自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

免許証なしでもカードローンは契約できる!本人確認書類とは

カードローンの審査では申込者の本人確認が行われ、これが行われなければカードローンの利用はできません。このため申し込みの際には本人を証明するための書類の提出が求められるのが普通です。

この本人を証明する為の書類には、通常免許証が利用できます。それでは免許証が無い場合には利用できないのかと心配になる人も居るかもしれませが、免許証以外にも様々な書類が利用できます。

ただし、本人確認は書類の確認だけでは終わらず、さらに勤務先に直接電話を入れて、在席を確認する、在席確認というものが行われることになりますから、申込を行なったら勤務先で確認を待つ必要があります。

カードローンを利用するには本人であることを証明する必要がある!

カードローンと言うのは誰か別の人の名前を使って申し込むというようなことはできず、あくまで利用者自身が自分の名前で申込みを行う事になります。金融機関もそれが前提で申込みを受け付けます。

このため、カードローンを申込む場合、金融機関は申込者が本人で有るかどうかを審査の中で確認しています。その判断材料の一つになるのが本人確認書類で、申込時には提出を要求されることになります。

申込者の中には、自分の名前では審査に通らないと考えて、他人の名前を使って申込みを行う人がおり、本人確認書類を偽造するような場合もありますが、下手をすると処罰されるので絶対に行ってはいけません。

カードローンは本人が申込むもの

カードローンの申込みというのは、当然ですが本人が行うものという前提があります。

もちろん、例えばインターネット経由で申込む際に、操作が分からないので誰かに手伝ってもらうというようなことはあるかもしれませんが、申込みは、その誰かではなくて本人の名前で行わなければなりません。

もし別人の名前で申込みができるとすると、まったくその人が知らないところでお金を借りることになって、金融機関は別人に返済を請求することになってしまい、大問題になるでしょう。

また金融機関側も、融資したお金の回収が難しくなって大きな損失にもつながってしまいます。

金融機関はカードローンの申込時に本人確認書類の提出を要求している

そこで、こういったことを防ぐために、カードローンの申込みを行った場合、申込者が本人かどうか審査が行われることになっています。

このため申込みに当たっては、申込者が本人であることを確認するための本人確認書類というものの提出が要求され、この書類の提出が行われなければ、カードローンの利用はできないという事になります。

この本人確認書類は、他の必要書類とともに、申込書と提出することになりますが、以前は店舗以外での申込みでは郵送やFAXが使われていました。

しかし、最近ではインターネットの利用が増え、こういった書類もインターネット経由で電子データとして送信することもできるようになってきました。

書類の偽造は罰せられることもある

カードローンの申込者の中には、自分の名前では返済能力や信用の点で、審査通過が難しいと考える人もいます。

そういう場合に他人に成りすまして申込みを行おうと考える輩もたまにいるものです。

そうした場合、本人確認書類は自分のものではダメですから、偽造して提出されることがあります。

しかし金融機関に審査というのはそう甘いものではなく、書類の偽造などは必ず確認されますから、殆どの場合すぐにバレてしまいます。

もし申込みで書類の偽造がバレた場合、法律に抵触することになり、金融機関の考え方次第では法的に罰せられることもあります。

また申込みの際に虚偽の申告をしたという事は後々まで記録が残り、当分の間、お金を借りることもできなくなるので、偽造は全く割に合いません。

~本人確認書類以外に必要になる書類~
カードローンの申込みでは本人確認書類の他、融資希望額によっては収入を証明する書類の提出が必要になります。

またカードローンによっては、自営業者の場合、事業の状況を説明する書類の提出が必要になる場合もあります。

免許証なしでも他の書類を用意すればよい!申込前に確認しておこう

そこでこの本人確認書類には何が使えるのかという話になりますが、大変身近な本人が分かる書類としては運転免許証があり、多くの人が運転免許証が有ればカードローンの申込みができることを知っています。

しかしすべての人が運転免許証を持っているわけではありませんから、金融機関は運転免許証以外にも本人確認書類として利用できる書類を提示しています。これはカードローン毎に違うので確認しましょう。

この運転免許証以外に利用できる書類には写真の付いていない保険証も入っているのが普通ですが、カードローンによっては保険証の場合、他の書類も必要になることがあるので、注意が必要です。

本人確認書類に利用できるのは免許証だけではない

では本人確認書類にはどんなものが利用できるのかという事ですが、もちろん証明書類ですから公的機関が発行したものでなければなりません。

こういう場合手軽に利用できる書類としては運転免許証が有ります。カードローンの利用者の中には、運転免許証しか本人確認書類として認められていないと思っている人もいますが、これは間違いです。

