自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

アルバイトでカードローン利用は可能!最低限クリアすべき審査条件

カードローンは誰にでも借りられるものではなく申込条件が決められているので、この条件を満たさなければ申込めません。条件は年齢制限に加えて安定収入が問われることになります。

このためアルバイトでは申込みが断られる場合もありますが、収入次第でアルバイトでも申込めるカードローンも沢山あります。

ただし、申込み後は審査が行われるため、返済能力や信用によって利用できるかどうかが決まりますが、アルバイトの場合は返済能力の評価は低くなるので、審査通過はそう簡単ではありません。

また、アルバイトで申込む場合には、例え審査に通過できたとしても返済できないことが有る為、まずは返済の可能性を探ってから申込んだ方が無難でしょう。

カードローンには申込条件がある!安定収入が無ければ申込めない

カードローンの申込みは誰でもできるわけではなく、カードローンごとに決められている申込条件を満たしている必要があり、通常これには年齢制限の他、安定収入を要求する条件が含まれています。

アルバイトの場合、そもそも収入の安定性が無いとされて、最初から申込みから排除されている場合もありますが、収入の安定性次第で申込みができるカードローンも沢山あります。

したがってそういったカードローンを選べばアルバイトであっても利用できる可能性が出てくるわけです。ですから、まずは自分にそういった安定収入があるかどうか、よく考えてみる必要があるでしょう。

カードローンは誰でも申込めるわけではなく条件が付いている!

カードローンはテレビでも盛んに宣伝されているので、一見すれば誰にでも利用できそうに感じてしまいますが、実際にはそう簡単に利用できるものでもないのです。

まず利用するには、各カードローンで決められている申込条件を満たす必要があります。この申込条件はそれぞれ決められているので、細かい部分まで確認する必要がありますが、通常次の2つは共通しています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限の下限は20歳以上というのが普通ですから、例えば学生アルバイトのような場合には、申込めない場合もあります。また上限は現在65歳から70歳まで程度になっているところが多くなっています。

重要なのは安定収入があるかどうかという事

収入要件は、通常安定収入がある事という表現になっているので、例えば月々の収入が不安定な人の場合には申込みができないと言うことになります。

特にアルバイトの場合は正社員などに比べれば収入の安定性はそれほど高くは有りません。

このため、カードローンを申込む前に、自分の給与明細をよく見て、自分の収入は安定しているのかどうかよく考えてみてください。

自分が見ても不安定だと考える場合には、カードローンの申込みは見合わせて、まずは安定した収入が得られるようにしていく事を考えることが、後々の生活の安定性を考えても重要なことです。

お金を借りるのはそれからというように考えてください。無理な借入れをしたら自分の首を絞める事につながってしまうのです。

アルバイトでも申込めるカードローンは沢山ある

このような申込条件があるので、20歳以上であってもアルバイトでの収入が安定していない場合には申込めないということになってしまいます。

またカードローンによっては申込条件の中でパートやアルバイトの申込みはできないとしているものもあるので、アルバイトでカードローンを利用しようと考えている場合には、まず申込条件を確認しましょう。

もちろんカードローンはこういったアルバイトを排除しているようなものばかりではなくて、アルバイトの申込みも可と言っているものもたくさんあるので、心配はいりません。

多少時間はかかりますがアルバイトの場合にはよくこの点を確認してから利用するカードローンを選ぶようにしてください。

~まずは借りないことを考えるようにしよう~
カードローンと言うのは契約してしまえばATMからいつでも簡単に借入れができるので大変便利ですが、ついつい借り過ぎてしまいますし、借りなくて良い場合も安易に借入れしてしまうようになります。

そこでカードローンの利用を考えた場合には、まずは借りなくて済ませせることはできないかを考える癖を付けることが必要です。

申込みの後は審査がある!アルバイトの評価は低い

幸い申込条件を満たしている場合には申込みが可能になりますが、これでカードローンの利用が可能な訳ではありません。次に待っているのが審査で、この審査に通過できて初めて利用できる訳です。

しかしこの審査でも返済能力の評価では、収入が評価されることになり、年収額の他、職種により月々の安定性が評価されます。アルバイトというのは一般的には収入の安定性の評価は高くありません。

このため、アルバイトの場合、通常は融資希望額が少額の場合は収入証明書類の提出は必要ありませんが、提出を要求されることもありますから、用意だけはしておきましょう。

申込みができたとしても審査がある

では申込みができるだけの収入の安定性があったとして話を進めましょう。

この場合実際に申込みを行うわけですが、申込めば誰でもカードローンが利用できるのかと言えば、そんなことはありません。次に控えているのが審査です。

この審査に通過できなければカードローンの利用はできません。

審査ではどのようなことが行われているのかというと、各カードローン毎に用意されている審査基準に従って行われます。

しかし審査基準を公開しているようなカードローンはないため、審査の詳細というのは分からない訳です。

ただしどういった項目について確認や評価されるのかは概ね分かっており、次のような項目について様々な方向から審査が行われることになります。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

