自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの審査が通らない理由とは?自分を状況分析してみよう!

カードローンには審査があり、これに通らないと融資の利用ができません。審査では本人確認、返済能力の評価、信用評価などが行われ、これらに問題がなければ、審査に通過することができます。

本人確認の場合、本人が申込んでいれば特に問題はなく、逆に誰かを詐称して申込んだりすると、大きな問題になってしまい、信用情報にも書き込まれて、以後しばらくはお金の借入れができなくなります。

返済能力の評価の場合、一定上の年収と、安定した月収が必要になります。信用の評価では、過去の金融取引に問題がないことが確認され、あとは金融機関とのおつきあい状況で評価が決まります。

カードローンは審査に通らないと利用できない!

カードローン初心者の中にはカードローンは申込めば誰でも借りられると考えている人も見かけますが、カードローンもローンですから、誰にでも貸すわけではなく審査に通過した場合だけ融資が行われます。

カードローンの審査では、他のローンと同じように、本人の確認、返済能力の評価、信用の評価が行われていて、これらに問題があれば、審査に通過することはできず借入れはできません。

ではどのくらいの人が審査に通過しているのかというと、金融機関はそういった情報をなかなか出さない為詳細は分かりませんが、大手消費者金融の情報を参考にすると半数も利用できないという事になります。

カードローンは申込めば利用できるというものではない

金融機関はお金を貸して、利息を払って貰うことによって、利益を得ています。したがって、お金を貸せば貸すほど儲かる仕組みにになっているわけです。

そう考えれば、ローンはできるだけ借りて貰ったほうが得になるので、簡単に考えれば、申込みをすればすぐに融資してくれるような気がしてしまいます。

しかし、実際には融資に当たって、審査を行いこれに通過した人にしかお金は貸してくれません。

これは、もしお金を貸して利息の支払いどころか、元金の返済が行われなかったら、金融機関としては大赤字だからです。

カードローンはテレビコマーシャルなどで盛んに宣伝され、誰でも借りられそうに感じますが、実際にはローンの1つですから、やはり誰でも融資される訳ではなくて、審査に通過する必要があるのです。

カードローンの審査では何が行われているのか?

ではカードローンの審査ではどのようなことが行われているのでしょうか。

ローンの審査というのは、ローンごとに決められている審査基準によって行われますが、この審査基準は表に出てくることはありません。

このため審査の内容については想像の域を出ませんが、大まかに言えば次のようなことが様々な方角から、確認あるいは評価されていると考えられています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

これらのうち1つでも審査で問題ありと言うことになると、審査は否決になり、カードローンを利用することはできません。

審査に通る人はどのくらいいるのか

ではどのくらいの人が審査に通っているのかというと、これは審査通過率として表されますが、残念ながら多くの金融機関はこの審査通過率を公表しておらず、はっきりしたことはわかりません。

しかし大手消費者金融の多くは公表しており、それによれば、審査通過率はほぼ40%台になっています。

つまりコマーシャルでは誰でも利用できそうに感じますが、実際には半数以上の人が審査に否決にねっているということになるので、カードローンというのはそう簡単には借りられないということが言えそうです。

~審査には難易度があると言われている~
カードローンの審査には難易度があると言われていて、確かにそういったものはあると考えられます。

しかし、一般的に言われる難易度がそのまま各申込者に当て嵌まるというものではないので、申込みに当たっては、世間一般に言われるような難易度を気にしても、あまり意味はありません。

本人確認は正直にしていれば問題なし!なりすましはバレるので注意

そこでそれぞれの審査ではどういったことが問題になるのかを調べていきましょう。

まず本人確認というのは、本人確認書類による確認と、勤務先への在席確認によって行われる事になります。

本人確認というのは金融機関的に言えばかなり重要な確認になりますが、申込者本人にとっては、本人が申込むわけですから、いくら審査されようとも問題が出るはずのない審査ということになります。

