自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの返済が間に合わない!減額してもらえる可能性はある?

カードローンは月々返済していく事になりますが、月々の返済額はカードローン毎に決められた返済方式によって決定されますから、借入前に自分の借入予定から月々は幾ら返済するのか計算しておきましょう。

カードローンでは借り方次第で返済期間が長期化することも有りますが、そうなると時として返済額が用意できなくなることもないとは言えません。

そういう場合には金融機関に相談すれば返済額を減額してもらえる可能性があります。カードローンによっては予め減額が契約に明記されることも有ります。

ただしできればそういう事にならないよう、カードローンを借入れする際には、まず自分の返済能力を計算し、返済していく事ができるか、見極めることが大変重要です。

カードローンの返済額は返済方式で決まる!借りる前に確認しておこう

カードローンには返済方法が月々返済する約定返済と、いつでも返済できる随時返済がありますが、多くの場合は通常は約定返済を行って、臨時の収入が有った場合に随時返済を利用することになります。

月々の返済額は、それぞれのカードローンで採用されている返済方式によって決められることになり、例えばいくら借りても一定の場合や、借入残高によって月々の返済額が変わる場合があります。

そこで、自分の借入れ予定のカードローンの返済方式をよく理解して、自分の借入れ予定から、月々の返済額を計算し、自分が月々いくら返済することになるのか、事前に確認しておきましょう。

【関連記事】

カードローンの返済がいつまで経っても終わらない!どうすれば良い?

カードローンは月々返済していくのが普通

カードローンと言うのは利用者の多くが返済しやすいように設計されており、現在多くの利用者が月給という形で収入を得ているため、返済もこれに合わせて、月々返済していくようになっているのが普通です。

この月々の返済を約定返済と言い、これを補完する形で何時幾らでも返済できる随時返済が用意されるのが普通です。

このため、会社員などには大変利用しやすくなるわけですが、これに対して、自営業者のように、収入が月給としては入ってこないような職種の場合には、返済しにくくなってしまう場合もあります。

またパートやアルバイトのように作業時間次第で収入が不安定になってしまうような職種の場合には、月々の返済というのはかなり厳しいものになってくる可能性も無いとは言えません。

月々の返済額はそれぞれ決められた返済方式によって決まる

カードローンの月々の返済額は、それぞれのカードローンが採用する返済方式によって計算されることになり、現在採用されている返済方式としては、次の2つが殆どです。

返済方式名 返済方式の内容
リボルビング返済方式 借入残高にかかわらず月々一定額を返済する
残高スライドリボルビング返済方式 借入残高を段階的に区切り各段階で返済額を決める方式で借入残高が増えれば返済額も増えるようになっている

収入が安定していれば、リボルビング返済方式は返済額が変わりませんから、大変返済しやすい方式になりますが、高額の借入れをしてしまうと、利息分が増えて元金の返済が進まないという欠点があります。

残高スライドリボルビング方式は借入残高が増えれば返済額も増えるので元金の返済が進まないという事はありませんが、返済額が高額化する可能性があり返済が苦しくなるという問題があります。

借りる前に自分の借入予定から返済額を確認しておこう

そこで返済を確実に行うためには、まず借り入れの前に、自分が月々返済することになる金額がいくらになるのかを計算して確認しておくようにしてください。

そう簡単には計算できないという人も多いでしょうが、自分で計算しなくても、大概の金融機関はカードローンのホームページに返済シミュレーターを用意しています。

この返済シミュレーターを利用して条件さえ入力すれば、必要な計算を一瞬で行ってくれます。

あとはこの計算結果から自分が返済できるかどうかを見極める事ができるはずです。

~まず検討するべきはどうしたら借りなくて済ませられるか~
カードローンは審査時間も短く、他のローンに比べれば比較的簡単に借入れする事ができます。このためお金が必要と感じると軽い気持ちですぐ借りようとしますが、借金であることを忘れてはいけません。借金というのは返済に際して利息を支払わなければなりませんから、差し引き損失になるのです。ですから借りようと考えた時は、まずどうしたら借りずに済ませられるのかを考える癖を付けるようにしましょう。

場合によっては返済額が用意できない事も有る!減額の交渉は可能か?

