自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンで多重債務地獄!複数の借入が引き起こす危険性

カードローンは申込直後に設定される利用限度額はそう高額にはならず、高額の借入れは難しい為、高額の借入れが必要な場合、複数のカードローンを利用して合計で借入額を増やすことを考える場合があります。

カードローンは3件までなら並行して利用はできる可能性があり、高額利用が可能になりますが、返済も3件平行に行う事になるので、当然家計を圧迫し、生活はその分苦しくなってしまいます。

それでも自分の収入内で返済できていれば、問題はありませんが、もし他からの借入れを別のカードローンの返済に回すような事を行うようになった場合は、回らなくなった時点で多重債務者になってしまいます。

カードローンで高額利用は難しい!複数利用を考える人も出てくる

カードローンは最近では800万円程度融資するところも珍しくなくなりました。

しかし残念ながら誰もがそんなに融資されるわけではなく、信用評価によって融資上限が決まり、特に申込当初は極少額になってしまうのが普通です。

このため、カードローンでは高い信用評価が得られる一部の人を除いて、そう簡単には高額利用する事はできず、少額の利用限度額の中で上手に利用することが求められます。

このため、高額利用が必要と考える人は1件だけではなくて複数のカードローンを利用することで、合計して高額の利用ができるようにしようと考える人も出てくることになります。

カードローンの利用限度額は信用で決められる

カードローンの説明資料を読むと最高500万円とか800万円などと景気の良い話が書かれていますが、この数字はあくまで上限であって、審査に通れば誰でもここまで借りられるわけではありません。

ではどのくらいまで借りられるのかというと、実際に借りられる金額というのは、審査での信用評価によって決められることになります。

ここで言う信用というのは利用者と金融機関間のお付き合いの度合いによる信用であって、社会的な信用という意味とは違いがあります。

このためカードローンの申込みで初めてその金融機関とのお付き合いを始めるというような場合には、お付き合いとしてはゼロから始まるということになる為、利用限度額もそう高額にはならないのが普通です。

カードローンで高額利用するのはそう簡単ではない

カードローンの利用者の中には、高額利用を狙って申込みをしてくる人も少なくありませんが、このように当初設定される利用限度額というのはそう高額にはならず、落胆する人も多いはずです。

そんなことを言ったら誰も500万円とか800万円とか高額の利用などできないではないかと言われそうですが、こういった高額の利用限度額というのは、利用を続けて徐々に増額して貰うことが必要です。

しかも利用限度額というのは消費者金融では法的規制で、銀行の場合には内部規定で消費者金融では年収の3分の1まで、銀行の場合には年収の2分の1或は3分の1までが上限になります。

したがって、例えば消費者金融で800万円まで借りるためには年収もその3倍の2400万円が必要です。

しかもこれが上限ですから、実際にはさらに少額になってしまうのが普通です。

このためカードローンでの限度額に近い高額利用というのはそう簡単ではないのです。

複数利用できれば合計で高額利用が可能と考える人がいる

しかし、どうしても高額の融資が必要という人の場合は、そんな少額の融資では困ると考える人もいるわけです。

そこで1件のカードローンは少額しか借りられなくても、それを複数合わせれば、もっと高額の利用が可能と考える人が出てきます。

それでも法的な規制の上限は変わりませんが、確かに複数合わせれば、1件だけよりも高額な利用ができることは間違いないので、実際に複数のカードローンを利用する人もいるのです。

~利用限度額を増額する方法~
複数利用ではなく、1件だけで高額利用をするにはまずは少額の利用限度額を上手に利用して借りては返すという適正利用をしばらく続けたうえで、増額の申込みを行い再度審査を受けて増額してもらいます。

増額できるようになる時期というのはカードローンによって違いますが概ね6か月後から1年後程度と言われています。

3件程度であれば複数利用が可能!返済は当然苦しくなる

カードローンの方もそういった利用を想定して、審査で問題が無ければ、3件程度までは重複して利用することになる場合も許容され、審査に通過ができる場合があります。

しかし、そのように複数のカードローンで借入れすれば確かに合計して高額利用が可能になりますが、返済の件数も複数並行して行わなければならなくなることを忘れてはいけません。

返済が複数になれば、1件の場合に比べて間違いなく家計を圧迫することにつながります。それでも余裕があるほどの収入があればよいでしょうが、生活を圧迫して生活苦を感じるようになることも出てきます。

カードローンの場合3件程度までは審査に通過できる可能性がある

では実際に複数カードローンを申込んだ場合審査には通過できるのかという話になりますが、複数同時に申込んでしまうと、金融機関の方もお金に困っているのではないかと考えるので否決になります。

