自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンを増額申請!限度額が足りない時の申込み方法

カードローンの利用限度額の上限は高額化してきていますが、実際に与えられる利用限度額というのは信用評価で決まり、申込当初はまだ信用は低いですから非常に少額になってしまうのが普通です。

しかし、当初は利用限度額が少額だったとしても、借りては返すという適正な利用を続けていれば、信用の評価は上がっていく事になり、しばらく利用して再度審査を受ければ利用限度額は増額されます。

ただし、利用限度額は消費者金融では法的規制で、銀行であそれぞれ内部規定で利用者の年収額の3分の1などのような上限が設定されているので、高額化を期待するのであれば年収を増やすことも必要です。

利用限度額は信用で決まり利用開始時は非常に少額!

カードローンの利用限度額の上限額は、以前は500万円ぐらいが上限になっている場合が多かったのですが、最近では多くの金融機関が800万円程度まで高額化してきています。

ただし、これは上限の話で、利用者が設定される利用限度額というのは、審査で金融機関が評価する利用者の信用によって決められることになり、そう簡単には上限に達するようなことはありません。

特に申込み当初はまだ金融機関は利用者のことをよく知りませんから、信用評価は低くなってしまう事になり、利用限度額は上限には遠く及ばない、極めて少額になってしまうのが普通です。

カードローンの利用限度額の上限は高額化してきている

カードローンの利用限度額は以前は300万円から500万円程度が上限の所が多かったのですが、全体として高額化が進んでおり、現在では500万円から800万円程度になって来ています。

このためカードローンの利用者の中にも、こういった高額化された利用限度額を狙って自分も申込みを行えば、すぐにでも800万円の借入れができると考えて申込みを行おうと考えている人もいるようです。

最近では地方銀行の中に1000万円までというところも現れてきているので、大手金融機関ではなくて、こういった地方銀行のカードローンを狙う人も出てくるのではないかと考えられます。

利用限度額は利用者と金融機関間の信用評価で決まる

ただし、冷静に考えれば分かるように、誰もがすぐに800万円だとか1000万円借りられるわけがないのです。

利用限度額というのはカードローンの審査の中の信用評価によって算定されます。

この信用評価は世間一般の信用とは違い、あくまで金融機関にとって信用できる人なのかどうかという視点で評価されます。

つまりその金融機関と適正なお付き合いが長ければ長いほど信用の評価も上がっていくのです。この場合社会的名士であったとしても、殆どお付き合いが無ければ信用評価は高くなりません。

申込当初は信用評価が低く利用限度額は非常に少額

つまり、信用評価が高く利用限度額を高額にしてもらえるのは、それまでにその金融機関と長期にわたってお付き合いが無ければならない訳です。

このためカードローンの利用で初めてその金融機関を利用しようという場合、いくら利用限度額の上限が800万円などと高額化していたとしても、申込者に与えられる枠は極めて少額になります。

信用的に考えれば、最初は50万円にもならないのが普通で、800万円の借入れをもくろんでいた人からみれば、大きく当てが外れたと思うでしょう。

しかし、金融機関としては当たり前の話で、返済してくれることがまだ信用できない相手に高額の融資などするわけがないのです。

~本来は借入れなどしない方がずっとお得~
カードローンを選ぶ際には、できるだけ金利が低いものをという視点で探す人が多いですが、よく考えれば幾ら金利が低かったとしても、利息を支払う事に変わりはなく、その分は損失なのです。

ですからお得な利用を考えるのであればまずは借りない方法を考えましょう。借入れしないのが最もお得なのです。

利用限度額は増額が可能?増額するには再度審査を受ける必要あり

このように当初設定される利用限度額は非常に少額になってしまうのが普通ですが、利用限度額というのは、利用を続けていく段階で増額してもらうことが可能になっています。

ただし、利用限度額は説明しているように信用評価によって決められますから、利用限度額を増額してもらうためには、この信用を大きくしていく必要があります。

信用が大きくなったかどうかは改めて評価しなおさなければなりませんから、利用限度額の増額を希望する場合には、改めて審査を受けなおして信用を評価してもらうことが必要です。

