自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

使い方も重視したいカードローン選び。自分基準で良いものを選ぼう!

カードローンは大手金融機関の良く名前の知られたものを選びがちですが、有名だから良いというものではありません。また金利が有利でお得だと言う基準で選ぶと意外に使い勝手が悪く後々困ることもあります。

そこでカードローンは使い勝手とお得さという2つの視点で選ぶことが重要になります。まずは自分の使い方をよく考えて、それをもとにして自分なりのカードローン選びの基準を作ることが必要になってきます。

この使い方は実はお得さにも大きな影響があり、例えば金利が低くて一見有利に見えるものであっても、ATM手数料がいっぱい掛っていたのでは、まったくお得とは言えないのです。

カードローン選びで重要なのは?使い勝手とお得さを考えよう!

カードローンは何をもとに選ばれているのかと言えば、多くは深い考えを持たず、テレビのコマーシャルなどで盛んに宣伝されていて、よく名前が知れ渡っているようなものの中から選んでいます。

そういった適当な選び方をしているとしても、誰もが気にする指標があります。それがお得さであって、カードローンの候補がいくつかあれば、できるだけ低い金利のものを選ぼうとします。

しかし、そうやってお得さだけを追求した場合、利用を始めてから、どうも使いにくいと感じることがあって、選び方を失敗したと感じるのも珍しくはありません。やはり使い勝手も重要な指標なのです。

カードローンは有名だから良いというものではない

自分がカードローンを選ぶ時どのように選ぶのか考えてみてください。多分テレビなどでよく名前を耳にするものを思い浮かべて、その中から適当に選ぶ人が大部分ではないでしょうか。

大手金融機関は、そういうことも有って、盛んにコマーシャルを流しているわけで、一定の成果が上がっているともいえるのですが、カードローンはそういったところだけではないことも知っておきましょう。

今やカードローンは大手金融機関だけではなく、地方銀行や信用金庫といった、大手に比べれば比較的小規模な金融機関でも提供しており、それぞれ特徴を出して利用者を募っているのです。

これ等も含めて、よく比較してみれば、有名だから良いものとはとは限らないことが分かるはずです。

カードローン選びで誰もが考えるのがお得さ

ではもう少し選び方を考えてみましょう。有名どころがいくつか頭に浮かんだとして、その中からどのように選んでいるのかと言えば、次に頭に浮かぶのはどれがお得なのかという点です。

お得というのは後で説明するように、様々な点を考えなければならないのですが、この時点でお得と言えば金利だけで判断するのが普通です。

そこで頭に浮かんだ有名どころのカードローンの金利を調べて、最も低くなる可能性のあるものを選ぶというのが、多くの人のカードローンの選び方と考えて良いのではないでしょうか。

要するに有名どころの中からお得という視点で選ぶということです。

【関連記事】

カードローンの長期返済は不利?金利だけ考えていてはいけない!

お得さだけで考えると思わぬ失敗をする

しかし、お得さだけで考えた場合、利用を始めてから、失敗だったと思うことも珍しいことではないのです。

たとえば、よく調べずに申込んで、利用を始めてから自分の行動範囲には利用できるATMが無く、利用の度に隣駅まで行かなければならないというような状態だったら、使いにくくて仕方がないでしょう。

現在ではコンビニATMでも利用できるのが普通ですから、こういったことは少ないですが、下手をすると後で説明するようにATMを利用するのに利用手数料がかかり、お得さが失われる事にもなりかねません。

このようにお得さだけを基準に選んでしまった場合、使い勝手が悪かったり、かえって損だったりすることも有るわけです。

~利息と金利は違う~
本文では金利でお得さを判断していると説明していますが、これは金利が低ければ利息が少額になると考えているからです。しかし金利が低ければ利息が少額とは、必ずしも言えないので注意しましょう。利息は次の計算式で計算されます。

利息 = 元金 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり利息は元金が変わらないとして金利だけではなく借入期間も同じように関わることが分かります。

このため金利が高かったとしても、短期間に返済してしまえば、利息はそう大きくは変わらない訳です。

自分の使い方で使い勝手を評価しよう!自分で基準を作ることが重要

この為、できるだけ自分にとって良いカードローンを探そうという場合には、この使い勝手とお得さの両方を考えなければなりません。

そこでまず整理しておきたいのが自分のカードローンの使い方です。

使い方が整理出来たら、カードローンにどのようなことを期待するかが分かりますから、自分なりの評価基準を作ることができるはずです。

あとは自分の周囲にあるカードローンの情報を集めて、最も評価基準を満たしているものを選ぶことによって、使い勝手の良いカードローンを選ぶことができます。

自分のカードローンの使い方を考えてみよう

このように有名どころからお得さを基準に選ぶのはあまり良い選び方とは言えない訳です。

そこでカードローンを選ぶ際に、まず行ってほしいのが、自分がどのようにカードローンを利用するのか、その使い方をイメージしてみることです。

例えば、通常はどこで利用するのかを考えてみましょう。自宅周辺で利用するのか、あるいは通勤途中に利用するのか、勤務先周辺で利用するのかといったことが分かれば、利用できるATMも分かってきます。

