自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンに通過できない!落ちる人の原因と審査基準を徹底解明

カードローンは返済してもらわなければ困りますから金融機関は事前に審査を行ってそれに通過した人でなければ融資は行いません。審査では返済能力や信用の評価が行われ、問題が有れば否決になります。

ただし、審査に通過できなかったからと言って自分はだめだというように悲観する必要はなく、まずはなぜ審査に通過できなかったのかという原因を考えてみて、それに対する対策を行って次を考えましょう。

原因によっては、どの金融機関に行っても融資が行われないブラックという状態になっている可能性があります。

その場合には、原因となった記載が信用情報から削除されるまでは融資の利用は難しくなるので注意が必要です。

カードローンの審査では何が行われるのか?返済能力と信用が重要

カードローンは金融機関の提供する金融商品ですから、返済が見込めなければ貸してもらうことはできません。返済できるかどうかは申込時に行われる審査で判断され、これに通過できなければ借入はできません。

審査では申込者の本人確認の他、返済能力の評価と信用の評価が行われることになります。ただ実際にはそれぞれのカードローンの審査基準で行われ、これはそれぞれ違いますから審査結果にも差が出ます。

審査通過のためには、この審査で行われる返済能力と信用の評価が大変重要になりますから、この中に審査基準を満たしていないような原因があれば、審査通過は難しくなってしまいます。

カードローンを利用するには審査に通過しなければならない

金融機関はカードローンを利益を出すために提供しています。利益は返済時に元金の返済と共に支払うことになる利息が元になります。

このため、もし返済がしっかり行われなかった場合には、利息どころか元金まで返ってこないということになって、金融機関としては儲けが出ないどころではなく大赤字につながる訳です。

したがって、そういった損失が出ないように、融資するのは返済が見込める人でなければ行われません。

返済が見込める人かどうかという判断は、申込時に行われることになる審査によって行われ、カードローンの場合もこの審査に通過できなければ、融資を利用することはできません。

カードローンの審査では何が行われているのか

そこでカードローンの審査ではどのようなことが行われているのかということになりますが、審査というのは各カードローン毎に決められている審査基準で行われています。

しかしこの審査基準は公開されていませんから、正確にどんなことが行われているのかはわかりません。

ただし概ね何について確認や評価が行われているのかはわかっていて、次のような項目が審査されることになっています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

これ等に何らかの問題があれば、審査は通過できず、カードローンの利用はできないということになります。

審査通過のためには返済能力と信用の評価が重要

これ等の内、本人確認というのは、他人の名前を詐称して申込みを行ってくる人がいる為、こういう人を排除するために行われます。ですから普通に自分の名前で申込めば、特に問題になるような事はありません。

問題になるのは返済能力と信用ということになります。

返済能力については次の2点が評価されます。

  • 一定額以上の年収がある事
  • 安定した月収がある事

一定額というのは以前は200万円と言われましたが、デフレが進んでしまった現在では見直されている金融機関もあり、もう少し少額でも審査通過の可能性はあります。

安定収入は職業や職種で判断され正規採用の公務員や会社員なら高評価ですが、契約社員や派遣社員では評価は下がり、パートやアルバイト、あるいは自営業者というような場合は評価は低くなります。

信用の評価は、過去の金融取引状況が信用情報によって調べられ、過去に信用を傷つけるような問題を起こしていた場合などは評価を下げる事に繋がります。

~信用情報とは?~
信用情報というのは金融機関間で利用者情報を共有して、審査時に利用するために作られたもので、これによって別の金融機関でローンの滞納などがあれば、共有する他の金融機関もそれを知ることができます。

審査に通過できない時はその原因を考えよう!原因に対する対策も重要

カードローンの審査に通過できなかった場合、自分はもうだめだと考えて悲観する人がいますが、審査に通過できないというのは別に珍しい話ではなく、かなりの人は通過できないので悲観する必要はありません。

悲観してしまって先を諦めるのではなくて、同じことを繰り返さないようにすることが重要で、そのためにまず必要になるのが、審査に通過できなかった原因を探ってみる事です。

原因に思い当たった場合には、その原因を取り除く為の対策を考えてそれを実施しましょう。それができれば、次に申込むカードローンの審査では少なくともその原因で通過できないということは無くなる筈です。

審査に通過できなかったからと言って悲観する必要はない

このような審査が行われれば、当然ですが通過できないような人も出てきます。しかしこれは何もそう珍しい話ではなくて、良くある話です。

ですから、審査に通過できなくて、悲観してしまう人もいますが、そう悲観する必要はなくて、次にどうするべきかを考えることが重要です。

まず審査に通過できなかったとしても、カードローンの申込は行ったという記録は信用情報に残りますから、直後に別のカードローンを申込んでも申込ブラックと評価されて審査には通らないでしょう。

