自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンを複数申し込んで高額借入は危険!審査通過は無理かも

カードローンは最初から高額融資はできません。そこで高額利用を狙ってカードローンを同時に複数申込もうと考える人がいますが、他のカードローンの申込直後は審査通過は難しく高額利用は見込めません。

ただし、ある程度の期間をおいて一つ一つ申し込んでいけば複数利用できる可能性はあります。ただし、利用件数が増えてくると、審査に通過させないカードローンも増えてくるのでそう多くの利用はできません。

また、各金融機関は融資の上限を年収にリンクさせる形にしており、すでに他の金融機関で融資を受けている場合には、合計してその上限以内でなければ融資されないので高額利用にも限度がある事になります。

カードローンを同時に複数申込めば同時に複数契約は可能なのか?

カードローンの利用限度額は申込直後は大変少額の為、高額利用を狙って、複数のカードローンを同時に申込む人がいます。

カードローンの申込みは、特に他を申込んでいたとしても、できない訳ではないので、申込自体は同時に複数行うことは可能です。

しかし、カードローンを申込んだという情報は、信用情報に書き込まれるため、同時に複数申込んだとしても、他にも申込みをしているということは金融機関には分ってしまうことになります。

カードローンでは審査中にこの信用情報が参照されることになり、短期間に申込みが繰り返されている場合、お金に困っていると疑われて、審査は否決になってしまいます。

このため、複数同時申込みをした場合、審査通過は難しいと考えるべきでしょう。

【関連記事】

カードローンの審査に影響する信用情報とは?問題があれば審査は否決

複数同時申込は可能

カードローンはかなり高額な限度額を持っているものがありますが、実際に申込みをしてみると、最初は非常に少額の利用限度額になってしまいます。

このため高額の借入れが必要になった場合、利用者の中には複数のカードローンを申込んで合計額で高額の融資を利用しようと考える人がいます。

そこでそういったことが可能なのかについて調べていきましょう。

まず複数のカードローンを同時に申込めるのかという点についてですが、店舗に行って申込む場合には同時にというのは無理があります。

しかし最近ではネット上から申込情報を送信することによって申込みが可能ですから、多少の時間差は出ますが、ほぼ同時にカードローンの申込が可能です。

カードローンを申込んだという情報は信用情報に書き込まれる

しかし申込みができたからと言って、利用できるということではありません。

まずカードローンの申込みが行われた場合、そのカードローンが申込まれたという情報が信用情報に書き込まれます。信用情報というのは金融機関間で利用者情報を共有するためのデータベースです。

複数申込が行われれば、次々に申込が行われたという情報が信用情報に書き込まれていくことになる訳です。

この後、各カードローンでは審査が行われてカードローンを利用してもらうかどうかが決められることになりますが、この時この信用情報が参照されます。

他のカードローン申込直後は審査通過は難しい

審査がどのタイミングで行われるか分かりませんが、もし審査で信用情報が参照されて、短期間に頻繁に複数のカードローンの申込みが行われていることが分かったら金融機関はどう思うでしょう。

ます頭に浮かぶのは複数のカードローンを利用したら返済が厳しくなるだろうということですが、金融機関はこの時点ではこの点よりももっと問題にすることがあります。

それは短期間に何件もカードローンを申込んでいるという点で、よほどこの申込者はお金に困っているのではないかと考えるということです。

お金に困っている人にお金を貸せば、返済はどうなるか分かりませんから、金融機関はお金を貸しません。つまり審査には通らない訳です。

したがって複数同時に申込みを行った場合、タイミング的なものもありますが、審査通過は難しいと考えておいた方が無難でしょう。

~信用情報とは?~
信用情報というのは本文で説明しているように各金融機関の利用者の情報を共有するためのデータベースで、過去の金融取引状況などが格納されています。ローンの申込みの他、返済の状況なども格納され、滞納したことがあるかどうかなのもこの信用情報を参照すれば、すぐに分かってしまいます。

