自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンを海外でも使いたい!クレジットカードの便利な活用術

カードローンは日本国内であればコンビニATMとも提携していますから、大変便利にどこでも利用できますが、国外に出た場合には、まったく利用できない訳ではありませんが、利用はかなり難しくなります。

このため海外に行く場合には、カードローンの利用を考えるのではなくて、クレジットカードのキャッシング機能を利用することを考えたほうが現実的で、現地で日本円を両替するよりもお得に利用できます。

クレジットカードのキャッシングを利用する場合の注意点としては、カードローンよりも金利が高い場合が多いので、帰国後はできるだけ早く全額返済してしまうようにして借入期間を短縮すべきという点です。

海外ではカードローンの利用は難しいと考えるべき!

海外旅行をする場合には、現地でお金を使う事を想定しておかなければなりませんが、海外は日本ほど治安が良くありませんし、偽札も流通しているので、そもそも現金の利用は危険です。

しかも日本国内では提携ATMがどこにでもありますが、海外では提携自体が殆どありませんから、現地でカードローンを利用するのはかなり難しいと考えなければなりません。

ですから、現地で何らかの買い物をする場合には、基本的にはクレジットカードのショッピング枠を利用するのがもっとも危険の少ない良い方法と言えるでしょうし、便利な利用ができます。

海外に現金を持っていくのは危険

ご存知かもしれませんが、日本は世界的に見ても非常に治安の良いところで財布を落としても、そのまま戻っているることも珍しいことではありません。しかしこれは世界的に見れば大変珍しいことです。

海外では、現金を持ち歩くことは危険ですし、そもそも持っている現金が偽札という可能性もあるのです。

こんなことも有って海外では電子マネーが普及して現金を持ち歩くこと自体が少なくなっている場合も珍しくありません。

したがって、海外旅行に行く場合もなるべく高額の現金は持っていかないようにしたいものです。

現地でカードローンを利用するのは難しい

では現金はあまり持ち出さないで、現地で現金が必要になった時にカードローンで借入れすればよいと考える人もいるでしょう。

日本国内であれば、殆どのカードローンがコンビニATMと提携していおり、どこに行っても借入れを行う事ができますから、そういった考え方が浸透してしまっていて、海外でも同じと思うわけです。

しかし、例えば銀行のカードローンを利用している場合、現地にその銀行の支店があれば、利用できますが、有ったとしても首都かそれに近い大都市にしかありません。

したがってカードローンはまず利用できないと考えておいた方が無難です。

現地での買い物は原則としてクレジットカードを使う

先程も説明したように海外ではそもそも現金は使われなくなっています。

したがって、海外に行く場合には、現地で現金を調達しなくてもよいようにしておくことが重要です。そこで必要になるのがクレジットカードです。

クレジットカードが有れば、殆どの観光コースで現金を持っている必要はありません。

ショッピング枠を気にする必要はありますが、その中であれば、サイン一つで買い物は可能です。

逆に現金は偽札を疑われるので、支払いでも嫌がられる可能性があり、自由に利用できないことも想定しなければなりませんので注意が必要です。

~海外に行く場合にはまずは情報収集から~
海外はその国によって事情はそれぞれ違います。海外の国の人が日本を見れば、これだけ科学技術が進んでいるのに現金を使っているので奇異な目で見られますが、それは日本の安全性を知らないからです。

これと同じように海外に行く場合にはその国の実情をよく調べておいて、その実情に合わせて準備していく事が重要です。

海外に行く場合にはクレジットカードでのキャッシングがお勧め!

もし海外で現金が必要になった場合には、やはりクレジットカードを利用して現地の銀行のATMからキャッシング枠を利用して、現地通貨をキャッシングするのが現実的です。

クレジットカードの普及以前は日本円を持って行って、空港やホテルあるいは街中の両替所などで両替をしてもらったもので、現在でもこれは可能です。しかしこれには非常に高額の手数料がかかります。

クレジットカードのキャッシングは国内では金利が高くあまり利用は勧められませんが、海外の場合には両替手数料よりも安くなるので、こちらの方がお得な利用ができる可能性が高いのです。

現金が必要になった時もクレカのキャッシングを利用すればよい

そうはいっても海外でも全く現金が必要ないということではありません。場合によっては現金が必要になることもないとは言えません。

この場合にはクレジットカードを持っていれば、ショッピング枠とともに付けられるキャッシング枠を利用すると良いでしょう。

現地でキャッシング枠を利用するには現地の銀行のATMで可能です。

もちろん出てくるのは日本円ではなく現地通貨ですから、キャッシングしてから日本円を現地通貨に両替する必要も有りません。

海外での現金の調達方法としては最も手軽な方法と言えるでしょう。

日本円を現地通貨に両替するには高額の手数料がかかってしまう

以前であれば海外で現地通貨を調達する場合は、日本円を持って行って、現地で両替する方法が一般的でした。両替は次のような場所で可能です。

  • 空港
  • ホテル
  • 街中の両替所

現在でもこの両替という方法は利用できますから、日本円を持って行けば現地通貨を調達できます。

ですから現金が全然ないというのも不安でしょうから、現地に着いたら空港で少額の両替をしておくことは必要でしょう。

クレカのキャッシングで利息を支払っても両替よりもお得

利用者の中にはクレジットカードのキャッシングを利用して利息を支払うのであれば、両替を使ったほうが良いのではないかと考える人もいますが、実は両替というのは非常に高額の手数料がかかります。

このためほとんどの場合には次のようになります。

両替時の手数料 > キャッシングの利息

したがって、敢えて危ない現金を日本円で持って行って現地で高い手数料を払って両替するよりもキャッシングした方が良いというわけです。

どちらを利用するかは利用者次第ですが、日本円は信頼が高く高額の日本円を持ち歩くのは極めて危険ですから、やはりキャッシングの利用の方を勧めます。

~日本円は世界中で通用する~
日本円というのはハードカレンシーと言い、世界中で通用しますから大変便利です。

これに対して多くの国の通過はローカルカレンシーと言ってその国の中だけでしか通用しません。このため、そういった国では海外に現金を持っていく場合一度国内でハードカレンシーに両替が必要です。

逆に言えば現地で現地通貨をキャッシングしたら現地で使ってしまうか、国外に出るときに日本円などに両替しなければ次の国に行った時には紙くずになってしまうので注意しましょう。

クレカのキャッシングを利用したら帰国後すぐに一括で返済がお得!

ただし、お得に利用するためには帰国後が重要で、帰国したらクレジットカードの返済日を待たずに、できるだけ早く返済してしまうのが上手な利用をするコツです。

もし借りっぱなしにして、次の返済日までそのままにしておくと、その間借りっぱなしということになり、ずっと利息がかかることになります。こうしておくと両替手数料を超えてしまう可能性もあるのです。

ただし海外で利用する場合、もう一つ注意しておく事があります。それが外国為替の変動で、場合によっては、割高になってしまう危険性があります。

クレカのキャッシングを利用したら帰国後すぐに返済してしまおう

しかしクレジットカードのキャッシングを利用する場合には1つだけ注意しなければならないことがあります。それは帰国したらすぐに返済してしまう事です。次の返済日まで待っていてはいけません。

殆どのクレジットカードのキャッシングの場合、返済方法として次の2つが用意されています。

  • 分割返済
  • 一括返済

通常は月々分割して返済していく方法で返済していくはずですが、もう一つ、一括して返済してしまう方法が有るはずです。

したがって、海外でキャッシングを利用したら、帰国後この一括返済を利用してすぐに返済してしまってください。

借りっぱなしにしているとその分利息がかかる事になる

普通に分割で返済すればよいだろうという人もいますが、それでは現地で両替を利用しなかったことが生きてきません。

分割して返済するということは完済してしまうまでは利息がかかり続ける事になります。クレジットカードのキャッシングの金利はカードローンの場合よりも高くなることが多く、利息も馬鹿になりません。

ある程度返済期間が長くなっれば、次のようになってしまいます。

両替手数料 < キャッシングの利息
つまり現地で両替を利用するよりも利息が高くなってしまうわけです。したがって、日本に帰国したらすぐに返済してしまえば、その分借入期間が短くなりますから利息もその分少なくなりお得ということです。

ただし外国為替の変動というリスクは承知しておこう

ただし、海外の通貨を利用する場合には注意しなければならないことがあります。それは外国為替の変動というリスクがあることです。

例えば米ドルであれば、借りた時点では、1ドル=100円だったとして100ドル借りた場合、

100ドル × 100円 = 10000円

つまり借りた時は1万円のつもりで借りるわけです。

しかし実際の返済時には、1ドル=110円になっていたとすると、

100ドル × 110円 = 11000円

ですから返済時は1万1千円になり、差し引き1000円の為替差損が生じます。

但し逆に動けば為替差益が出るわけですから悪いことばかりではありません。

海外に行く場合にはこういった為替によるリスクがあることは事前に承知しておかなければなりません。

~クレジットカードの返済方法も予め調べておこう~
本文で説明しているように海外でクレジットカードのキャッシングを使って現金を引き出した場合には、帰国後すぐに返済するのがお得な利用方法です。

そこで帰国後すぐに返済するためには、迷わずその方法で返済できることが必要です。通常は返済日を待たずに返済する方法など知りませんから、海外に行く場合には事前に返済方法も確認しておきましょう。

現地の実情に合わせてクレジットカードを作っておこう!

クレジットカードを利用する場合には、国によって普及している国際クレジットカードが違う場合があるので、予め知らべて、現地で利用しやすいクレジットカードを作っておきましょう。

またクレジットカードによっては、海外旅行をする際にはキャッシング枠を増やしてくれるものもあるので、自分のキャッシング枠が少額の場合でも交渉する余地が有ります。

ただし、クレジットカードを作る際の審査での返済能力の評価でが低い場合には、ショッピング枠は貰えたとしても、キャッシング枠はつけてもらえない場合もあるので注意が必要です。

海外に行く場合には現地で使いやすいクレカを作っておこう

日本国内で流通しているクレジットカードではほとんどが海外でも利用できる国際クレジットカードと提携しており、海外に行っても国内と同じように利用できるようになっています。

ただし国際クレジットカードは海外でもそのカードが強い地域が有ったり弱い地域が有ったりします。

したがって、海外に行く予定がある場合には、現地の実情に合わせて、自分のクレジットカードでは海外での利用に支障があると考えられる場合には、もう一枚クレジットカードを作っておきましょう。

そうすれば、現地に行っても不安なくショッピングにしろキャッシングにしろ利用することができるはずです。

キャッシング枠は海外旅行の場合一時的に増やしてもらえる場合がある

また海外では何時も利用しないようなお金を利用する可能性もあります。海外に行きやすくなったとはいっても、そうそう頻繁にいくような旅行でもありません。

ですからこの際いろいろとお金を使おうと考えるのはおかしなことではありません。

そこで困るのがショッピング枠にしろキャッシング枠にしろ上限が低い場合です。国内では通常は困らなくても海外では足りないということも出てくるでしょう。

そういった場合クレジットカードによっては一時的に枠を増やしてくれる場合があります。

自分のクレジットカードがそういう対応をしてくれるかどうか調べてみて、可能であれば海外に行く前に手続きを済ませておくようにしましょう。

返済能力が低いとキャッシング枠が付かない場合もあるので要注意

ただし、クレジットカードには注意しなければならないことがあります。

クレジットカードはショッピング枠については比較的審査は緩めで、多くの人が利用することができますが、キャッシング枠の審査はそれよりも厳しくなっています。

このため、クレジットカードが作れたとしてもショッピング枠だけで、キャッシング枠がもらえない場合もあります。

海外に行こうということでクレジットカードをせっかく作ってもキャッシングが利用できないことも有るのです。その点十分注意しなければなりません。

~クレジットカードは2枚あれば十分~
最近ではいろいろなお店でポイントカードなどにクレジットカード機能をつけて発行している場合があってついつい作ってしまって、多数のクレジットカードを持っている人も珍しくありません。

しかしクレジットカードは国際カードの種類を分けて2枚持っていれば十分と言われます。ですから自分で管理できないような多数のクレジットカードを作るようなことは止めましょう。

ここで海外でもカードローンは利用可能なのかについて纏めておきます。

  • 海外ではカードローンの利用は難しいと考えたほうが良い
  • 海外に行く場合にはクレジットカードのキャッシングがお勧め
  • クレジットカードのキャッシングを利用したら帰国後すぐに一括返済してしまえばお得
  • 現地の実情に合わせて必要があればクレジットカードを作る

カードローンにしろクレジットカードのキャッシングにしろ借金には変わりはありません。あまり使い過ぎると返済が難しくなることも有るので注意しながら利用しましょう。

閉じる
閉じる