まず本人確認は本人が申込んでいれば問題はありませんが、本人以外に貸してしまったら返済は見込めませんから金融機関にとっては大変重要な確認になります。

次に返済能力については次のような点の評価が行われます。

  • 一定額以上の年収
  • 安定した月収

一定額以上というのは以前は200万円とも言われましたが、現在では経済状況に合わせて、それぞれ見直されていると考えられます。

問題はやはり安定した月収でアルバイトには厳しい審査項目と言えるでしょう。

信用の評価は、これまでの金融取引状況について信用情報が参照される事になり、例えば以前ローンの返済が滞ってしまったことが有ったりした場合には、信用評価は低くなってしまいます。

審査ではこれらの項目をすべて行う場合や、返済能力を仮審査、本人確認と信用評価を本審査として分けて行っている場合もあります。

アルバイトの収入に対する評価は低い

ではアルバイトの評価はどうかと言えば、やはり問題になるのは返済能力の評価ということになります。

特に収入の安定性というのは、職業や職種によって評価されるので注意が必要です。

職業や職種による評価は次のようになっています。

職業・職種 収入の安定性の評価
正規採用の公務員・正社員
臨時採用の公務員・契約社員・派遣社員 中の上
パート・長期アルバイト・自営業者
年金生活者・専業主婦・学生 中の下
短期アルバイト・水商売

このようにアルバイトの評価というのは決して高いものではありませんから、審査は大変厳しくなるということはよく覚えておいてください。

融資希望額が少額でも収入証明書が要求されることも有る

このような訳で、アルバイトの場合には他の申込者とはちょっと違った対応をされる事もないとは言えません。

例えば、通常の場合融資希望額が一定額以内の場合には、収入証明書の提出は要求されないのですが、アルバイトの場合には、融資希望額が少額でも提出を要求される場合があります。

収入証明書は源泉徴収票などの年収が分かる書類を利用しますが、アルバイトの場合には、それが用意できない場合もあるので、例えば直近の給与明細を2か月分で代用したりします。

利用するかどうかはそれぞれの対応になりますが、自分の収入を確認するためにもカードローンの申込みを行う場合には、必ず事前に用意しておきましょう。

~短期アルバイトは評価の対象にならない~
本文で示した表を見れば分かりますが、アルバイトでも短期アルバイトの評価は極めて低くなります。

これは短期アルバイトというのは月々給与を受け取る訳ではなく短期間の仕事が終わった段階でその都度受け取ることになり、収入の安定性はほとんどありません。

このためアルバイトと言っても短期アルバイトは評価の対象にならず、カードローンの申し込みを行ったとしても審査通過はまず無理と考えてください。

返済能力を評価してみよう!無理な借入はしてはいけない

そこで借入れしてから返済できなくなるというような問題に直面しないために、申込みの前にはまず自分の返済能力がどのくらいあるのか、実際に計算して把握しておくことが必要になります。

次に自分が利用しようと考えているカードローンで、借入予定の金額を借入れしたときの月々の返済額を調べて、自分の返済能力と比較したうえで、返済の可能性を判断してみましょう。

もし自分の返済能力では月々返済して行くのが難しいという評価になった場合には、無理な借入れは考えず、借入れしなくて済ませる方向で考えなければなりません。無理な借入れはしてはいけないのです。

まずは自分の返済能力がどのくらいなのか計算してみよう

そこで、カードローンを申込む前には、必ず自分の返済能力を確認しておくようにしましょう。これは特にアルバイトに限った話ではないのですが、アルバイトの場合には特に必要なことです。