カードローンと言うのは少額を借りては返すという使い方も有りますし、比較的高額を借りて長期に返済していくという使い方も有ります。

しかし、長期に返済する場合、時には返済額が用意できなくなる場合の出てくる可能性があります。

もし、このように返済が厳しくなった時には、黙って返済日を迎えるという人もいますが、予め金融機関に連絡を取って、返済額を一時的に減額してもらうべく交渉するという方法があります。

カードローンの中には、返済が厳しくなった場合には、一時的に減額してくれる事を契約の中に明記している場合もあるので、まずは契約を確認してみましょう。もし、無かったとしても相談には乗ってくれます。

長期に返済していると返済額が用意できない場合がある

カードローンと言うのは通常生活費の補填というような利用方法になるため、返済は長期になるようなことはありません。

しかし高額の融資を利用した場合や、常に借入れを繰り返していると返済は長期化することになります。

長期に返済していれば、様々なことが発生しますから、場合によっては返済額を用意するのが苦しくなってしまう事もないとは言えません。

これは先ほど説明したように収入が不安定になりがちなパートやアルバイト、自営業者などに言えることですが、時としては会社員であってもそういう事態にならないとは断言できません。

返済が難しい場合は金融機関に返済額の減額を交渉してみよう

では返済が難しくなってしまった時にはどうすれば良いのでしょうか。

返済日を過ぎてしまえば督促状が送られてくることになりますから、できれば返済できそうにないとわかった時点で金融機関に連絡を取って、相談しておくべきでしょう。

対応はカードローンによって違いますが、利用者側から連絡をしたという事は評価されますから、相談には乗ってくれるはずです。

最初は返済してくれないと困るようなことは言われるかもしれませんが、交渉次第では返済額の減額に応じてくれる可能性はあります。

金融機関の利益というのは返済時に支払ってもらうことになる利息から出ることになります。

ですから、金融機関が譲れない一線というのは利息分の支払いです。このため減額してもらう目安としては、この利息分までという事になります。

利息分以上支払うことができれば、利益は確保できますから金融機関としても文句はないはずなのです。

カードローンによっては契約に減額できることが明記されている

また最近のカードローンの中には、予め契約の中で、返済が厳しい場合には、返済額を減額できることが明記されているものも有ります。

この場合もやはり返済が難しいと分かった時点で、金融機関側に連絡を取って減額してもらうようにする必要があります。契約に明記されているわけですから、金融機関側が難色を示すことはありません。

もし収入があまり安定していないような職種だった場合には、こういった返済額を減額してくれるようなカードローンを選んでおけば、安心して利用することができるでしょう。

~返済額を減額すれば返済総額は増える?~
もし返済額が減額されれば、返済できないという事態は回避できますが、その影響は後に残ります。返済額が減額されるという事は元金の返済分が少なくなったという事ですから、元金は通常よりも多く残ることになります。そうすると後で掛かってくる利息が増えます。したがって、完済したときの返済総額はその利息分だけ増えることになります。

まずは自分の返済能力を計算しよう!返済見込みのない借入はいけない

このように一時的な減額の交渉の余地はありますが、本来であれば、そんな事態にはならない方が良いのは間違いありません。

そこで借入前に行っといてほしいのは、自分が月々どの程度までなら返済できるのかという返済能力を正確に計算しておくことです。

そして実際の借入前には、返済シミュレーターなどを利用して返済額を計算し、その返済額を自分の返済能力で支払っていけるのかよく計算して、返済の可能性を調べてみましょう。

もしこの計算の結果、返済がかなり厳しいと考えられる場合には、借入れ自体を止めるべきで、借入れに代わる方法について考えることに時間をかけたほうが良いでしょう。安易な借り入れは止めるべきです。

予め自分の返済能力を把握しておこう

当然ですが、返済においては途中で減額してもらうようなことにならない方が良い訳です。

ですからお金を借りようという場合には予め自分の返済能力をよく計算して、どの程度の返済に耐えられるのかを見極めておきましょう。

そこで返済能力をどのように見極めればよいのかというと、まず1年程度前から月々の収入額と支出額を調べてください。それを使って次の計算式で月々の収支額を計算してみましょう。

収支額 = 収入額 - 支出額

この収支額が黒字であれば、それが通常の生活をしている場合の余裕という事になります。

返済はそれまでの生活費とは別に掛かってくる費用ですから、この収支額の中から支払うことになります。

借入前に返済方式で計算した返済額と比較して返済の可能性を調べよう

月々の収支額が計算出来たら、次に借入前に計算したはずの月々の返済額と比較してみましょう。これが次の式を満たしているかどうかをよく見極める必要があります。

月々の収支額 ≧ 月々の返済額

毎月この数式が成り立っていれば、返済できる見込みが高いという事になるでしょう。

しかし、もしこの数式が成り立っていない月が有れば返済が難しくなる場合があり得るという事になります。

返済の見込みがない借入はしてはいけない

もし比較の結果、数式が成り立たない月が多い場合には、返済は難しいという事を示しています。

そういった場合、無理に借入れしてしまうと、最初は無理をして返済できていたとしても、長期に返済していくうちには、返済ができなくなる可能性が非常に高くなってきます。

したがって、このように数式が成り立たない月が多い場合には、借入れ自体を見送るべきでしょう。

お金が必要であっても、借入れするのではなく、遣り繰りなど別の方法を取るようにしてください。

安易に借入れすれは、減額してももらっても返済できないというような事態を招く可能性さえあるのです。十分慎重に判断しなければなりません。

~自分のお金を管理をしておこう~
本文では収支を計算する際、収入と支出を調べろと言っていますが、収入はともかく支出まで正確にわかる人は少ないかもしれません。しかし返済の可能性だけではなく、節約できそうな部分を考えるにしても支出内容を管理しておく言ことは大変有用なことです。そこでこれまで自分のお金の管理をしてこなかった人は今日からでも管理を始めて下さい。

