自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

自分にとっておすすめのカードローンとは?最適なものを見つけよう!

カードローンと言うのは借りたり返したりを何度も繰り返せるという点で、他のローンとは大きく違うことが分かります。このため利用は長期にわたることになり、これを前提にして選ばなければなりません。

またカードローンと言うのは何にでも利用できるという特徴がありますから、利用方法は人それぞれで違っているため、誰かがお勧めといったとしても自分に合っているとはいえず、自分基準で選ぶ事が大切です。

ではどのように選べば良いのかというと、多くの場合金利を気にして金利が低いというだけで選ぼうとしますが、自分の利用目的などに合わせて選ぶようにしてください。

場合によっては借り難い人もいるので、自分の状況で判断するようにしましょう。

カードローンは他のローンとは違う!まずは特徴を理解しておこう

カードローンには他のローンには無い大きな特徴があります。ほかのローンは最初に借入れた後は返済が続きますが、カードローンは何度でも借入れと返済を繰り返すことができます。

こういった利用方法が可能ですから、カードローンは非常に長期にわたって利用することを前提に選ぶことが必要になるので、使い勝手をよく考えて、様々なカードローンを比較検討して選ぶようにしましょう。

そこでまずはどういった金融業者がカードローンを提供していて、その仕様はどのようになっているのかといったことに注意して情報収集を行わなければなりません。

カードローンは何度も借入れと返済を繰り返せる

おすすめのカードローンを探そうという場合、まずカードローンというものがどういうものなのかよく知らなければなりません。そこで他のローンと比べてのカードローンの特徴を説明しておきましょう。

カードローン以外のローンの場合、証書貸付と言って借入れの契約をすると、その全額が一度に融資され、以後は完済するまで返済が続くという形になります。

これに対してカードローンと言うのは、上限額は決められますが、その範囲内であれば、借りたり返したりを続けるられるというもので、返済さえ行っていればいくらでも借りる事ができるという特徴があります。

長期にわたって利用する前提で選ぶ必要がある

この特徴を考えると、カードローンというのは、必要な時に必要なお金を少しづつ借りることができるため、大変便利な利用を続けることができます。

そして便利さから、長期にわたって利用されるのが普通で、他のローンのように完済をもって契約が終了するというものではありません。

カードローンの場合は一時的に返済が終わったとしても、契約自体は継続し再度借入れができる形になっているというわけです。

こういったローンですから、カードローンは大変長期にわたって利用が続くという前提で選ばなければなりません。

途中で使いにくいと思っても、利用が継続していれば、そう簡単には利用を終了するというわけにはいかないのです。

ですから、自分に合ったカードローンを選ぶのはそう簡単に考えてはいけません。

どういった金融業者が提供しているのかにも注意

そこで自分向きのカードローンを探すにはできるだけ選択肢をたくさん持った方が、良いと言えるでしょう。

ではどういった金融機関がカードローンを提供しているのかという話になりますが、誰でも知っているのが銀行や大手消費者金融ですが、実はこういった金融機関だけではありません。

自分の周囲には普段はあまり気付かないような金融機関も沢山あります。例えば信用金庫、ろうきん、JAなども銀行や大手消費者金融と同じようにカードローンの提供をしています。

ですから自分に合ったカードローンを選ぶ際には、そういった金融機関のものを含めて選択肢を増やせば、自分向きのものを探すときに、良いものを見つけられる可能性も大きくなるのです。

~ローンはカードローンだけではない~
本文ではカードローンを選ぶという観点から説明していますが、実際の場面では、例えばお金の使い道に明確な目的がある場合もあるはずです。

そういった場合には銀行などが提供している目的別ローンの利用も考えてみましょう。目的別ローンは目的は限定されますが、カードローンよりも有利な条件で借入れが可能です。

自分の利用目的をよく考えて最適なローンを選ぶようにしてください。

カードローンの利用方法はそれぞれ違う!おすすめも人それぞれ

カードローンを選ぶ際には、ネット上にある口コミ情報や、それをもとにしたおすすめランキングなどを参考に選ぶ人が多いですが、そういう情報というのは他人の情報であり自分に当て嵌まる保証はありません。

またカードローンは何にでも利用できて便利そうに見えますが、金利が高かったり、利用しているだけで他のローンの審査に影響する等デメリットもある為、そういう事も踏まえて利用を考えなければなりません。

そこでカードローン選びは自分の使い方をよく考えたうえで、自分が有利で使い勝手が良いのはどれかという視点で選ぶ事が大変重要になり、安易に選んでしまうと使い難い場合もあり注意しなければなりません。

カードローンのランキングや口コミは参考になるのか?