運転免許証というのは確かに証明書類としては身近に合って手軽に利用できますが、誰でも持っているというものではありません。利用できる書類が免許証だけでは申込めない人もいて利用者を逃す事になります。

そこで金融機関は運転免許証以外にも利用できる書類を何種類か指定している筈です。

その中には次のような書類が含まれています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

これだけ選択肢があれば、運転免許証が無かったとしても、申込みができることが分かります。

カードローン毎に違いがあるので申込前に確認しておこう

ただし、ここに挙げた本人確認書類は一般的なもので、すべてのカードローンがこうなっているわけではありません。

もっといろいろな書類が使える場合もありますし、この中の一部しか使えないカードローンもあります。

ですから、カードローンを利用する際には、申込みを行う前に必ず、どんな書類が利用できて、自分に用意できるものかどうかを確認しておきましょう。

申込みをしてから、書類を用意しようとして用意できないものだったら、審査には通らなくなってしまいます。

書類によってはさらに必要な書類がある場合があるので要注意

またカードローンによっては健康保険証のように写真が添付されていない本人確認書類を利用する場合には、別途必要になる書類がある場合もあります。

例えば健康保険証の場合は、電気料金や電話料金などの直近の領収書の提出を要求している場合があるので、注意が必要です。

免許証など他の書類の利用ができず健康保険証を利用する場合は、やはり予め必要になる書類があるのかどうかの確認を行って用意しておきましょう。

またカードローンによっては、これらの本人確認書類とは別に住民票の写しの提出が要求されることも有るので、提出書類を確認する場合には、詳細までよく調べてください。

~外国人が利用できる本人確認書類とは~
多くのカードローンは利用者として外国人も想定していますが、外国人の場合利用できる本人確認書類としては、在留カードや特別永住者証明書等の利用が可能になっています。

本人確認は書類の確認だけでは済まない!在席確認に注意しよう

ただし、最近では金融機関の窓口に行って対面で申込むという事が少なくなり、審査では本人確認書類だけで本人の確認を行っているわけではありません。要するにこれだけではなかなか確認が行えない訳です。

そこで本人確認書類の提出と同時に審査で確認が行われるのが、申込者の勤務先に直接電話を入れて、実際に申込者が在席しているかどうかを確認する在席確認です。

勤務先にこういった借金のための確認電話がかかってくることを嫌がる人も多いのですが、これは本人確認には欠かせないものです。

このため金融機関も嫌がられていることを承知で、それでも必要な確認という事で、周囲に分からないように配慮して行っています。

書類だけでは本人が申込んでいるかどうかの確認は不十分

カードローンの申込者の中には本人確認はこの本人確認書類だけで行われると考えている人も多いですが、金融機関の審査というのは、もっと念入りに行われるものです。

例えば本人確認書類の場合写真付書類で窓口で本人と突き合せて確認すれば良いかもしれませんが、最近ではインターネット経由などの申込みが増えて、こういった突き合せを行うのが難しくなってしまいました。