そこで必要になるのが収入額と支出額です。まずは1年前から或はアルバイトを始めてからの月々の収入額と支出額を調べてみましょう。

収入額と支出額が分かったら、収入額から支出額を差し引いて収支額を計算します。

その収支額が黒字になっていれば、それが自分が生活に影響を及ぼさずに利用できるお金という事になり、この金額が自分の返済能力ということになります。

正社員などの場合には、収入が安定しており、生活もそれなりに安定していますから、収支額も安定していると予想できます。

しかし、アルバイトの場合には、収入自体の安定性が低いですから、収支にもばらつきがあるはずです。

そこで、アルバイトの場合には収支額が最も少額になっている場合を基準に考えることが必要です。

借入れ予定のカードローンの月々の返済額を調べてみよう

次に自分が借入れする予定のカードローンで自分の借入予定金額の場合の月々の返済額がいくらになるのか調べてみましょう。

最近のカードローンの返済額は残高スライドリボルビング方式という返済方式で計算される事になっていて、高額利用をすると返済額も段階的に高額化していきます。

このため自分の返済能力によって借入れできる条件が決まってくるので、自分の借入れ予定額のお金が実際に借入れできて返済していけるのかどうかを確認してみましょう。

自分には返済が無理な借入れはしてはいけない

もしこの確認で自分の返済能力では返済できないことが分かったら、借入れしても返済の見通しが無い訳ですから、無理な借入れはしないことが大変重要になります。

逆に言えば自分の返済能力で借入れできる金額が幾らまでなのかを確認しておき、借入れはそれ以上行わないようにしておけば良いということです。

ここまで説明すれば分かると思いますが、収支の計算が極めて重要だということです。

自分の収入は分かっても支出は正確には分からないというような人も多いのですが、それでは借りたお金も何に消えてしまうのか分からないということにもなりかねません。

ですからもし自分のお金を管理していないという人は、まずは自分のお金というものの管理を行う事から始めるべきでしょう。

~複数のカードローンの利用は止めよう~
返済が厳しい場合複数のカードローンを契約しておき、借りては返すというように自転車操業的にカードローンを利用することを考える人もいますが、これは多重債務者一直線ですから絶対に止めましょう。

そもそもアルバイトでは複数の利用は極めて難しいですが、もし可能となっても複数利用を始めると返済も複数になり、すぐに返済に行き詰ってしまう事は目に見えています。安易な判断をしてはいけません。

約定返済だけではなく随時返済も合わせて上手に返済しよう!

もし借入れをした場合には、返済額をもとにして、自分は月に何時間アルバイトが必要になるのかを計算して、できるだけそれ以上のアルバイト時間を確保するようにしなければなりません。

そしてもう一つ考えておきたいのが、できるだけ早く完済することです。

そのためもしアルバイトを予定より余分に行って、予定を上回る収入があった場合には、約定返済の他随時返済を利用して余分に返済してしまいましょう。

もし、収入が予定よりも少なく返済が厳しくなりそうなときは、金融機関に対して月の返済額の減額の交渉をしましょう。返済日を過ぎてから返済できないのでは信用を失うことになってしまいます。

借入れしたときはアルバイト時間に注意

審査にも通過できたとして、借入れを始めたら、次に行う事になるのが返済です。収支から判断して返済は可能ということであっても、アルバイトに入れる時間によってはその予想が崩れる可能性もあります。

そこで実際に借入れする場合には、返済するにはどのくらいアルバイト時間を確保しなければならないのかを計算しましょう。

そしてこの時間以上にアルバイトに入れるようにすれば、返済額が確保できないということはなくなります。

正確に計算して、月々のアルバイトの目標時間とするようにしましょう。

余分なお金ができたら約定返済だけではなく随時返済をしよう

もし目標時間以上にアルバイト時間が確保できて、大きな収支額の黒字が確保できた場合には、余分なお金ができたということになります。

その場合にはそれで遊んでしまうのではなくて、そのお金も返済に回して、できるだけ返済期間を短縮することを考えましょう。

カードローンの返済方法では通常次の2種類があります。

  • 約定返済
  • 随時返済

約定返済というのが月々決められた金額を返済していく方法で、随時返済というのは、約定返済とは別にいつでも好きなだけ返済できる方法です。

ですから余分なお金ができた場合には、この随時返済を利用して、月々の約定返済とは別に返済してしまいましょう。

そうすればその分の元金を減らることができますから、後々の約定返済では元金が減った分利息が少なくなり、効率の良い返済になることになって、その面でもお得と言えます。

返済できなくなった時は一時的な返済額の減額を交渉すると良い

しかしアルバイトですから、場合によっては予定の収入が得られないことも無いとは言えません。そういう場合にはどうすれば良いのでしょうか。

カードローンによって扱いは違いますが、最近では契約の中で一時的に返済額を減額できる旨の記載がある場合や、返済日をずらすことができるようになっている場合などが有ります。

減額してもらえば返済できる可能性も出てくるので、まずはこれを利用することを考えてみましょう。

また契約上そういった記載がなかったとしても、金融機関に相談すれば、最低利息分だけにしてもらえる可能性はあるので、交渉してみることが重要です。

交渉もせずに返済できませんでしたでは信用を著しく傷つけますから十分注意して対応するようにしましょう。

~カードローンを選ぶ時は返済についてよく理解しておこう~
本文で説明しているようにカードローンの返済では一時的に減額してもらうこともできる場合があります。

しかしこういったことは返済についてよく知っていなければ利用できません。カードローンを利用する際には申込みや借り方を調べるだけではなく、返済についてもよく調べておくことが重要です。

ここでアルバイトのカードローン利用について纏めておきます。

  • カードローンの申込みでは安定収入が申込条件に入っておりアルバイトでは注意が必要
  • 申込後には審査がありアルバイトの返済能力の評価は低い
  • 審査に通っても自分の返済能力を把握し無理な借入をしてはいけない
  • 借入後は約定返済だけではなく随時返済も合わせてなるべく早く返済してしまう事を考えるべき

短期アルバイトをしている場合には、まずは長期アルバイトを始め収入が安定してからカードローンの利用を考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる