自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの返済方法選びには要注意?場合によっては損失になる!

カードローンは借金ですから、融資を受けたら指定された返済方法で翌月以降返済していかなければなりません。返済方法は通常複数用意されていて、利用者がどれを利用するかを決めることが可能です。

返済にATMを利用する場合、提携ATMでも可能になりますが、利用手数料が発生することになったり、銀行振込を利用する場合には振込手数料も必要になるので利息以外にも費用が発生し損失になります。

どの返済方法がお勧めなのかは利用者ごとに違いますが、お得さの他、返済を忘れてしまわない方法を選んだ方が良いでしょう。

もし返済が遅れてしまうと遅延損害金というような余分な費用も発生してしまうので注意が必要です。

カードローンは借金!借りたお金は指定された返済方法で要返済

カードローンはカードでATMからお金を引き出すという形から、利用者の中には自分のお金を引き出す感覚に陥ってしまうことがありますが、まぎれもない借金ですから、返済しなければならないものです。

カードローンの基本は借りているお金を決められた返済方法で月々少しづつ返済していくという形で利用するものです。

この返済方法はカードローンごとにいくつか用意されているので、自分が利用しやすい方法を選ぶことができるようなっています。逆に言えば返済しやすいものが用意されていなければ別を選ぶべきでしょう。

カードローンは自分のお金ではなく借金

カードローンが借金だというのは借入れするときは誰もが分かっている筈です。

しかしカードローンというのは利用方法がカードを使ってATMから引き出すという形からキャッシュカードで自分のお金を引き出すのに極似しています。

こういった簡単な手段で利用できるものですから、徐々に利用額が増えていく傾向があり、そのうちに融資を引き出すのも自分のお金を引き出す感覚に陥ってしまうこともあります。

こうなってしまうと、常に返済が続く状況に陥ってしまう訳です。

基本は月々返済していくこと

そこでカードローンの返済について考えてみましょう。

現在ある殆どのカードローンというのは会社員をモデルにして設計されています。

会社員は収入を月給という形で受け取っていますから、カードローンの返済も月々行っていくのが基本です。

このため、カードローンでは月々返済日を決めて、利用者にはいくつかの返済方法を提示して、そのいずれかを使って、元金分と利息分の合計額を入金してもらうようになっています。

ただし、ごく少数のカードローンでは、こういった会社員のモデルにせず、自営業者向けのものを提供している場合があります。

その場合には返済日を決めずにいつでも返済できるような形になっていることもあります。

【関連記事】

個人事業主でもカードローンは利用可。収入が安定している事が条件!

返済方法はカードローンごとに複数用意されている

では月々返済していく場合の返済方法について説明していきます。

月々返済する返済方法には次のようなものがあります。

  • 口座引落
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 銀行振込
  • 窓口

利用者はこういった返済方法の中から、自分が返済しやすい方法を選んで利用することができます。

ただし銀行の場合、口座引落は自分の所の本支店に普通預金口座を持っていなければ利用できない場合があるので注意が必要です。

またすべてのカードローンがここに示した返済方法を提供しているわけではないので、もし自分に合ったものが無ければ、別を探したほうが良いでしょう。

~返済方式も確認しておこう~
返済では方法も重要ですが返済方式も大変重要です。返済方式というのは月々利息と合わせていくら返済するかを決めるもので、最近では借入残高に合わせて段階的に月々の返済額が決まることになる残高スライド方式の採用が増えています。

返済方法によって損失?元金分以外に掛るお金は利息だけとは限らない

カードローンを返済する場合、借入れた元金分を返済すればよいだけではありません。

それでは金融機関は慈善事業をしているのと変わりません。このため金融機関は利益を出せるように利息分の支払いも要求します。

ところがここで注意しなければならないのが返済方法によっては、この元金や利息以外にも経費が掛かってしまうことです。

例えばATMから返済することを考えると、時間外の利用や提携ATMを利用する場合利用手数料が発生することになります。

この利用手数料はそれほど高額ではありませんが、金利が低い現在では、借り方によって利息以上になってしまう可能性もあって、決して無視して良いお金ではなく損失としてとらえる必要があります。

