件の確認が必要で、基本的には安定収入が無ければ申込みはできなくなっています。

申込みができたとしても審査に通過しなければならず、審査ではある程度の年収と月々の収入の安定性が評価される為、主婦に多いパートの場合にはこの評価が低くなってしまい審査通過が難しい場合もあります。

ただし専業主婦の場合には、収入が無いとは言っても家計を預かっているため、配偶者の収入次第では申込みができるカードローンもあり、配偶者の収入の評価で返済可能であれば審査に通過することも可能です。

カードローンの審査は主婦でも通るの?まずは申込みができるかが問題

主婦かどうかは別にしてカードローンの申込みができるかどうかは、それぞれのカードローン毎にある申込条件を満たしているかどうかによって決まる事になり、これを満たせば主婦でも申込みは可能です。

この申込条件にはいろいろありますが、年齢制限と共に必ず入っているのが安定収入で、申込むためには、月々安定した収入が無ければならないということになります。

カードローンの中には、この申込条件の中で安定収入だけではなくパートやアルバイトを排除しているような場合もあるので、カードローンを調べる場合には、細かい部分まで申込条件を確認してください。

主婦の場合審査の前に申込みが可能かどうかを確認

主婦は家計を預かる重要なポジションですが、遣り繰りが難しくなった場合には、カードローンを利用したくなる場合はありますし、最近ではカードローンを便利な生活ツールと位置付けて考える人もいます。

ただし、主婦の場合には正社員という人もいますが、どちらかと言えばパート等で家事の合間に仕事をしたり、あるいは専業主婦として家事に専念している人もいます。

そこでカードローンを申込もうという場合には、自分のこういった自分の状況をよく考えて、申込みが可能なのかどうかを判断する必要があります。

ですから、まずは各カードローンの申込条件を確認することから始めましょう。

申込むためには安定収入が必要になる

この申込条件はカードローンそれぞれで違いが有るので一概には言えませんが、次の2点についてはほぼ共通して挙げられています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は20歳以上65歳から70歳程度までとなっているので、未成年者や高齢者以外であれば、問題はないはずです。

しかし収入要件については安定収入があることが必要で、主婦としては正社員などの場合を別にしてパートや専業主婦には苦しい条件ということができるでしょう。

【関連記事】

専業主婦でもカードローンは利用できるかも。配偶者の収入が前提!

パートやアルバイトでは申込めないカードローンもある

専業主婦については後で説明することになりますが、収入が有ったとしても主婦に多いパートやアルバイトの場合には、申込条件で申込めないことになっている場合もあります。

もちろん申込条件によっては、パートやアルバイトでも申込めると明記されているものもあるので、申込条件の小さい字で書かれた部分までよく目を通して、まずは申込みができるものを探しましょう。

金融機関の中には複数のカードローンを提供している場合も有って、金融機関が一押しで宣伝しているようなものはパートでは利用できなくなっていても、他のものでは利用できる事も有るので注意して下さい。

よく調べて自分が申込みできるものの中から利用しやすいものを探すようにしてください。

~カードローンは時間をかけて探そう~
カードローンは非常に様々なものがありますが、いざ選ぼうとすると有名どころの中から探すというような人が多くなります。しかし本文で説明しているように主婦の場合選択肢は狭くなりますから、有名どころだけではなく、その地域の地方銀行や信用金庫といった小規模に見える金融機関も加えて時間をかけて探すようにしましょう。

審査通過は収入額と安定性で決まる!パート収入では難しい場合もある

申込みが行えたとして、次は審査です。審査では返済能力や信用について評価が行われ、返済に問題があると考えられた場合には、審査通過は難しいと言うことになってしまいます。

返済能力の評価では年収額や月々の安定性が評価の対象になり、安定性は職業や職種が参考にされます。主婦の場合、正規職として就職しているのであれば問題はありませんがパートでは評価は低いでしょう。

金融機関によっては利用限度額を少額に抑えて収入が少ない女性でも申込みやすくしたレディスローンを提供している場合もあるので、収入に問題がある場合には、そういったものの利用も考えてみましょう。

審査で問われるのは返済能力と信用

申込みができるカードローンを探したとして、実際に申込みを行ったとしても、それでカードローンが利用できるというわけではありません。次に控えているのが審査です。

審査はカードローンそれぞれが持っている審査基準によって行われることになりますが、この審査基準は表に出てくるようなことは有りません。

ただしどのような項目の確認や評価が行われているのかは予想でき、次のようなことが行われていると考えられています。

  • 本人が申込んでいるかどうかの確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者が信用できるかどうかの評価

