自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの融資上限は年収の1/3よりも更に少額!?実際の利用額

カードローンの貸出限度額は800万年程度になっている場合が多く、申込者は高額利用を期待しますが、実際に審査を経て設定される利用限度額はこんなに高額になることはなく極めて少額です。

この利用限度額には実は申込者の年収によって算出される上限が存在し、金融機関はそれ以上の金額は融資しません。この上限は消費者金融で年収の1/3、銀行は1/2あるいは1/3となっています。

しかもこの年収による上限はあくまで上限であって、審査で設定される利用限度額は、さらに少額になるのが普通です。審査では金融機関と申込者のお付合いの度合いで信用を評価し利用限度額を算定します。

このため申込直後は評価が低く利用限度額は少額になる訳です。

カードローンでいくら借りられるの?申込み当初は非常に少額

最近ではカードローンの多くが貸出限度額を500万円や800万円というように引き上げて来ており、申込者に自分も高額利用が可能なような大きな期待を抱かせることになっています。

カードローンは貸出限度額とは別にそれぞれの利用者ごとに審査を行って、利用可能額となる利用限度額が決められます。したがって実際に利用できる金額というのはこの利用限度額ということになります。

そこで審査後に自分に設定される利用限度額はどの程度になるのかと、大変期待が膨らむわけですが、実際に設定される利用限度額というのは大きく期待を裏切る極少額になっているのが普通です。

カードローンの貸出限度額は大変高額で期待が大きくなる

カードローンのパンフレットやホームページを見ると500万円とか最近では800万円も珍しくなくなって、こういった高額融資が利用可能なように見えてしまいます。

こういった目を引く高額の限度額は、貸出限度額と言って、そのカードローンの融資の最高額を表示しているだけで、誰でもそこまで貸してもらえるわけではありません。

しかしこれが目に入ると、カードローンの利用を予定している人は、自分も申込めば、すぐにでもこういった高額の融資が利用できると思いがちです。

しかも返済額が例えば2000円からとか書かれていると、2000円なら返済も問題がないと考えてしまい、ますます妄想は広がって、高額利用への期待が高まってしまいます。

カードローンの利用限度額は審査で決定される

実際に利用できる金額というのは、この貸出限度額ではなくて、利用限度額と言われるもので、審査で利用者それぞれに設定される金額です。

審査というのは、融資するかどうかを決定するものと思われていますが、実際には融資すると決まった後に、利用限度額のような融資の条件の決定も行われることになっています。

ここでの評価が高ければ高額融資も夢ではありませんが、評価が低い場合には、利用限度額はかなり低くなってしまう訳です。

申込当初の利用限度額は極めて少額

では申込当初どの程度の利用限度額になるのかというと、評価によっては800万円というようなことがあるのかと言えば、そういうことはまずありません。

申込当初に設定される利用限度額は実は極めて少額になるというのが普通で、妄想するような高額にはならず、申込者の夢ははかなく消え去ることになります。

次節以降ではなぜ少額になるのか順を追って説明していくことにします。

~カードローンによっては貸出限度額が1000万円を超える場合もある~
貸出限度額は現在大手金融機関の場合で800万円程度が上限になっていますが、よく探せば地方銀行などの中に1000万円というところも有れば、ネット銀行の中には1200万円という場合もあります。

設定される利用限度額は年収により制限される!通常は年収の1/3

この利用限度額は当然貸出限度額が上限になる訳ですが、実際には利用者の年収から算出した上限があり、貸出限度額か年収による上限のどちらか少額の方が、上限という事になります。

この年収による上限は消費者金融の場合、貸金業法によって法的に決められており、原則として年収の1/3が上限になります。つまり年収300万円の人の場合消費者金融では100万円が上限という事です。