また利用時間は何時頃なのかも重要です。常に時間外になる場合には、時間外手数料が掛るかかからないことがお得さ追求にも役立つ情報になるでしょう。

カードローン選びの自分なりの基準を作ろう

そこでこういった使い方が具体化してきたら、自分の使い勝手の良いカードローンに対する要求を箇条書きにしていってみましょう。

最初は曖昧な表現で構いませんから、気になる点を挙げていくようにしましょう。

ある程度挙がったら、それをカードローン選びに利用できる程度に具体化していきましょう。

具体化した要求が自分の使い方を基にしたカードローンの選択基準として利用することができるはずです。

カードローンを選ぶ際にはこの選択基準を満たすか満たさないかで自分にとって良いものなのかどうかを判断することができます。

カードローンの情報収集も重要

もう一つ重要なのが、カードローンの情報収集です。説明したように必ずしも有名どころが自分に合っているとは言えませんし、他にも多数のカードローンが存在します。

そこで自分が知っているカードローンの中には自分に合ったものが無かったとしても、あまり知らないものの中には、自分向きのものがある可能性もある訳です。

ですから、自分の周囲にはどのようなカードローンがあって、そのカードローンはどのような仕様になっているのかの情報を集めてみましょう。

日頃生活している街中にも、気付いていない金融機関が多数あるものです。そういった金融機関のカードローンの事についても情報を収集しましょう。

そして集めた情報を、先程説明した選択基準で評価して、最も基準を満たしているものはどれなのかを調べてみましょう。

そのカードローンこそが自分の使い方を基にした、最も自分に合ったカードローンと言えるでしょう。

このようにカードローン選びは次の2点が重要ということになります。

  • 自分の使い勝手
  • お得さ

つまりお得さだけではなく自分の使い勝手も重要なのです。

~利用中の金融機関ならお得に利用できる可能性あり~
もうカードローン選びを考えるうえで重要になるのが金融機関とのお付合いです。カードローンの金利は大きな幅があります。これは審査での信用評価で利用限度額とともに決められますが、信用と言いうのはこれまでの金融機関とのお付合いで決まります。ですからカードローンを選ぶ際もこれまでお付き合いがある金融機関があれば、そういった金融機関を利用すれば信用評価が高くなり、お得な利用ができる可能性があります。

自分の使い方でお得さも違ってくる!金利だけで考えてはいけない

もちろんお得さという面も忘れてはいけません。カードローンのお得さというのは金利だけで判断する人が多いですが、実際には利用する上で元金の返済以外に掛かってくるお金が少ないことが重要です。

カードローンを利用する際には、利息以外にも手数料などいろいろと元金以外のお金ががかかってしまうこともあって、そういったことをよく考えなけれお得になるつもりが損失になってしまう事もあるのです。

また、よく何を犠牲にしてもお得さが重要という人がいますが、自分の使い方を犠牲にしてお得さを追求するとしたらなかなか長続きはしません。自然に使ってお得というものが最も良いのです。

カードローンのお得さとは?

ではここでカードローンのお得さについて考えてみましょう。

お得さの基準は人によって違いますが、カードローンのような借金の場合のお得さに限って考えれば、完済時までに借入れした元金以外に支払う事になるお金が少ないものと言えるでしょう。

元金を返済するのは当たり前で、この部分には損も得も有りません。借金の場合にはこれに加えて掛かってくる費用が有るのでその金額をできるだけ少なくすれば、それだけお得ということです。

元金以外に支払うことになるのは次のようなお金です。

  • 利息
  • ATMの利用手数料・時間外利用手数料
  • 返済時の振込手数料
  • その他

その他には例えばATMまで行くのにいつもの通勤のついでというような場合は良いのですが、わざわざ交通機関を利用しなければならない場合の交通費などが考えられます。

こういった余分にかかってくる費用ができるだけ少なくできれば、他と比べてその分お得ということができます。

使い方で利息以上の負担が生じることも有る

これまで余分にかかってくる費用は利息だけと考えて、できるだけ金利が低いものという基準で選ぶ人が多かったわけですが、こういう人でも例えばATMの利用手数料等はあまり気にしない人が多かったのです。

