自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

最新情報で人気カードローンを調べよう!カードローン選びは情報が命

カードローンと言うのは社会情勢に応じて仕様が変わっていくものですから、以前調べたことが有ったとしても、申し込みの際には、最新情報で、仕様を確認しておくことが重要です。

カードローンを提供する金融機関にはいろいろとありますが、現在主流で人気があるのが銀行のカードローンです。

銀行には大手銀行を始め地方銀行やネット銀行などがあるので、自分にとって使い易いものを探しましょう。

ただしカードローンと言うのはもともとは大手消費者金融が提供したもので、現在でも金利は銀行よりも高くなりますが、審査の難易度は銀行に比べて低いカードローンを利用することが可能です。

カードローンの仕様というのは頻繁に変わる!確認は最新情報で行おう

カードローンと言うのは利用者を獲得しなければなりませんから、経済状況や他との競争によって、仕様が改善されることになり、場合によっては新しいものに置き換わることも少なくありません。

ですから、以前カードローンを調べて良さそうなものを見つけていたとしても、多少間が開いてしまったとすれば、それは現在の状況とは違ったものになってしまっていることも考えられます。

ですから、カードローンを申込もうという場合には、その時点の最新情報を確認して、自分にとってよさそうなものを選ぶことが重要と言えるでしょう。

カードローンは頻繁に仕様が変わっている

ローンというのは利用者がお金が必要になった時にお金を貸すという目的で用意されている金融商品です。必要になるお金の金額というのはその時の経済情勢で変わってきます。

例えば住宅ローンを例に取れば住宅価格は年々変化していて、バブル期には大きなお金が必要でしたが、現在ではずっと少額で購入できるようになっています。

このためそういった情勢に合わせてローンで融資される金額なども見直されるわけです。

住宅ローンほど高額の融資というわけではありませんが、カードローンであっても、経済情勢で仕様の見直しが行われ、現在のように不況から脱出している段階では、利用限度額の上限なども見直されます。

以前調べた内容が現在も同じとは限らない

したがって、例えばカードローンを利用しようと考えていろいろと調べておいても、そのまま申込みをせずに、しばらく時間が経ってしまうと、カードローンの仕様自体が変わってしまっている可能性があります。

例えば自分にとって使い勝手が良いと思われるカードローンを見つけて、目星をつけておいたとしても、しばらく間が開いてしまうと、そのカードローンが最も良いとは断言できなくなってしまいます。

要するにその間に新しいカードローンが提供されて、そっちの方がさらに使い勝手が自分向きだったり、以前は使い勝手が悪かったものが、仕様が見直されて使い勝手が良くなるものも出てくるわけです。

カードローンを申込む場合には最新情報で確認しよう

ですから、以前いろいろと調べたとしても、時間が経過してしまった場合には、再度新しい仕様を調べて最新情報をもとに自分向きのものを選ぶことが重要になるというわけです。

ここで紹介しているカードローンも執筆時点では最新の内容になっていますが、読者が読んでいる時点では、すでに内容が古くなっている可能性も有る為、参考程度と考えて下さい。

実際に申込みを考える場合には、金融機関のホームページやあるいは店舗に置かれているパンフレットなどを読んで、自分向きのものを探さなければなりません。

~利用限度額は高額化が進んでいる~
最近のカードローンの傾向としては、一部例外はありますが、利用限度額の高額化が進んでいます。

例えば以前は利用限度額の上限が300万円だったものが500万円に、500万円だったものが800万円にという具合に、見直しが行われています。

今やカードローンの人気の中心は銀行!銀行のカードローンとは?

カードローンを提供できるのはATM網を構築できる程度の資本を持っている大手金融機関になりますが、それでも多くの金融機関が提供しています。

現在最も人気があるのは、他に比べて金利が相対的に低くなっており、また非常に身近にあるという点で、銀行のカードローンが人気になっています。

銀行と言っても大手銀行だけではなく地方銀行も有れば、ネット銀行というような新興の銀行もありそれぞれカードローンを提供しているので、いわば選り取り見取りの状況です。

また銀行によってはカードローンを複数提供しているところも有って、選択肢はさらに広がることになります。

現在カードローンで人気なのは比較的金利の低い銀行のもの

そこで実際のカードローンを調べる事になる訳ですが、ここでカードローンを扱う業者について紹介しておきます。

カードローンというのはローンカードを使ってATMからお金を引き出すという形で融資が行われます。このため、カードローンを提供するには、そういったことができるようにATM網を作る必要があります。

