自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの返済が払えなくなったらどうなる?債務整理を決める時

カードローンは月々返済していく必要があります。月々の返済額は返済方式によって決まり、借入残高によっては返済額が高額化する可能も有り、場合によっては返済が生活を圧迫する可能性も出てきます。

もし返済ができなくなったら、まずはすぐに金融機関に連絡を入れて、返済について相談しましょう。

金融機関によって対応が違いますが、返済額を減額してくれたり、利息のみの入金で済ませられる可能性もあります。

先々も返済の見通しがない場合には、弁護士に相談したうえで、金融機関との間で債務整理について話し合いを進めましょう。

状況によって変わりますが、最悪自己破産して債務を帳消しにしてもらうことも可能です。

カードローンは月々返済が必要になる!返済方式を理解しておこう

カードローンと言うのは借りた後は月々少額づつ返済していくというのが基本的な返済方法になります。これは利用者の多くが月給という形で収入を得ているために、それに合わせて設計されているからです。

具体的に月々いくら返済していくのかは、カードローンそれぞれで採用されている返済方式によって決められます。

最近では多くのカードローンが借入残高によって返済額が決まる残高スライドリボルビング方式が採用されています。

返済は自動引落の他、ATMからの支払いや銀行振込で行いますが、重要なのは返済を忘れないようにすることで、忘れていて返済が行われなかったという事が無いようにしなければなりません。

カードローンの返済は基本的には月々行う必要がある

カードローンの返済は、ほとんどの場合月々行う事になります。これは利用者の多くが会社員で月々一定額の給料が支払われるという生活を行っていて、これに合わせて設計されている為です。

ただし、人によっては月々安定して収入がある訳ではないので、ほとんどのカードローンには次のように2種類の返済方法が用意されています。

  • 約定返済
  • 随時返済

約定返済というのが月々返済するもので、通常は完済までこの約定返済を続けていくということになります。

これに加えて用意されているのが随時返済で、これを利用すればいつでも好きなだけ返済することができます。

例えば月々収入は会社員程安定していないが、収入が入る時には大きなお金が入るというような自営業者の場合には、お金が入った時に随時返済を利用して大きく返済してしまうことが可能です。

返済する場合には自分の収入状況を勘案してこの2つの返済を上手に組み合わせて行う事が必要でしょう。

どのように返済していくのか予め返済方式を確認しておこう

約定返済では月々返済していくわけですが、月々の返済額を決めているのが返済方式と呼ばれるもので、これによって月々の返済ができるかどうかが分かります。

この返済方式には様々な方式なありますが、カードローンの場合概ね次の2つのうちのどちらかになっています。

返済方式 内容
リボルビング方式 リボルビング方式というのは何らかの部分を一定にするという意味がありますが、カードローンの場合には幾ら借入れをしても月々の返済額が一定になる方式を指します
残高スライドリボルビング方式 借入残高を何段階かに区切ってその段階内では返済額が一定になる方式で借入残高が高額化すると月々の返済額も高額になる

ただしリボルビング方式の場合高額の借入れを行ってしまうと、利息が高額になって元金返済分が少なくなってしまい、返済期間が伸びで利息の総額が増えることになるという欠点があります。

このため最近のカードローンの多くでは残高スライド方式が採用されていて、借り過ぎると返済額も増えるので注意が必要です。

月々忘れないように返済していくことが大切

返済は多くは自動引落で行われますが、これに加えてATMからの支払いや銀行振込による返済も可能になっているのが普通です。

重要なのは返済日までにしっかり返済を行うという事で、返済日を忘れて返済を行わなかったというようなことが無いようにしなければなりません。

自動引落だから大丈夫と考えている人も多いでしょうが、その場合でも残高不足という可能性もあるので、どのような返済を行うのかは関係なく、必ず返済日に返済できるように注意しておくことが必要です。

そのためには、例えば給料日に口座に入金しておくとか、何か自分が忘れないこととリンクさせて覚えておくなど工夫しておくとよいでしょう。

~返済シミュレーションを利用しよう~
返済をより確実に行う金には返済計画を立てておくことが重要ですが、そのためには、いつまでどの程度の返済が必要になるのかを正確に把握しておくことが重要です。

もちろん借入額と金利と返済方式から自分で計算することも可能ですが、カードローンのホームページには返済シミュレーション機能が提供されているのが普通で、これを利用すれば簡単に計算できます。

もし返済が払えなくなったらどうなる?まずは金融機関に相談しよう

借入額によっては返済期間が長くなりますから、場合によっては返済するお金が用意できなくなることも出てくるかもしれません。そういった場合には、まずは金融機関に連絡し相談してみることが必要です。

金融機関によっては一時的に返済額を減額してくれたり、場合によっては利息だけにしてくれる事も有りますが、重要なのは入金できる迄は、状況報告もかねて金融機関側に頻繁に連絡を入れるようにしましょう。

返済が行われなければ、金融機関側から督促状などが送られてきますが、返済できなくなることが分かった時点で自分の方から連絡を入れたほうが、金融機関側が受ける印象はずっと良くなるので注意しましょう。

