自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの無利息サービスは絶対お得!おすすめ理由と利用条件

金融機関というのはお金を貸すことで利益を得ている企業で、この利益は貸したお金を返済してもらう時に同時に支払ってもらう利息から生まれ、この利息の計算のもとになるのが金利です。

カードローンでは金利の高低でお得さが変わる為、利用者数に影響します。そこで一部のカードローンでは無利息期間というものを設定してお得さをアピールする場合もあります。

ただし、多くは初期利用だけに適用されるため、有効に利用するには条件の理解が重要です。

しかしカードローンと言うのは初期利用だけではなく、普通は借りたり返したりを繰り返すことで、長期に利用するものですから、あまり無利息期間にこだわるのではなく、長期的な視野で選ぶ必要があります。

金融機関の利益は利息から生まれる!金利が高いと利用者が集まらない

金融機関というのは慈善団体というわけではありませんから、やはり利益を上げなければなりません。ほかの企業であれば製品やサービスをお金にするわけですが、金融機関はお金を使って利益を上げます。

この利益は融資をしてそのお金を返済してもらう時に支払ってもらうことになる利息が基になっています。したがって、金融機関としては金利が高く高額の利息になったほうが儲かるということになります。

しかし、カードローンを利用する側は利息が少額になるほどお得な訳ですから、金利が高くなると人気がなくなって利用者が減ることになるので、金融機関は金利付けには大変気を遣うことになります。

金融機関も企業であり利益を得るためにお金を貸している

金融機関はお金を扱いますから企業などとは違う特殊な機関のように感じてしまいますし、慈善団体のように思っている人もいるかもしれませんが、実際にはやはり利益を追求する企業に違いはありません。

企業というのは何らかの商品やサービスを提供して、それに対してお金を払ってもらい利益に繋げます。金融機関の場合は最近では様々な事業展開も有りますが基本はお金を貸すというサービスで利益を上げます。

つまり、金融機関がお金を貸すというのは、他の企業と同じで利益を得るために行っているだけの話でなのです。

このため、お金がない人を助けると言うような慈善事業はないですし、逆に言えば貸したお金が返ってこなければ困るのです。

利益は返済時に支払われる利息から生み出される

では、どのように利益にしているのかと言えば、まずは貸すためのお金を集めます。これは銀行なら預金者に預金してもらうか、日銀や他の金融機関から借りるという方法になります。

消費者金融であれば、預金はありませんから、銀行から借りて用意する事になります。

当然これはやはり借りるわけですから、預金者や、借りた金融機関には利息を支払う必要があります。この利息をここでは利息Aとします。

次にこの集めたお金を借入希望の人に貸して、返済時に利息を付けてもらうことになります。これをここでは利息Bとします。

そしてこの利息Aと利息Bの差額が利益になるわけで。つまり次のような利益があがることになるのです。

利益 = 利息B - 利息A

つまり、利益を大きくするためには金利を高くして利息Bを高額にすればよい訳です。

金利の高低は利用者数に影響する

しかし、カードローンを提供している金融機関は多数あって、厳しい競争状態になっています。

このため、利用者を集めるためには、他のカードローン業者よりも良い条件で提供する必要があります。

利用者にとって良い条件というのは、様々有りますが、もっとも利用者が気にするのが金利です。つまり利息ができるだけ少額になりそうなものを選ぶわけです。

したがって、金融機関は利益を上げるためには金利をある程度あげる必要がありますが、あまり上げ過ぎると利用者が集まらないので、その兼ね合いで金利を決めているわけです。

要するに金利の高低が利用者数に大きく影響する訳です。

~利息の計算方法~
利息と金利の関係が良く分からないという人もいるので利息の計算方法を説明します。利息は次の数式で計算されます。

利息 = 元金 × 金利(年利) × 借入期間(年単位)

つまり利息は実際には金利だけではなく元金の額や借入期間も同じように影響する訳です。

【関連記事】

バカにならないカードローン手数料。利息よりも経費が高額な場合あり

カードローンには無利息期間があるものがある!条件の理解が重要

ところがカードローンの中には利益が出ない無利息期間というものを持っているものがあります。つまりこの期間中に借入れして返済してしまえば返済は元金だけで済むということです。

もちろんこの無利息期間は利用者を獲得するための宣伝材料な訳で、殆どの場合には、初回の利用とか、契約後一定期間というように初期の利用だけに限られており、それ以降の利用には適用になりません。

無利息期間はカードローンそれぞれでどのような期間になるのかが違うため、有効に利用するためには、無利息になる条件を事前に確認して、申込時期などを調整することが重要です。

カードローンの無利息期間とは?

このように利用者というのは金利にかなり敏感になっています。そこで考えられたのが無利息期間というものです。

無利息というと利用者には大変注目される言葉で、要するに借りた元金分だけ返済すれば良いというわけです。

当然ですが、無利息にしてしまうと金融機関はその間利益が上がらないだけではなく、そのお金は集めたお金ですから、その分の利息の支払いには応じなければなりませんので、実際には赤字になります。

それでも利用者を集めるためには、この注目を浴びる無利息という言葉を使って、カードローンに無利息期間というものを設定しているところがあるわけです。

要するに無利息期間というのは利用者を集めるための出血大サービスというわけです。

殆どは初期利用のみに適用される

ただし、この無利息期間をずっと続けていたのでは、ずっと出血状態ですから、金融機関は倒産してしまいます。

このため無利息期間というのはほとんどの場合、利用開始の初期段階での話になり、例えば契約後30日間とか、最初の借入後30日間などとなっています。

中には何度も無利息期間があるものも有りますが、こういう場合には1回の無利息期間が短期間になるので、利用にはやはり注意が必要になります。

つまり無利息期間があるものでと言えば聞こえは良いのかもしれませんが、常に無利息になるというわけではないのです。

利用する場合には無利息期間になる条件の理解が重要

したがって無利息期間を有効に利用するためには、そのカードローンで無利息期間がどのように提供されているのかの条件を予めよく理解しておくことが大変重要になります。

例えば契約後30日間無利息というカードローンの場合、契約後10日目に借りたのでは、無利息期間は残り20日ということになり、それを過ぎれば利息がかかる状態になってします。

したがって、こういったカードローンの無利息期間を有効に利用するには、お金が必要になる時期を見計らって、契約後すぐに借入れするように申込時期を調整することを考えなければなりません。

借りたのは良いが、殆ど無利息にはならなかったというのでは、無利息期間のあるカードローンを選ぶ意味はないのです。

~無利息期間が2種類あるカードローンもある~
カードローンの中には無利息期間を2種類用意しているものもあります。一つは短期間ですが借入額全額に対して無利息になるという通常の無利息期間です。しかしもう一つは借入額のうち5万円までを長期間無利息にするというものです。利用者はこのうちのどちらかを選択する必要がありますが、自分の借り方に合わせてどちらが得になるのかよく計算して選ばなければなりません。

カードローンの利用期間は長い!無利息期間後のことも考えよう

このように無利息期間を有効に利用すれば、その時点ではお時な利用ができます。

しかしカードローンの利用というのは1度だけではなく、何度も借りたり返したりすることになります。したがって、最初がお得でも後々不利な利用をしなければならないのでは、有利とは言えません。

要するに重要なのは無利息期間というよりも、その後の利用をどのように行うのかということで、何度も利用するのであれば、無利息期間だけに捉われて選ぶのは良くないでしょう。

したがって、カードローンを選ぶ際には、自分の使い方をよく考え、長期的な視野を持って、何がお得になるのかよく考えることが重要になるのです。

カードローンの特徴は何度も借入れが可能で長期に利用する事

このように無利息期間というのは利用者にとってはお得なサービスではありますが、カードローンはこれだけで選んではいけません。

カードローンと他のローンとの大きく違う特徴というのは、何度も借りたり返したりが繰り返せるという点です。つまり利用は最初の1回ではないのです。

したがって非常に長期間の利用が想定されるローンというわけです。

そうでなければ金融機関はそもそも無利息期間など設定できませんし、無利息期間を提供しても利益が上がると考えるからこその無利息期間なのです。

重要なのは無利息期間というよりもその後

したがって、金融機関の考え方としては無利息期間よりもその後が問題ということです。

その後無利息期間をカバーできる利益が上がれば良い訳です。

しかしこれは金融機関だけに関係する話ではありません。金融機関が利益を上げるということは利用者が利息を支払うということです。

つまり利用者にとっても重要になるのは無利息期間の後どうなるのかということです。

無利息期間は良かったとしても、その後に適用されることになる金利か他よりも高かったら、後々の利用を考えると、無利息期間が無いカードローンの方が得だったというようなことも十分考えられるわけです。

長期的な視野でお得さを判断してみよう

このようにカードローンと言うのは利用するのは最初の一回だけというような特殊な利用を想定している場合でない限り、あまり無利息期間を意識しすぎるべきではありません。

つまり、カードローン選びは、あくまで長期的な視野に立って、自分の利用方法をよく考えて、自分にとってお得なのかどうかという視点で考えることが必要なのです。

金融機関は無利息という言葉を使って、利用者に目を向けさせることを狙っているということを思い出してください。

そして金融機関は利益を追求する企業であるということも忘れてはいけません。

カードローンも無利息だからと言って最終的には利益が上がるように設計されているのです。ですから利用者の方も鋭い眼をもって自分にとって得なのか損なのかを判断して選ばなければならないのです。