現在ではスマホが普及して、誰もが容易にインターネットに接続できる環境が整っています。このため何をするにも分からないことはインターネットで調べてからという人が多いはずです。

これはカードローンを選ぶ場合でも同じで、インターネットで目星をつけて、申込みを行うという人は多くなります。

そこで情報を得るために利用されるのがインターネット上にある口コミ情報というものです。

中にはこの口コミ情報をもとにして作られたおすすめのカードローンをランキングにしているような情報サイトもあります。

口コミ情報というのは実際の利用者が体験談を共有するために投稿したもので、現在ではSNSも発達しましたから、以前に比べてさらに多くの情報に接することができるはずです。

ではこういった情報は本当に参考になるのでしょうか。実はこういった口コミ情報には次のような情報が含まれていることが分かっています。

  • 真実の情報
  • 愉快犯による虚偽の情報
  • 利用者を誘導するための悪意ある虚偽の情報

つまり投稿された情報が真実とは限らない訳です。

しかも真実の情報だったとしても、それはその投稿者の情報であって、置かれた状況が全く違うため自分にも当てはまる保証など全くないのです。

したがって、こういった口コミ情報というのは、あくまで参考程度にして、その情報を利用したい場合には、必ず別方向からも確認しておくべきでしょう。

デメリットもよく理解しておかなければならない

またカードローンを選ぶ際にはメリットばかりに目が行くかもしれませんが、デメリットも有ることを知らなければなりません。

例えば次のようなデメリットが指摘されています。

  • 他のローンに比べて金利が高い
  • 他のローンを申込むときカードローンの利用が返済能力の審査に悪影響がある

したがって、例えば住宅ローンの申込みを控えている場合カードローンを利用していると返済能力を削ぎ、住宅ローンの審査が否決になる可能性があります。

したがって、カードローンの申込みはその時期や、将来の人生設計も考え合わせて行わなければなりません。

自分の使い方をよく考えて自分基準で選ぶ必要がある

したがって、カードローンというのは他人の情報ではなくて自分がどのように利用するのかその使い方、そして申込時期をよく考えて申込まなければならないということになります。

つまりあくまで他人ではなく、自分基準で選ぶことが重要なローンということができるでしょう。

そのためには、自分がどのように利用するのか、申込みの前によく考えて、それに合わせて多くのカードローンの仕様を調べたうえで、自分の利用方法に最も合ったカードローンを選ぶようにして下さい。

とにかく早く利用できるものとか、できるだけ金利が低いものとかそういった希望もあるかもしれませんが、できればじっくり検討できる時間を取り、金利だけではなく他の要因も検討するべきでしょう。

~自分の返済能力を把握しておこう~
自分向きのカードローンを選ぶ際には、自分の返済能力にも注目しましょう。

自分に合ったものと思っても、月々の返済額が高額過ぎて返済できないというようなことでは、利用はできないのです。

どういった点に気をつけて選べば良いのか?金利だけでは不十分!

では、カードローンはどういった点に気をつけて選べば良いのかということになりますが、多くの人は金利を非常に気にします。

金利が高ければ利息も高くなり損失が大きくなると考えがちですが、実際には利息は金利だけで決まる訳ではないので注意が必要です。

また将来的に高額な利用を計画している場合には利用限度額がどの程度になっているのかや、総量規制などの上限規制はどうなっているのかなどを調べておくことも必要です。

さらにカードローンの申込者の多くが、家族にばれないように利用したいと考えていますが、その場合には業者側がどのように接触してくるのかを考えて、予めそれらへの対策を考えておく必要があります。

カードローンは金利だけを見ていてはいけない

そこでカードローン選びでは何に気をつけて選べば良いのかという話になりますが、利用者がまず気にするのが金利でしょう。

なぜ金利を気にするのかと言えば、金利によって利息が決まると考えていて、金利が低いほうがお得と思っているからです。

しかしこれは利息というものを半分ぐらいしか理解していないということになります。中には利息と金利を混同して考えていて区別がうまくできない人もいます。

利息と金利の関係というのは次のようになっています。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

このように利息は金利だけでは決まらず、借入残高や借入期間によっても左右されます。

例えば金利は低かったけれども非常に長期にわたって借入れしていたという場合は利息は高くなりますし、利息は高かったけれども短期間に返済してしまったという場合には、たいして利息はかかりません。

このように、確かに金利が低いほうがお得ではあるのですが、お得さというのはそれだけでは決まらず、自分の利用方法も大きく関わってくるということを理解しておきましょう。

利用限度額や総量規制についても注意する必要がある

またカードローンというのは申込時に設定される利用限度額が極めて少額になるものですが、信用を積むことにより将来的には利用限度額の上限まで利用できる可能性があるものです。

ですから、自分が将来的にどの程度利用限度額が必要になるのかも考えておかなければなりません。

例えば500万円程度は利用する可能性があるというのであれば、上限が300万円のカードローンを申込んだのでは希望はかないません。

ただし、いくら希望が高くても、現在では法的な総量規制というものが消費者金融にはあり、自分の年収も増やしていかなければ、なかなか希望はかないませんから、この点にも注意が必要です。

これは銀行なら関係ないと考える人もいるかもしれませんが、銀行も法的ではありませんが内部規定で上限を持っているので、いずれにしても高額利用を考えているのであれば、それに見合う年収が必要です。