少額の利用限度額は増額してもらうことができる

誰だって最初はゼロからのお付き合いになる訳だから、そういう評価をされたのでは800万円などと言っても誰も借入れすることはできないではないかと言われそうです。

確かに始めて申込んだ時点から800万円の利用限度額が付けられることはまずありません。

しかし利用限度額というのは、最初は少額であっても増額してもらうことができます。

つまり利用限度額というのは何度も増額を繰り返した末に上限額に達することができるものと考えるべきなのです。

決して自分は信用は高いはずだからすぐに上限まで借りられるはずだなどと淡い期待を抱くものではありません。

増額してもらうためには信用を大きくするしかない

では利用限度額はどうすれば増額してもらうことができるのかと言えば、ここまで説明してきたように利用限度額は信用によって決められるものです。

ですから利用限度額を増額してもらうためには、信用を大きくしていくしか方法はないのです。

そのためには、その金融機関と適正なお付き合いを続けていく事が極めて重要になります。

例えば銀行であれば、カードローンの他にも定期預金などを行ってお付き合いを深めていくことも良い方法ですが、カードローン以外に利用していなくても適正利用を続ける事によって信用評価は上がります。

ですから、借りては返すという利用を着実に行って、間違っても返済が滞るようなことが無いように注意しなければなりません。

ただし増額のためには再度審査を受ける必要がある

では具体的にはどうやれば増額してもらえるのかというと、通常カードローンには増額申し込みというものもがあります。

以前は店舗に行かなければ申込みができなかったりして、最初の申込時よりも面倒なことも多かったのですが、最近ではATMから申込めたりインターネット上から申込めるようになっている場合が多く便利です。

それならすぐにでも増額の申込みをしようと考えてしまう人もいますが、先程も説明したように信用評価を上げなければなりませんから、ある程度の時間がかかります。

カードローンによってはATMの利用時などに増額可能な旨の案内が出たり、ネット利用時に案内が出たりする場合もありますが、そういうことが無い場合には、時期を見て申込みを行う必要があります。

ただし、増額を申込めば誰でも増額してもらえるというわけではなくて、申込みが行われれば、増額審査というものが行われて、それによる信用評価によって改めて利用限度額が算定されることになります。

~増額できるようになるには少なくとも6か月程度は必要~
どの程度適正な利用を続ければ利用限度額の増額ができるようになるのかは、利用状況や金融機関の考え方次第ということになりますが、適正に利用していれば概ね6か月程度と言われています。

ただし、この期間は徐々に長くなる傾向があり、金融機関によっては1年程度かかると言われる場合もあるので、注意が必要です。

利用限度額は収入によっても上限が決まるので要注意!

このように利用限度額というのは最初は少額でも徐々に増額していく事ができるのですが、誰でも上限まで借りられるようになるかはまた別の問題で、そう簡単には上限にはなりません。

消費者金融は貸金業法が適用されますが、この貸金業法には総量規制というものがあり、これによれば原則として年収の3分の1までしか融資できませんので、年収によっては上限まで借りることができません。

また銀行の場合には、総量規制に当たる法的規制はありませんが、やはり銀行内の内部規定で年収の2分の1或は年収の3分の1までという規定があり、やはり上限まで借りるのはそう簡単ではありません。

利用限度額は誰でも上限まで増額できるわけではない

それなら時間はかかるけれども、いつかは自分も800万円まで借りられるようになると考えるのは早計です。

カードローンを借りたら返済しなければななりません。利用者が返済できるお金というのは限度があります。例えば年収200万円の人に800万円貸したら、誰だって返済は難しいと思うでしょう。

したがって、金融機関は利用限度額にも年収に応じた上限を設定していて、どんなに信用を積み上げたとしても、年収が上がっていかなければ、その上限以上の利用限度額の設定にはなりません。

つまり、利用限度額を増やしていくためにはそれに合わせて年収も上げていかなければならないということです。

消費者金融の場合には法的な上限が設定されている

では実際にはどのような上限になっているのでしょうか。まずは消費者金融の場合から説明していきます。

消費者金融の場合には、貸金業法という法律に従わなければなりませんが、この法律には直近の改正で次のような総量規制という規制が新たに作られました。

  • 融資は年収の3分の1を上限とする
  • 1社あたり50万円まで全社合わせて100万円までは年収にかかわらず融資可能
  • 専業主婦の場合は配偶者の了解のもとで配偶者の借入れと合わせて配偶者の年収の3分の1まで融資可能

