自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの審査結果が来ない…審査待ちの時間と即日借入の対策

カードローンの審査というのは近年審査技術の進歩で徐々にスピードアップしてきており、最近では最短30分というような金融業者も出てきていて、申込当日に即日融資の利用も珍しくなくなってきました。

このため、そういう話を聞いてしまうと、申込みを行えばすぐに審査結果の連絡が有ると思いがちになりますが、実は最短時間で審査が終わる保証はなく、翌営業日以降にまたがることもないとは言えません。

ですから、すぐに審査結果の連絡が無くても、あまり慌てるのではなく、翌営業日程度までは待って、それでも連絡が無ければ、進捗状況を問い合わせてみましょう。

問合せによって必要な情報を伝えれば審査通過の可能性も出てきます。

カードローンの審査は徐々に短くなっている!即日融資も珍しくない

カードローンだけに限った話ではありませんが、ローンの審査というのは審査技術が向上して、以前に比べて非常に迅速に行われることになってきていて、特にカードローンの審査時間は短縮されてきています。

現在では、カードローンによっては審査時間を最短30分と言っているカードローンも出てきており、そこまで言わないまでも、即日審査結果の連絡があるのが今や普通になってしまっていると言えるでしょう。

このため、現在のカードローンでは申込時間さえ注意して申込めば、審査はすぐに終わるので、即日融資も可能になってきています。ですから申込者の中にもこの即日融資を狙って申込む人も少なくないはずです。

カードローンの審査時間は技術進歩で徐々に短くなっている

カードローンはスコアリングシステムという技術を利用して、多くの部分が自動化されるようになり、この技術の進歩に伴って徐々に審査時間も短くなってきています。

このため以前は審査結果の連絡は翌営業日以降になるのが普通でしたが、最近では申込み当日に即日審査結果が連絡されることも珍しくなくなっています。

もちろん審査をどのように行うのかはその金融機関の考え方次第ですし、自動化される部分も金融機関によって違いますから、すべて同じように高速化されているわけではありません。

審査は最短30分というような場合も珍しくない

最近では銀行は多重債務者を生んでいるというような批判があり、審査に時間をかける傾向に向かっていますが、消費者金融も含めて考えれば、審査は高速化され最短30分というような場合もあります。

こういったカードローンを申込んだ場合、本当に30分で終るかどうかは分かりませんが、それでも審査結果の連絡は何時間もかからずに行われるのが普通になっています。

しかもインターネットが発達していますから、連絡もメールを利用して行われるようになってきているので、申込者が連絡を受けるのも簡単です。

しかもその後に行われる契約もネット上で可能なので大変便利です。

最近では申込時間さえ気をつければ即日融資も可能になっている

このため、最近では申込み当日に即日融資を利用することができるほど、申込みから契約までは早くなってきています。

ただし、そうはいっても審査から契約完了まで瞬時というわけではありませんから、例えばネット経由で申込みを考えた場合、即日融資の利用はこれ等の時間を考えれば、午前中に申し込む必要はありそうです。

金融機関の方も、このように即日融資も可能なことを、カードローンの1つの売りにしている面があって、即日融資を強調して宣伝している場合もあります。

利用者の中にもこの即日融資を当てにしている人がいるため、申込み後審査結果の連絡が来るまで、イライラしながら待っている人も多いはずです。

~店舗での申込みも考えよう~
本文ではネット経由での申込みを想定して説明していますが、利用を急ぐ場合には、店舗に行って窓口や自動契約機を利用して申し込むことを考えてみましょう。

そうすればその場で審査結果も分かりますし、審査に通過できれば契約しローンカードの発行もすぐに行われます。

審査が短時間に終わる保証はない!すぐに審査結果が来ないこともある

ただし、この審査というのは最短時間で終る保証はありません。確かに審査上で何も問題が無ければ、最短の30分で終るのかも知れません。

しかし、何らかの確認に時間が掛ればもっと時間を要することも考えられます。

このためカードローンの審査であっても、大変時間が掛る事が無いとは言えず、即日終る保証もないのです。ですから、申込者の状況によっては、審査が即日終らず翌営業日以降に跨ってしまう可能性もあります。

ですから、こういった審査の状況次第では、通常なら即日行われる審査結果の連絡も、審査が終わらなければ、翌営業日以降になってしまう可能性も出てくることになるので、その点予め了解が必要です。