こういったインフラを作るためにはかなり高額の資本が必要になるので、カードローンが提供できるのは金融機関の中でも一握りの大手業者です。

この中で最近利用者に人気があるのは、比較的金利が低くなっていて、身近に店舗がある銀行のカードローンで、有利な利用をしたい人はまず初めにこの銀行のカードローンを調べるのが普通です。

銀行にも様々なところがある

ただし、銀行にも次のように様々なところがあり、一概にどれが良いとは言えません。

  • 全国規模でATM網を持っている大手銀行
  • 県域程度のATM網を持っている地方銀行
  • 自前のATM網は基本的には持たずネット上で取引するネット銀行

どの銀行もATM網には弱い部分があるので、他の銀行と提携関係を結び全国で利用はできるようになっており、利用できないような地域が無いようになっています。

ただし、提携先のATMを利用する場合には利用手数料がかかる事があるので、有利さを追求するのであれば、そういった点についても調べておくことが必要です。

また自分が利用する場面を想定して、利用することになると考えられる場所に利用手数料がかからないATMがあるかどうかも確認しておかなければなりません。

銀行の中には複数のカードローンを持っているところも多い

銀行のカードローンを調べる場合に、注意しなければならないのは、提供しているカードローンが必ずしも1つではないという事です。

どの銀行も、やはり一押しにしたいカードローンと言うものがあり、宣伝はそういったカードローンで行っていますが、ホームページ等をよく見ると、それに隠れるよう別のものが提供されている場合があります。

銀行の中には6種類ものカードローンを提供している場合もあり、自分向きのカードローンを探すためには、そういったあまり目立たないカードローンも見逃すことなく調べることが必要です。

例えばパードやアルバイト、専業主婦などには一押しのものが利用しにくかったとしても、別のものであれば利用できるものがある可能性もあるので、慎重に調べるようにしましょう。

~銀行のカードローンの信用保証は消費者金融が行っている?~
銀行は長らくカードローンのような無担保ローンの提供はしていませんでしたから、信用保証の技術を持っていませんでした。

このためカードローンの提供を始める時点でそういった技術を持つ消費者金融と提携し、現在でも銀行のカードローンの信用保証業務は消費者金融かそれに関連する保証会社が行っています。

カードローンのルーツは消費者金融!消費者金融のカードローンとは?

ただし、カードローンと言うのはもともとは消費者金融の金融商品で、銀行はその利用者が増えてきたことで無視できなくなって、この分野に参入してきたものです。

現在カードローンを提供している消費者金融は大手と呼ばれる消費者金融と、一部の中堅と呼ばれる消費者金融です。

これらは消費者金融としては経営規模が大きい業者で、独立系も有りますが多くは銀行グループ内の企業となっています。

こういった大手消費者金融などのカードローンの場合、確かに銀行よりも金利が高いために利用者は警戒してしまいがちですが、金利が高い分銀行の審査よりも緩い審査になり難易度は低くなっています。

カードローンは元々消費者金融の金融商品だった

カードローンと言うのは銀行が参入する前から提供されているもので、もともとは大手消費者金融の金融商品でした。

銀行の融資というのは以前は担保と保証人が無ければ利用できませんでした。

しかし高度成長期を迎えてそれでもは資金需要に答えることができなかったため、無担保で保証人なしの融資を行う消費者金融が大きく成長しました。

その頃はまだ技術的に全国規模でATMを作れるような時代ではありませんでしたから、消費者金融も窓口での融資が普通でした。

しかし時代が下って、大手と呼ばれる消費者金融が出現し、技術進歩も有ってカードを使って融資を引き出せるようなキャッシングローンを提供するようになったわけです。

このカードを利用するキャッシングが銀行の参入によってカードローンと呼ばれるようになるわけです。

カードローンを提供している大手消費者金融とは

カードローンを提供している大手消費者金融は次のようなところがあります。社名からカードローンが分らない物についてはカッコ内にカードローン名を示しています。

  • アコム株式会社
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
  • アイフル株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社(レイクALSA)
  • 株式会社SMBCモビット

この他にも大手とは言えないまでも中堅(準大手)と呼ばれるような消費者金融でも地域限定でATM網を作り他の業者と提携して全国規模で利用できるようにしているものも存在します。

大手業者の多くは以前は独立した経営をしていましたが、現在ではアイフルを除き、いずれも大手銀行グループのグループ企業になっています。

銀行よりも金利は高めだが審査の難易度は低くなる

大手消費者金融のカードローンは銀行よりも金利的には高くなっていますが、審査は銀行に比べて緩く、銀行が利用できないような人の受け皿になっています。

カードローンを探す場合には、そういった審査の難易度についても考慮する必要があります。

ただし、消費者金融は銀行よりも審査が緩いと言われているにしても、大手消費者金融が発表している情報によれば、審査通過率は40%台になっており、半数以上の人は審査に通過できていない事になります。

