自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

急ぎでカードローンを利用したい!即日融資を可能にする重要項目

カードローンの審査は融資額がそう大きくないことも有って、他のローンに比べかなり早いため、急ぎでお金が必要になった時に便利で、最近では申込み当日に融資が行われる即日融資の可能性も有ります。

ただし、即日融資を希望する場合でも、申込方法によっては時間がかかってしまいますし、申込時間によっても、審査時間を考慮すれば即日融資は難しくなります。

しかし、即日融資が可能と言ってはいても、どのカードローンもそれを保証しているわけではありません。審査の進捗状況によっては即日終了せずに、翌営業日以降まで時間がかかる事もないとは言えません。

場合によっては審査が否決になってしまう可能性もあるのです。

カードローンは審査が早く急ぎの時に便利!即日融資可能な場合もある

従来ローンの審査というのは早くても数日はかかるものでしたが、カードローンの場合、融資額がそれほど高額にはならないため、審査項目も少なく、すぐに終わり急ぎの場合に大変便利だと言えるでしょう。

この審査が非常に速いという事で、最近のカードローンの多くが、申込んだ日に即日融資を行うようになってきています。ですからその日になってから急にお金が必要になっても借入れができるという事です。

ただし、カードローンと言うのは、一度の借入れだけではなく、長期に借りたり返したりを繰り返しますから、使い勝手が大変重要で、いくら急ぎだと言っても、カードローン選びには注意が必要です。

カードローンは審査時間が他のローンに比べ短い

カードローンがなぜ人気なのかと言えば、無担保、保証人無しで借りられる点の他、審査時間が短いため、比較的早く借り入れができるという点も挙げることができます。

カードローンと言うのは、殆どの場合、融資は50万円を超えるようなことはないため、審査も他のローンよりも厳しくは行われませんし、最近の審査技術の向上で、審査時間が非常に短縮されています。

審査時間はカードローンごとに違いますが、速さを売りにしているような場合には、最短30分とか、中には10分というものまであります。

カードローンによっては即日融資も行われている

カードローンの場合、申込みから融資までにかかる時間の多くは審査にかかる時間です。ですから審査に1日かかるカードローンは融資が利用できるのは少なくとも1日以上かかってしまう事になります。

しかし、先程説明したように審査が30分で終れば、契約などの時間を考えても申込みから1時間程度で融資が利用できる状態にできると言うことになります。

ですから、最近よく耳にするように即日融資ができるカードローンも増えてきています。

このため急ぎでお金が必要という人でも、カードローンを利用すれば、すぐに必要なお金を借りることも可能という事になります。

急ぎの場合でもカードローン選びには要注意

そこですぐにお金が必要という場合、有名どころのカードローンをよく検討もせずに申込んでしまう事になるのですが、即日融資を狙い時間的に余裕が無かったとしても、この選び方は感心しません。

カードローンは人それぞれで使い勝手が変わってきます。例えば利用手数料の掛からないATMの位置などで、自分には使い難かったりする場合が有ります。

もし利用するのに手数料がかかるATMしか周囲に無かったとすれば、長い期間利用すれば大きな損失になる可能性もあります。

ですからいくら時間が無かったとしても、自分の使い勝手を考える時間程度は確保して検討したうえで申込むカードローンを選ぶようにしてください。

~銀行系カードローンの即日融資は前提条件有り?~
カードローンの中でも銀行が提供する銀行系カードローンの即日融資には注意が必要です。

この場合即日融資と言っても、その銀行に普通預金口座を持っていることと言う前提がある場合がよくあり、これが無ければ、普通預金口座を開設しなければならなくり、利用開始に1週間程度の時間が必要です。

カードローンを選ぶ際には、こういったことにも注意が必要です。

即日融資を希望する場合の注意とは?申込方法と時間に気をつけよう!

ただし、即日融資を希望する場合には、注意しなければならない点があります。即日融資に対応しているカードローンであっても申込方法と申込時間によっては、申込方法や時間的な問題で無理な事も有るのです。

例えばネット経由で申込みをする場合、申込方法では瞬時という事も言えますが、申込時間によっては、審査が営業時間内に終了せず、融資は翌営業日以降になってしまう場合が考えられます。

もし時間的に即日融資が難しいと思った時には、店舗に備えられている自動契約機を利用すれば、自動契約機の稼働時間にもよりますが、20時を過ぎても即日融資が利用できる可能性が有ります。

即日融資は申込方法と時間によって難しい場合がある

では即日融資を利用する場合に注意すべき点を考えてみましょう。もちろん審査に時間がかかるという場合には即日融資は難しいですが、ここではそれ以外の原因を考えてみましょう。