返済できなければ最悪自己破産!信用は崩壊してしまう

もし一時的な減額を行っても先行き返済が難しくなってしまった場合にはどうなってしまうのでしょうか。まずは返済しなかった時点で督促状が送られ、次には回収担当から接触が行われます。

そのまま返済できなければ、差し押さえなどに進みますが、その前に弁護士などに依頼して債務整理を行う事になるのが普通です。債務整理には様々な方法がありますが、最悪の場合自己破産も有り得ます。

ただし、自己破産した場合には、信用は崩壊してしまい、それが信用情報に記載される事になるため、信用は崩壊し以後ブラックとして扱われ、新にお金を借りることは暫くできなくなってしまいます。

もし返済ができなくなったらどうなってしまうのか

ではもし返済が難しくなって一時的に返済額を減額してもらったとしても、そのお金を支払えるかどうかという問題がありますし、その後の返済が続けていけるのかという問題も有ります。

そしてもし返済ができなくなってしまったとしたら、どういう事になってしまうのでしょうか。

もし返済できない場合、金融機関側はまず入金を忘れていることを疑い、督促状を出して入金してくださいという事を促します。多くの場合はそれで入金され問題は終わります。

しかしそれでも入金に応じなければ、金融機関は返済に支障がある事態が進行していると判断して、本格的な回収を行うために回収担当が出て来ます。

最初は回収担当から電話が入り、場合によっては訪問を受けることも有ります。

それでも入金されない場合には、最終的に催告書というものが送られ、法的措置を含め今後の措置が通告されます。

最悪債務整理で自己破産?

ただし、もしそういう事態になりそうだった場合には、その前に弁護士などに依頼して金融機関との間で債務整理の話し合いを行う事になります。

債務整理というのは借り手と貸し手である金融機関と場合によっては裁判所を交えて、協議を行って契約内容を見直し、返済できる内容に直すことを言います。

ただし、資産を必要最小限にしたとしても返済できないと考えられる場合には、債務を帳消しにする自己破産を選ばなければならなくなることもあります。

自己破産というのは債務は帳消しになり、人生をリセットすることができる法律が用意した仕掛けです。

自己破産したら信用は崩壊しブラックとして扱われることになる

ただし、自己破産などの債務整理を行った場合には、その点が信用情報に記載されることになります。

信用情報にそういった記載があった場合、ローンの申込みをしたとしても金融機関は審査の段階で、債務整理をしたと言うことが分かり、また同じことにならないとは限らないと考えます。

このため、債務整理が行われたという記載が残る限り、以後お金を借りるのは難しくなります。要するに信用は崩壊することになりブラックとして扱われる訳です。

債務整理の記録は自己破産の場合10年間、そのほかの場合は5年間残りますから、もし債務整理した場合には、その間にお金を借りなくても生活できるように習慣から見直していく事が必要になるでしょう。

~返済するお金を他から借り出したら要注意!~
債務整理に至るまでには、分かりやすい兆候があります。この兆候とはカードローン等で返済が難しくなった場合、本文で説明しているように一時的に減額してもらうという方法がありますが、もう一つの考え方としては他から借りるという方法があります。要するにもう一つカードローンを借りてそれを返済に回すという方法です。そうなると翌月からは返済が2つになります。そうなってしまうと返済はさらに厳しくなり、結局返済できなくなることも多いのです。つまり返済のために他からお金を借り出したら注意が必要という事です。

ここでカードローンの返済が難しくなった場合に返済額を減額してもらえるかについて纏めておきます。

  • カードローンの返済額は返済方式で決まるために借りる前に返済額を確認しておく必要がある
  • 返済中は返済額が用意できない場合金融機関に減額の交渉をすべき
  • 自分の返済能力を計算して返済できそうにない無理な借入はすべきではない
  • 返済できない場合には最悪自己破産するしかなくなり信用は崩壊する

生活していればお金が必要なことは様々ありますが、通常は自分の収入の中で何とかするものです。くれぐれも安易な借入れはせず、自分の収入内での生活を目指しましょう。

閉じる
閉じる