審査は短時間に終わることが保証されているわけではない

このように現在のカードローンの審査というのは即日融資ができるほど早くなって来ています。

しかし、カードローンの資料をよく読めば分かりますが、審査時間30分と言ってもその前に最短という言っている筈です。

つまり、だれもが審査時間30分というわけではなく、それ以上の時間がかかるということです。

このため30分で審査結果の連絡があると思って、待っているのに連絡まで1時間かかる事も、あるいは2時間かかる事も、別に珍しい話ではありません。

ですから、急いでいたとしても審査が終わらない事には先に進めないため、焦らずにじっくり待った方が良いのです。

金融機関は商売でカードローンを提供しているわけで、申込み自体を放っておくようなことはありません。忘れられてしまうというような心配はしなくても大丈夫です。

審査の進捗状況によっては即日終る保証はない

しかし即日融資と言っているのだから、申込みした日に連絡がないようなことは無いだろうと考えるのが普通でしょう。

ところが、カードローンの説明資料では審査状況によっては審査時間がかかり、結果が出るのが翌営業日以降になることも有るというような記載があるカードローンも有るのです。

これは特に記載がないカードローンも同じ事です。

要するに審査の進捗状況によって、審査終了は即日終らないことも有るということです。

こういった場合、宣伝では即日融資が期待できるように感じてしまいますが、実際には審査に合わせて、利用できるのが翌営業日以降になってしまう事も有る訳です。

このため即日融資ができるというカードローンでも、必ずそれが可能というような思い込みをしないように注意してください。

審査結果の連絡方法にも注意

もう一つ注意が必要なのは、審査結果の連絡方法です。現在ではネット経由での申込方法の利用が増えてきていますから、審査結果の連絡方法としては電話かメールが利用できるのが普通です。

ところがカードローンによっては審査結果をハガキで行うものもあります。

特に困るのが、審査が可決された場合には電話で、否決になった場合にはハガキで連絡が行われると言うようなものがあることです。

この場合審査通過の連絡を待っていても、場合によってはハガキで否決の連絡が来ることになり、待って待っても連絡が来ず、郵便が配達されるまでイライラする事になる訳です。

ですから、カードローンを選ぶ場合には、最初からメールで連絡が来ると考えるのではなく、結果連絡がどのように行われるのかもしっかり確認しておくようにしましょう。

~カードローンを申込む場合には審査否決の場合も想定しておこう~
カードローンは場合によっては審査否決の可能性は否定できません。このため、この場合には必要なお金の借入れはできません。

ですから、カードローンを申込む場合には、借りられなかった場合のことも予め想定して、その時の対応も考えておく必要があります。

心配な時は進捗を問合わせよう!問題があれば解決できる可能性も有る

このように審査というのは場合によっては時間がかかる事もある訳ですから、例えば30分で連絡が来ないからと言って慌てる必要はなく、少なくとも翌営業日までは、連絡を待って見たほうが良いでしょう。

翌営業日まで待ったけれども連絡が来なくて心配だというような場合には、金融機関に対して審査の進捗状況の確認を行ってみましょう。そうすれば何がネックになっているのか分かる可能性もあります。

場合によっては、例えば収入の証明書類を提出することでネックになっている問題が解決に向かう可能性もあり、審査通過につながる事も無いとは言えません。

いずれにしてもどっちつかずの状況からは抜け出せる筈です。

少なくとも翌営業日までは待ってみよう

このように審査結果の連絡は審査の状況によってすぐに来るという保証はないことが分かりました。

ですから、もしカードローンの申込みを行って、しばらく時間が経過しても審査結果の連絡が無かったからと言って、すぐにどうなったのかイライラするのではなくて、暫く待つ必要がります。

申込時間の問題もありますが、例えば午前中に申込みを行えば、殆どの場合には当日中には審査結果の連絡は来るはずです。

しかし、審査では自動化できる部分が増えている反面、まだ人間が介在する部分も残っているので、その部分で判断に時間がかかってしまう可能性は十分あることも予め了解しておく必要があります。

このため、審査結果の連絡を待つのであれば、少なくとも翌営業日になるまでは待ってみることが必要でしょう。

連絡が遅い場合は進捗状況を問い合わせてみよう

もし翌営業日になっても、なかなか連絡が来なかった場合には、金融機関に対して、申込後、審査結果の連絡が来ないということを伝えて、審査の進捗状況について問い合わせをしてみてください。

そうすれば、単に申込みが立て込んでいて、マンパワーの問題で時間がかかっているのか、あるいは何らかの確認ができず審査が止まっているのかといったようなことがわかるはずです。

また何時頃審査が終わる見込みなのかについても、見通しが分かるでしょうから、多少は安心できるはずです。

ただし、審査の内容については金融機関の秘密にかかわる部分もあるので、説明が具体性を欠くような場合もあることは事前に了解しておいてください。

審査で問題があれば問合せで解決に向かう場合もある

また、例えば返済能力の評価で問題があるのであれば、問合せを行う事で、何らかの書類を提出すれば、解決に向かう可能性があります。

例えば、カードローンの場合、融資の希望額が50万円を超えるような場合でなければ収入を証明する書類の提出は通常必要がありません。

しかし審査の状況次第では、返済能力の評価ができず、収入の証明書類が必要になることも有るのです。そういう場合には審査終了前に改めて収入の証明書類の提出が要求されることがあります。