カードローンの返済では利息分も支払う必要がある

カードローンの返済は説明しているように元金分に加えて月々利息分の返済が必要です。つまり返済額は次のように計算されます。

返済額 = 元金返済分 + 利息分

借入れしたのは元金ですから、利息分は利用者の損失ということになります。

つまり金融機関は元金分を貸してその返済に利息をつけてもらうことで、その利息から利益を上げているわけです。

金融機関も企業ですから、利益を追究するのは当然で、利用者の方もそれを納得の上で融資を利用しているわけです。

返済方法によっては利息分以外にも費用が掛かる

ところが返済方法によってはこれだけでは終わらず、これ以外にもかかってくる経費があります。

つまり返済を行うことによって次の費用がが掛かる訳です。

返済額 = 元金返済分 + 利息分 + 経費

この経費としては、例えばローンカードを利用してATMから返済する場合、ATMの利用が時間外だったり、提携ATMだった場合、利用手数料がかかります。

また銀行振込を利用する場合には、振込手数料がかかることになりますし、窓口での返済ではそこまでの交通費がかかります。

つまり利用者にとっては元金の返済分以外に利息分と経費を支払うことになるので、利息分+経費が損失になります。

手数料は利息以上に高額になる可能性がある

手数料などたったの108円ではないかと考えている人も多いでしょう。確かにそうです。

しかしもし1万円を金利14%で1か月借りた時に利息がいくらになるかを計算してみると、次のようになります。

利息 = 1万円 × 14% × 30日/365日 = 115円

この場合利息は115円で108円と大した違いはありません。もし借入時も提携ATMを利用したとすれば、利息よりもATMの利用手数料の方が高額になってしまいます。

こうなってくると108円も見方が変わってくるでしょう。

手数料というのは利息よりも高くなってしまうことも有るのです。

~カードローン選びではATMの位置の確認が必要~
本文で説明しているように提携ATMというのは意外に利用者にとっては無駄なお金がかかってしまうものです。ですからカードローンを選ぶ場合には利用するカードローンを提供している金融機関のATMの位置も確認しておくことが必要でしょう。

どの返済方法がお勧めなのか?利用者ごとに考える必要がある

そこでどの返済方法がお勧めなのかという話になりますが、基本としては先ほど説明したように利用者が返済しやすい方法がお勧めと考えるべきでしょう。ただその時損失が出ないように注意が必要です。

ただし、お得さ以外に返済で十分注意しなければならないのが、返済日を忘れないことです。いくら使いやすかったとしても返済を忘れたのでは、金融機関の不信を招く事にもつながります。

このことを考慮すると、返済日に自動的に返済が行われ、忘れることもない自動引落の利用がお勧めと言えるでしょう。

ただし、この場合も残高不足になっている可能性があるという問題が潜んでいるので注意は必要です。

お勧めの返済方法は利用者ごとに違う

では自分はどの返済方法を利用すればよいのかという話になりますが、基本としては、やはり自分が返済しやすい方法ということになります。

したがって一律のどれにしろということは言えません。

まずは自分でよく考えて、何が返済しやすいのか考えてみてください。

例えば自分の行動範囲内にATMが有って手数料もかからないというのであれば、ATMからの返済が良い方法でしょう。

またやはり行動範囲内に店舗が有って窓口に行くのも簡単と言うのであれば、窓口での返済も良い方法です。

もしそういったことが難しいのであれば口座引落の利用を考えるべきでしょう。

お得さ以外に忘れない事も重要

ただし、お得さを考えれば先ほど言ったようなことを考慮すればよいのですが、もう一つ検討しておかなければならないことがあります。

それは返済日に返済を忘れないようにするという点です。

例えば手数料の掛からないATMが近くにあったとしても、返済日に返済するのを忘れてしまっては全く意味がありません。

ですから返済を抱えていて、特に自分は忘れっぽいというような場合には、できるだけ忘れないような方法を選ぶことが必要でしょう。

申込時は借入ばかりに気を取られて返済のことなど、ほとんど考慮しないという人が多いですが、カードローンは返済こそが重要なのです。安易に返済方法を選ぶようなことは止めましょう。

返済を忘れないようにするには口座引落がお勧めだが問題もあり

絶対に忘れてしまいそうという人は、やはり口座引落がお勧めです。これであれば、忘れないだけではなく、たとえ返済日が忙しくても返済に行く必要もありません。

ただし、この方法には1つだけ問題点があります。それは残高不足ということが有り得るということです。

誰でも1度や2度は残高不足になってクレジットカードの支払いができなかったというようなことがあるはずです。

カードローンも同じことで引き落とせなくなれば、返済日に返済することができなくなってしまいます。

したがって、可能性としては低くなりますが、口座引落であっても返済ができないことがあるのは同じことで、やはり返済日前には口座の残高を調べるために、思い出す仕掛けが必要だと言えるでしょう。

~最も良いのは借入れせず返済がないこと~
本文ではいろいろと返済方法について考えていますが、最も良いのは返済がないことです。カードローンの場合、借入れが簡単ですから、安易に借入れしてしまいがちになりますが、借りようと思った時はまず借りなくて済ませる方法を考えましょう。遣り繰りできれば借りなくて済むかもしれません。借りなければ返済で悩むこともないのです。

返済が遅れたらどうなるか?さらに余分なお金が掛かることになる

ではもし返済日に返済を忘れていて返済が行われなかったときにはどうなるのかというと、まず督促状が送られてくるので、ずっと忘れているということは無いはずです。

ただし、時すでに遅しで、返済日以降は遅延損害金と言う形で、本来支払う必要のないお金を金融機関に対して払わなければならなくなります。この遅延損害金は利息よりも利率が高いですから要注意です。

ですから、こういうことを防ぐためには、月々返済日を思い出す自分なりの仕掛けを作っておくことが必要です。余分な費用が掛かればそれは損失です。自分のお金を守るために大変重要なことです。

返済が遅れたら督促状が来る

いろいろと注意していたが、返済日に返済するのを忘れてしまったという場合はどうなってしまうのでしょうか。

その場合業者側も単に返済忘れだと想定して、まずは督促状を利用者宛に送ってきます。ですからこの時点で返済してしまえば、それほど大きな問題にはなりません。

督促状が来ることで返済していないことが分かるので、指示に従って入金すれば良い訳ですん。

もしそれでも入金が行われなければ、業者の方も本格的に回収に乗り出すことになり、回収担当から連絡が行われます。

それでも返済に応じなければ、催告書が送られ、法に則って差し押さえなどに進みます。

返済が行われるまで余分な費用が掛かる

多くの場合は単に忘れていたということなので、すぐに入金することになるのですが、実はここでも、損失が生じます。

返済日以降は返済が行われなかったわけですから、契約違反ということになります。したがって金融機関はこれによって利息が受け取れませんから、損害が発生すると解釈する訳です。

このため、返済が行われるまで遅延損害金というような名目で、利息の計算と同じように借入残高と利率によって計算した金額を徴収することになっており、この利率は通常利息に対する金利よりも高くなります。つまり、ここでも本来であれば支払う必要のないお金が掛かることになる訳です。

返済日を忘れないようにするにはどうすればよいのか

では返済方法を忘れないようにするにはどういったことが考えられるのでしょうか。

例えばカレンダーや手帳の返済日の所に印をつけておくという方法も原始的ですが有効な方法です。

また単に日にちを覚えるというのは難しいものですが、何かに関連付けて覚えておくと意外に覚えられることも有ります。

例えば返済方法を口座引落にしておいて、給料日になったら、それに関連付けて引き落とし口座の残高を確認するか、あるいは入金しておくようにすれば、返済が行われないということはなくなるはずです。

自分なりに忘れない方法を考えてみてください。

~もし返済できなくなったら最悪自己破産~
もしどうしても返済ができなくなった時は、差し押さえに進む前に、通常は金融機関との間で債務整理の話し合いを持つことになります。債務整理では最悪の場合、自己破産に追い詰められる可能性も出てきます。

ここでカードローンの返済方法選びについて纏めておきます。

  • カードローンは指定された返済方法で返済しなければならない
  • 返済方法によっては元金返済分と利息以外にも経費が掛かって損失になることがある
  • どの返済方法がお勧めなのかは利用者ごとに違うため自分に合った返済方法を考える必要がある
  • 返済が遅れた場合には遅延損害金かかかり更に損失が大きくなる

返済ができなければ大きく信用を落とし、そのあと借入れがしばらくできなくなることも有るので、カードローンのような少額であっても必ず返済計画を立てて着実に返済を行ってください。

閉じる
閉じる