ですから、再度借入ができるようになるまで、同じことを繰り返さないようにするために、次に説明するようなことを行っておきましょう。

まず審査に通過できない原因を探る必要がある

説明したように審査はカードローンごとに審査基準が異なりますから、申込ブラックさえ避ければ別のカードローンでは問題なく通過できる可能性はあります。

しかしより審査通過の可能性を増やすためには、自分がなぜ審査に落とされてしまったのか、その原因を特定してみることが重要です。

審査でどのようなことが行われているのかは説明した通りですから、それに沿って、自分の返済能力や信用についてよく考えてみましょう。

例えば返済能力の場合、月々の収入が安定していないとか、年収自体が少ないということも考えられます。

信用の場合なら、ローンの滞納など大きな問題が無かったとしても、各種の料金支払いが遅れるというようなことがあれば評価は下がるでしょう。

原因が分かったら対策を立てて実行しよう

自分が審査に落ちた原因が分かったら、それで終わりではありません。原因が特定できても、そのままにしておいらた何ら変わりはないからです。

そこで次に行わなければならないのが原因に対する対策を立てる事です。収入が足りなければ、収入をどうやって増やせるかを考えなければなりません。

また頻繁に各種の支払いが遅れているのであれば、そういったことが無いように以後注意していかなければなりません。

対策によってはしばらく時間がかかってしまいますが、そうしなければ審査に通らないのですから、着実に行っていくようにしましょう。

~審査通過率は決して高くない~
カードローンの審査では審査通過率というものを一部大手消費者金融が公表しています。

それによればこれ等の大手消費者金融の場合、審査通過率は40%台になっており、半数以上は審査に通過できていないのです。

これを見ても分かるように審査はそう簡単には通らないのです。

原因によってはブラックの可能性!審査通過はしばらく無理

何度申込んでも審査に通過できないという場合には、ブラックになっている可能性を疑わなければなりません。その場合にはもう一度過去の金融取引上で何らかの問題が無かったか見直してみてください。

ブラックになってしまっている場合、そうなった原因が信用情報に記載されているため、その記載が期限が来て削除されるまでは続くことになる為、しばらくの間はカードローンの利用はできません。

時期が来て記載が信用情報から削除されれば、ブラックという評価は無くなりますから、またカードローンが利用できる可能性が出てくるので、諦めてしまう必要はありません。

何度申込んでも審査に通過できない場合ブラックの可能性がある

しかし、カードローンを利用したくて何度も申込みを行っているが、何度申し込んでも審査には通らないというような人もたまにはいるものです。

この場合、返済能力がどうしても足りないというようなことも考えられますが、もう一つ考えられるのが、ブラックになっているという場合です。

ブラックというのは信用情報に何らかの問題があって、どの金融機関に行っても審査に通過できない状態のことをいます。原因として考えられるのは次のようことが挙げられます。

  • ローンの返済を滞納した
  • 各種支払いを滞納した
  • 債務整理をした

各種支払いというのは電気料金や電話料金、クレジットカードの支払いなど、様々な支払いを含み、最近では携帯電話料金の滞納でブラックになっている人が急増しています。

そこでもう一度過去を振り返って、こういったことが無かったかどうかよくよく思い出してみてください。

とくに各種の支払い状況などは忘れている場合も多いので慎重に考えてみましょう。

どうしてもわからない場合には信用情報の記載を開示してもらうことも可能です。

ブラックの場合審査通過はしばらく難しい

信用情報の記載は、債務整理で自己破産した場合は10年間、そのほかの場合には5年間は残る為、この間の審査には通過できません。

最近では中小の消費者金融の中にブラック対応業者というものが増えてきていて、通常ならブラックで審査通過が難しい場合でも、信用には目を瞑って返済能力さえあれば融資してくれるところがあります。

ただしそういった業者はカードローンを展開できるほどの規模は持っていませんから、カードローンと言う形で利用することはできません。

また安易にそういったところで借りてしまった場合、再度返済ができなくなるような人も多いので、利用する場合には十分注意が必要です。

ブラックは時期が来れば抜け出すことが可能

ただし、このブラックという状態は先ほど示した期間が経過すれば、信用情報から記録が削除され、審査でブラックと判断されるようなことはなくなります。

したがって、ブラックから抜け出せる5年後或は10年後までに、なぜ自分がブラックになってしまったのか、やはりここでもその原因を追究し、有効な対策を行うようにしましょう。