家族にばれないように借入れするには事前の検討が重要

この他の注意点として、カードローンの利用者の多くが家族にばれないようにしたいと考えているため、それへの対応を考える必要があります。

本来は情報共有すべきですが、もし隠しておきたい場合には、それが可能なカードローンを選ぶばなければなりません。

ばれないようにするためには、どのような契機で家族に知られてしまうのかを洗い出して、それぞれに対策を講じなければなりません。

その対策が難しいようなカードローンを選んでしまうと、そこからばれてしまう事になるので、申込時、通常の利用時、返済が滞ったというような異常発生時に分けて、検討してみて下さい。

~ATMの利用手数料に注意~
本文では有利な利用をするために利息の話をしていますが、有利に利用するには、これだけではなくATMの利用手数料など別途かかってくる経費も考えなければなりません。

ATMの利用手数料を例に取れば大した金額にはならないと考える人が多いですが、最近では金利が低いですから、借り方によっては利息よりも利用手数料の方を高く支払っているということも有るのです。

十分注意しなければなりません。

カードローンが借り難い人は注意!自分に合ったカードローンを探そう

カードローンを提供している金融機関は返済してもらうことが前提ですから、申込者の状況次第で借り易い人もいれば借り難い人も出てきます。

ですから借り難いと言われる人はカードローン選びは慎重に行わなければなりません。

またカードローンは事業性資金に利用できない為、自営業者の場合には、カードローンを利用する場合、事業資金と生活資金をはっきり分離して、借入れたお金が事業資金に回らないようにしなければなりません。

中には無職でお金を借りたいという人もいますが、この場合返済が見込めませんから、申込条件も満たしていませんし、申込んだとしても審査は通らず、借入は無理ですから別の方法を考えなければなりません。

カードローンは借り易い人もいれば借りにくい人もいる

カードローンの審査では収入の安定性が問われることになりますが、これによって、審査に通過しやすい人がいれば、通過しにくい人もいるということになります。

これはその申込者の職業や職種による収入の安定性で判断されることになり、概ね次のようになっています。

職業・職種 収入の安定性の評価
正規採用の公務員や正社員
臨時採用の公務員、契約社員、派遣社員 中の上
パート、長期アルバイト、自営業者
専業主婦、学生、年金生活者 中の下
短期アルバイト、水商売

したがって、自分は審査に通過しやすくカードローンが借り易いのか、あるいは借り難いのか、これをもとによく考えてみて下さい。

そして借り難い人は、例えば専業主婦でも利用可能というようにカードローン側が提示している条件をよく調べて、自分が利用できそうなものを探すことが重要です。

事業性資金に利用してはいけない

また借入れできたとして利用目的にも注意しなければなりません。

カードローンは利用目的が問われないと言われ、大変使いやすいと考えられていますが、実は利用できない費用というものがあるのです。

これはカードローンと言うのは、借入れしたお金の利用目的として事業資金が除かれているからです。

ところが、特に小規模な自営業者の場合、事業資金と生活資金の区別がはっきりできていない場合があるのです。

このため、生活費の補填として借りたつもりが、いつの間にか事業資金として利用されていたというようなこともないとは言えません。

したがって、自営業者の場合には、事業資金と生活資金ははっきり分けて、もし事業資金として利用するのであれば、一般向けのカードローンではなくて事業者向けのカードローンを探すようにしましょう。

無職の場合には返済の見込みがないので利用は難しい

また無職の人も比較的簡単に借りられると言われているカードローンの申込みをしたいと考えることがありますが、そもそもカードローンの申込条件には安定した収入が明記され、これを満たしていません。

専業主婦の場合は例外もありますが、そのほかの収入のない無職ということになると、カードローンの利用はできません。

したがって無職で生活が苦しいという場合生活保護の受給などを役所に行って相談することから始めてみましょう。

安易にカードローンを申込んだとしても審査は通過できず、時間的な無駄にしかなりません。

~公的融資や支援の利用も考えよう~
無職で近い将来職に就く予定が有ったり、収入が少なくて生活が成り立たないというような人はカードローンの借入れは難しいですが、公的融資や支援制度の利用は可能な場合があります。

カードローンが利用できないと思ったら、そういったものを探してみるのも一つの方法です。

ここで自分にとっておすすめのカードローンを探すことについて纏めておきます。

  • カードローンは他のローンと違うためまずその特徴の理解が必要
  • カードローンの利用は人それぞれのため自分基準で選ぶことが必要
  • カードローン選びでは金利だけではなく様々な面で注意する事が必要
  • カードローンは借り易い人や借り難い人がいるので自分が利用できるものを探すことが重要

カードローンというのは契約できてしまえば大変便利に利用できますが、それが借り過ぎにつながることも有るので、まずは借りなくて済ませることはできないかをよく考える癖を付けましょう。

おすすめ記事
閉じる
閉じる