これに対して銀行の場合には、特に法的規制は有りませんが、やはり無制限と言う訳にはいかず、内部規定によって年収の1/2または1/3までになっています。

このため年収300万円の場合、銀行での上限は150万円か100万円のどちらかとなります。

利用限度額は年収による上限がある

申込時に利用限度額が貸出限度額になることはまず無いと説明しましたが、実は利用限度額の上限は、この貸出限度額だけというわけではないのです。

通常はこの上限の方が貸出限度額よりも少額になるので、利用限度額はなかなか貸出限度額には達しないのです。

ではこのもう一つの上限とは何かというと、それは申込者ごとに違い、申込者の年収によって算出されることになります。

したがって、年収が非常に大きくこの上限の方が貸出限度額を上回るよ言うな場合でなければ、融資は貸出限度額にはならないのです。

消費者金融の場合原則として年収の1/3

この年収から算出される上限は消費者金融と銀行によって算出方法と根拠が違っています。

消費者金融の場合、貸金業法の総量規制で、原則として年収の1/3までしか融資してはいけないという事になっています。

つまりこれが根拠になって、年収300万円の人の場合、利用限度額の上限は100万円という事になるわけです。

800万円などと比べれば、非常に少額になってしまったわけです。

もし800万円の利用限度額を希望する場合、必要な年収はこの3倍という事ですから、2400万円以上ということになり、申込者のほとんどが当て嵌まらないでしょう。

銀行の場合には1/2の場合と1/3の場合がある

これに対して銀行の場合には、消費者金融のように融資額を決める根拠になるような法的な規制は有りません。

それなら高額融資の利用も可能なのかと考えるかもしれませんが、年収が少額の人にそれほど高額の融資が行われることはなく、やはり上限が存在します。

銀行の場合には内部規定で融資上限が決められており、これを根拠として年収の1/2あるいは1/3になっています。

つまり例えば100万円の融資が欲しいという場合、年収は200万円あるいは300万円以上必要という事になります。

もし年収の1/2にカードローンで800万円の融資が欲しいという場合、必要な年収は1600万円以上という事になります。

~貸金業法とは~
貸金業法というのは消費者金融がサラ金といわれていた頃に、高金利の上に返済ができなくなると厳しい取り立てが行われていたことで社会問題に発展し、これを規制する為に制定された法律です。

総量規制は直近の改正で加わった規制で、消費者金融は融資がやりにくくなって経営にも影響がでることになりました。

審査では信用評価によって利用限度額を決めている!

ただし、それなら100万円は借りられるのかと言えばそうではなく、この金額が上限になるという事で、審査で決定される利用限度額は、さらに少額になってしまうのが普通です。

では審査ではどのように適用になる利用限度額が決められるのかというと、審査で行っている信用評価によって決定されています。

信用評価では融資の可否を決めるという意味もありますが、申込者と金融機関間のお付き合いの度合いによって利用限度額を決めています。

したがって、申込んだカードローンを提供している金融機関とこれまでお付き合いがない場合には、信用評価は低く、利用限度額は非常に少額になってしまうわけです。

申込時に設定される利用限度額は年収による上限よりも少額

では年収300万円の人の場合、自分の利用限度額は100万円なのかと考えてしまうかもしれませんが、残念ながら、この年収による上限はあくまで上限であって、そこまで貸すとは誰も言っていません。

審査では、この上限をもとに実際の利用限度額を決めることになるので、利用限度額は更に少額になることになります。

最初は大きな期待を抱いたかもしれませんが、そろそろ、現実に目を向けて、融資というのはそう簡単に高額にはならないという事を認識しましょう。

利用限度額は審査での信用評価で算定される

では実際に利用限度額は審査でどのように算定されるのでしょうか。

まず審査というのはどういったことが行われているのかというと、次のような確認や評価が行われています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

この中で利用限度額の決定に関係してくるのが信用の評価です。

ここで信用というのは社会的な地位などで考えられる信用ではなくて、あくまで金融機関の考える信用という事を忘れてはいけません。

例えば以前から同じ金融機関をよく利用しており、ローンを借りてしっかり返済したというような記録が残っていれば、金融機関の評価は高くなります。

しかしそういった事が無ければ、社会的評価が高い人であっても金融機関というのはなかなか信用してくれるところではないのです。

信用評価は利用者と金融機関のお付き合いが重要ポイント

金融機関の信用評価というのはこのように利用者と金融機関の間のお付き合いの度合いによって行われる事になります。

自分を考えてみてください、信用できるいつもお付き合いのある人がお金を貸してくれと言ってきたら、貸すか貸さないかは別にして、一応考慮はしてみるはずです。

しかしまったくお付き合いのない人が貸してくれと言ってきた場合は、冗談にしか思えないし、考慮もしないはずです。

金融機関はお金を貸すのが業務ですから、審査に通れば貸しますが、やはり最初は少し貸して様子を見るというような貸し方をするわけです。

~審査では利用限度額に合わせて適用金利も決定される~
審査では本文で説明しているような利用限度額だけではなく適用される金利も決定されます。

つまり信用が高ければ高いほど高額の融資を低金利で利用でき、信用が低ければ、少額の融資を高金利で利用しなければならなくなるわけです。

利用限度額は増額可能だが年収による上限以上は融資されない!

そんなに少額では困るという人も多いかもしれませんが、今説明したように利用限度額というのはお付合いが深まって信用評価が上がれば、利用中でも増額してもらうことができます。

ただし、それなら最初は我慢して利用していて、いつかは貸出限度額まで利用できるのかというと、その時点でも年収による上限というものは存在しますから、年収の1/3あるいは1/2までというのは変わりません。

したがって、高額利用を希望するのであれば、まずは上限を算出するもとになっている自分の年収というものを上げていくことが必要になります。あまり焦らず少しづつ上げていくようにしてください。

利用限度額は増額できる

そんなに少額しか借りられないのであれば、借入れ自体を考え直そうという人もいるでしょう。

借りなくて済むのであれば、そのほうが良いですか、人によってはそうではなくて複数借りれば合計で高額の融資が利用できるのではと考える人も出てきます。

しかし複数借りると返済も複数になって、下手をすると多重債務者になってしまいます。

そこでカードローンを使用する場合には、最初は少額の融資しかしてもらえないと割り切ったほうが無難です。

そして、信用を付ける事によって利用限度額を増額してもらうことを考えるのが、最も現実的な融資額の増やし方です。

利用限度額は増額できるのか言う人もいるかもしれませんが、信用によって決められた利用限度額ですから、信用の評価が上がれば、増額してもらうことができます。

ただし、そのためには再度審査を受けて信用の評価をやり直してもらう必要があります。この再審査の申込みのことを通常増額の申込みと言っています。

ただし、審査で信用評価が下がっていることも有り得るのでそういう場合には、利用限度額は減額になることも有るので注意が必要です。

年収による上限を超えることはできない

増額申し込みをすれば、後は上限として貸出限度額まで徐々に増えていくと考えがちですが、世の中そう甘くはありません。

この増額審査でも、やはり先程説明した年収による上限というのは変わらず存在しているので、これが貸出限度額を超えるまでは、融資の上限は、この年収から算出される上限ということになります。

例えば年収300万円の人が最初に設定される利用限度額が10万円だった場合、増額審査を受けても100万円までしか利用限度額は増える事はなく、それも信用に応じて徐々に近づくという事になります。

高額融資を利用したい場合はまず年収を増やす必要がある

こういう前提があるので、もし貸出限度額近くまで融資を用したいという場合には、信用を増やす事の他に自分の年収を増やしていくことも大変重要なことです。

ただし、本来は生活というのは自分の収入の範囲内にするべきで、借金などしない方が良いのです。

収入が少ないのであれば借入れが必要になることもあるでしょうが、高額の収入が有れば、借り入れに依存しなくても良くなるはずです。

ですからある程度年収を増やしたら、利用限度額を高額化するのではなく、借入れは考えず収入内で生活できるようにすることを考えましょう。

~多重債務者になってしまったら~
高額融資を狙って複数の借入れを行い、返済できずに多重債務者になってしまった場合には、銀行などで提供しているお纏めローンを利用しましょう。

お纏めローンは借り換えという形でローンを1つに纏めるためのもので、これを利用すれば月々の返済を1つにできるので、返済は大幅に楽になるはずです。

カードローンの融資上限が年収の1/3なることについて纏めておきます。

  • カードローンでは申込当初に借入可能なのは非常に少額になる
  • 設定される利用限度額は年収による制限があり消費者金融では年収の1/3まで銀行の場合は1/2あるいは1/3までになる
  • 利用限度額は審査での信用評価で決定される
  • 利用限度額は信用が上がれば増額されるがその場合も年収による制限は受けることになる

カードローンはコマーシャルを見ても借り易そうに見えますが、そもそも審査はそれほど甘くなくて申込者のうち半数以上は審査通過できていません。申込前に審査通過の可能性もよく考えてみましょう。

閉じる
閉じる