この対策ができていなければ、再度ブラックになってしまうような可能性も出てくるので、時間をかけて原因追求と対策を行ってください。

対策ができていれば、少なくとも同じ原因でブラックを繰り返すことは防げるはずです。

~ホワイトにも要注意~
金融の世界にはブラックに対してホワイトという言葉があります。これはブラックなどで金融取引が行えず、ブラックが明けて信用情報内に情報が無い状態のことを言います。

このためある年齢以上で信用情報に情報が無いような人の場合、ブラックだったことが疑われ、やはり審査に通りにくくなるといったことが有ります。

この場合にはまずは審査の緩いクレジットカードなどを利用して少しづつ信用を付けてから、カードローンの申込を行うようにしましょう。

まずは借りなくてもよい生活を心掛けよう!借りないのが最もお得

ただし借入れというのは、利息を含めれば借りた以上のお金を返済しなければならない訳ですから、差し引きで考えれば損失を生んでいることになることを忘れてはいけません。

そこでお金が足りないという場合には、まずカードローンで借入れを考えるのではなくて、どうやったら借りなくて済ませられるかを考えることが重要です。

ですから審査に通過できなかった時も借りずに済ませる知恵を働かせて急場をしのぎましょう。

生活というのは借入れで維持するものではなく、自分の収入に合わせてその範囲で行えるように常に見直すべきものと考えるべきでしょう。

借入というのは結局利息という損失を生む

借りようと思っても審査に通らないというのは確かに深刻な話ではありますが、そもそも借入れというのは損失を生んでいるという事を認識しているでしょうか。

最初に説明したように金融機関は利益を上げるために融資を行っているわけです。

利益を上げるというのはどこかから、お金を受け取っているということで、その相手が借り手であって、融資を受けた元金の他に利息を支払わなければなりません。

したがって、借り手から見れば、この利息というのは元金以外に掛かってくることになる損失と捉えることができるわけです。

要するにカードローンに限らず借入れというのは、後々損失を生んでいくものだという認識を持たなければなりません。

もちろん必要な借入れというものはありますが、安易に行うものではないのです。借りなければ利息の支払いも必要なく最もお得なのです。

借りる前の借りなくて済ませられないかを考えるべき

そこで審査に通過している場合であっても、借入れを考えた場合に、まず行うべきことは、借り入れを考えるのではなくて、まずは借りなくて済ませる方法がないかを考えるようにしましょう。

カードローンのようなものが無い時代には、借入れは無担保で保証人無しとはいかず、大変面倒なものでなかなか貸してくれませんでした。

このため、お金が必要という場合でも、何とか遣り繰りしてしのいでいたもので、そこには巧妙な知恵を働かせていたのです。

この知恵が現在人にない訳はないのです。ですから、安易に借入れを選択するのではなくて、まずは借りなくて済ませる方法を考える癖を付けることは損失を出さないためにも大変重要なのです。

カードローンの審査に通過できなかった場合も、まずは遣り繰りで当面の急場をしのぐことが必要でしょう。

生活は自分の収入内で行えるようにすることが重要

そしてもう一つ重要な考え方としては、生活は自分の収入内で行うということです。

以前は終身雇用で年功序列が行き届いていて、収入は徐々に増えていくものでした。このため生活は徐々にですがレベルアップしていくのが普通だったわけです。

しかし、現在では終身雇用も年功序列もなくなってしまい、経済環境もデフレが進行するなど、収入は増えていく保証はなく、逆に減少してしまう事も珍しくなりました。

しかし、一度上がってしまった生活レベルというものは、そう簡単に落とすことはできないもので、収入とのギャップをカードローンなどの借入れで埋めて、生活レベルを維持していくようになっています。

ですがこれではなかなか借入れから抜け出すことはできません。ですから、生活というものは収入と照らしてそれに見合うレベルにしておく必要があり、これからは柔軟に変えていくものだと考えるべきでしょう。

そうすれば、なかなか審査に通過できないなどと悩む必要も無くなるわけです。

~利息はどのように計算されるのか~
カードローンのような借金は返済時に利息を付ける必要がありますが、この利息というのはどう決まるのでしょうか。

よく金利と混同している人がいますが、利息は金利だけでは決まらず、次の計算式のように計算されます。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり利息は金利だけではなく借入期間にも大きく影響することが分かります。

ここでカードローンの審査に通過できない事について纏めておきます。

  • カードローンの審査に通過するためには返済能力と信用が重要
  • 審査に通過できない場合にはその原因を追究して対策を考え実施することが必要
  • 原因によってはブラックとなりしばらく審査通過が難しくなる
  • まずは借りなくて済ませる方法を考えることが重要

審査が心配な場合にはホームページに事前診断機能がある場合があるので一度利用してみましょう。これで問題が無ければ返済能力としては審査通過できるはずです。

閉じる
閉じる