ただし、自分の名前では過去の問題などによって審査に通過できそうにないという場合、誰かを詐称して申込みを行うことがあるため、そういった人は審査には通りません。

こういう場合、さらに信用を失う原因になるのでそんなことはしないほうがまだましです。

本人確認では何が行われるのか

審査で何が行われるのか分かったところで、それぞれの審査について説明していくので、自分がどうなのか分析してみてください。

まず申込者が本人であることの確認はどのように行われるのでしょうか。

本人確認は次の2つが柱になっています。

  • 本人確認書類での確認
  • 勤務先への在席確認

カードローンの申込みではいくつかの必要書類の提出が要求されますが、その中でも必ず提出しなければならないのが、本人確認のための書類です。

利用できる書類としては、運転免許証やパスポート等があり、カードローンごとに決まっているので、申込みの前に確認が必要です。

勤務先への在席確認というのは、申込者が勤務している職場に、金融機関側が直接電話を入れて、申込情報に記載したとおり、実際に勤務しているのかどうかを確認します。

在席確認では、本人が不在でも在席が確認できれば良い場合と、本人に対して簡単な質問などが行われる場合があります。

本人が申込んでいれば特に問題になるようなことはない

申込者が本人であるという確認は、金融機関としては大変重要な確認になります。

もし本人以外に貸してしまったら、返済は見込めませんので、損失を生むことになるからです。

さらに、別な人に対して返済を請求することになるので、金融機関としては審査の能力を問われる問題になり、金融取引では最も重要な金融機関自身の信用をも傷つけることになってしまいます。

しかし申込者側から考えれば、本人が申込んでいる訳ですから、本人確認は問題になるはずのない、安心して受けることができる審査ということができます。

誰かを詐称すればその記録は信用情報に記載され将来に影響する

ただし、この話は正直な人に限ります。申込者の中には自分では返済能力や信用において審査通過が難しいと考える人がいて、こういう人は本人確認されてしまっては借りられない訳です。

このため、ごく少数ではありますが、誰かの名前を詐称してカードローンの申込みをしようと考える人が出てくることがあります。

しかし、先程も説明しましたが金融機関はそういう人に貸してしまったら大きな問題ですから、本人確認というのは大変厳しく行われます。

大概の場合には審査中に詐称がバレてしまい、当然審査は否決になってしまいます。

しかし、話はこれだけでは終わらないのです。申込みで虚偽の申告をしたということは、信用情報に記載されてしまうのです。

このため、その記録は長く残ることになり、その間は信用失墜でお金を借りることも、クレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。

つまり、安易に本人を偽ったことが将来的な金融取引にも影響することになる訳です。

~在席確認は職場の周囲にはまずバレない~
在席確認は金融機関が直接職場に電話を入れるため、例えば消費者金融を利用していることが周囲にバレるのではないかと大変心配する人がいます。

しかしこの電話は、銀行の場合は銀行名あるいは個人名、消費者金融の場合は個人名で掛かりますから、まず周囲にバレるというようなことはありません。

返済能力の評価では一定以上の年収が必要!安定性も重要になる

次は返済能力の審査です。この審査では一定以上の年収があるのかという点と月々安定した収入があるのかという点が確認されます。

一定以上の年収というのは200万円と言われましたが、最近ではもう少し少額でも審査通過が可能と言われています。

もっと大きな問題は月々の収入の安定性で、カードローンと言うのは月々少しづつ返済していくと気う形になっていますから、月々の収入が安定しない場合、年収が大きくても審査通過が難しくなる事も有ります。

このため審査では職業なども安定収入があるとされるものの方が通過しやすく、収入が不安定とされる職業の場合には、厳しくなってしまいます。

返済能力の評価では何が行われるのか

次に返済能力の評価について説明していきます。

返済能力については大きく分けて次の2点が評価されることになります。

  • 一定額以上の年収があること
  • 安定した月収があること

まず年収が少ない人に融資してしまったら返済はかなり難しいと思うのは金融機関でなくても分かるはずです。

またカードローンは月々返済していくため、月収が安定していないと返済が厳しくなることも容易にわかります。

カードローンの申込条件には安定した収入があることと言う条件があるのが普通ですが、審査ではこの安定性が評価されることになるので、収入の安定性がない人が申込んでもここで分かってしまいます。

一定額以上の年収が無ければ審査通過は難しい

では一定額以上の年収というのはいったいどのくらいの年収が期待されているのでしょうか。

以前は200万円の壁と言われる事があって、年収が200万円以上なければ審査には通らないと言われた時期がありました。

しかしその後デフレが進んで収入が減ってしまって、200万円と言っていたのでは利用者の確保が難しくなってしまったために、現在ではもう少し少額であっても融資が行われているようです。