そういった連絡に時間がかかっていることもあるので、こ問い合わせることによって、書類の提出を要求されることも有る訳です。

こういった場合には要求される提出することによって審査が進むことになります。

~審査通過はそう簡単ではない~
カードローンはテレビなどの宣伝を見れば誰でも利用できそうに感じますが、実際にはそう簡単には利用できません。

大手消費者金融の場合の審査通過率を見ると40%台になっており、半数以上は審査が否決になっているということになります。

銀行はそういった数字を公表していませんが、さらに厳しいと考えられますから、カードローンの利用はそう簡単ではないのです。

申込は時間的な余裕を持つ!即日融資が必要な状況にならない事が重要

カードローンの審査ではこういった遅れも考えられるため、例え即日融資が可能と言っていたとしても、それが保証されているわけではありませんから、申込みは時間的な余裕をもって行ったほうが無難です。

お金が必要とはいっても、重要なのは即日融資が必要になるような状況にならないことが大切です。カードローンで即日融資が可能だからなどと安易に考えていると窮地に陥ってしまう事も有るのです。

そのためには、常に自分のお金というものを管理し、先々を見通していつ頃どのくらいのお金が必要になるのか、見通せるようにしておかなければなりません。

そうすればカードローン選びにも時間が掛けられますし、借りずに済ませる方法を考える時間も取ることができるでしょう。

即日融資可能でもカードローンの申込みは時間的余裕を持つべき

このように考えてくると即日融資が可能になっているカードローンと言っても、実際に即日融資の利用ができる保証はないので、申込む場合には、それを前提にして申込みを行わなければなりません。

そのためには、申込みは、それを想定して時間的余裕もつ必要があることが分かります。

要するに急ぐ必要がないうちにカードローンを申込んで備えておくようにすれば、多少審査が遅れたとしても、イライラして待つこともなく、ゆっくり審査結果が来るのを待てるようになるのです。

重要なのは即日融資が必要な状況にならない事

この話を成立させるためには、その日になってからお金が必要になり、カードローンの即日融資が必要になるようなことは避けなければならないと言うことです。

そこでなぜ即日融資が必要になるのかを考えてみましょう。例えば病気になったとしても、その日に支払えないほどのお金がかかるというようなことはあまり考えられません。入院しても支払いは退院時です。

あとは例えば子供の教育等を考えても、その日になって高額のお金が必要になることは考えにくく、予めお金が必要になることは分かっている筈です。

こう考えてくると、即日融資が必要になるような話は商売でもしていない限り、そうそう考えられず、先を見ていない場合としか考えられません。

自分のお金の管理と先々を見通す目を持つことが必要

そこで即日融資を避ける方法を考えてみましょう。

まず必要なのは自分のお金を日頃から管理しておいて、使えるお金がいくらなのか常にわかるようにして、先々どうなるのかも有る程度予測できるようにしておく必要があります。

次に先々の予定の管理です。例えばさっきの例で言えば子供の学費はいつ必要になるのかは分かる訳です。

その時に次の計算式が成り立つのかを計算してみましょう。

自分の使えるお金 ≧ 必要になるお金

この数式が成り立っていれば、お金は借りなくても賄えることになります。しかしもし成り立っていなければ、借入れの必要があることになり、必要になる期日までに借入れを考えなければなりません。

このように自分のお金の管理と先々を見通す目が有れば即日融資が必要になるよ言うな事態は避けることが可能になるはずです。
~借りなくて済ませられないかを考えることが重要~
お金が必要な時には最近はカードローンがあるので安易に借入れすることを考えがちですが、以前はそういうものが無かったために、まずは借りなくて済ませることを考えたものです。

これは今日でも同じで、借入れを考えた時はまずは借りなくて済ませられないかを考える癖を付けましょう。そうすれば返済の必要もありませんし、利息を支払う必要もないのです。

ここで、カードローンの審査結果が来ない時の対応について纏めておきます。

  • カードローンの審査は徐々に短くなり即日融資も可能になった
  • 審査が必ず短時間で終る保証はなく審査結果の連絡がなかなか来ないこともある
  • 心配になった場合には翌営業日程度まで待って問い合わせを行っても構わない
  • カードローンの申込みは時間的余裕をもって行うべき

カードローンは金融商品として提供されているわけですから、利用者はお客様です。ですから、ある程度時間が経っても審査結果の連絡が来なければ、躊躇する必要はありません。遠慮なく電話してみてください。

閉じる
閉じる