このため、本人確認書類だけで本人が申込みをしているのかどうかを確認するのは、かなり無理があり、審査として不十分と言わざるを得ません。

通常は書類による確認の他に在席確認が行われる

このため、殆どのカードローンの場合は、この本人確認書類による審査の他に、在席確認と言うものを行って、さらに本人確認を確実なものにしています。

在席確認というのは、申込者の勤務先に対して、金融機関側から直接電話を入れ、実際に申込書に記載されている、職場に在籍しているかどうかを確認するものです。

この確認が行われることによって、他人に成りすますには、本人確認書類の他に、勤め先まで用意しなければならなくなるので、なりすましはかなり抑止できている筈です。

在席確認は本人が不在でも、本人の在席が確認できれば構わないという場合もありますが、本人に簡単な質問が行われる場合もあります。

ですから、できればカードローンの申込みを行なったら職場に在籍していた方が良いでしょう。

在席確認は周囲には分らないように行われる

申込者の中には、借金の申込みをしていることが職場の周囲に知られたくないとい考え、在席確認を大変気にしている人も少なくないでしょう。

例えば職場に消費者金融から電話が有ったら、周囲からは変な目で見られる可能性は確かにあるはずですから、できればそういった電話は避けたいと考えるでしょう。

実際、この在席確認があるために、カードローンの申込みを断念した人もいるはずです。

しかし、在席確認が利用者から嫌われていることは金融機関はよく理解していますし、その理由も分かっています。

金融機関としては本人確認を確実に行うためには、嫌がられていてもどうしても外せない確認のため、在席確認電話では、周囲に分からないように配慮が行われます。

具体的には銀行の場合には、銀行名が名乗られる場合は有りますが、消費者金融の場合や一部の銀行では、個人名で在席確認電話が行われます。

このため、本人が電話を取らなかった場合でも、その電話がカードローンの在席確認電話という事は、まず周囲に分かってしまう事はありません。

ですから、あまり心配しないで在席確認を待ちましょう。

~本人確認を郵便によって行う場合がある~
最近では一部の金融機関の場合、郵便を使って本人確認を行っている場合もあります。

これは本人限定受取郵便というもので、ローンカードを受け取る際に、配達人に対して、本人確認書類を提示するという方法で行われます。

この確認は金融機関自体ではなくて日本郵便のサービスという形で行われるので利用可能書類などの詳細は日本郵便で確認してください。

カードローンによっては免許証の方が便利なことも有る!

このように免許証以外でも本人確認書類として利用できるものはあるのですが、カードローンによっては本人確認書類の基本は免許証としていて、他の書類を提出した場合と扱いに差があることがあります。

例えば、自動契約機で申込みを行った場合、免許証を提示した人にはその場でローンカードの発行を行いますが、ほかの書類を提示した場合には、ローンカードは郵送になるというところがあります。

このため、カードローンを申込む場合には、免許証以外の本人確認書類の扱いを確認しておき、多少不便な面があるのであれば、それを承知の上で申込みを行う必要があります。

申込んでから差があることに怒ってもどうしようもないのです。

本人確認書類の基本を免許証にしているカードローンがある

説明したように本人確認書類は免許証だけという事はありません。しかいカードローンによっては本人確認書類は基本としては免許証で、免許証が無い場合には他の書類でも良いというスタンスの場合があります。

こういったカードローンでは免許証向けにシステムが出来上がっており、免許証を提示した方が、利用開始がスムーズに進むようになっていることがあります。

しかし、最近では車離れが進んで、都市部ではそもそも免許も取っていないという人も珍しくなくなってきているので、やはり、書類による違いというのはあまり関心できる事ではありません。

自動契約機では免許証の場合だけその場でローンカードが発行される

免許証が優遇される例としては、自動契約機で申込みをする場合に見られるのですが、免許証を提示して申込みを行えばローンカードがその場で発行されますが、その他は郵送になるというものがあります。

したがって、免許証の場合にはローンカードによる即日利用ができる可能性があるのに対して、そのほかの場合には、ローンカードでの即日利用は難しくなります。

またインターネット上から申込みを行ったような場合、多くのカードローンでは店舗に行って自動契約機でローンカードが受け取れますが、この場合には免許証を提示した人だけとなってしまいます。

もちろんローンカード受取後の使い勝手に違いが生じるようなことはないので、大きな問題ではありませんが、それでも急いでいる人は申込みを避ける原因になることは間違いないでしょう。

免許証が無い場合は申込が多少不便という点を了解しておこう

ですから、カードローンを選ぶ際には、本人確認書類によって対応の違いがないかどうか、予めよく確認しておくことが必要でしょう。

即日ローンカードの発行を期待して自動契約機に行ったのに、結局郵送になってしまったという事も起こりえるのです。

もし対応に差がある場合で、免許証が提示できないという時は、申込みから利用までが多少不便になることを了解するか、あるいは別のカードローンを探すか、よく考えて選ぶようにしましょう。

ただ影響が出るのは時間だけで、利用まで余裕をもって申込めば済む話ですから、その点注意しておけば、問題はないはずです。

~銀行の場合今後審査は厳しくなり即日融資は難しくなる方向にある~
銀行のカードローンの場合、今後審査が厳しくなることが予想されており、店舗の窓口や自動契約機で申込んでも即日ローンカードが発行されるのは難しくなるようです。

したがって、本文では免許証の方がローンカードを早く受け取れる場合があると説明していますが、今後は大きな差はなくなると考えられます。

ここで免許証なしでもカードローンは契約できるのかについて纏めておきます。

  • カードローンの利用には申込者が本人である確認が必要
  • 申込みには免許証以外にも利用できる本人確認書類がある
  • 本人確認は書類だけではなく在席確認によっても行われる
  • カードローンによっては免許証での申込みが便利な場合もある

免許証は教習所に通わなければ取れませんが、最近ではマイナンバーカードができ誰でもすぐに作れるので、今後はこれが本人確認書類の基本になっていく可能性も無いとは言えないでしょう。

閉じる
閉じる