期間を空ければ複数同時利用は可能!ただし限度があるので要注意

では同時に複数申込を行うのではなくて、期間を空けて一つ一つ申込みを行うことを考えてみましょう。

先程説明したように信用情報中には他のカードローンの申込情報が格納されますが、この情報は一定期間後に削除されます。

したがって、ある程度期間を空けて申込みを行えば、カードローンの複数同時利用ができる可能性はあります。

ただし、金融機関の方も返済が見込めないような融資を行うわけにはいきませんから、利用件数が多くなってしまうと、やはり審査通過は難しくなると考えなければなりません。

信用情報中の情報には格納期間がある

このように信用情報に申込情報が有る場合には金融機関は審査に通さなくなってしまいます。この状態を申込ブラックと呼びます。

では申込みを繰り返してしまうと、もうお金は借りられないのかということになりますが、信用情報に格納される情報というのは、それぞれ格納期間が決まっていて、その期間が経過すれば削除されます。

申込情報の場合には6か月を超えない期間とされており、多くは3か月程度、長くても6か月経過すれば、申込情報は消えて、申込ブラックの扱いは受けなくなります。

つまり、またお金がかりられる可能性が出てくるわけです。

ある程度期間を空けて申込めばカードローンの複数同時利用は可能

したがって、ある程度期間を空けて申込みを行えば既にカードローンを利用していたとしても、別のカードローンの申し込みができて、審査で問題がなければ、融資の利用も可能ということになります。

そしてさらにまたしばらくの期間を空けて別のカードローンというように申込みは1つ1つということになりますが、複数のカードローンの利用は可能になるというわけです。

同時に申し込んで高額融資を利用するということは無理ですが、時間をかけて、融資額を増やしていくという事を考えた場合、必ずしも複数利用ができないと言うことでは無い訳です。

利用件数が多くなってくると審査に通らなくなる

ただし、金融機難側もいくらでも審査に通すというわけではありません。

利用件数が増えてきた場合、返済も複数になるので、返済できなくなることを心配して、審査は件数が増えればそれだけ厳しくなっていきます。

いくつのカードローンまで許容するかはカードローンごとに判断が違い、2件目以降は絶対ダメというところもあれば、3件目までは融資しても良いというところもあります。

しかし4件目になると、もう融資しようというカードローンはなくなり、このあたりが金融機関の許容する限界ということになりそうです。

~怪しい業者を利用してはいけない~
カードローンではありませんが、業者の中には、すでに何件も借入れしていたとしても融資しますという業者があります。こういった業者は、いわゆる闇金と呼ばれる非正規業者で、利用してしまうと何だかんだとお金を搾り取られるのが落ちです。ですから、冷静に考えればあり得ないような融資を行う怪しい業者は利用してはいけません。

年収による融資上限にも要注意!高額利用を期待してもダメ

また返済能力の評価としては融資ができるとしても、利用可能額には年収にリンクさせる形で上限があるので、それ以上の融資はされません。

例えば消費者金融の場合には法的に原則として全社合計して年収の3分の1までしか融資ができないとされていて、複数申込んでも、それ以上の借入れはできません。

銀行の場合には法的な規制は有りませんが、各行とも年収の2分の1或は3分の1と内部規定で決めており、他社との合計をどこまで認めるかは分かりませんが、これ以上の借入れは難しいはずです。

ですから、もし高額融資が欲しいという場合には、まず行わなければならないのは、自分の年収を増やすということになります。

消費者金融の場合法的に年収にリンクした融資上限が決められている

もう一つ複数借入れが難しくなる要因があります。それは融資できる上限が年収にリンクさせる形で存在しているということです。

融資上限は次のようになっています。

金融機関 融資上限
消費者金融 原則として年収の3分の1
銀行 年収の2分の1或は3分の1

消費者金融の場合、貸金業法の規定があり、原則として融資は全社合わせて年収の3分の1までと決められています。

法律ですから正規業者の場合、必ずこの規定が守られるため、年収の3分の1まで既に借入れ或は利用限度額が与えられている場合には、返済能力に余裕があるにしても、審査に通すことは有りません。

自分がいくら借入れているかあるいは融資枠を持っているのか、良く調べてから、申込みを行うようにしてください。

銀行の場合も内部規定で融資上限が決められている

銀行の場合には、法的な制約はありませんが、そうかといっていくらでも貸しましょうという訳に行かないので、各銀行ごとに内部規定によって融資上限を決めています。

この場合年収の2分の1のところと3分の1となっているところがあります。他社の借入をどこまで許容するかは銀行次第ですが、合計でこの枠以上にはならないでしょう。

このため、銀行の場合もやはり、自分の年収をよく考えたうえで、申込みをする必要があります。やみくもに申込んでも審査通過の可能性はないのです。

高額利用したいのであればまず年収を増やす必要がある

このように融資の上限は自分の年収にリンクされているので、高額融資を希望するのであれば、そのために基盤になる自分の年収を増やしておく必要があります。

年収が少ないから高額の借入れが必要なんだと言う人もいるかもしれませんが、年収が少ないのに借りてしまっては返済が見込めなくなるということを忘れてはいけません。

以前はもっと緩い基準だったのですが、そういう人に高額融資を行ったことで返済できなくなる例が頻発したために、こういった規定が生まれてきたわけですから、逆に考えれば規定によって守られているのです。