しかし、ある程度期間を空けて、順次1件ずつ申込みを行った場合には、返済能力や信用次第で、審査に通過できる可能性はあります。

カードローンのほうも有る程度はそういったことがあることは想定していて、カードローンごとに違いはありますが、3件程度までは複数並行利用を認めている場合が多いようです。

ただし、これはカードローンごとに考え方が違い、他のカードローンを利用している場合には利用は認めないという場合も有れば、2件までとしている場合もあるので注意しなければなりません。

ただし、4件目ということになると、まだ返済能力が有ったとしても、やはり金融機関側も警戒してしまって、審査通過はまずできません。

カードローンを複数借りれば返済も複数になる

このように3件程度までならカードローンの複数利用が可能になり、ある程度の高額利用ができる事になります。

しかし、これには大きな問題があって、1件だけなら高額利用をしても返済は月々1件で済みますが、複数のカードローンを借りるわけですから、月々の返済も複数になってしまいます。

この複数の返済には次のような問題があります。

  • 合計の返済額が高額化してしまう
  • 返済日も複数なって管理が難しくなる

したがって、複数借入れする場合には、こういった点について十分注意する必要があります。

返済が複数になれば当然家計を圧迫するようになり苦しくなる

このように複数の返済が重なれば、1件だけの場合に比べて返済額が高額化してしまいますから、その分支出は大きくなります。

返済能力が高く、毎月大きな余裕があるのであれば、返済も問題は無いかもしれませんが、それならそもそもお金を借りる必要などないはずです。

カードローンでお金を借りなければならないような人の場合は、そういう人は少ないはずで、返済が高額化すれば家計を圧迫するのは間違いないでしょう。

このため、複数の返済を抱えてしまった場合には、生活に苦しさを感じるようになり、ますます借入れが増えていく原因にもなってしまい、悪循環に陥ってしまう事にもなりかねないのです。

~複数の返済を抱えると返済日を忘れることも出てくる~
本文では複数利用の問題点として返済日が複数になって管理が難しくなるという点が挙げられていますが、最初はそれでも気を付けているものですが、そのうち返済日を忘れてしまうということも出てきます。

返済日に返済できなければ遅延損害金も掛かってきて損失につながるので、複数利用をしている場合には、返済日にも十分注意しなければなりません。

他の借入を返済に回すようになったら要注意!多重債務を負う事になる

複数借入れが生活苦を招くことは分かったと思いますが、それでも自分の収入の中から返済していけていれば、特に問題はありません。しかしカードローンの利用金額が増えればそうは言っていられなくなります。

返済額が増えて自分の収入の中からだけでは返済できず、他のカードローンからの借入れを別のカードローンの返済に回すようになったら要注意で、次第にそういった自転車操業はできなくなっていきます。

そうやって回せなくなってしまうと、もう借入れるすべも無くなってしまいますから、複数の借入れが全て返済できなくなり、多重債務としてのしかかってくることになってしまいます。

自分の収入内で返済できていればとりあえず問題なし

このように複数利用というのは生活苦を招いてしまう可能性があるのです。そこで複数利用を行う場合に一つの目安にしてほしいのが返済費用をどのように賄っているのかという点です。

複数利用をしていたとしても、生活を維持しながら自分の収入の範囲内で返済できていれば、生活が苦しいという問題はありますが、返済上は問題はないと言えます。

ですから自分の収入の範囲内で返済できているうちに、借入れを徐々に減らすなど、借り方を少しづつ改善させて行くように心がけましょう。

他からの借入れを別の返済に回すようになったら要注意

しかし借入れが徐々に増えていくようになると、返済額も増えていく可能性があって、収入の中から返済してしまうと生活の維持が難しくなってしまうようになる可能性があります。

そうなると、返済額を工面するために別のカードローンからの借入れを充てる事になってしまいます。このようにして他で借り入れては返済に回すという自転車操業的な借り入れを繰り返すわけです。

このような状況になっても、利用者本人はうまく回せていると考える場合もありますが、誰が見ても危険だと思うでしょう。

したがって、もし返済のために他から借入れが必要になった場合には、自分の返済は要注意だと考えなければいけません。

回せなくなった時点で破綻することになり多重債務者となる

それでも回せていればまだよいのですが、そんな返済が長く続くわけはなく、借入れは徐々に増えていく事になるのが普通です。

そして返済分の引出しができなくなったらどうなるでしょうか。その時はまたカードローンの契約を行えばよいと考える人もいますが、それも先程説明したように、上限は3件までです。