返済ができそうにない時は金融機関に相談

高額の借入れをしてしまうと、その分返済期間は長期化する事になり、長期化すると時期的に返済が厳しくなると言うな事も出てくる可能性があります。

そういう場合には、慌ててしまいがちですが、返済日を迎える前に、金融機関の方に連絡を取って相談することが大切です。

カードローンの中には契約時に返済が難しい場合には返済額を減額してくれることが明示されている場合もありますし、明示されていなくても交渉次第で一時的に減額してくれる場合もあります。

カードローンによっては、利息分だけ支払えばよいというようなところまで譲歩してくれることも有るので、とにかく連絡を取って交渉してみることが重要です。

ただし利息は金融機関の利益につながってきますから、それ以上に減額してもらうのは難しいと考えて下さい。

利息分さえ支払えば、業者的には利益が減る訳でもありませんし、元金は変わりませんから、翌月も同じだけ利息が入ることになるので、問題はないはずです。

返済できるまでは頻繁に報告を入れる

交渉が成立したら、まずは減額された金額の返済を必ず行うようにしましょう。交渉したけど、入金できなかったというのでは、金融機関の不信感は大変大きくなってしまいます。

もう一つ重要なのは、返済を行えるまでは適宜金融機関側に連絡をいれて状況報告をしておきましょう。金融機関の方は利益がかかっていますから、心配させないことが重要です。

返済してしまったら、翌月以降そういったことを繰り返さないように、自分なりに対策を考えて実施し、完済させるようにしましょう。

自分の方から連絡した方が後々の評価は良い

返済を忘れてしまったような場合、金融機関の方から督促状が届きますが、ここでの話の場合、忘れたのではなく、返済できないことが予めわかっていることになります。

こういった場合には、返済日前に自分の方から連絡を取ることが大変重要です。

契約の通りの金額で返済ができないということは、どのような場合でも信用を落とすことにつながりますが、それでも連絡もしないで返済できなかったというよりも自分から連絡した方が受ける印象は違います。

このため、返済ができないということが分かったら、必ず自分の方から先に連絡を入れるようにしましょう。

~信用評価が下がるとどうなるか~
カードローンというのは借りては返すという適正な利用を続けていれば徐々に信用評価が上がっていき、しばらくすると利用限度額の増額にも応じてもらえるようになります。

しかし返済が行われなかったというような場合は信用評価が下がるため、利用限度額の増額などは遠のく事になってしまいます。

また何らかの問題で著しく信用評価が下がってしまった場合には、カードローンの契約自体が解除になってしまう可能性も無いとは言えません。

どうしてもお金の用意ができない!債務整理が必要になる

もし、お金に困っていて、今後も返済の見込みが立たないという場合は、弁護士に相談して今後どうしていけば良いのかよく話し合ってみてください。

もし返済の見込みがなければ、金融機関との間で債務整理の話し合いを進めてもらうようにしましょう。自分でも話し合いは可能ですが、相手が金融の専門家では歯が立たないので、専門家に任せた方が無難です。

債務整理には様々な方法がありますが、収入が断たれてしまって、資産も無いという場合には、裁判所の判断を仰いで、最悪の場合、自己破産して債務を帳消しにしてもらうという方法もあります。

返済の見込みがない場合は弁護士に相談

もし減額してもらっても返済の見込みが無かったり、今後も返済できない状態が続くというのであれば、金融機関側との相談も自分ではなかなか難しいものがあります。

そういう場合には、まずは弁護士に相談してみてください。弁護士が見て返済できそうであれば、方法などもアドバイスしてくれますから、それを参考にして、返済を行うようにしましょう。

金融機関との交渉が必要であれば、弁護士さんにしてもらうこともできます。

ただし、弁護士さんを利用する場合にはお金もかかってくる事になるので、まずは行政が行っているような弁護士による無料相談などを利用すいることも考えてみましょう。

金融機関との間で債務整理の話し合いに入る

弁護士の判断にもよりますが、場合によっては債務整理を行う必要も出てきます。

債務整理というのは契約内容を見直して、利用者が返済できる方法に変更することを言い、利用者と金融機関あるいはその代理人によって交渉を行う場合と、裁判所に入ってもらって交渉を行う場合があります。

また話し合いがつかない場合には、裁判所の判断を仰ぐことも必要になります。

交渉は利用者本人でも可能ですが、金融機関はその道のプロですから、利用者側に不利な条件を飲まされる可能性が高く、弁護士に任せた方が無難です。

最悪の場合には自己破産して債務を帳消しにしてもらう必要がある

もし失業してしまったり、病気で仕事ができず、収入の道が断たれた上に、処分する資産も無いという場合には、返済は難しいですから、債務整理でも最悪のケースとなる自己破産の選択を考えなければなりません。