審査に問題がないのに即日融資が利用できないというのは、原因は申込方法か申込時間にあります。

カードローンの申込方法は次のようなものです。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • ネット経由

例えば即日融資が必要なのに郵送で申込みをしていたら、絶対に即日融資の利用はできません。

また窓口でも申込みを行おうとしても営業時間を過ぎてしまったら、やはり即日融資は利用できません。

このように極端な場合でなくてもやはり、即日融資の利用が難しくなることはあるのです。

ネット経由の場合午前中に申込もう

そこでまず、最近もっとも申込みの多いネット経由を考えてみましょう。

この場合はカードローンによって違いますが、365日24時間申込むことが可能です。

しかし実際に審査が行われるのは、時間が限られており、例えば夜中に申し込んでも、審査は翌営業日にならないと行われません。

このため即日融資を考えた場合には、概ね午前中に申込みを行えば、即日融資が利用できると言われています。

もちろんカードローンによっては13時くらいまでは大丈夫というように多少の違いはあるでしょうが、やはり余裕を見て午前中に申込みをしておいた方が無難と考えるべきでしょう。

自動契約機を使えば営業時間後でも可能性あり

ではもし午後になってから急ぎでお金が必要になった場合には、もう無理なのかというとそうでもありません。

午後でも営業時間内であれば、窓口は開いていますからすぐに店舗に行けば申込みは可能で、うまくいけば即日融資の利用ができるでしょう。

では営業時間を過ぎてしまったらどうなのかというと、その場合には、店頭に設置されている、自動契約機を利用してください。

自動契約機にも稼働時間がありますが、通常は閉店後も稼働しています。時間はカードローンによって違いますが、20時から遅い場合には22時まで稼働しているものもあります。

これを利用すれば、稼働時間中審査時間を考えて申込めば、20時を過ぎても即日融資が利用できる可能性があります。

~ローンカードの受け取り方法~
カードローンはATMからローンカードで融資を引き出すという使い方が一般的ですが、問題は申込方法によってはローンカードが郵送になるということです。

例えばネット経由で即日融資を利用したいという場合、銀行振込を利用して自分の口座に振り込んでもらう事になります。

ただし、カードローンによってはネット経由などで申込んだ場合、自動契約機でローンカードを受け取ることができるものもあります。

しかしこの場合、結局自動契約機に行くわけですから、最初から自動契約機で申込みをした方が簡単でしょう。

審査によっては即日融資が難しい場合もある?急ぎの場合は要注意!

また即日融資が可能と言っていたとしても、必ず即日融資ができるというような保証を行っているカードローンはありませんから、申込みの際には、即日融資はできない可能性も考えておかなければなりません。

まず、審査というのは、審査基準は同じであっても申込者ごとに評価が変わってくるため、すぐに終わってしまう人もいれば、評価に時間がかかってしまう人もいて、状況次第で翌営業日になる可能性もあります。

また、審査での評価が低いという言ことになると、審査通過の基準を満たすことができず、審査は否決になってしまい、借入れ自体ができないという可能性もあります。その場合の対応も考える必要があります。

即日融資は保証されている訳ではない

現在カードローンでは即日融資を売りにして利用者を集めているような場合もあります。

このように即日融資を前面に出して宣伝が行われている場合、利用者は自分も必ず即日融資の利用が可能なように錯覚してしまう事は、普通にあることです。

このため、即日融資を狙って、申込みをする人も少なくないはずです。しかし実際に申込みを行ってみると、審査に時間がかかってしまって即日融資が利用できいなかったという人もまた少なくはありません。

では金融機関は即日融資ができると嘘を言っていたのかということになりますが、実はそうではありません。

即日融資を提供しているカードローンの説明をよく読んでみて下さい。即日融資の利用の可能性があるとか、即日融資ができると書いておいて、審査に時間が掛る場合があるというような記述になっている筈です。

要するに即日融資を保証しているような記載はないのです。このため即日融資を狙ったのに利用できなかったという場合も、文句は言えない訳です。

審査の状況によっては利用開始は翌営業日以降になってしまう

即日融資が利用できない原因としては、申込時間という問題も有りますが、先程触れたように審査時間が長引くことも珍しくはありません。

例えば審査時間30分と言っている場合、実際には最低30分と言っているだけで、30分以上かかる場合もあるという事です。

審査には自動では済まない部分が有って、人間が介在する部分では、それなりの時間がかかる事になります。例えば在席確認がなかなか終わらないような場合には、それだけ時間がかかるという事です。