本人が申込むと仮定すれば問題になるのは返済能力と信用ということになります。

信用については信用金庫情報が参照され、過去の金融取引状況が調べられ問題があれば審査通過はできません。

返済能力は収入額と安定性が問われパートでは難しい場合がある

主婦で問題になるとすれば、やはり返済能力ということになります。返済能力の評価は次の2点が重要です。

  • 一定額以上の年収
  • 安定した月収

一定額以上というのはあいまいですが、200万円と言われていた時期もありました。しかしその後デフレが進んだことから、最近ではもう少し少額でも構わないとしているカードローンも有るはずです。

また月収の安定性は、職業や職種によって評価され、正社員であればかなり高評価になりますが、パートということになると評価はかなり低くなります。

レディスローンの利用も考えてみよう

カードローンの中にはレディスローンというものが有って、女性向きのカードローンと言う位置づけで提供されています。

このレディスローンには次のような2通りの考え方があります。

  • 利用限度額の上限を低額にして返済能力の低い人にも融資できるよういにしたもの
  • 融資内容は一般向けと変わらず対応を女性向けにしているもの

前者は収入が少ないパートでも審査通過の可能性が高くなりますが、後者は審査自体は一般向けと変わらず、パートではなかなか審査通過が難しい場合も有るということになるので、申込みには注意が必要です。

このため、もしレディスローンを利用する場合には、その金融機関の一般向けのカードローンと内容を比較して、前者に当たるかどうかを調べてみてください。

~信用にも要注意~
本文では信用についてはあまり触れていませんが、例えば過去に携帯電話料金の支払いが滞ったりしたことはなかったかなど、よく思い出しておく必要はあります。そういったことがあった場合にはブラックということになっている可能性があるので要注意です。

収入が無ければ配偶者の収入次第!高額利用は難しくなる

もし申込者が専業主婦の場合には、収入がありませんから、基本的には申込めませんが、中には専業主婦でも申込みができるカードローンも存在しているので、そういったものを探せば申込可能です。

ただし、収入が無いのでは返済していく事は難しいので、この場合には、配偶者の収入が問われることになり、配偶者に安定した収入が有れば、専業主婦でも審査に通過できる可能性が出てきます。

ただし、通常であれば収入が高額になるほど、高額の融資の利用の可能性も出てくる事になりますが、専業主婦の場合には、配偶者に高額収入が有ったとしても、最高でも50万円を上限にしているのが普通です。

専業主婦の場合でも申込めるカードローンはある

次に専業主婦について考えてみましょう。

専業主婦ということになると収入が無いということになります。したがって、一般的な申込条件に従えば申込みはできないということになってしまいます。

このためカードローンにはこれにしたがって専業主婦は申込めないとしているものがあります。

しかし専業主婦というのは通常家計を管理しているので、返済能力的に考えれば、返済額を捻出できる可能性はあると考えることも出来ます。

ですからカードローンの中には、申込条件の中で安定収入を求めている一方で、専業主婦でも申込可能としているものも存在しています。

したがって専業主婦だからと言ってカードローンの利用を諦めてしまう必要はないのです。

専業主婦で収入が無い場合には配偶者の収入が問われる

ただし、専業主婦には収入が有りませんから、そのままでは返済はできません。このため金融機関は専業主婦に融資する場合には、配偶者に返済できるだけの収入が有るかどうかという視点で評価を行います。

主婦の方に収入が無いのですから、家計は配偶者の収入で成り立っているということになると考える訳です。

そこで審査では配偶者の方に先程の一定以上の年収と安定した月収があるかどうかが問題になります。配偶者の方にこれを満たす収入が有れば専業主婦でもカードローンの利用ができ、これを満たさない場合には審査は否決になるということです。

ただし、この専業主婦の申込みの前提としては事前に配偶者の了解が必要になります。専業主婦が勝手に配偶者の名前を利用して申込みを行ってはいけませんから十分注意して申込みを行ってください。

配偶者の収入が高額でも利用限度額はそれほど高額にはならない

ただし、この場合配偶者に高収入が有れば、専業主婦でも高額の借入れができるのかと考える人もいるかもしれませんが、なかなかそううまい話にはなりません。

殆どの専業主婦でも申込みが可能なカードローンでは、配偶者に高額の収入が有ったとしても、専業主婦に融資できる上限は50万円となっています。

つまり、配偶者の年収が1000万円あったとしても、専業主婦には最高でも50万円までしか借りられないということです。

もっと言えば、この50万円は最高額であって、最初の信用評価はそれほど高くなりませんから、実際にはもっとずっと少額になるのが普通です。要するに最初は家計の足し程度の借入れしかできない訳です。

