自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

地方銀行のカードローン利用メリット。大手との比較と申し込み注意点

銀行は大手銀行だけではなく、各地にその地域を代表するよおうな金融機関として地方銀行があり、それぞれ各種ローンを用意していて、カードローンも提供されています。

ですから、カードローンを選ぶ場合はこれ等も含めて使い勝手で選ぶようにしましょう。

もちろん地方銀行のカードローンでも提携関係を利用して全国で利用が可能で、特に通常はその地域内で利用するが、たまに別地域に出かけることがあるというような人にはお勧めです。

注意が必要なのは地方銀行の場合、多少システム開発が遅れていて、大手行であれば、ネット上だけで契約まで可能な場合が多い中、契約には支店まで行かなければならないことも有り申込手順の確認が必要です。

カードローンは地方銀行にもある!使い勝手で選ぼう

カードローンと言えば大手銀行や大手消費者金融等の大手金融機関を連想する人が多いですが、その他にも各地にある地方銀行や信用金庫などにも、大手金融機関と同じようなカードローンが用意されています。

地方銀行を考えた場合に、その地域に限定すれば支店の密度は大手金融機関よりずっと高く、便利に利用できる可能性があります。このためカードローンを選ぶ際は選択肢に入れておくべきものと言えるでしょう。

カードローン選びは提供している金融機関が有名なのかどうかを基準に考える人もいるでしょうが、便利に利用するには自分の使い勝手が良いのかどうかという事を基準に考えるようすれば良いものが選べます。

銀行には大手行の他各地に地方銀行がある

銀行といった時に、どこを思い浮かべるかと言えば、やはりテレビなどでよく見かける大手銀行ということになるでしょう。しかし、銀行はこういったところばかりではありません。

都市部では大手銀行の支店がいっぱいあるので目立ちませんが、地方に行くと大手銀行の支店はそれほど無く、都市部の大手銀行に代わって、その地域を営業地域にしている地方銀行を見かけるようになります。

地方銀行というのは一般的に言えば多くが県域程度の営業地域内で営業活動をしていますが、中には隣県にも支店網を伸ばしている場合もあります。

地域限定の金融機関としては、このほかにも信用金庫や信用組合があり、地方銀行を含めて、その地域に密着した経営を行っています。

このように大手銀行から見れば小規模な金融機関と言えますが、それでもその地域の経済を担った金融機関ですから、それなりの規模を持っています。

これ等の金融機関でもやはり金融商品を用意して地域で利用者を募っており、金融商品の中にはカードローンも含まれているのが普通です。

大手銀行の場合には競争が激しく、金融商品の仕様が横並びにならざるを得ませんが、地方銀行というのはその地域の支配的な金融機関の為、独自色が出しやすく面白い金融商品も多く、見逃す訳にはいきません。

カードローン選びは地方銀行も含めて考えよう

このため、地方銀行のカードローンには様々な特徴が出ているものが有ります。

例えば、神奈川県を中心に営業地域を広げている横浜銀行のカードローンでは大手銀行のカードローンの利用限度額の上限が800万円になっていますが、横浜銀行では1000万円までになっていたりします。

ですから、これからカードローン選びをしたいと考えている場合には、こういった地方銀行のカードローンにはどういったものがあるのかを調べ、次のような選択肢の1つとして含めて考えるべきでしょう。

  • 大手銀行のカードローン
  • 自分の周囲にある地方銀行のカードローン
  • 大手消費者金融のカードローン

ただし注意が必要なのは、地方銀行には営業地域が決まっていて、その地域内に居住しているか、勤務先があるという場合でなければ申込めないとしている場合が多いので、その点もしっかり調べておきましょう。

まずは自分の周囲を歩いてみてどのような金融機関があるのかを目で確かめてみてはいかがでしょうか。

選ぶ基準は有名どころではなく自分の使い勝手

カードローン選びでは、よく目にするような有名どころを選ぶ場合が多いのですが、これはカードローン選びに時間をかけていないということです。

カードローンはそれぞれに特徴があり、自分の使い勝手が良いものも有れば、悪いものもあり、選び方が悪いとずっと使い難さを感じながら利用しなければなりません。

例えば利用手数料の掛からないATMが自分の行動範囲に無かったとしたら、トータルで考えれば利用手数料で大損ということも考えられます。

ですからカードローンを選ぶ際には、有名どころというのではなくて、自分の使い勝手が良いかどうかという判断で選ぶことを勧めます。

そのためにはある程度時間をかけて地方銀行なども含めて考える必要があるでしょう。

~地方銀行の営業地域とは~
地方銀行の営業地域はほぼ支店網がある地域と考えられます。ただし、地方銀行の場合には、特に法的に県域内でなければならないというようなことが決められているわけではなく、支店網を広げていく事が可能で、やろうと思えば全国展開しても構いません。このため、ネット上に支店を作り全国から申し込みができるカードローンを提供している地方銀行もあります。

地方銀行のカードローンでも全国で利用が可能!

地方銀行というと、支店網が限られた営業地域内にしかありませんから、他地域に行った場合の利用を不安に思う人も多いかもしれませんが、最近では提携金融機関も増えており全国でATMの利用が可能です。

ただし提携ATMの場合利用手数料がかかる事もあるので、地方銀行のカードローンの利用は、通常は営業地域内での利用が多く、他地域での利用はそう多くはないというような人にお勧めと言えるでしょう。

こういったことを考慮すると、お勧めできるカードローンというのは自分の使い勝手の良いもののうちで、最もお得に利用できるものという視点で探すと、より良いものを選べるようになるはずです。

地方銀行でも全国から利用が可能なのが普通

地方銀行のカードローンを検討する際に心配になるのが、営業地域内では確かに便利かもしれないが、別の地域に行ったときに利用できないのでは不便でしょうがないということでしょう。

しかし、地方銀行もそんなカードローンが競争力を持つとは考えていません。

この話は大手銀行でも同じ事で、地方に行けば支店網は希薄になるので、やはり使えないということになってしまいます。

こういった問題はどの金融機関でもありますから、金融機関はこの面では協力関係を作ります。

例えば大手銀行のカードローンでも、ある県に支店がほとんどない場合、その県にある地方銀行と提携すれば、その地方銀行の支店網にあるATMが利用可能になる訳です。

こういった提携が進んだことと、コンビニATMが発達し、これ等とも提携関係が進んだことで、いまや大手銀行のカードローンでも地方銀行のカードローンでも、全国で利用できるようになっています。

営業地域内での利用が多ければ地方銀行はお勧め

ただし注意が必要なのは、こういった提携ATMを利用する場合、多くは利用手数料がかかってしまうという点です。

このため、自分が通常利用するATMが提携ATMしかないというようなカードローンはあまりお勧めできないということになります。

したがって、地方銀行のカードローンがお勧めなのは、通常はその地方銀行の営業地域内での利用しか想定していない人ということになります。

この場合たまに他の地域に行ったときは提携ATMでの利用も可能ですし、普段は地方銀行の支店網内で、便利にお得に利用できます。

自分の利用方法でお得なものを選ぶことが重要

ここまで説明すれば分かると思いますが、カードローン選びで重要になるのは自分の利用方法をよく検討して、お得なものを選ぶということです。

そのためにはやはり選ぶために時間をかけなければだめなのです。

例えば地方在住だけれども、毎日その地域の地方銀行の営業地域外まで出勤しているというような人の場合には、カードローンを利用するのが主にどこになるのかをよく考えなければなりません。

そのためには、自分がカードローンを利用する場面を想像して、利用するATMがどのあたりにあれば便利なのかというような事を考えてみましょう。

支店網がここだから、どう利用すれば良いのかという考え方は順番が逆です。あくまで自分本位に利用場面を考えて、それを満たすカードローンはどれかというように考えるべきなのです。

~金利にも要注意~
大手銀行の場合、本文でも説明していますが、金融商品が横並びになってしまう事がよくあり、金利も似たり寄ったりになってしまいます。ところが地方銀行の場合には、独自の視点で金利も設定しますから、思わぬ拾い物を発見できる可能性もあるので、こういった点もよく調べて見てください。
【関連記事】

地方銀行のカードローンは申込方法に注意!

最近のカードローンの申込みというのは、以前のように店舗に行って申込みをするよりも、ネット経由で申込みを行う人の方が増えており、申込みから契約までをネット上で行う事が可能になってきています。

しかし、こういった申込方法としては、システム開発力のある大手金融機関の方が進んでおり、地方銀行の場合なかなか、そこまで追いついておらず大手金融機関に比べると制約も出てきます。

このため、大手金融機関では即日融資が普通に行われていますが、地方銀行の場合にはなかなかそこまで行っておらず、審査が早いと言っていても、結果の連絡が翌営業日以降になっていることも有ります。

カードローンはネット経由での申込みが普通になってきている

ローンと言うのは以前は金融機関の窓口に行って申込みを行ったもので、カードローンの前身である大手消費者金融のキャッシングローンももともとは窓口で扱われるものでした。

しかし消費者金融を敬遠する人が多かったために、窓口に行かなくても申込みが可能な自動契約機が開発され利用者が爆発的に増えたことから、その後は窓口以外で申込みができる方法が様々開発されてきました。

特に最近ではインターネットが発達しスマホの普及で誰もが利用できる環境が整ったことも有って、カードローンの申込みでもこれを利用すして申込みをする人が増え、今やこれが普通になりつつあります。

地方銀行ではシステム開発が遅れている場合があるので要注意

このインターネット経由での利用は、それを実現するためのシステム開発を行わなければなりません。そのためには巨額の開発費が必要になります。

このため、こういった開発では、大手銀行や大手銀行が支援している大手消費者金融というようなところが先行することになります。

地方銀行の場合には、こういった大手金融機関のシステムを参考にして自分のところのシステム開発を行う事になり、どうしても機能的には一歩遅れる場合があるのです。

このため、例えば大手銀行では今や申込みから契約までをネット上で可能にしているものが増えてきていますが、地方銀行の場合には、一部を書類の交換や窓口で行っている場合がまだまだ残っているのです。

契約までに時間がかかる事もあるので事前に確認しておこう

このため、地方銀行の場合には、申込みから仮審査まではネット上で行い、本審査は窓口に必要書類を持っていくというような申込方法の場合もあり、申込みから利用開始まで時間がかかることもあります。

大手金融機関の申込みをよく研究している人の場合、申込みを行えば即日利用も可能なように考えている人も多いかもしれませんが、地方銀行ではそうとは限らないことに注意しなければなりません。

ですから特に地方銀行のカードローンを利用する場合には、申込みの手順をよく調べて、どのくらい時間が必要なのかも確認しておきましょう。

とくに地方銀行のカードローンの説明の中には、審査は迅速に行うと記載されていたとしても、結果は翌営業日になるというようなところもあるので、注意してください。

~申込みでは自動契約機の利用もお勧め~
カードローンの申込方法は本文で説明しているようにネット経由の利用が増えていますが、自動契約機がある場合には、この利用も意外にお勧めです。カードローンにもよりますが、自動契約機を利用すればその場でローンカードの発行まで行える場合もあるのです。

地方銀行には複数カードローンが有る事があるので選択には要注意!

地方銀行のカードローン選びでは、もう一つ注意しておかなければならないことがあります。

それは提供されているカードローンが1つとは限らないという事で、1押しのものの陰に複数用意されている場合があるのです。

このため、地方銀行のカードローンを調べる場合には、地方銀行が宣伝しているカードローンだけではなくて、その他にも用意されているカードローンについても、内容を確認しておくようにしましょう。

これ等の複数のカードローンはそれぞれ違っており、利用者を逃さないために、審査の難易度に差をつけて、一押しのものが利用できない人でも別のものが利用できるようになっている事も有ります。

地方銀行は複数のカードローンを用意している場合が多い

地方銀行のカードローンを選ぼうという場合には、その銀行が盛んに宣伝しているカードローンだけを見ていてはいけません。

大手金融機関にも有る場合がありますが、地方銀行の場合には特によくある話として、カードローンを複数提供していることがあるのです。

多いところでは6種類くらいあることも有ります。要するに一押にしているカードローンの裏に隠れて別のカードローンも提供されているということです。

これらのカードローンは、似たり寄ったりの場合もありますが、それぞれ特徴がある場合もあよくあります。

ですから一押しのカードローンが自分には使いにくかったとしても、他のカードローンの中には自分にぴったりのものも無いとは言えません。

1つだけではなく他のカードローンも調べておこう

このため、地方銀行のカードローンを調べる場合には、一押しのカードローンだけを調べるのではなくて、他のカードローンについても、しっかり調べることが必要です。

こういったカードローンを調べる場合には、申込条件や利用限度額の上限、金利といったものを比較すると、そのカードローンがどういう性格のものなのか分かってきます。

例えば一押しのカードローンはパートやアルバイトというような人の申込みを排除していたとしても、そういった人のニーズを無視することはできませんので、他のカードローンは申込みができたりします。

こういう場合、要するに利用者を逃さないために別のカードローンを用意しているということになるわけです。

審査の難易度に差をつけている場合もある

こういったカードローンの中には審査の難易度に差がある場合もあります。これは例えば金利の設定上、他よりも高い設定になっている場合、そのカードローンは他よりも審査は緩いと考えられます。

また銀行によっては2つのカードローンがあるのに、実際に申込みができるのは1つだけで、審査が否決になった場合にもう一つのカードローンが自動的に申込まれて審査を行うようになっている場合があります。

つまり次のようになっているわけです。

カードローン1申込

審査否決

カードローン2自動申込

審査可決

利用開始

この場合、カードローン2のほうが審査が緩くなるので設定金利は高く成りますが、利用者はカードローンの利用ができるわけです。

このように地方銀行には大手銀行に無い、面白い仕掛けが有ったりするので決して侮れない存在なのです。

~まず借りないことを検討してから借入れを考えるようにしよう~
カードローンは利用できるまでの時間にはそれぞれ差がありますが、申込みは比較的簡単で、ローンとしては大変利用し易いものです。このためちょっとお金に困ると安易に借入れしてしまう場合が多くなります。しかし借入れしたら利息を付けて返済しなければならず、差し引き損失になるのは間違いありません。ですから安易に借入れするのではなく、借入れを考えた時には、まずは借りなくて済ませる方法がないかどうか、十分考えることが重要です。

ここで地方銀行のカードローンについて纏めておきます。

  • 地方銀行でもカードローンは提供されている
  • 現在では提携関係が進んで地方銀行のカードローンも全国で利用できる
  • 地方銀行の場合システム化が遅れている場合があり申込方法には注意が必要
  • 地方銀行には複数のカードローンがある場合があるので見逃さないように注意が必要

地域密着の金融機関には地方銀行の他にも信用金庫などがあり、こういった金融機関もそれぞれ特徴を出しているので、地方銀行を調べる場合には合わせて調べておくとよいでしょう。

閉じる
閉じる