このため審査の状況によっては、即日どころか、翌営業日以降まで掛かってしまう可能性もあることになります。

即日融資を見込んで申込む場合には、審査が遅れることも考えておかなければなりません。

審査が否決になる可能性も考慮が必要

もう一つ即日融資が利用できない場合があります。それは審査が否決になってしまう場合です。

この場合翌営業日どころか、いつまで経っても融資は利用できません。

審査が否決になるのは即日融資を狙うかどうかは関係ありませんが、お金が必要という人にとっては、大変困った状況になるという事です。

ですから、即日融資を狙うかどうかは関係なく、カードローンの利用を考えた場合には、必ず借りられなかった場合にはどうすれば良いのかを考えておかなければならないという事です。

つまり、借りられればそれでよし、借りられなければ、次に取るべき手段が必要なのです。

~審査通過率はそう高くはない~
ローンの審査がどの程度通っているのかを示す数字が審査通過率です。要するに申込み人数に対する審査に通過した人数の割合です。

この審査通過率は大手消費者金融しか公表していませんが、この場合には概ね40%台になっています。

つまり、大手消費者金融の場合、半数以上が審査に通過できていないという事になります。

銀行の場合には、審査は大手消費者金融よりも厳しいですから、審査通過率はさらに低くなっていると予想されます。

急ぎでお金が必要という状況に追い詰められないようにする事が重要!

このようにいくら急ぎでカードローンを利用するにしても、すぐに借りられるかどうかは分からない訳です。ですから重要なのは、こういった急ぎでお金が必要になるような状況に追い詰められない事なのです。

そのためには、日頃から自分のお金というものを管理しておく必要があります。お金を借りても何に利用したのか分からないうちに無くなってしまったのでは、話になりません。

またいつ頃、どのくらいのお金が必要になるのかが分かるように先を見る目を持たなければなりません。これが分かれば、自分のお金を踏まえて、いつ頃どの程度のお金が足りなくなるのかを見通せるはずです。

急ぎでお金が必要になる状況自体が問題

説明したように急ぎでお金が必要になっても、すぐに借りられる保証はない訳です。しかしすぐにお金が必要というような状況になると、ほかの手段を考えている時間はそうないはずです。

したがって、もっと良い方法は、そういった急にお金が必要になるような状況にならないようにすることが何よりも重要なことです。

別な言い方をすれば、お金が必要になるような状況になってしまうこと自体が大きな問題だという言こともできます。

そこで、そういった問題に至らないようにするためにはどうすれば良いのかについて考えていく事にしましょう。

自分のお金を管理しよう

まず必要なのは、自分のお金というものの管理です。

例えば何ら管理を行っていなかった場合、自分が何にお金を利用しているのかわからなくなってしまいます。

このため、お金がないからと言って安易にお金を借りてしまうと、借りたお金も何に利用したのか分からないうちに無くなってしまいます。

そこで、もしお金の管理を行っていないという場合には、今日からでも管理を行いましょう。

簡単に行うには、要するに家計簿をつければよい訳ですが、用意するのが面倒という人も多いでしょう。

そこで最近ではスマホのアプリも出ていて、中にはレシートをかざせば読み取ってくれるものも有ります。

こういったものを利用すれば比較的簡単に自分のお金を管理することが可能になります。

先を見る目をもって事前に対策できるようになろう

もう一つ重要なのが、先を見る目を持つことです。

先々の予定を管理して、いついくらのお金が必要になるのかを予想してください。例えば子供が進学する予定であれば、受験料や入学時の学費がいくらかかるのかは調べれば分かるはずです。

そういった、何時幾らのお金が必要になるのかと自分のお金が分かれば、自分で必要なお金が賄えるのか、あるいはそれでは足りず借入れが必要なのかが判断できます。

事前に判断できれば、利用目的によっては、カードローンよりももっと有利な金利で利用できる目的別ローンの利用も考えられます。

ですから、やはり今日からでも自分の予定を管理することから始めてみてください。

~まずは借りなくて済ませられないかを考えるべき~
お金の管理ができていれば、お金が足りない時でも自分の支出内容をよく考えて、節約できる部分を見つけ出すことができるかもしれません。

このようにお金が必要な時でもすぐに借入れを考えるのではなくて借りなくて済ませることができないかを考えることが重要です。

借りないということは利息を払う必要も無く、最もお得なのです。

ここで急ぎでカードローンを利用したいという事について纏めておきます。

  • カードローンは比較的審査が早く急ぎの時には大変便利
  • 即日融資は申込方法や申込時間に注意が必要
  • 審査の状況によっては即日融資は難しい場合がある
  • 急ぎでお金が必要になるという状況にならないことが重要

急ぎでお金が必要でも後々返済できなければ自分の首を絞めるだけです。借入する際はどんなに急いでいても、返済の可能性を計算してから借入れの申込みをしましょう。

閉じる
閉じる