~法的な専業主婦への融資の可能性~
銀行には適用になりませんが消費者金融には貸金業法がありその中には総量規制という規制があります。この規制では融資可能なのは原則として年収の3分の1までとなっています。これがそのまま適用になると専業主婦はお金を借りることができません。そこでこれには例外規定があって、専業主婦の場合配偶者の了解のもと、配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1まで借りることができる事になっています。

まずは遣り繰りを考えよう!借りる場合は返済の可能性を計算しよう

カードローンは困った時に簡単に借入れできて便利ですが、これは借り過ぎにつながります。ですから、もし、お金が必要という場合には安易に借入れするのではなくて、まずは遣り繰りを考えましょう。

借入れする場合も、後々返済していかなければならない訳ですから、まずは返済の可能性を計算して、無理な借入れにならないように注意しなければなりません。

もし返済が無理そうだと判断した場合には、状況が厳しかったとしても、安易に借入れしてしまうのではなくて、配偶者なども巻き込んでどうしていけば良いのかを検討することが必要でしょう。

借入れの前に遣り繰りで乗切ることを考える

カードローンはATMさえあれば簡単にお金が引き出せますから、ローンとしては大変便利に利用できるものです。このためお金に困った時には安易に借入れするようになり、ついつい借入額が増えてしまいます。

しかし、実際には借入れしなくても遣り繰りで何とかできる場合もあるはずです。

以前はカードローンのようなものは有りませんでしたから、お金が足りない時は知恵を絞って遣り繰りで凌いだものです。

ですからカードローンを利用しようと考えた場合には、まずはなんとか遣り繰り出来ないかを考える癖を付けましょう。

借入れすれば後々返済していく必要があり更に利息も支払わなければなりません。しかし遣り繰りで凌げばその必要も無いので方法としては最もお得なのです。

借りる場合には返済の可能性を評価しよう

もしどうしても遣り繰りができず、借入れしなければならない場合には、借入れの前に返済していけるかどうかの可能性を計算してからにしましょう。

そこで主婦であればつけているであろう家計簿を見て、1年程度前からの月々の収支額を調べてみましょう。

収支額が黒字であれば、それがその家庭の余裕ということができます。その中で返済ができれば、生活に影響を与えることなく返済がしていけます。

生活が安定していれば収支額も安定している筈です。もし収支が大きく上下する場合は、借入れはあまり勧められませんが、借入れする場合には収支が最少になる場合を基準に返済の可能性を評価してください。

返済できそうにない時は借りてはいけない

もし評価した結果収支額が返済額に満たないような場合には、返済は生活を切り詰めなければできないということになります。

どこまで切り詰める事になるのかをよく考えて、厳しい生活を余儀なくされるのであれば、借入れ自体を見合わせることも考えなければなりません。

もし無理な切り詰めが必要で、実際に借入れしてから、切り詰めができないということになってしまったら、返済に支障が出てくることになって、家族にも大きな迷惑をかけなければいけないことになります。

そういった状況に追い詰められないように、無理な借入はしない様に十分注意して、困った時には一人で悩まないで配偶者や家族に相談して、みんなの協力を仰ぐようにしてください。

~主婦なら家計簿で家計を管理しておこう~
本文でも家計簿について言及していますが、最近では家計簿自体をつけていない主婦もいるようです。しかし家計簿というのはカードローンのようなものを利用する場合にも参考にできますし、それ以外にもいろいろと遣り繰りを考えるときにも大変参考にできる情報の塊です。最近ではレシートにスマホをかざすだけで記録できるものもあるので、まずは自分の家計の管理を始めてみてはいかがでしょうか。

ここで主婦のカードローンの審査通過の可能性について纏めておきます。

  • 主婦の場合まずカードローンの申込みが可能かどうかを調べる必要がある
  • 審査通過は収入額と収入の安定性が重要でパート収入では厳しい場合もある
  • 専業主婦の場合には配偶者の収入次第で利用できる可能性がある
  • 安易に借入れを考えるのではなく遣り繰りで乗り切れないかを考えることが重要

主婦の場合安易な借入れが買い物依存症などを招くことも有るので、借入れするときは十分注意しながら行うようにしてください。

閉じる
閉じる