~最もお得なのは借りない事~
本文では借りるという前提で話を進めていますが、最もお得になるのは借りないことです。ですから、お金を借りようと考えた時には、まずはどうやったら借りなくて済ませることができるかということを考えるようにしましょう。借りなければ返済を考える必要も無く利息も支払う必要もないですし、後々の家計への負担もないのです。

カードローンは使い勝手も重要!お得さと使い勝手両面から考えるべき

またカードローンというのはお得さだけで考えてはいけません。幾らお得でも自分の使い方に合っていなければ使い勝手が悪くて仕方がないでしょう。ですからお得さと使い勝手の両面で選ばなければなりません。

そこでカードローンを選ぶ前に、まず自分の使い方というものを考えてみることが重要です。ですから自分の使い方を想像して、カードローンにどのような事を希望するのかをまとめてみましょう。

その希望を自分のカードローンへの要求事項として、自分の身近にある金融機関のカードローンを評価すれば自分向きのものを選ぶことが可能になるはずです。

カードローン選びで重要なのはお得さと使い勝手

無利息期間が注目を浴びるというのは、利用者がお得さを考えてカードローンを選ぼうとするからです。

しかしカードローンというのはお得さだけで選ぶと失敗してしまう事もあります。

先程も説明しましたがカードローンと言うのは非常に長期にわたって借りたり返したりを続けていくものです。

こういった長期の利用を想定するのであれば、もう一つ使い勝手が重要になります。

使い勝手無視で選んだ場合、手数料なしで利用できるATMが近くになく、ATMを利用する度に手数料が発生して、過ぎに無利息期間分のお得さなど吹き飛んでしまう事もないとは言えません。

したがって、カードローンを選ぶ場合には次の2点の兼ね合いで選ばなければなりません。

  • お得さ
  • 使い勝手の良さ

ですから、カードローンを選ぶ際には時間をかけて様々なカードローンを比較検討して選ぶことが必要になるのです。

選ぶ前に自分の使い方を考えてみよう

そこでどのようにカードローンを選べば良いのかというと、まずは自分が利用している場面をよく考えてみましょう。自分はどのような使い方をするのかを考えてみるわけです。

例えば借入れするのはATMなのか振込なのか、ATMだとすればどのあたりで何時ぐらいに引出しを行うのかを考えてみましょう。

殆どの人は自分の行動範囲内にATMが無ければ不便ですし、利用時間が時間外になるのであれば、時間外手数料が掛らない方がお得な訳です。

このように自分の使い勝手をよく考えて、それに沿ってお得に利用できるためには、どのようなことをカードローンが満たしていなければならないのかをカードローンへの要求事項として挙げていきましょう。

最初はあやふやな表現でも構いませんので、どんどん挙げてみてください。挙げ終わってから各要求事項を具体的な表現にしていきましょう。

自分の具体的な要求でカードローンを選んでみよう

次に自分の利用できる可能性のあるカードローンの情報を集めましょう。大手金融機関だけではなく自分の周囲にある地方銀行や信用金庫といった金融機関のものも集めておきましょう。

集め終わったら、先程具体化しておいた自分の要求事項をどの程度満たしているのかで評価していきましょう。もっとも自分の要求を満たしたものが、自分向きのカードローンと言えます。

もちろん無利息期間がどうしても必要だというのであれば、要求事項にそういった項目を入れておけばよい訳です。ただしその場合にはどのような無利息期間を望んでいるのかが分かるようにしておいてください。

~カードローンは有名どころだけから選んではいけない~
本文では地方銀行や信用金庫などのカードローンの情報も集めろと言っていますが。これは実はそういったところには掘出し物が隠れている可能性があるからです。大手金融機関というのはどうしても金利などの面で横並びになりがちなところがあるのですが、中小規模の金融機関では、そういった縛りのようなものが有りません。したがって、中には大変有利な条件のものもあるので、チェックしてみる価値があるのです。

ここでカードローンの無利息について纏めておきます。

  • 金融機関の利益は利息から生み出されている
  • カードローンには無利息期間というものがある場合があるが利用には条件の理解が重要
  • カードローンの利用期間は長く無利息期間後のことも考える必要がある
  • カードローンはお得さだけではなく使い勝手も含めて両面から良いものを選ぶことが重要

無利息期間は上手に利用すれば大変お得なものです。利用する場合には借入れ時期だけではなく、約定返済だけではなく随時返済も含めてどのように返済するのが最もお得になるのかもよく考えておきましょう。

閉じる
閉じる