利用手数料は通常108円或は216円程度ですから、あまり気にしなくても無理はないのですが、これを利息と比べてみましょう。

今金利18%で、お小遣いとして5000円を借入れしたとして、1か月後に返済したとしましょう。そうすると利息は次のようになります。

利息 = 5000円 × 18% × 30/365 ≒ 74円

これを利用手数料の掛かるATMで借りたとすれば、利用手数料が108円かかる事になるので、利息よりも利用手数料の方が高いということになってしまうのです。

ですから、利息以外は大した金額にはならないと考えるのは間違いだと認識を変えなければなりません。

自分の使い方を犠牲にしてお得なものを追求すべきではない

もう一つ注意しなければならないことに、お得であれば、多少使い方に影響が出ても仕方がないと考えてしまう事です。

使い方に影響が出るということは、その分使い勝手が悪くなるということにつながります。

カードローンと言うのは大変長期にわたって利用を続けるものです。それこそが、他のローンとカードローンの大きな違いで、その間に何度も借入れを行ったり返済を行えるというのが、大きな特徴です。

したがって、使い勝手が悪ければ、ずっとそれを我慢して利用を続けなければならず、結局別のカードローンに乗り換えを考える事にも繋がる訳です。

ですから、決して使い勝手を軽視してはいけません。よくよく考えて使い勝手とお得さが両立できるものを探してください。
~長期的な視野で考えることが必要~
本文で説明しているようにカードローンは大変長期にわたって利用することを想定しなければならいません。このため、自分の選択基準を決める際には、目先の使い勝手だけではなく、ある程度先のことまで考えたうえで、自分の要求をまとめるようにしましょう。

申込み前に返済能力を確認!使い勝手が良くても返済できなければ駄目

ただし、いくら使い勝手が良かったとしても、カードローンの利用で重要なのは返済していけるのかということです。使い勝手が良かったとしても月々の返済が非常に高額なものでは返済が厳しくなります。

そこで必要になってくるのが自分がどの程度の返済まで行っていけるのかをしっかり把握しておくことで、カードローンを選ぶ際にはこの範囲内で返済できるものを探さなければなりません。

借入れを行う場合には、それ以上の負担がかかってしまうような借入れは絶対にしてはいけません。

いくら使い勝手が良くても返済できなければ始まらない

ここまではカードローンは自分の使い方を考えて使い勝手で選ぶようにと説明してきましたが、その前提は適正な利用ができるということです。

適正な利用というのは要するに、借りたものは契約通りにしっかり返済するということです。

いくら使い勝手が良いカードローンを見つけたとしても、利用を始めたら返済できなくなったというようなことでは、信用を失うだけです。

ですから、カードローンを利用しようという場合には、使い方やお得さでカードローンを選ぶ前に、自分はお金を借りて返済していけるのかという点をよく考えておく必要があるのです。

自分の返済能力を把握しておくことが重要

そこでまず行っておきたいのが、自分の返済能力はどのくらいあるのかということを、しっかり見極める事です。

金融機関の審査では、収入額や安定性から返済能力を判断しますが、実際に返済できるかどうかはこれだけでは不安です。

それは例えば月々100万円の安定した収入が有っても支出も100万円あったら返済に回すお金はないということになるからです。

そこでまず1年程度前から月々の収入額と支出額を調べて、次の計算式で月々の収支額を計算してみましょう。

収支額 = 収入額 - 支出額

この収支額が生活に影響せずに返済に回せる金額ということになります。生活が安定していれば、収支額も季節的な変動はあるかもしれませんが、ある程度安定してくるはずです。

そして、この収支額が自分の返済能力ということになります。

返済できないような使い方をしてはいけない

最近のカードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式というものが採用されている場合が多く、月々の返済額は利用残高によって段階的に変動していきます。

このため、一定額以内の借入れであれば返済できていたとしても、そこを超えてしまうと自分の返済能力を超えた返済を行わなければならなくなるので、ここに注意が必要です。

利用しようというカードローンが決まったら、その返済額がどのようになるのかを調べて、自分の返済能力と比較して、幾らまでなら借りても返済が可能なのかを見極めてください。

絶対に返済できないような使い方をしてはいけません。

~返済できなくなるとどうなるか?~
返済ができなくなった場合、一時的に返済額を減額してもらうことができる場合はありますが、将来的にも返済ができないという場合には債務整理を行う必要があります。債務整理は何種類かありますが、最悪の場合は自己破産するしかなくなり、債務は帳消しにできますが、以後暫くは信用が崩壊してお金を借りることができなくなります。

ここでカードローン選びは使い方も重要なポイントになることについて纏めておきます。

  • カードローン選びで重要なのは使い勝手とお得さ
  • カードローン選びは自分の使い方で使い勝手を評価すると良い
  • 使い方はお得さにも影響するため金利だけでお得さを評価してはいけない
  • 使い勝手が良くても返済できなければいけないので利用前には返済能力を評価する必要がある

カードローンは便利ですが、借入れを考える前に、借りなくて済ませることを考えることが最も大切です。借りなければ利息を払うこともなく一番お得だということを忘れない様にしましょう。

閉じる
閉じる