自己破産を行う場合には、裁判所に判断を仰がなければならず、面倒ですが、弁護士に任せれば、手続きを行ってくれます。

自己破産が認められれば、背負っている債務を帳消しにしてもらうことができて、返済を迫られることはなくなります。

ただし、信用は崩壊し、自己破産したという情報は信用情報に10年間残ります。したがってこの10年の間はローンの利用は難しくなります。

このように生活にも大きな影響が出てくることになりますが、別の方向から考えれば、自己破産というのは、債務がなくなり、人生をやり直すことができるという事でもあるのです。

自己破産は負の面も多いのですが、法律が用意した債務から解放するための手段でもあるので、必要な時には利用した方が良いことも有るのです。

~債務整理をすれば以後ブラックというレッテルを張られる~
本文では自己破産すると信用情報に記載されると説明していますが、他の方法で債務整理を行った場合もやはり記載が載り、この記載がある間はローン等の利用ができないブラックと呼ばれる事になります。

カードローンを利用するときは必ず返済計画を立てよう!

このように返済できなくなった時でも、対応方法というものはある訳です。しかしもしお金を貸して自己破産されてしまったら、貸した方は大きな損失につながり、大きな迷惑をかけるわけです。

ですから、重要なのは、借入する前には自分が本当に返済していけるのかどうかを計算して、返済が無理そうな場合には、借入れしないことも考えなければならないという事です。

計算上返済は可能と判断した場合には、完済までの見通しを立てて、返済計画をまとめておきましょう。

この計画には返済が難しくなった時の対処方法についても予め含めておくようにして、どんな時も慌てずに対応できるようにしておくことが重要です。

カードローンで借入れする場合には事前に返済計画を立てよう

このようにカードローンの返済が払えなくなったら、人生に大きな影響が出る可能性もある大きな問題につながってしまうことになります。

ですからそうならないためにも、どんなに少ない借入れでも十分注意しなければならない訳です。

そこで返済をしっかり行うためにぜひ行ってほしいのが、借り入れの前に返済計画を作っておくと言うことです。

カードローンの場合借入額はそれほど大きくなりませんから、金融機関が計画的な返済を呼び掛けたとしても、しっかり返済計画を立ててから借りる人はそう多くは有りません。

借り入れというものは、どんなに少額であっても、安易に考えていると、自分を窮地に陥らせる可能性があることを、理解してください。

自分の返済能力を計算してみよう

そこで返済計画を練る場合に必要になるのが、自分の返済能力の正確な把握です。

金融機関の審査では、年収額と安定性から返済の可能性が判断されますが、自分がどのようにお金を利用しているのか正確なところは自分に外には分りません。

そこでまず1年遡って月々の収入と支出から月々の収支を計算してみてください。この収支が黒字で次の数式を満たしていればその月の返済が可能という事になります。

月々の収支額 ≧ 月々の返済額

この関係が常に成立していれば、今後もこの関係が続くと思われるので返済は可能でしょう。返済計画もこの関係が崩れないようにするという前提で考えれば良いという事になります。

しかしもしこの関係が成り立たない月が有るという場合には、支出内容を見直して不要不急の支出を見直すなどして、数式を成立させるためにはどうすればよいのかを考えなければなりません。

もし数式が成立しない月が多い場合には借り入れは見直した方が無難です。

完済までの返済の見通しをつけることが必要

次に過去の収入と支出の内容から返済期間中の収入と支出を予想して、収支予想を計算してみましょう。支出は季節変動などもあるので前年の同時期のものを参考にするとよいでしょう。

収支が先ほどの数式を満たしていれば、特に問題は有りませんが、もし満たしていない月が有れば、先程検討したようにどういった支出を見直せばよいのかを参考に返済計画に盛り込んでおく必要があります。

返済計画が完成したら、実際に借入れを行いましょう。返済は返済計画に則って行ってください。

返済が厳しくなりそうなときでも、計画に盛り込まれた遣り繰りを行う事で返済できるはずですから、慌てなくて済むでしょう。

また返済計画は月々見直して、常に返済ができる計画にしておくことが重要で、作りっぱなしにして、放っておいたのでは、いざという時に対応できないという事になりかねないので注意が必要です。

~自分のお金の管理を行おう~
本文では収支を計算するために収入と支出を用いていますが、収入はともかく支出がすぐにわかるようになっている人は最近では少ないかもしれません。

ですがこういったローンを利用する際などには返済の可能性を探る貴重な情報になるので、今日からでも記録に残すようにしましょう。

カードローンの返済が払えなくなったらどうなるかについて纏めておきます。

  • カードローンは月々返済が必要で長期の返済になると返済に行き詰る可能性も出てくる
  • 返済できそうにない場合には金融機関に連絡して返済額を減額してもらうと良い
  • どうしてもお金が用意できなければ弁護士に相談して債務整理をすることを検討する必要がある
  • 返済が行き詰らないようにするには借入前に返済計画を立てて返済の可能性を見極めておく必要がある

返済が払えなくなるという事は普段あまり余裕のある生活をしていないという事が考えられます。そういう場合には借入れは危険だという事を認識して、借入れしなくて済ませる方法を考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる