自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンで重要なのは返済!途中で行詰らない為の事前確認とは?

審査に通過して借入れできることになっても、カードローンと言うのは返済が重要だということを忘れてはいけません。

返済は基本的には月々行われるので、自分の収入から判断して支払えなくなるような借り方をしないように注意しましょう。

そのためには返済ができるかどうかは、事前に自分の返済能力を計算して、幾らの借入れまでなら返済していけるのかを正確に把握し、借入れ予定額での返済額と比較して判断することが必要です。

また返済を有利に行うためには、多くの場合金利が重視されますが、実際には借入期間も重要な要素になるので、返済方法自体をを工夫することが重要になります。

カードローンは返済が重要!返済ができない借入れをしてはいけない

カードローンはお金が借りられるかどうかという点だけを心配する人が多いですが、最も重要なのは返済ができるかどうかという点であって、借りたのはいいが返済ができないというのでは信用崩壊です。

ですから、まずカードローン選びでは返済方法も考慮しなければなりません。返済方法もカードローン毎に何種類か用意されていますが、自分が返済することを忘れないような返済方法を選ぶようにしましょう。

借入れに当たっては、返済途中で返済の支払いができなくなるような、安易な借入れをしないように注意しなければなりません。

カードローンは借入よりも返済が重要!

カードローンは利用者にとっては借入れできるかどうかが大変気にかかるところですが、借入れしてもそれは自分のお金ではありませんから、いつか必ず返済しなければならないものです。

また金融機関的に考えれば返済と一緒に支払ってもらう利息が入ってこなければ利益につなげることができませんから、融資よりも返済してもらう方がずっと重大なことなのです。

もし返済が行われなければ、利益どころか融資したお金自体が戻ってこないことになって大赤字につながってしまいます。

ですからカードローンに限らずローンというのは必ず返済をもとめられるもので、借入れできたから良いのではなくて、完済できて初めて終るものだと考え無ければなりません。

このようにローンにとって返済というのは極めて重要なのです。

返済方法は忘れないものを選ぼう

このように重要な返済ですから、金融機関は利用者ができるだけ返済しやすいように様々な返済方法を提供しています。現在カードローンの返済で利用できる返済方法には次のようなものがあります。

  • 窓口での支払い
  • ATMからの入金
  • 自動引落
  • 銀行振込

こういった様々な返済方法が有ったとしても、返済でよくあるのが返済日を忘れてしまうということです。自動引落であっても、残高不足ということがあるので、結局返済日前には確認が必要なのです。

このような忘れるという事を防ぐ為に一部の金融機関では返済日前や返済日にメールで知らせるサービスを行っている場合もあります。

利用者の方も、自分のカードローンの返済方法をよく考えて、自分が一番忘れないと思われる方法を選んだり、返済日前に思い出すように何らかの忘れ難い事に関連付けて思い出す仕掛けを作る必要があります。

払えなくなるような借入れをしてはいけない

また最近のカードローンの返済方式は以前大変流行ったいくら借りても月々の返済額が変わらないというリボルビング払いは少なくなり、主流は残高スライドリボルビング払いに移行してきています。

残高スライドリボルビング払いというのは、借入残高を段階的に区切ってぞれぞれの段階で返済額を設定する方式で、借入残高が高額化すると月々の返済額も高額化する方式です。

このため少額の借入れでは、自分の返済能力で支払っていけたとしても、借入れが高額化していくと自分の返済能力では返済できなくなってしまうこともあります。

ですから、カードローンの利用ではそういった点を考慮して、自分で返済できなくなるような借入れをしない様にしなければなりません。

~生活は自分の収入内で行うのが基本~
最近では自分の生活を維持するためにカードローンの借入れを利用している人も多いはずです。しかしたまにそういったことで利用するのであれば問題はありませんが、毎月毎月利用しているのは問題です。

そもそも生活というのは自分の収入の範囲内で行うのが基本です。借入が続けばいつか生活自体が破綻してしまいます。

ですからもし生活維持に借入れが必須というようになっている場合には、まずは生活を見直して、必要があれば生活レベルを下げることも必要です。

借入前に返済能力を確認しておこう!生活に影響させないことが原則

そこで借入れする場合には、事前に自分の返済能力を確認しておくようにしましょう。

そのためにはまず金融機関が用意している返済シミュレーション機能を利用して自分の借り入れ予定額から月々の返済額がいくらになるのか、計算してみましょう。

次に月々の収入額と支出額を利用して、自分の月々の収支額をを計算しましょう。この収支額が自分の月々の余裕ということになり、この中から返済額が出せれば、返済は可能ということになります。

また逆にこの収支額ギリギリで返済できることになる、借入額が幾らになるのかを調べ、それ以上の金額の借入れは絶対にしないように注意することも大変重要になります。

返済シミュレーションを行って事前に返済額を確認しておこう

では返済をしっかり行っていくにはどうすれば良いのでしょうか。

そのために必要なのは要するに返済額を自分の返済能力の範囲で賄えるのかを見極めれば良いということです。

そこでまずは自分が借り入れ予定の金額で月々の返済額がいくらになるのかを計算してみましょう。

そんなに簡単には計算できないという人も多いでしょうが、多くの金融機関ではホームページから利用できる返済シミュレーターが用意されています。

これを利用すれば自分の返済額を計算することができるので、まずどういった返済になるのかシミュレーションしてみて下さい。

自分の返済能力を計算してみよう

月々の返済額が分ったら次に自分にはどの程度の返済能力があるのかできるだけ正確に計算する必要があります。

この計算は要するに生活に影響なく支払えるお金を計算すれば良い訳ですから、次の計算式で月々の収支を計算してみればよい訳です。

そのためには月々の収入額と支出額を調べる必要があるので、家計簿などで1年程度前から調べて下さい。

収支額 = 収入額 - 支出額

収支額というのは要するに自分にはどの程度の余裕があるのかと言う事ですから、収支額が黒字でこれが返済シミュレーターで計算した月々に返済額を上回っていれば、生活に影響せずに返済できるという事です。

逆に収支額が赤字になっていたり、返済額を下回っていたとすれば、返済していくためには生活費を削らなければなりませんから、生活が圧迫されることになるので注意しなければなりません。

自分がいくらまで借りられるのか確認しよう

また、カードローンの借入れというのは1回限りではありませんから、先々の借入れについても考えておかなければなりません。

自分の収支額が分っていますから、そこから逆算すれば自分がいくらまでなら借入れしても返済していく事ができるのかが分かるはずです。

金融機関のホームページには残高スライドリボルビング方式での借入残高と返済額が表示されていますから、これを利用して返済できる範囲は幾らまでなのかを調べて下さい。

その金額が自分の借入額の実質的な上限という事です。

こういった意味で収支額の計算はできるだけ正確に行う必要があります。

そのためには日頃から自分のお金というものを管理しておくことが重要で、管理できていない場合は今日からでも管理を始めましょう。

~生活を圧迫するような返済は長く続かない~
もし返済能力以上の借入れをしてしまうと、本文でも触れていますが、生活費を削って返済しなければならなくなります。

しかしそういった返済は短期間なら可能でも長期間続けるのはそう簡単ではなく、長くは続かないと思ったほうが無難です。

ですから、そういった無理な借入れはできるだけしないようにすべきでしょう。

返済を有利に行う方法とは?金利だけを気にせず返済方法を工夫しよう

カードローンは便利さも重要ですが、お得さも大変重要です。ですから返済を行うにも有利さをよく考えてカードローンを選ばなければなりません。

カードローンで有利さと言えば、やはり利息が少なければ少ないほど良いということになりますが、こう考えて金利が低いものを探す人がいますが、利息は金利の他に借入期間も大きく影響します。

そこで返済機関を短縮して有利に返済するために、ボーナス時などに繰り上げ返済を行えば効果的に利息を減らすことが可能になります。

このようにカードローンの返済を工夫して上手に行うことを考えましょう。

カードローンは有利さを考えることが重要

カードローンと言うのは借りたお金だけを返済すれば良いというわけではありません。返済する時には利息も支払うことが必要になります。

このため、できるだけカードローンを有利に利用するためには、この利息をできるだけ減らすことを考える必要があります。

カードローンと言うのは便利さという点も見逃せませんが、もう一つこの有利さという点も忘れてはいけません。この両者を考えて選ぶことが必要です。

そこでどうすればこの利息を減らすことができるのかを考えていく事にしましょう。

利息を少なくするにはどうすれば良いのか?金利だけ考えてはいけない

利息の計算では金利が関係してくるので、多くの人がカードローンを有利に利用するために、できるだけ低金利のものを探そうとします。

有利さを追求する場合、ある意味では金利を気にするのは正しいことです。しかし利息というのは金利だけで決まる訳ではありません。次の利息の計算式を見て下さい。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

この式によれば利息は金利だけではなく借入期間も金利と同じくらい重要な要素になっていることが分かります。

ですから有利さを考える場合には金利だけ考えても片手落ちなのです。

この式で計算して見れば分かりますが、少額の借入れであっても借入期間が非常に長期になってしまうと利息は高額化します。

逆に利息が高かったとしても短期間に完済してしまえば、利息は少額で済みます。

要するに返済方法を工夫することが有利な利用ができるかどうかという事を左右するわけです。

繰り上げ返済も有効に利用しよう

しかし借入期間を自分で調整することはできるのかと疑問を持つ人もいるでしょう。

カードローンによっては難しい場合もありますが、多くのカードローンの場合、月々の返済は最低額が決められ、それ以上に設定できます。

また返済の仕方には次の2つがあることも忘れてはいけません。

  • 約定返済
  • 随時返済

約定返済というのが月々行う返済で、随時返済というのは好きな時に好きなだけ返済できるというものです。

そこで例えば会社員がボーナスなどでお金が入った時に、この随時返済を利用して繰り上げ返済を行えば、その分借入残高を減らすことができますから、借入期間も短縮できます。

このように繰り上げ返済を上手に行う事によって有利な返済ができるというわけです。

~ATMの利用手数料に注意~
有利な返済を行うというのは本文では利息をできるだけ減らすことを考えていますが、実際には利息以外にも元金の返済以外に掛かってくるお金があります。

特に注意しなければならないのが、ATMの利用手数料で、普段は大した金額ではないと考えがちですが、借り方によっては利息以上に掛かっている場合があるので注意しなければなりません。

返済に行き詰ってしまう事もある!返済できなければ信用は崩壊する

カードローンと言うのは借りたり返したりを繰り返せることが大きな特徴となっていますから、利用期間は非常に長期間になる為、時期によっては返済が厳しくなることもないとは言えません。

ではそういった返済が厳しくなった時はどうすれば良いのかというと、まずは遣り繰りを考えて返済するお金を捻出することが考えられます。

それが無理な場合には金融機関と交渉して一時的な返済額の減額を頼んでみましょう。

もし返済できなくなってしまった場合には、回収担当が出てくることになりますが、どうしても返済が無理な場合には債務整理を行わなければなりません。その場合信用は崩壊してブラックになってしまいます。

カードローンは利用期間が長く時には返済に行き詰ることも有る

カードローンの特徴というのは一度の借入れだけではなく何度も借入れと返済を繰り返すことができるという点です。このため少額のローンではあっても、利用期間というのはかなり長期に及ぶのが普通です。

こういったローンですから、例えば申込時は返済も楽々できていたものが、その後生活上では物入りになって返済が苦しくなるようなことも普通にあることです。

それでも返済できていればよいのですが、時には返済額を用意でき無くなるというようなこともないとは言えません。カードローンを利用しようという場合には、そういう時の事も考えておかなければなりません。

返済が難しくなった時の対処法とは

ではそういった返済が難しくなってしまった時はどうすれば良いのでしょうか。

まずは支出を見直して遣り繰りすることで返済額の捻出方法を考えてみましょう。これができればいつもの返済と変わりはありません。

しかしそれができ無いのであれば、返済日前に返済が難しいとわかった時点で、金融機関に相談して、返済額を一時的に減額してもらいましょう。

最近では契約書にそういったことができると明記されている場合もありますし、契約上の記載が無くても交渉次第で利息分までは減額できる可能性があるので、まずは交渉してみましょう。

返済日を過ぎてしまうと、金融機関は督促状などを送ってくる事になり、返済が行われなければ回収担当から電話連絡を受ける事になりますから、なるべく早めの返済が必要です。

返済が苦しい時はその時点でも良いので、金融機関側に相談して指示に従うようにしてください。

返済できなくなった場合には債務整理に追い込まれ信用は崩壊する

もし一時的な問題ではなくて、以降も返済するのが難しいという事であれば、弁護士などに相談して債務整理を行う必要があります。

債務整理というのは貸し手である金融機関と借り手である利用者またはそれぞれの代理人、場合によってはそれに加えて裁判所を含めて、契約内容を見直すことです。

返済の見込みがない場合は、自己破産して債務を帳消しにしてもらう事もできます。

しかし、こういった債務整理というのは金融機関にとっては、当初の利益が出せなくなるわけですから、大変問題のあることで、債務整理を行った場合には信用情報に記載され信用は崩壊します。

信用が崩壊した場合、以後債務整理の記録が信用情報内にある間はブラックと呼ばれることになり、カードローンに限らずローンと言うものの利用はできなくなります。

~闇金の利用は絶対にしてはいけない~
返済できなくなった場合には、他のローンを借りてそれで返済しようとする人がいますが、そういう状態の人はなかなか借りることができませんから、いわゆる闇金から借りてしまう場合も出てきます。

闇金についてはドラマなどでも描かれていますが、最近は知能犯になって巧妙にお金が搾り取られますから、絶対に利用しないようにして下さい。

ここで、カードローンの返済について纏めておきます。

  • カードローンは借入れよりも返済できるかどうかが重要
  • 借入前に自分が返済できるかどうか返済能力を計算し確認することが必要
  • 有利に返済するためには金利だけではなく返済の仕方の工夫が重要
  • 返済ができなくなって債務整理に追い込まれると信用は崩壊する

返済能力が高い時には安易に借入れを繰り返し、それが癖になってしまって、返済能力が下った時もその癖が抜けなくなってしまいます。ですから日頃から安易な借入れをしない様に十分注意してください。

おすすめ記事

カードローンは申込直後に設定される利用限度額はそう...

カードローンはそう大きなローンではありませんが、審...

カードローンは何にでも利用できて大変便利に感じます...

閉じる
閉じる