ですから3件利用していて回せなくなったら、もう借り入れを増やすのは難しくなります。

しかし返済日には返済しなければならないので、この時点で返済ができなくなって破綻するということになります。

しかも複数の借入れが有って、これがすべて不良債権になる訳ですから、この時点で多重債務者に転落してしまうということです。

~複数借入を一つに纏めるローンがある~
複数のカードローンの借入を抱えて、返済が苦しいと感じるようになった時に、複数の借入れを1つに纏めることができるローンがあります。

これは大手銀行や大手消費者金融が提供しているお纏めローンと言うもので、これを利用して多重債務者に陥る前に1つに纏めてしまえば、月々の返済が1つになって破綻を免れることができる可能性があります。

まずは自分の返済能力を把握しよう!安易に借入れしてはいけない

こういった多重債務者に陥らないようにするのに重要なことは、自分の返済能力というものがどのくらいなのか、できるだけ正確に計算して、その金額をしっかり把握しておく事です。

この計算が出来たら、以後それを超えるような返済額になってしまうような無謀な借入をしないように注意しながら行うようにしましょう。そうしておけば、多重債務者に陥る危険性は少なくなるはずです。

また借入れを考える場合も安易に借入れてしまうのではなくて、できるだけ借りなくて済ませることを考え、借りる場合には必要性をよく考えたうえでできるだけ借入額を少なくする事を考えるようにしましょう。

借入の前に自分の返済能力を計算しておこう

そこで複数利用するにしても多重債務者に陥らないようにするにはどうすれば良いのかを考えてみましょう。

まずはっきりさせておかなければならないのが自分の返済能力がどの程度あるのかということです。

そこで1年程度前から自分の月々の収入と支出を調べてみましょう。この収入と支出が分ったら、次の計算式で月々の収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出

この収支が自分の月々の余裕という事になります。つまりこの範囲内に返済額を収めておけば、生活費には影響しないという事ですから、複数のカードローンの返済額の合計をこの収支額以内にすればよい訳です。

つまり、この収支こそ自分の返済能力ということです。

自分の返済能力を超えるような借入れをしてはいけない

ですから、カードローンを借りる際には、予め返済額を調べて、この収支以内の収まるかどうかを調べておけば、返済ができなくなるというようなことにはなりません。

注意が必要なのは、現在のカードローンの返済額は、残高スライドリボルビング方式という方式で決められ、融資の利用額が高額化してくると返済額も高くなっていく事です。

このため特に複数利用をしている場合には、常に複数の返済額がどうなっているのかを調べて、新たに借入れする場合には幾らまでなら自分の返済能力以内に収まるのかを把握しておかなければなりません。

もし、返済能力を超えるような返済額になる場合には、その借入れは見送る必要があります。

借入を考える場合も安易に行うのではなく必要性をよく考える事が重要

カードローンの悪いところは契約できてしまえば非常に借り易いということです。このため安易な借り入れを繰り返し、結果的に多重債務に至ってしまうような人も出てくるわけです。

以前はカードローンと言うようなものが無く、お金を借りるには担保や保証人が必要でしたから、そう簡単に借入れなどできませんでした。

しかしお金が必要になるのは今と変わりません。そういった時には知恵を絞ってお金を借りなくて済ませる方法を考えたものです。

いまでもそういった知恵を働かせる事はできますから、借入は安易に行うのではなく、遣り繰りを考えたうえで、本当に必要性のある借入れなのかを見極めたうで必要最小限の借入れで済ませるようにしましょう。

~自分の収入内で生活できるようにしよう~
借入れは必ず返済しなければならず、しかもその時は利息の支払いも行わなければなりませんから、借りれば借りるほど損失が出ていることになります。

ですから、借入れを繰り返さなければ生活できないのだとすれば、生活を見直して、自分の収入内で生活ができるようにして、できるだけ借り入れをしない様にしましょう。

借りなければ利息も発生しませんから、これが最もお得なのです。

ここでカードローンで多重債務に陥る可能性があることについて纏めておきます。

  • 1件のカードローンではなかなか高額利用は難しく利用者の中には複数のカードローンの利用を考える場合がある
  • 3件程度までの複数利用は可能だが当然返済は苦しくなる
  • 他からの借入れを他のカードローンの返済に回すようになったら多重債務者になる可能性が出てくる
  • 自分の返済能力を的確に把握しそれを超えるような借入れをしない様に注意が必要

返済ができなければ最悪の場合自己破産に追い込まれてしまい、ブラックとなって暫くお金が借りられない状態になってしまいますから無理な借入は絶対に止めましょう。

閉じる
閉じる