どこまで許容しているかは金融機関によって違うと考える必要があるでしょう。

月々安定していなければ返済能力の評価は低い

次に月々の安定収入ですが、この場合職業や職種によって安定性が評価されます。

評価は概ね次のようになると言われています。

職業・職種 評価
正規採用の公務員・正社員
臨時採用の公務員・契約社員・派遣社員 中の上
パート・長期アルバイト・自営業者 中の下
年金受給者・学生・専業主婦
短期アルバイト・水商売 極低
評価が極低になっている場合は審査通過はできません。評価が低になっている年金受給者や学生、専業主婦などはカードローンの説明資料に申込可となっている場合には利用できる可能性があります。

最近では臨時採用の人が多くなっていますから、審査での返済能力の評価は高いとは言えない人が増えています。

~融資には年収による上限がある~
審査では融資の可否の他、可決の場合には利用限度額などが決められます。この利用限度額も希望が簡単に通るというわけではなく、当初は信用評価が低く、かなり少額になります。

また信用評価が高かったとしても、融資が可能なのは消費者金融の場合、原則として年収の3分の1まで、銀行の場合は年収の2分の1或は3分の1までで、この範囲を超えるような融資は行われません。

信用がなければ融資してもらえない!過去の金融取引が影響する

最後は信用の評価になります。信用の評価ではまず信用情報が参照されて審査通過の判断が行われ、次に金融機関とのおつきあいの度合いが評価されどの程度の融資を行うかが判断されます。

信用情報には過去の金融取引状況が格納されており、ここに滞納などの情報が記載されている場合には、また同じようなことが起こる可能性が考慮されて審査通過はできなきなくなってしまいます。

審査に通過できるということになると、次に金融機関と申込者のお付き合いの度合いを評価して、利用時に適用になる利用限度額と金利が決められます。

信用評価では何が行われているのか

最後に信用評価について説明していきましょう。信用評価では次のような評価が行われています。

  • 信用情報による過去の信用取引状況の評価
  • 申込者とのお付き合い状況

信用評価ではまず融資するかどうかの判断を行うために、過去の金融取引状況について信用情報が確認されます。

また融資額についてもこの信用評価によって決められ、お付き合い状況が判断されることになります。

信用情報から過去の金融取引状況が確認される

信用情報というのは金融機関がそれぞれの利用者情報を共有するためのデータベースです。

信用情報内に例えば過去のローン返済で滞納を行ったというような事があったという記載が残っていれば、今後もそういったことがないとは言えないと金融機関は考えます。

このためこういった場合、審査は否決になります。

ただしこの信用情報は過去のあら探しをするためだけに利用されるものではありません。

過去にローンを利用していて、契約通りに返済していれば、そういった実績が評価されることに繋がり、審査は通りやすくなります。

まずは自分の過去の金融取引状況を思い出してみてください。

金融機関にとっての信用はお付き合いの深さも重要

信用情報内に問題がない場合には、融資が行われることになりますが、審査では次に利用限度額を決める事になります。

この時に考慮されるのが、申込者と金融機関側とのお付き合い状況で、これによって幾らまで融資されるのかが決められる事になります。

例えば同じ金融機関から過去にローンを借りてしっかり返済していれば、評価が高くなり、利用限度額はその分高額になります。

銀行であれば、長く定期預金などをしているだけでも、評価は高くなるはずです。

しかし、これまで何らの付き合いがない場合は、評価は未知数ということになるため、最初に設定される利用限度額というのは、かなり少額になってしまうことになります。

また金利も利用限度額に連動して設定されますから、信用評価が大きければ大きいほど有利な金利設定になります。

ここまでの説明をよく理解したうえで、自分の状況を分析し、審査通過の可能性を評価してみてください。

~ブラックとは?~
ブラックというのは本文で説明している信用情報内に、過去の金融事故情報が入っている場合で、どこの金融機関に行っても審査に通してもらえなくなっている状態の人を指します。

ここで、カードローンの審査が通らない理由について纏めておきます。

  • カードローンは審査に通らなければ利用できない
  • 本人が申込んでいれば本人確認は特に問題ない
  • 返済能力の評価では一定額以上の年収額や安定した月収が無ければ審査通過は難しい
  • 信用評価は信用情報が参照され過去の信用取引状況に問題が有れば審査通過は難しい

審査通過が難しいそうだという場合には、安易にカードローンの申込みはせず、遣り繰りを考えるなど、借りないで済ませる方法を考えることも大切です。

閉じる
閉じる