~貸金業法とは?~
貸金業法というのは、以前消費者金融がサラ金と呼ばれていたころ、高金利で厳しい取り立てを行い社会問題化したのを機にこれを取り締まるために作られた法律で、当初はサラ金規制法などと呼ばれていました。

複数同時利用では返済に注意!おまとめローンの利用も考えるべき

注意しなければないのは、複数同時に融資の利用を行った場合には、返済も複数同時に行わなければならなくなり、家計には大きな負担になるということです。

ですから、もし複数利用をしなければならない場合には、借入れの前に必ず返済の可能性について検討し、完済できる見込みがある場合だけ借入れを行うようにしてください。

もし複数利用してしまって、返済が厳しくなってしまった場合には、一部の金融機関ではお纏めローンというものを提供しているので、この利用を検討しましょう。

これを利用すれば複数のローンを1つに纏めることができて、返済も1つにすることが可能になります。

複数同時利用は返済も複数になる

では複数の契約に成功して、複数の借入れを並行して行った状況を考えてみましょう。

カードローンは1件だけなら借入額が増えたとしても、返済額はそう急激には増えません。

しかし、複数並行して利用した場合、返済も複数行わなければならず、返済額が同程度だとすれば、返済額は2倍3倍に増えていくことになります。

これだけ増えれば、家計に影響が出ることは必至で、返済によって苦しい生活を強いられる可能性が否定できなくなります。

借入前に返済の可能性を検討しておこう

そこでぜひ行ってほしいのは、借入れの前に返済の可能性を検討してみることです。

金融機関の審査に通ったからと言って、返済できる保証などどこにもありません。安易に借りたら返済できなくなってしまう可能性もあるという前提で考えてください。

返済できるかどうかは月々いくらの余裕があるのかということを見極めなければ判断できません。

そのためには1年程度遡って月々の自分の収入と支出を調べてその差から次の数式によって月々の収支を計算する必要があります。

収支 = 収入 - 支出

この収支が黒字で返済額の合計額以上あれば返済していけるということになります。

もし返済額には足りないという月があるのであれば、今後もそういった月がないとは言えず、返済は難しくなる可能性が出てきます。

返済には足りないという月がたくさんある場合には、複数借入れはやめておいた方が無難でしょう。

返済が厳しくなったときはお纏めローンの利用を考えよう

もし複数借入れして既に返済中だが、返済が厳しいという場合は、かなり危険信号が出ていると考えてください。

その場合には、なるべく早めに一部の銀行や大手消費者金融が提供しているお纏めローンの利用を検討してみましょう。

お纏めローンと言うのは複数のローンを借り換えることによって、1つのローンに纏めてしまうものです。

もし1つに纏めることができれば、月々の返済も1件になるため、それほど高額の返済にはなりませんから、返済の負担を減らすことも可能です。

もちろんこのお纏めローンにも審査があり、しかも借入れが高額になる場合が多いので、決して甘い審査ではありません。

まずは現在借入しているローンの契約書などを持って、金融機関に相談に行ってみてください。

~複数借入れは多重債務者につながる~
複数借入れしている場合、1つ返済できなくなると連鎖的に他の返済もできなくなる可能性があって、複数の債務を抱え多重債務者ということになってしまいます。複数借入れというのは、このように多重債務者になりかねない危険な借り方という自覚を持たなければなりません。

ここでカードローンの複数申込について纏めておきます。

  • カードローンを同時に複数申込むことは可能だが審査通過は難しい
  • 1つ1つ申込みを行って複数利用することは可能だが上限があるので要注意
  • 年収によって融資の上限が決まるので複数申込を行ってもその上限で審査に通らない可能性も有る
  • 複数利用中に返済が厳しくなった場合にはお纏めローンの利用で一つに纏めてしまったほうが返済は楽

複数の借入は決して褒められることではありません。まずはそういった状況にならないようにすることが大変重要です。

閉じる
閉じる