したがって、消費者金融なら大丈夫というような安易な気持ちで申込むと痛い目を見る可能性があり、申し込みの際には、審査に否決になった時にはどうするかを予め考えておくべきでしょう。
~大手消費者金融は健全な金融機関~
消費者金融というと、かつてはサラリーマン金融と呼ばれ、高金利で厳しい取り立てを行っていて、企業としては近づきたくもない場所と考えられていました。

しかし現在では特に大手消費者金融の場合、上場を果たしたうえ、多くが銀行グループに入っており、健全な金融機関に成長したと考えて大丈夫です。

その他にもカードローンは有る!見落せない金融機関とは

このようにカードローンを提供している金融機関は銀行と消費者金融と認識されていますが、その外にも例えば信用金庫や労働金庫といった金融機関がカードローンを提供しています。

こういった金融機関はその地域に密着した経営を行っている場合が多く、規模的に言えば小さい場合もありますが、地域や組合員の人を大切にしてくれて、有利な金利で融資が利用できる可能性も有ります。

ただし、これらの金融機関は、大手に比べてシステム化という点で遅れている場合が多く、例えば申込みでも仮申込みはネット経由で行えても、本申込みは店舗窓口に行かなければならず不便な場合があります。

カードローンを提供している金融機関は銀行や消費者金融だけではない

多くのカードローンはここまで説明してきた銀行と大手消費者金融のものという事になりますが、国内にある金融機関というのはこういった銀行や大手消費者金融だけというわけではありません。

特に思い浮かばないという人もいるかもしれませんが、自分の周囲を見回してみて下さい。こういった金融機関以外にも金融業を営んでいるところが見つかるはずです。

銀行や消費者金融以外でカードローンを提供している金融機関としては例えば次のようなところがあります。

  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • JA

身近なカードローン提供金融機関を調べてみよう

そう言われて周囲を見回してみれば必ず見つけることができるはずです。特に信用金庫などはその地域の中小企業には無くてはならない金融機関なので、店舗もかなりあるはずです。

労働金庫はろうきんと呼ばれ労働組合の組合員や生協の組合員なら知っていると思いますが、現在ではそういった組合に属していなくてもカードローンの利用が可能になっているのが普通です。

またJAは金融機関とは捉えていない人も多いでしょうが、JAバンクと称し、金融機関と同じような業務を行っています。

これ等の金融機関のカードローンでは銀行や大手消費者金融よりも利用限度額は少額ですが、金利的に言えばかなり有利な設定になっていて、お得な借り入れができ、見逃してはもったいないと言えるでしょう。

申込方法は多少不便なので手順を理解しておこう

ただし、こういった金融機関は大手金融機関に比べれば、やはり小規模で、システム化の点では若干時代遅れな面があることに注意しなければなりません。

利用を開始してからはATMでの利用ですから、それほど大きな違いはありませんが、申込時には注意が必要です。

これ等の金融機関の場合、申込みは仮申込みと本申込みに分かれおり、仮申込みについてはネット経由でも可能になっているのが普通ですが、本申込みは必要書類を持って店舗に行く事になる場合が多いようです。

このため大手金融機関のような即日融資というのは難しく、申込みから利用開始までは時間がかかると考えなければなりません。

~自分の周囲に有って便利に利用できる金融機関を選ぼう~
カードローンは利用できるATMさえあれば、融資や返済ができますが、できれば近くに店舗を持つ金融機関のものを選びましょう。

カードローンは信用によって利用限度額や金利が決まる為、カードローン以外の金融商品も利用できれば更に信用が上がる可能性があり、早めに有利な利用ができるようになるかもしれません。

また何か問題がある場合にもすぐに相談に行けるため、何かと便利なのです。

ここで人気のカードローン選びについて纏めておきます。

  • カードローンの仕様は頻繁に変わっているので申込む場合には最新情報で調べる必要がある
  • 現在人気があるのは金利的に有利な銀行のカードローン
  • 消費者金融のカードローンは金利は高めだが審査の難易度は緩い
  • 銀行や消費者金融以外にもカードローンを提供している金融機関があり金利的に有利な借り入れができる

カードローンはそれぞれ仕様に違いがあるので有利さの他、自分にとって使い勝手が良いものという2つの基準でじっくり選ぶようにしましょう。

おすすめ記事
閉じる
閉じる