このため例えば800万円まで融資の利用がしたいという場合であれば、少なくとも年収は3倍の2400万円が必要ということになります。

逆に年収300万円の場合には利用限度額は100万円までということになり、それ以上は増額を希望しても増額されることはありません。

銀行の場合には内部規定で上限が決められている

銀行の場合には銀行法に従いますが、銀行法には総量規制に当たるような規制は現在の所ありません。

したがって融資する金額は銀行の判断で決めることができますが、そうかといって年収から考えて返済できないような金額を融資できる訳がありません。

このため銀行では内部規定によって年収に合わせて上限を決めるようにしています。銀行の場合利用限度額は次の2種類に分かれます。

  • 融資は年収の2分の1まで
  • 融資は年収の3分の1まで

したがって2分の1としても800万円までの利用限度額をもらうためには少なくとも1600万円の年収が無ければ、上限に達することはできません。

このように消費者金融にしろ銀行にしろそう簡単に利用限度額は上限まで達するようなことはないのです。

~利用限度額が増えればそれに合わせて金利が下り有利な利用ができる~
カードローンの場合利用限度額の増額に合わせて金利が見直されることも見逃せません。

カードローンの金利には大きな幅が有りますが、これは利用限度額に合わせて信用評価によって変化させるためです。

信用が大きくなればなるほど、利用限度額は大きくなり、金利は低くなるので有利な利用につながることになります。

増額審査での評価次第では減額される可能性も有る!

もう一つ利用限度額の増額で注意が必要なのは、改めて審査を受けなければならないという点で、この場合、信用評価が上がるという保証は全くなく、信用評価にが低下してしまう可能性も無いとは言えません。

先程説明したように利用限度額というのは信用評価によって決まりますから、信用評価がこれまでよりも低下していれば、設定される利用限度額は増額どころか減額されることになるのです。

ですから将来的に利用限度額の増額を希望しているのであれば、信用評価を低下させるようなことをしないように、カードローンの利用には十分注意しなければなりません。

信用評価は高くなる場合だけではなく低くなることも有る

増額を目的に再審査をしてもらうわけですが、審査での信用評価は再審査すれば必ず上がるという保証はありません。

カードローンの利用状況だけから判断すれば、信用が上がっているように見えたとしても、他の面での判断を加えて考えると、信用評価は下がってしまうということもないとは言えません。

このため自分では信用は高くなっていると判断した場合でも、金融機関的に見れば、必ずしも信用が上がっているとは言えない場合もあるということを覚えておいてください。

そういった場合には当然増額の為の審査には通りませんから、希望通りに増額されないということになります。

信用評価が低くなれば利用限度額の増額のつもりが減額される事もある

利用限度額は信用によって決められるという話をしましたが、信用評価を再度行って信用評価が下がっているとするとどうなるでしょうか。

増額審査で増額されなかった場合、利用限度額は据え置きになると考えていないでしょうか。

増額審査というのは、正確に言えば信用の再評価をしているということです。したがって再評価の結果で利用限度額は見直されることになります。

このため、もし信用評価が下がってしまっていたとすれば、それに合わせて利用限度額は見直されることになるので、増額どころか減額になってしまう可能性も十分考えられることと言えるのです。

利用中に信用評価が低くなるようなことをしないようにしよう

このため、安易に利用限度額の増額は申込むべきではないのです。

信用はまずローンを適正利用していなければ上がりません。このため例えば返済中に返済が滞ってしまったという場合には、信用を失うことになりますから十分注意する必要があります。

また信用を大きく傷つける行為として他社の利用ということが挙げられます。金融機関は他社の利用を嫌います。

ですから利用限度額が少額だからと言って、安易に他社のカードローンを合わせて利用するようなことを行ってはいけないのです。

失った信用というのはそう簡単には取り戻せません。他社を利用し始めたら、カードローンの増額など考えないで、そのまま利用を続けることを考えたほうが無難です。

~少ない利用限度額を有効に利用することを考えよう~
利用限度額というのは金融機関がいろいろと考えたうえで設定するものです。つまりたとえ少額でも、それが自分の信用を表していて、それ以上借入れするのは危険性があると考えてください。

利用限度額が少なかったとしても、それを有効に利用することはできるはずです。よく考えて無駄な使い方にならないように注意しましょう。

ここでカードローンの利用限度額の増額について纏めておきます。

  • 利用限度額は信用評価で決まり利用開始時は少額に抑えられる
  • 利用限度額は再審査を受ける事によって増額してもらうことができる
  • 利用限度額は年収額による上限がありそれ以上にはならない
  • 増額審査での評価次第では減額されることも有る

利用限度額が増額されたとしても、安易に利用すれば無駄遣いにもつながるので、増額すればするほど気を引き締めて無駄な借り入れをしない様に注意してください。

閉じる
閉じる